OZROSAURUS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OZROSAURUS
基本情報
ジャンル ヒップホップ
職業 ヒップホップグループ
活動期間 1996年 -
レーベル EMI R
公式サイト 公式ブログ
OZROSAURUS - UNIVERSAL MUSIC Japan
メンバー
MACCHO
DJ SN-Z
旧メンバー
DJ TOMO

OZROSAURUS(オジロザウルス)は日本ヒップホップユニットである。初代DJのDJ TOMOが脱退した事で、一時はMCであるMACCHOのソロユニットとして活動していたが、長年ライブDJを務めていたDJ SN-Zが正式メンバーに加わった事で、再び1MC1DJの2人組ユニットになった。[1][2]

来歴[編集]

  • 1996年 - MCのMACCHOとDJのDJ TOMOの2人で横浜市にて結成[1][2]
  • 1997年 - WEA Japanよりミニアルバム『ライム・ダーツ』を発表しメジャー・デビュー[3]
  • 2000年 - MACCHOはTWIGYZEEBRAラッパ我リヤらの作品に客演、DJ TOMOはラッパ我リヤのリミックスに参加し、知名度を高める[2]
  • 2001年 - 初のフル・アルバムとなる『ROLLIN'045』を発表。売上枚数8万枚を超えるロングセラーを記録している[1]
  • 2003年 - 2ndアルバム『JUICE』を発表。この直後にMACCHOが交通事故に遭い、一時は死線を彷徨うも奇跡的に回復[4]
  • 2004年 - DJ TOMOが方向性の違いにより脱退[5]。以後、MACCHOのソロユニットとなる。
  • 2005年 - DS455と共に新レーベルBAY BLUES RECORDZを設立[4]
  • 2006年 - 3rdアルバム『Rhyme&Blues』を発表。音楽雑誌MUSIC MAGAZINEやBLASTでBEST HIPHOP ALBUM 2006に選ばれる[1]
  • 2007年 - 所属していたポニーキャニオンとの間で起きた歌詞の表記を巡っての対立をきっかけにインディーズに活動の場を移し[6]、4thアルバム『Hysterical』を発表。
  • 2009年 - MACCHOが、ヒップホップ創成期から活躍する大御所DJ、グランドマスター・フラッシュの20年ぶりの新作『The Bridge: Concept Of A Culture』へ客演で参加[7]
  • 2011年 - EMIミュージック・ジャパンと契約。メジャーでの活動を再開。
  • 2012年 - 5thアルバム『OZBUM ~A:UN~』を発表。
  • 2012年 - オフィシャルブログにて5thアルバム『OZBUM ~A:UN~』に収録されている『ロマンチック』のPV撮影が行われているとの記事があったがPV自体、出回っていない。
  • 2013年 - 6thアルバム『Dish & Dabber』を発表。

メンバー[編集]

  • DJ SN-Z(ディージェイ・スニーズ)
    • 92年にDJを始め、94年には本場のシーンを体験するために渡米。NYを拠点に数々のDJバトルに参加。レジェンド・クラス・アーティストたちとのステージ・ワークや、NYの数々のクラブやラジオ(LIME LITE,MARS2112,JIMMY'S CAFEや、WWRL)でレギュラーでプレイし、現地で活動していた邦人グループ=RIZINGSONのDJも務めた後、05年に帰国。Maccho(OZROSAURUS)、F.U.T.O.風林火山)、RUDEBWOY FACE秋田犬どぶ六の4人がフロントを務めるHIPHOPグループ=ROMERO SPに専属DJとして参加した後、OZROSAURUSに正式加入。

元メンバー[編集]

  • DJ TOMO(ディージェイ・トモ、1977年 -[2]
    • 横浜市出身。DJを担当していたが2004年に方向性の違いにより脱退。90年代初頭からDJバトルへの出場やクラブDJなどの活動をしていた。MACCHOとはレコード店PROPSでスタッフとして働いている時に出会う。脱退後、単身で渡米しニューヨークハーレムにて2年間生活し、楽曲の制作やDJとしての活動を行った[12]。2006年に帰国後はクラブDJとして横浜を拠点に活動。後に自身のレーベルSMACK RECORDINGSを立ち上げ、2008年には1stソロ・アルバム『045 RENAISSANCE』を発表[5]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. Bay Blues(1998年10月1日)
    1. 鉄の意志
    2. ドツボ
    3. Bay Blues
    4. 命のメロディー~遠い記憶3
  2. AREA AREA(2000年11月15日)
    1. AREA AREA
    2. KOCO KOCO
    3. VILI VILI feat SHALLA
  3. Hey Girl feat.CORN HEAD(2002年11月7日)
    1. Hey Girl Feat.CORN HEAD
    2. BASE TO BASE
    3. Hey Girl Feat.CORN HEAD -DJ TOMO REMIX-
    4. Hey Girl -Instrumental-
  4. JUICE(2003年3月5日)
    1. JUICE
    2. MOBB STERS feat. M.O.S.A.D
    3. JUICE(instrumental)
  5. ON AND ON(2004年3月3日)
    1. ON AND ON
    2. ON AND ON (ROMERO SP REMIX)
    3. Chain Remains feat.B-YAS,秋田犬どぶ六
    4. Material Jungle feat. F.U.T.O for 風林火山/ROMERO SP
  6. The Phoenix(will rise)(2005年10月26日)
    1. The Phoenix(will rise)
    2. 眩暈 (めまい)
    3. MEDLEY-LIVE at Yokohama Bay Hall - WEST FEST 2004
    4. The Phoenix(will rise)-Instrumental

アルバム[編集]

  1. ライム・ダーツ(1997年1月25日)ミニアルバム
  2. ROLLIN'045(2001年4月25日)
    1. INTRO
    2. CHECK ME NOW
    3. WHOOO
    4. KOCO KOCO
    5. AREA AREA
    6. VILI VILI feat. SHALLA
    7. SKIT feat. MASTA SIMON from MIGHTY CROWN
    8. ROLLING ROLL UP
    9. RULE feat. F.U.T.O,JANBO-MAN from 風林火山
    10. 少女A
    11. SKIT
    12. TELL ME feat. MAY
    13. 045 BB
    14. YOUNG GUNNZ feat. M.O.S.A.D.,MAGUMA MC'S
    15. しかけfeat. TWIGY
    16. 追い越し可
  3. JUICE(2003年3月19日)
    1. INTRO
    2. BASE TO BASE
    3. JUICE(part 1)
    4. Star Killer
    5. For Love ... (skit) feat. MASTA SIMON
    6. Locka Boogie
    7. 招かざる客 feat. CORNHEAD
    8. Everlast feat. BIG RON
    9. Da One?interlude
    10. 1 Candidate
    11. Keep Rollin' feat. DABO,UZI
  4. JUICE(part 2?ROMERO SP Remix)
    1. Get Upper feat. F.U.T.O
    2. いちまんえん
    3. Hey Girl feat. CORN HEAD
    4. Conscious Party(O'brady O'brada)
    5. outro?We ain't goin' down
    6. 招かざる客(ROMERO SP REMIX)
    7. いちまんえん(ROMERO SP REMIX)
  5. Rhyme&Blues(2006年3月15日)
    1. INTRO
    2. All My People -It's OS III-
    3. I See U
    4. Welcome To The Bay Blues Recordz feat. Kayzabro from DS455
    5. Life Is One Time -Rhyme&Blues- feat. 般若,SAY
    6. My Dear Son
    7. The Phoenix(will rise)
    8. Handz Up
    9. Disrespect 4 U feat. ZEEBRA
    10. ON AND ON (ROMERO SP Remix)
    11. D's Nutz FM'06(Vol.2)
    12. Clap Ya!! feat. BIG RON
    13. 眩暈(めまい)
    14. Soul Dier feat. SORASANZEN
    15. 風吹く土曜 feat. SAY
    16. Outro
  6. Hysterical(2007年8月15日)
    1. INTRO
    2. 0%
    3. 星を願う
    4. FULL MOON [I'm Sorry]
    5. 1 for DA 何 ?
    6. 十字架の上 [Power Of Love]
    7. It's a One Day
    8. How High [No Joke]
    9. AHH YEAH
    10. Love vs Hate [My Lover]
    11. ああだのこう
    12. ヒステリック
    13. SANDER
    14. I LV U
    15. メメント
    16. J.O.K.E.
    17. EXODUS [大脱出計画]
    18. BYE BYE
  7. OZBUM ~A:UN~(2012年4月4日)
    1. INTRO
    2. 呼吸
    3. 半信半疑
    4. 異次元ポケット
    5. Friend
    6. Skit feat. MASTA SIMON from MIGHTY CROWN
    7. Profile aka Ghetto Bird
    8. Matrix
    9. Muddy Water
    10. ロマンチック
    11. 阿吽
    12. 証拠
  8. Dish & Dabber (2013年6月26日)
    1. ZERO
    2. モンスター
    3. FREE
    4. SKIT
    5. LOCK STAR
    6. MABOROSI
    7. MUSIC IS OUR TREASURE (DJ WATARAI REMIX)
    8. MATRIX (DJ WATARAI REMIX)

DVD[編集]

  • Rhyme & Blues Tour Final(2007年3月7日)
  • OZBUM~A:UN~TOUR2012(2012年12月19日)

その他[編集]

  • TWIGY「SEVEN DIMENSIONS」(2000年2月23日)
8.GO! NIPPON feat.Maccho (OZROSAURUS) / MACKA-CHIN / M.C.Kha-la
  • ZEEBRA「Based On A True Story」 (2000年06月14日)
4.男の条件 featuring MACCHO (OZROSAURUS), Q(ラッパ我リヤ), BOY-KEN
  • ZOOCO 「Love Education」(2001年3月1日)
6. Crush Me(Groovediggerz Remix) feat.MACCHO
  • DABO「Platinum Tongue」(2001年06月13日)
11.徒然草 feat.HUNGER&MACCHO (OZROSAURUS)
12.1978 Connection (Show Me Yo' Respect) Joosoc and MACCHO - Dj Tomo Remix
  • D.M.C「D.M.C」(2002年8月8日)
1. D.M.C
3. LOCO CRUSING
  • FIRE BALL 「Book Of Life: 炎の章」(2003年06月27日)
8.SAFE NO MORE feat.MACCHO (OZROSAURUS) / DELI
10. YOUNG GUNZ 3 feat.M.O.S.A.D., MACCHO
  • 般若「おはよう日本」(2004年2月18日)
7. Dead Man Walking(まずは金が先Remix) feat. 565, MACCHO
4.JUICE / OZROSAURUS Remixed by DJ CELORY aka Mr.BEATS
6.BONDS feat.MACCHO & TOKONA-X / Mr.BEATS aka DJ CELORY Remixed by DJ PMX
7.NO PAIN NO GAIN feat.MACCHO & ZEEBRA / DJ PMX Remixed by INOVADER
12.Hey Girl feat.CORN HEAD / OZROSAURUS Remixed by FIRSTKLAS
  • ROMERO SP「THE R」(2004年4月14日)
  • DJ CELORY a.k.a. Mr.BEATS「BEATS JAPAN」(2004年4月28日)
11. BONDS(feat.MACCHO,TOKONA-X)
  • DS455 「Summer Sweetz」(2004年7月7日)
15. Talkin’ At Deep Blue feat.MACCHO for OZROSAURUS
  • CORN HEAD 「WE AIN'T STOP」(2004年7月28日)
5.WE AIN'T STOP feat.MACCHO (OZROSAURUS)
3.Mobb Sters 〔future Shock Remix〕 / OZROSAURUS feat.M.O.S.A.D.
7.Conscious Party 〔o'brady O'brada〕 / OZROSAURUS
15.Chain Remains / OZROSAURUS feat.B-YAS,秋田犬どぶ六
  • UZI「No.9」(2004年11月24日)
7.FIVE DEADLY MICS(feat.KENTA5RAS,DEV LARGE,秋田犬どぶ六,MACCHO)
  • BIG RON「STR8 OUT DA BAY」(2005年6月10日)
7.SMOKAZ SWEETS feat.MACCHO (OZROSAURUS) / RICHEE(GHETTO INC)
  • "E"qual「ごうだつゲーム」(2005年3月23日)
4. I wanna real(feat.MACCHO)
  • DS455 「To MySelf~Believe Yourself~」(2006年1月25日)
4.Feel So HIGH ~ジパングツアー~ feat.MACCHO (OZROSAURUS) / BIG RON
  • AK-69 「REDSTA -The Rap Attacker-」(2006年2月22日)
3.LONG DRIVE feat.MACCHO (OZROSAURUS)
  • GDX「SLOW BURNING」(2006年10月4日)
10. Outlow Connection feat.MACCHO (OZROSAURUS),II-J,D.O,U-PAC(G-PRIDE),GIPPER,DESTINO
7. Yoko Yoko Cruisin' Feat. Kayzabro(DS455), MACCHO(OZROSAURUS)
  • BIG RON 「MISTA XXXXXL」(2007年6月11日)
7.Bounce feat.MACCHO (OZROSAURUS)
11.熱帯夜 feat.Kayzabro,MACCHO (OZROSAURUA),SAY
  • "E"qual 「KING&QUEEN」(2007年7月18日)
7.Music Hustlin' feat. 般若,AK-69,AKIRA, MACCHO, TOKONA-X, DJ NONKEY
7.Look At Me feat.MACCHO (OZROSAURUS),BIG RON,KOZ,SAY
8.4:20 feat.MACCHO (OZROSAURUS)
12.Reason (This is why we rap) feat.ZEEBRA,Mummy-D,MACCHO(OZROSAURUS)
16.Turn Off The Lights feat.BIG RON,MACCHO (OZROSAURUS),KOZ
20.Miss Luxury feat.MACCHO(OZROSAURUS),GIPPER,KOZ,HI-D,Foxxi misQ
2. この道を partIII feat.MACCHO for OZROSAURUS
  • JAMOSA 「RED」 (2009年2月18日)
9. CRY FEAT.MACCHO (OZROSAURUS)
2.We Speak Hip Hop feat. Afasi, Kase-O, Maccho, Abass & KRS-One
  • DS455 「CHECK THA NUMBER」(2009年7月29日)
7.BAYBLUES LOCOS feat. MACCHO (OZROSAURUS)
  • KOZ 「THE ONE WAY」 (2010年2月17日)
6. KNOCK KNOCK feat.MACCHO (OZROSAURUS)
  • SAY 「One Love」 (2010年4月14日)
11. One Love feat.MACCHO (OZROSAURUS)
  • BIG RON「LIVIN' LARGE」(2010年10月13日)
15. BAYBLUES ROCKAZ feat.MACCHO (OZROSAURUS)
4.24 BARS TO KILL (ANARCHYRINO LATINA II、MACCHO)
  • AK-69 「THE RED MAGIC」 (2011年1月26日)
11. I DON’T GIVE A FXXK feat.MACCHO
  • RYUZO 「Hazard」(2011年4月13日)
8.Dog Tag feat. MACCHO (OZROSAURUS) (Pro. BLAST OFF PRODUCTIONS)
  • MIGHTY CROWN「THE FAR EAST RULAZ- PRESENTS LIFE STYLE RECORDS COMPILATION VOL.4」(2011年7月13日)
3.THINK ABOUT ME (MACCHO from OZROSAURUS & PUSHIM)
  • SAY「Virgo」(2011年10月12日)
9.INCAROSE feat. MACCHO (OZROSAURUS)
1.BEATS & RHYME (MACCHO、NORIKIYO般若&DABO)
4.PROFILE (OZROSAURUS)
5.DOG TAG (RYUZO feat.MACCHO)
  • DJ PMX「THE ORIGINALⅡ」(2012年9月5日)
14.Born This Way feat. MACCHO (OZROSAURUS), AI
1.ヨコハマシカ feat. OZROSAURUS
  • AK-69「The Independent King」(2013年1月9日)
7.PAPARAZZI feat.ANARCHY,MACCHO
  • MIGHTY CROWN「LIFESTYLE COMPIRATIPN VOL.5」(2013年4月24日)
7.MUSIC IS OUR TREASURE / CHOZEN LEE, MACCHO (OZROSAURUS) & MASIA ONE
2.REAL STYLE feat.川畑 要 (CHEMISTRY) & MACCHO (OZROSAURUS)
  • 般若「ジレンマ feat. MACCHO (OZROSAURUS)」(2013年11月6日)
1.ジレンマ feat. MACCHO (OZROSAURUS)
  • ANARCHY「DGKA (DIRTY GHETTO KING ANARCHY)」(2013年11月13日)
5.SCHOOL OF HARD KNOX feat. MACCHO & T.O.P.

作品に客演しているミュージシャン[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d Profile - OZROSAURUS Official Web Site
  2. ^ a b c d e OZROSAURUS : バイオグラフィー - BARKS アーティスト
  3. ^ 公式サイトのプロフィールでは98年の『Bay blues』がメジャー・デビュー作となっているが、『ライム・ダーツ』をリリースしたWEA Japanは、ワーナーミュージック・ジャパンの社内レーベルであり、メジャー・レーベルであるため、こちらが正しいと思われる。
  4. ^ a b OZROSAURUS、生死の境をさまよった交通事故から復活し、新レーベルで甦る! - BARKS 特集
  5. ^ a b (RELEASE INFO) JAPANESE HIP HOP 「045 RENAISSANCE」/DJ TOMO|NEWS / REPORT(ニュース/レポート) - Amebrak(アメブレイク)]
  6. ^ INTERVIEW > OZROSAURUS part.1 - Black File
  7. ^ 大御所グランドマスターフラッシュ新作にMACCHOが参加!|ブラックカルチャー最新ニュース - notrax_ 100% Black Culture _
  8. ^ アルバム『Hysterical』収録「AHH YEAH」の歌詞より
  9. ^ a b DS455 RIDE WIT THA D.S.C.(PART 1)|INTERVIEW(インタビュー) - Amebrak
  10. ^ 第11回 俺たちの街・横浜のヒーロー~OZROSAURUS『ROLLIN'045』 - bounce.com 連載
  11. ^ アルバム『Hysterical』収録「星を願う」の歌詞より
  12. ^ DJ Tomo (045 Renaissance) - MySpace

外部リンク[編集]