森田たま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森田 たま(もりた たま、1894年12月19日 - 1970年10月30日)は随筆家。 元参議院議員(1期)。長女はデザイナーの森田麗子、息子に映画プロデューサー森田信

略歴[編集]

作品[編集]

  • もめん随筆(正1936年、続1937年)のち新潮文庫、中公文庫 
  • 貞女 随筆 中央公論社、1937
  • 随筆きぬた 中央公論社、1938
  • 随筆竹 中央公論社、1939 
  • 鉛の兵隊(童話、中央公論社、1939年)
  • 桃李の径(少女小説集、実業之日本社、1939年)
  • 花菖蒲(短篇集、竹村書房、1939年)
  • 石狩少女いしかりをとめ(長篇小説、実業之日本社、1940年)
  • 随筆歳時記 中央公論社、1940 
  • 楊柳歌(詩集、甲鳥書林、1941年)
  • 招かれぬ客(実業之日本社、1941年)
  • 双蝶(有光社、1941年)
  • 少女小説 踊り子(実業之日本社、1942年)
  • 秋茄子(実業之日本社、1942年)
  • 私のアンデルセン 中央公論社、1942 
  • 針線余事(中央公論社、1942年)
  • はるなつあきふゆ(錦城出版社、1943年)
  • ホテルの人々(東寶書店、1943年)
  • 婦女讀本(生活社、1943年)
  • 随筆ゆく道 共立書房、1946 
  • 幸福の銀貨(国立書院、1947年)
  • 菜園随筆(大地書房、1947年)
  • 紅梅少女 湘南書房、1948 
  • 今昔(暮しの手帖社、1951年/2005年復刊)
  • 踊り子草 ポプラ社、1953 
  • きもの随筆 文芸春秋新社、1954 
  • 雲の上の散歩(ひまわり社、1955年)
  • ヨーロッパ随筆(寶文館、1955年)
  • ふるさと随筆(寶文館、1955年)
  • 苔桃 東方新書、1955 
  • 随筆ふるさとの味 講談社、1956 
  • 新粧(小説)講談社ロマンブックス、1956 
  • ゆき(美和書院、1956年)
  • 柳の芽(美和書院、1956年)
  • きものおぼえ書 講談社、1957 
  • 押絵の女(東方社、1958年)
  • 第三の火(小説)講談社ロマンブックス、1958 
  • 待つ(文藝春秋新社、1959年)
  • 絹の随筆(講談社、1961年)
  • きもの草子(牧羊社、1961年)
  • をんな随筆(講談社、1962年)
  • としまあず(小説)講談社ロマンブックス、1962 
  • ぎゐん随筆(講談社、1964年)
  • 随筆をんなの旅 鹿島研究所出版会 1967
  • きもの歳時記(読売新聞社、1969年)
  • 森田たま随筆全集 全3巻 講談社、1972 
  • 森田たま随筆珠玉選1‐3 ぺりかん社 1982

関連書籍[編集]

  • 『わたしの森田たま』東京文化センター。
  • 岩下保『在りし日の森田たまさんと国語の諸問題』八峯叢書。
  • 『森田たまと素木しづ──しなやかに煌めく感性のかたち』北海道立文学館。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]