樋口久子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
樋口 久子
Hisako Higuchi Golf pictogram.svg
基本情報
生年月日 1945年10月13日(68歳)
出身地 埼玉県川越市
身長 163cm
体重 60kg
血液型 O
利き手
経歴 二階堂高等学校
成績
優勝回数 72回 米国女子:2回を含む
初優勝 日本女子プロゴルフ選手権大会(1968年)
賞金王 1968-1976・1978-1979
賞金ランク最高位 日本女子:1位 (11度)
2009年2月26日現在
テンプレートを表示

樋口 久子(ひぐち ひさこ、1945年10月13日 - )は、埼玉県川越市出身の女子プロゴルファー。元日本女子プロゴルフ協会会長、現在は日本女子プロゴルフ協会相談役。優勝回数72回は日本歴代女子最多。

人物[編集]

中学校時代までは陸上競技選手だったが、二階堂高等学校時代に実姉が勤務していた東急砧ゴルフ場で中村寅吉を知り、ゴルフへの関心を深める。卒業後中村に弟子入りし、川越カントリークラブで練習場のスタッフとして勤務する傍らプロ選手としての下積み生活を経験。1967年に第1期女子プロテストに合格した。

その翌年、日本女子プロゴルフ選手権大会TBS女子オープン選手権(現・日本女子オープンゴルフ選手権競技)の2大メジャーを連覇。以後1970~80年代にかけてこれら2冠を独占するなど日本女子プロゴルフの先駆者としての地位を築く。

更に1977年には全米女子プロゴルフ選手権に日本人として初優勝(メジャータイトルは、ゴルフ界・テニス界、計16タイトルで唯一の優勝者)を達成し、世界もその実力を認めた。英語では「ひさこ」という名前が呼びにくいことから、“Hisako Chako Higuchi”(チャコ・ヒグチ)と呼ばれ、世界ゴルフ殿堂の会員としてもこの愛称つきで登録されている。

1996年日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)会長に就任。1997年に会長職専任のため競技の第一線を退き、後継者の指導に尽力する。これまでの競技者・指導者としてのキャリアの高い評価から、2003年に日本人初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。また以前から開催されていた「紀文クラシック」が、彼女の功績を称えた「樋口久子・紀文クラシック」(2003年は一旦休止。2004年から「樋口久子ゴルフ殿堂入り記念IDC大塚家具レディス」、2011年から「樋口久子森永製菓ウイダーレディス」、2014年から「樋口久子森永レディス」に改称)として開催されている。2011年1月末でJLPGAの役員定年を迎えたため会長を退任し、相談役に就任。


LPGAメジャー[編集]

  • 全米女子プロ 優勝1回

国内メジャー[編集]

  • 日本女子オープン 優勝8回
  • 日本女子プロ   優勝9回

スウェー打法[編集]

思い切り体重移動することで身体の軸までも移動してしまう独特な打法で、「樋口流スウェー打法」とも呼ばれる。外国人選手に比べてはるかに劣る腕力やウェート不足を補うために編み出された打法。樋口は足の筋肉が強いため軸がぶれずいい球を打てるが、大半の人物がこの打法で打つと身体の軸がぶれる。

テレビ番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 樋口久子の巻③ バケツいっぱいのボールをぶらさげて

外部リンク[編集]