宮本信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みやもと のぶこ
宮本 信子
宮本 信子
本名 池内 信子(旧姓:宮本)
生年月日 1945年3月27日(69歳)
出生地 日本の旗 日本 北海道小樽市
国籍 日本の旗 日本
職業 女優歌手
ジャンル 映画、テレビドラマ、舞台
活動期間 1963年 -
配偶者 伊丹十三(夫)
著名な家族 池内万作(長男)
公式サイト http://www.miyamoto-nobuko.jp/index.html
主な作品
映画
お葬式
マルサの女
ミンボーの女
スーパーの女
他多数
テレビドラマ
おひかえあそばせ
本日も晴天なり
まんてん
どんど晴れ
あまちゃん
他多数
舞台
『港町十三番地』
他多数

宮本 信子(みやもと のぶこ、本名;池内 信子[1]、旧姓;宮本1945年3月27日[2] - )は、日本女優歌手北海道小樽市生まれ[2]愛知県名古屋市育ち[3][4]愛知淑徳高等学校卒業[2]。夫は伊丹十三。長男は池内万作。所属事務所東宝芸能[1]1990年から)。

来歴・人物[編集]

1963年、高校卒業後、文学座附属演劇研究所に入所[2]。翌年に木村功が中心メンバーの劇団青俳に入団。舞台で活躍後はフリーとなる。1970年代はTVドラマに脇役として多数出演。映画『日本春歌考』での共演が縁で1969年に伊丹と結婚し、子育てが一段落した1984年に夫がメガホンを取った『お葬式』に主演しブレイク。以降の伊丹作品に全て出演し、作品ごとに多彩で多様なキャラクターを演じ、美人役からブサイクなオバハン役までをこなす演技力で、国内の映画賞を多数受賞した。

{{要出典|夫である伊丹は「妻はいい女優なのになかなか主役の話が来ない。ならば彼女を主役にした映画を自分で撮ってしまえばよい」と、彼女を「お葬式」に起用したと述べている[5]。伊丹映画での起用が元で、日本を代表する個性派女優へと成長した。また宮本自身も伊丹に対し「伊丹万作の息子であるあなたには是非映画を撮ってほしい」と、映画監督への転身を勧めていたことを明かしている[要出典]。伊丹とは芸能界を代表するおしどり夫婦であった。

1997年の伊丹との死別を機にジャズシンガーとしての活動も開始。2005年2月にライヴ・アルバム『Jazz in Tokyo Live@Toranomon Nobuko Miyamoto』をリリースした[6]

伊丹の自殺を機に映画への出演を控えていたが(映画館に入るのも恐くなったという)、2007年に『眉山-びざん-』で実に10年ぶりの映画出演を果たす。2011年、『阪急電車 片道15分の奇跡』で第36回報知映画賞助演女優賞を受賞した[7]

小唄ジャズダンスが趣味で[2]、『あげまん』や『マルタイの女』でその経験が活かされている。

2014年紫綬褒章受章[8]

エピソード[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系列[編集]

TBS系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

WOWOW[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 油屋おこん(1998年、京都南座)
  • うさぎ一座物語(1999年、大阪松竹座)
  • 雪やこんこん
  • あげまん(2000年、中日劇場)
  • 紙屋町さくらホテル
  • おやすみの前に(2002年5月、PARCO劇場)
  • 港町十三番地(2003年3月 - 4月、芸術座)
  • 港町十三番地(2004年7月、梅田コマ劇場)
  • 眉山-びざん-(2009年)

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

  • 都会の二つの顔(1963年)ラジオテレビ記者会年間最優秀作品賞・芸術祭奨励賞
  • 鳥の名前の少年 あるいは、ある小惑星探査機の冒険(2011年12月24日) - ナレーション

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

  • ハウスジャワカレー(1970年) - 伊丹十三と共演
  • 味の素「マヨネーズDo」 - 伊丹十三と共演
  • ツムラ - 伊丹十三と共演
  • 納豆・金のつぶシリーズ(2000年 - 2002年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 宮本信子”. 東宝芸能オフィシャルサイト. 2014年4月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e プロフィール”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  3. ^ ひとりごと 宮本信子”. ZAKZAK. 2014年4月28日閲覧。
  4. ^ タンポポだより 「・・・紋別・ホワイトコンサート・・・」”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  5. ^ 伊丹『「お葬式」日記』287p
  6. ^ CD・DVD”. 宮本信子 Official Site. 2014年4月28日閲覧。
  7. ^ 宮本信子「新しい何か始まる予感」…第36回報知映画賞” (日本語). シネマ報知. 報知新聞社 (2011年11月29日). 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月29日閲覧。
  8. ^ “紫綬褒章に羽生選手・宮本信子さん・玉三郎さん”. 読売新聞. (2014年4月28日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140427-OYT1T50118.html 2014年4月28日閲覧。 
  9. ^ 長新太アンコール 伊丹十三「長さん賛」より

外部リンク[編集]