港町十三番地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
港町十三番地
美空ひばりシングル
B面 伊豆の乗合バス(SP、45回転)
あの日の船はもう来ない(CDシングル)
リリース 1957年3月10日(SP)
1957年6月15日(45回転)
1991年7月1日(CDシングル)
ジャンル 歌謡曲流行歌
レーベル コロムビア
作詞・作曲 作詞:石本美由起
作曲:上原げんと
チャート最高順位
  • 1位(THE RECORD誌、1957年のコロムビアの年間チャート)
美空ひばり シングル 年表
若衆船
(1957年)
港町十三番地
1957年
花見街道
(1957年)
テンプレートを表示
港町駅舎 入口付近に本楽曲の歌碑が見える

港町十三番地」(みなとまちじゅうさんばんち)は、美空ひばりのシングル。1957年(昭和32年)3月10日にSPレコードとして、同年6月15日に45回転レコードとして発売。

概要[編集]

ひばりが生前好んで歌ったマドロス曲の一つであり、ひばりの故郷である横浜市と隣の川崎市が舞台になっている。

本楽曲のタイトルにある「港町」とは、京急大師線港町駅からとのこと。この辺りは競馬場や倉庫街があるなかに、レコード会社日本コロムビアの本社及び工場[1]があった。但しその番地は九番地であり、十三番地は存在しないが、歌詞では作詞の石本美由起が語呂の良さから十三番地にした[2]

こうした縁もあり、京浜急行電鉄2013年3月1日には、港町駅に『港町十三番地』の歌碑を建立し、ひばりの等身大の姿や実寸の手形とサイン、発売当時のレコードジャケットも描かれ、ボタンを押すと本楽曲を歌唱しているひばりの歌声が流れるようになっている。また、ホームへ上る階段には本楽曲の音符オブジェが設置され、ホームにはメロディー譜が描かれている[3]。また、京急線では21駅目となる電車接近メロディに本楽曲が採用されており、港町駅は「美空ひばり一色」の駅になっている[4]

歌詞の中の「銀杏並木の敷石道」は山下公園、「マドロス酒場」は馬車道あたりの酒場がイメージされたものだという。

日本レコード協会(当時:日本蓄音機レコード協会)発行の機関誌「THE RECORD」に掲載された1957年の各社ベストセラーチャートで、『港町十三番地』はコロムビアの年間チャート1位を記録した。

2003年下半期に放送されたNHK連続テレビ小説てるてる家族」の第17話では本楽曲が使用された。また、2013年上半期に放送された連続テレビ小説「あまちゃん」では宮本信子演じる天野夏と、蟹江敬三演じる天野忠兵衛が本楽曲を歌唱した。

1991年(平成3年)7月1日にカップリング曲を『あの日の船はもう来ない』に変更してシングルCDとして発売。

収録曲[編集]

SP、45回転レコード盤[編集]

  1. 港町十三番地
    作詞:石本美由起、作曲・編曲:上原げんと
  2. 伊豆の乗合バス
    作詞:石本美由起、作曲・編曲:上原げんと

CDシングル盤[編集]

  1. 港町十三番地
  2. あの日の船はもう来ない
    作詞:西沢爽、作曲・編曲:上原げんと

カバー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本コロムビア工場は2007年に閉鎖されている。
  2. ^ 東京新聞連載の「東京歌物語」(2008年8月31日
  3. ^ 川崎に“ひばり駅”「港町十三番地」歌碑&発着メロディー スポーツニッポン 2013年3月1日閲覧
  4. ^ 「音楽のまち・かわさき」に京急初の音楽一色の駅が誕生 - 京浜急行電鉄