タンポポ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タンポポ
Tampopo
監督 伊丹十三
脚本 伊丹十三
製作 玉置泰
細越省吾
出演者 山崎努
宮本信子
渡辺謙
役所広司
音楽 村井邦彦
撮影 田村正毅
編集 鈴木晄
配給 東宝
公開 日本の旗 1985年11月23日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億円(配給収入[1]
テンプレートを表示

タンポポ』は、1985年日本映画伊丹十三脚本監督による「ラーメンウエスタン」と称したコメディ映画。売れないラーメン屋を立て直す物語。

あらすじ[編集]

長距離トラックの運転手、ゴローとガンがとあるさびれたラーメン屋に入ると、店主のタンポポが幼馴染の土建屋ビスケンにしつこく交際を迫られていたところだった。それを助けようしたゴローだが逆にやられてしまう。翌朝、タンポポに介抱されたゴローはラーメン屋の基本を手解きしタンポポに指導を求められる。そして次の日から「行列のできるラーメン屋」を目指し、厳しい修行を始める。

キャスト[編集]

タンクローリー運転手。かつてはボクシングジム笹崎拳所属のウェルター級ボクサーだった。「タンポポ」を日本一のラーメン屋にするべくプロデュースすることになる。
しがないラーメン屋の店主で未亡人。ゴローと二人三脚で美味いラーメン屋になろうと努力する。
ゴローと一緒にタンクローリーに乗っている助手的相棒。タンポポの西洋風調理服を作る。
ヤクザまがいの土建屋。タンポポとは幼馴染で、毎晩店に現れてはしつこく言い寄っていた。ゴローとタイマンの後に和解し、店のリフォームを買って出て、自らのとっておきメニューの「ネギソバ」を伝授する。
産婦人科医。ラーメン好きの食道楽のせいで病院を妻と事務長に乗っ取られ、ホームレスたちのまとめ役になっている。ゴローの紹介によりタンポポの指導に当たり、主にスープの担当をする。
モチをつまらせる老人の運転手兼料理人で怪しい関西弁を話す。ラーメン好きで、主に麺の担当をする。
  • ターボー - 池内万平
タンポポの小学生の息子。いじめられていたがゴローたちのアドバイスでリベンジを果たし、いじめっ子たちとは一緒に登校するほどの仲となった。
蕎麦屋で愛人に止められていたすべてのメニューを注文し、ぜんざいのモチを喉に詰まらせてタンポポ達に助けられる。お礼として自宅に招きスッポン料理を振舞った上、ショーヘイを仲間に加えてくれる。
ヤクザの若頭風で全身白色のコーディネイト。かなりのグルメで死に際まで料理について語る。

スタッフ[編集]

作品解説[編集]

映画のモデルとなったラーメン店は、東京荻窪の「佐久信」で『愛川欽也の探検レストラン』でのストーリー(荻窪ラーメン)を下書きにしたとされる。

本筋は売れないラーメン屋を立て直す物語だが、途中本筋とはまったく関係ない食にまつわるエピソードが大量にちりばめられて相当部分を占めている。これらは、時にはすれちがう人物をカメラが追いかけていくような形で、時には何のエクスキューズもなしに突然挿入される。ヤクザ風の白服の男は冒頭でカメラに向かって口上を述べたあと、本筋との関係も全く説明されないまま、繰り返し登場。スケッチ集とも取れる自由自在な作り方となっている。

春木屋」軽井沢店で撮影された。

その他13のエピソード[編集]

  • 白服の男(オープニングで画面に向って話しかけ、映画館での音をたてる飲食行為を恫喝)とその情婦。
    • 生卵を割らずに何回も口移しでやりとりするような濃厚な場面も展開される。
    • 男にカキを食べさせる若い海女
    • 男は最後に何の説明もないまま射殺される。死の間際、情婦にを狩って山芋の詰まった腸を食べる話をする。この死は冒頭の口上から既に暗示されている。
  • ラーメンの正しい食べ方をガンに教示する老人(先生)。(東海林さだおのエッセイをかなり忠実に映像化)
  • スパゲッティの食べ方を教えるマナー教室の先生の授業の傍でマナーを無視してスパゲッティをすする外国人。
  • フランス料理に詳しい空気の読めない新米サラリーマンとフランス語の読めない重役。
  • 細長い乞食が子供(ターボー)にオムライスを作ってあげるホームレス[2]
  • 歯の痛い男。
  • 親に自然食以外を摂る事を禁じられた子供。
  • 店中の品物の感触を楽しむ老婆とその店の店長。
  • 大学教授になり済ましたスリ北京ダックを食べさせる詐欺師
  • 危篤の妻にチャーハンを作らせる男。
  • ラストは生まれて最初の食事である授乳のシーンで終わる。

音楽[編集]

作品内で随所に、前奏曲 (リスト)(Les Préludes(レ・プレリュード))ハ長調が使われている。またマーラーの交響曲等も使用されている。

公開・反響[編集]

本作は興行的には成功しなかったが[要出典]、一部のマニアックなファンや日本国外からの支持は高かった。日本国外での反響は特に高く、アメリカでの興行成績は、邦画部門2番目となっている[3]

この映画を見て日本通になったり、あるいはラーメン店を開業する外国人も出現した。

2009年にはこの作品のオマージュとしてロバート・アラン・アッカーマン監督による『ラーメンガール』が公開された。本作の主人公である山崎努も出演している。

脚注[編集]

  1. ^ 大高宏雄 「伊丹映画の新たな展開」『日本映画逆転のシナリオ』 WAVE出版、2000年4月24日、144頁。ISBN 978-4-87290-073-6
  2. ^ チキンライスに半熟オムレツを乗せて切り開く、いわゆる『タンポポオムライス』。「オムライスはオム(卵)とライスに分かれているのに、卵とご飯を一緒にするのはおかしい」と言う伊丹の発案を元に東京日本橋たいめいけんが作成し、現在も当店の名物の一つとなっている。
  3. ^ 一位は『Shall We ダンス?』。

外部リンク[編集]