洞口依子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
どうぐち よりこ
洞口 依子
本名 葛西 依子
生年月日 1965年3月18日(49歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
職業 女優タレント
ミュージシャン
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1985年 -
配偶者 有(1997年 - )
事務所 テアトル・ド・ポッシュ
公式サイト 洞口依子 のら猫万華鏡(公式)
主な作品
ドレミファ娘の血は騒ぐ
あげまん
愛という名のもとに
ふぞろいの林檎たちIV』

洞口 依子(どうぐち よりこ、1965年3月18日 - )は、日本女優。本名、葛西 依子(かさい よりこ)旧姓、洞口東京都武蔵野市出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。

人物・概要[編集]

高校時代に、『週刊朝日1980年11月7日号の表紙となる。その後EPICソニー・スターメイキングコンテストで優勝。雑誌「GORO」の「激写」モデルとして芸能界デビューした(1983年)。

1985年の映画『ドレミファ娘の血は騒ぐ』(黒沢清監督、伊丹十三と共演)に主役として初出演(以後も黒沢監督や伊丹監督の映画に多く出演している)。

1986年、『女の人さし指』(久世光彦演出)でテレビドラマ初出演。その後、テレビドラマ『愛という名のもとに』(1992年フジテレビ)『ふぞろいの林檎たちIV』(1997年TBS)などの作品で一躍人気となる。

1997年、NHKディレクターの男性と結婚。1999年、ウクレレバンド「パイティティ」を結成。

2004年に子宮頸癌を発病し、闘病生活に入った。2006年、ネットシネマ『マクガフィン』にて復帰。2009年11月7日、渋谷の映画館にて2週間にわたり「洞口依子映画祭」が開催された。

闘病生活[編集]

2004年1月に子宮頸癌を告知され、子宮と卵巣の全摘出手術を受けることとなる。術後の後遺症における過酷な闘病を自身のブログで実直に語る。それに伴い、体の不調の始まりから復帰するまでの、格闘の様子を赤裸々に記した始めての著書『子宮会議』(小学館2007年6月1日)を発売し、イベントなどで予防の為の検査をするよう呼びかけている。また、闘病生活において沖縄での生活が欠かせないものであったと自書で記している。

音楽活動[編集]

  • 「パイティティ」という名のウクレレバンドを結成している。きっかけは1999年サザンオールスターズ関口和之のアドバイスによるもの。映像作家の石田英範とユニットとして活動。2007年にマキシシングル「マクガフィン」を発売。ライブを各所で展開。
  • 2008年7月9日、パイティティ初のアルバム『Paititi』が発売される。同アルバムより「ウクレレ・ランデヴー」のPVが原口智生監督により制作、発表される。活動を描いたドキュメンタリー映画『ウクレレ PAITITI THE MOVIE』も制作された。
  • 映画『ニンゲン合格』で役としてウクレレを弾くシーンがある。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

1980年代
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
  • 文化庁芸術祭参加作品「ディア・フレンド」(主演:緒形拳)
  • 火曜サスペンス劇場「警部補 佃次郎(9)妻たちの真実」(主演:西郷輝彦)
2000年
2000年
  • 金曜エンタティメント おだまりコンビシリーズ(3)「芸能界殺しのオルゴール」
  • 火曜サスペンス劇場「妻たちの戦争」(主演:田中好子) - 中川理香 役
2001年
2002年
2003年
2004年
  • 女と愛とミステリー
    • 「みんな誰かを殺したい」(主演:三浦友和)
    • 「女の中の二つの顔…」(主演:余貴美子)
2005年
  • 水曜ミステリー9山村美紗シリーズ 不倫調査員片山由美(7)」 - 石田洋子 役
  • 土曜ワイド劇場「渡り番頭、鏡善太郎の推理III」(主演:鹿賀丈史) - 旅館の女将・聖美 役
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年

バラエティほか[編集]

新聞・雑誌等[編集]

  • 朝日新聞夕刊『こころの風景』3回連載(自身による子宮ガン告白記)
  • 女性自身光文社2006年6月27日号)
    (※洞口依子復帰インタビュー パニック障害、酒浸り、20キロ激太り-子宮ガン摘出手術後遺症「苦悩の2年間」)
  • 東京スポーツ2006年5月24日付「有名人の晩ごはん追跡」

ラジオ[編集]

CM[編集]

アルバム等[編集]

  • マキシシングル「マクガフィン」(2007年)
  • デビュー・アルバム「Paititi」(2008年)

著書[編集]

  • 「子宮会議」(2007年、小学館)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 夫婦の軌跡を通じて、洞口の子宮頚癌の日々を振り返る構成。子宮頚癌発症から手術、手術後の副作用に苦しみ、自殺未遂をするほど追い詰められながらも、沖縄に訪れることで自分を再生するという劇的な日々。これを洞口本人、夫・弘道さんこと“カッパくん”のコメントや再現ドラマ、手術当時に録画された洞口の様子も一部OAすることを通じ、よりリアルに再現された。番組の視聴率11.0%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)
  2. ^ 増え続ける子宮頸がん患者を減らすために、2008年から4月9日は「子宮の日」と制定され、東京で行われた「子宮頸がんを考えるシンポジウム」にゲストとして呼ばれた様子とインタビュー、日本における子宮頸がんの現状が紹介された。
  3. ^ サブタイトル「洞口依子 がんで子宮摘出を告白 言葉にできない喪失感 女性が苦しむ前に伝えたい」。

外部リンク[編集]