秋野暢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あきの ようこ
秋野 暢子
本名 田代 暢子(たしろ ようこ)
生年月日 1957年1月18日(57歳)
出生地 大阪府大阪市、現中央区
国籍 日本の旗 日本
身長 170cm
血液型 A
職業 女優タレント
ジャンル テレビ番組映画
活動期間 1974年~
配偶者 田代冬彦(1983年 - 2001年)
著名な家族 長女(1993年生)
主な作品
赤い運命
スチュワーデス物語

秋野 暢子(あきの ようこ、1957年1月18日 - )は、日本女優タレントである。

人物[編集]

大阪府大阪市、現在の中央区出身。四天王寺高等学校卒業。

所属芸能事務所の変遷は、三船プロダクション、田中プロダクション、アクターズプロモーション、ジェイ・ツー、などとなっている。

経歴[編集]

実家は船場呉服屋。小学校の学芸会での劇出演をきっかけに女優の道を歩み、1974年に放送されたテレビドラマ、『おおさか三月・三年』(NHK銀河テレビ小説)への出演で本格的に女優デビューした。翌年1975年には、『おはようさん』(NHK連続テレビ小説)のヒロイン、殿村鮎子役を務め、「吉永小百合の再来か」と取り上げられた。また、1976年放送のテレビドラマ『赤い運命』ではヒロイン役の山口百恵をイジメ抜く役を演じ切り、「本当にああいう性格なのでは?」とさえ言われ、非謗中傷の葉書なども多数あったという。母親にまでその類が及び、落ち込んでいた時に、共演者の三國連太郎に「後できっと役に立つから、迷わず演じなさい」と激励されたことが、後の女優人生に多大な影響を受けたという。現在では「山口百恵ちゃんをスーパースターにしたの、私よ」と笑って自慢する。

1980年代には歌手活動をしており、歌手としてバラエティー番組、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ)にはしばしばゲスト出演していた。

その後は、演技派女優、及びタレントとして多くのテレビ番組などに出演している。またダイエットへの造詣も深めて講演や解説ビデオの出版等、多方面で活躍を見せている。現在は大阪を中心に活躍しており、関西ローカルで2005年11月開始の讀賣テレビ放送の情報ワイド番組『激テレ★金曜日』(金曜夕方。週代わりMC)→2006年7月から帯番組化され『情報ライブ ミヤネ屋』の木曜日コメンテーターを担当(2008年9月までレギュラー)。関西ローカル番組では関西弁で話すことが多い。

私生活[編集]

1983年TBSのプロデューサーであった田代冬彦(現TBS執行役員)と結婚した。1993年12月に1女を得たが、2001年に離婚した。

プロ野球選手の高橋慶彦を「慶彦ちゃん」と呼んで、弟のように可愛がっていた。「高橋慶彦の足は天下一品」と評している。その関係から広島カープのファンとしても知られ、「広島以外はプロ野球ではありません」とも言っていた。広島市民球場 (初代)での観戦経験も多く、東京でカープの3連戦の試合がある際は、毎回その内必ず2試合を現地で観戦していたという。このように熱狂的な女性カープファンであることから、元祖「カープ女子」と呼ばれている[1]

その他[編集]

料理もプロ級の腕並みを持っていて、『愛のエプロン』にも定期的に出演したり、料理本も数冊出版している。

出演したテレビ番組でタレント候補が話題となった際、自身も過去、立候補を要請され、「自分は政治の素人だから」という理由で断ったことを明かした[2]。また、政治家になる場合には区議から始めるとした。

かねてよりTBSラジオのヘビーリスナーを公言していたが平成23年6月28日に念願の『小島慶子 キラ☆キラ』にゲリラ出演を果たした。

縁のある北海道夕張郡由仁町ではふるさと大使を務める。

甘いものが苦手。チョコレートを食べると耳の中で黒板を引っ掻くような音がするという。あんこを食べるとむせてしまうほど苦手で56年間で3回しか食べたことがない。(有吉くんの正直さんぽより)

エピソード[編集]

赤い運命』で吉野いづみ役を演じていた時、街でドラマを見ていた視聴者から「あなたはいづみじゃない。直子なのよ」と度々言われていたが「そんなのはとっくに知っている」と全く気にしていなかったことを後年、『テレビ探偵団』などのトーク番組で話している。

セックスは「Sに思われているけど超ドMなの」とテレビ番組で述べた。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティほか[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

声優[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 「走ってみたい」と思っちゃう本(2007年、ベストセラーズ)
  • スーパースマイルダイエット―笑うほどヤセる!キレイになる!! (2006年、ニューズ出版
  • 秋野暢子のキレイにやせて二度と太らない (2006年、学習研究社)
  • 秋野暢子のキレイにやせる本―秋野流ダイエットでラクラクやせて、もう太らない!  (2003年、学研)
  • たるまない女。になる―からだと心のムダをそぎ落とす (2002年、青春出版社)

ディスコグラフィー[編集]

シングル
  • 1977年、「愛はみなし児」 c/w 「雨だれ模様」(C-45)
  • 1985年、「よろしかったらお寄んなさいよ」 c/w 「今は抱きしめて」(7K-190、秋野暢子 with KINTA名義)
  • 1986年、「HOLD ME 抱きしめて」(7K-224、映画『片翼だけの天使』主題歌)
  • 1987年、「恋のバカンス」 c/w 「Oh My Idollll(そんなあなたでも)」(7BAS-16、YOKO AKINO & P-夏 ALL-STARS名義)
  • 1988年、「だまされ天然!」 c/w 「NOGAKI-MAN」(10BTC-249)
  • 1989年、「愛をふりかけて」 c/w 「き・ら・い」(10BTC-260、フジテレビ系情報番組『と〜んでもない』オープニング・テーマ)
アルバム
  • 1989年、「Oh!ト・モ・ダ・チ・ハ 1000000カラット・ダイヤモンド」(32BTC-252)
NOGAKI-MAN/サンキュー内臓/君と月まで/愛をふりかけて/き・ら・い/でも君と白浜の海/半農半漁の数え唄/だまされ天然!/DA DA/すべていとしいあなたのために/ぼくが君を知っている
参加作品
  • 1980年、「猿飛佐助サウンドトラック」(40AH-10267、アルバムB面5トラック目の「黄昏うらない」を歌唱)

脚注[編集]

  1. ^ [2014年5月10日、広島ホームテレビ『鯉のはなシアター』]
  2. ^ 『第4回教えてMr.ニュース 池上彰のそうなんだニッポン』 2010年5月28日放送

外部リンク[編集]