目撃!ドキュン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
目撃!ドキュン
ジャンル ヒューマンバラエティ番組
放送時間 水曜 19:00 - 19:30 (1994年10月 - 1995年9月)
水曜 19:00 - 19:54 (1995年10月 - 2002年6月)
放送期間 1994年4月6日 - 2002年6月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
製作総指揮 加藤秀之
プロデューサー 川野祐司
石原勉
吉川雅章
出演者 田中律子
ラサール石井
高橋英樹
秋野暢子
大木凡人
ほか
音声 モノラル放送
エンディング 当該節参照
テンプレートを表示

目撃!ドキュン』(もくげき!ドキュン)は、1994年4月6日から2002年6月26日まで、テレビ朝日系列局水曜19時台に放送されたヒューマンバラエティ番組である[1]

概要[編集]

番組開始当初は水曜 19:00 - 19:30(JST)の30分枠で放送されていたが、『水曜特バン!』の廃枠に伴い、1995年10月からは放送枠が1時間に拡大された。また、拡大当初は、『目撃!ドキュン〜今夜の決断〜』(もくげきドキュン こんやのけつだん)と副題付きの番組タイトルに変更、放送された。テレビ朝日の水曜19時枠が1時間枠となったのは、1968年1月 - 3月放送の海外ドラマ『ジャングル少年ボンバ』以来26年振りである。

出演者[編集]

司会[編集]

パネラー[編集]

ロケのみ・リポーター[編集]

ナレーター[編集]

スタッフ[編集]

主なコーナー[編集]

ガケっぷち人生
崖っぷちにある夫婦の相談に乗る。司会のラサールやレギュラー陣も激怒することが多い。
ゴーマン妻〜ココだけは直して〜
島崎俊郎担当のロケ企画。
ご対面
とある人探しをしている応募者の人生を再現VTRにまとめ、その後で人探しをする。
涙のバージンロード
結婚式を控えた娘が、今までの人生を振り返る再現VTRが放送された後に父親の前で感謝の手紙を読む。大木凡人がリポーターだった。

歴代エンディングテーマ[編集]

その他[編集]

  • この番組のタイトルが由来となったインターネットスラングとしてドキュン(DQN)がある。
  • 山形テレビでは、ローカル番組『クイズ・親子でドキドキ!山形物語』の放送があったことから当初は土曜9:30からの放送だったが、放送時間の拡大と同時に同時ネットとなった。
  • 朝日放送ABCテレビ)では、ナイターシーズン中に『ABCプロ野球中継』(関西ローカルの阪神戦中継、または阪神戦ビジター時の近鉄戦中継、阪神戦のみサンテレビとのリレー中継を実施)があったため、プロ野球中継の振り替え放送の問題から、20時からの海外ドラマあるいはバラエティ枠と共に土曜日昼の特別番組枠に置き換えられたり、中止になったりしたことがあった。また、巨人戦裏カードの『パワーアップナイター』差し替えの場合は、本来のカードが19:30または20:00開始の一方、阪神または近鉄戦の場合は19:00開始のため、本番組のみ振り替え放送となった。
  • また、広島ホームテレビでも同様に、広島東洋カープ戦中継を放送するために平日午後15 - 16時枠または週末午後に振り替え放送される場合があった他、1時間枠時代の1999年には、ヤクルト対広島戦が全国ネット『パワーアップナイター』で20:00からの放送となった際にHOMEのみ裏送りで19:00からフライングスタートしたため、同様に後日の放送となった。
  • 北海道テレビ放送では1999年12月15日放送分のみ、この番組の放送の代わりに『水曜どうでしょう』のゴールデン特番が放送されている(道内ローカル)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 目撃!ドキュン”. テレビ朝日. 2004年4月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月17日閲覧。
テレビ朝日系列 水曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
目撃!ドキュン
(1994年4月 - 2002年6月)
スイスペ!
※19:00 - 20:48
テレビ朝日系列 水曜19時台後半枠
水曜特バン!
※19:30 - 20:54
目撃!ドキュン
(1995年10月 - 2002年6月)
スイスペ!
※19:00 - 20:48
テレビ朝日系列 水曜19:54 - 20:00枠
水曜特バン!
※19:30 - 20:54
目撃!ドキュン
(1995年10月 - 2000年3月)
music-enta
※19:54 - 20:48