そこをなんとか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

そこをなんとか』は、麻生みことによる日本漫画。片瀬小波が監修する。『MELODY』(白泉社)にて2007年6月号から連載開始。単行本は同社の花とゆめコミックススペシャルレーベルにて、2013年5月までに8巻が刊行されている。

2012年10月21日から12月16日までNHKにてテレビドラマ化された。2014年8月3日から9月までの8回シリーズで、同作品の第2シーズン「そこをなんとか2」の放送が予定されている。

概要[編集]

2007年、司法制度改革により司法修習修了者が急増したため、弁護士の就職難という事態が発生する。その一人、改世楽子はかつてのバイト先の客であった菅原を頼って事務所に入所し、先輩弁護士の東海林弘明と弁護士として業務に当たる。

主人公が新司法試験の合格者であることをはじめ、近年改正された法律など比較的新しい法知識を盛り込む。また、離婚に関する交渉や遺産相続問題といった訴訟以外の弁護士の業務を扱うほか、国選弁護人裁判員制度といった司法制度も扱う。

作品題名は、楽子が依頼人のため相手に食い下がって連発する「そこを何とか!」にちなむ。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

改世 楽子(かいせ らくこ)
本作の主人公の新米弁護士。通称は「らっこ」。25歳。司法制度改革による新司法試験の初年度の合格者であり、新第60期の司法修習生として司法修習を受けた。酒量は底なしで、学生時代にキャバクラでアルバイトしており、その時の客だった菅原に「もし他に就職先が決まらなかったら雇う」ことを賭けた飲み比べで勝利。それを理由に菅原弁護士事務所に押し掛け、採用してもらう。
九州出身。実家は貧乏で「文系が得意なら弁護士におなり」という親の助言を(真に)受けて法曹界を志す。弁護士として大金を稼ぐ事を夢見ているが、小さな事務所での下働きばかりなことと、弁護を引き受けてもなぜか高確率で依頼料が安く落ち着いてしまうことから、理想とは少々違う現実を歩みつつある。
性格は天真爛漫でどこか呑気。菅原いわく「苦労人なのにスレてない」。無邪気に堂々と金持ちの夢を語る一方で、依頼人の窮状に肩入れして金にならない労働をしたりと、基本的に人情派である。また、キャバクラ勤めの経歴などでもわかる通り結構ちゃっかりしていて弁護士らしい堅苦しさや迫力とは無縁。そのため依頼人からは「あなたが弁護士?」と疑問の目を向けられることもある。
東海林 弘明(しょうじ ひろあき)
菅原弁護士事務所の先輩弁護士。クールでビジネスライク。人情に流されがちな所長を抑えて事務所の屋台骨を支える。仕事面では超有能で、依頼人に不利な状況をひっくり返したり、依頼人を丸めこんでより多くの依頼料を引き出したりしている。そのあまりにも抜け目の無い仕事ぶりで楽子を唖然とさせることもしばしば。楽子を苦手なタイプとしており、楽子が事務所に押しかけた当初は追い返そうとした。厳しいが的確なフォローで楽子を指導する。
名門私立・聖応大学の出身。大学在学中に司法試験に受かるなど、かつてはエリート街道を突っ走っていた。一旦は大手弁護士事務所に就職したが、その直後トラブルに遭い退職、頼っていった恩師の菅原に誘われ、彼が開く事務所で弁護士生活をスタートさせた。中道に誘われ、第21話で別の事務所へと移籍する。かなりの好き。また、酒には弱い。
菅原 耕太郎(すがわら こうたろう)
菅原弁護士事務所の所長。温厚な人格者だが、依頼人に情で押されて依頼料を値切られることも多い様子。そのため事務所ではしっかり者の東海林が幅を利かせ、彼自身は所長であるにも関わらず普段は少々存在感が薄い。
かつて聖応大学の法学部で教鞭をとっており、東海林も彼の教え子だった。現在も別の私立大学で客員教授を務める。
司法試験に合格せずに弁護士となる[1]
久保田 亜紀(くぼた あき)
菅原弁護士事務所の事務員。ボブカットの女性。常に無表情で淡々と仕事をこなす。
かつて菅原の教え子だったが、大学在学中に交際中だった男性の子供を妊娠。しかし結婚することができず、未婚のまま息子の昴を出産、シングルマザーとして働きながら育児を続けている。家庭では事務所とは全く違う一面を見せる。
中道 志織(なかどう しおり)
東海林の司法修習の同期の女性弁護士で、大手である奥山・城之内弁護士事務所に所属。企業の担当をしており、たびたび楽子の扱う案件の相手方の弁護士としても登場している。
その後、大手の事務所なりの苦労に嫌気がさし、東海林を誘って別の事務所へと移籍した。
かつて東海林と交際していた。
赤星 光貴(あかぼし こうき)
楽子の司法修習同期で、奥山・城之内弁護士事務所に所属。お金持ちのエリート。
楽子に気があり、「合コンの下見」と称して食事をおごるなどさりげなくアプローチしているが、楽子は全く気がついていない。

書誌情報[編集]

麻生みこと『そこをなんとか』白泉社花とゆめコミックススペシャル〉

  1. 2008年3月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-18785-1
  2. 2009年3月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-18786-8
  3. 2009年11月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-19823-9
  4. 2010年9月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-19824-6
  5. 2011年5月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-19825-3
  6. 2012年3月5日 初版発行、ISBN 978-4-592-19876-5
  7. 2012年10月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-19877-2
  8. 2013年5月10日 初版発行、ISBN 978-4-592-19878-9

なお、コミックス収録時は連続するエピソードが巻をまたがないように話の順序が一部入れ替えられている(その際、入れ替えにより台詞などに矛盾が生じる点については雑誌掲載時から変更が加えられている)。

テレビドラマ[編集]

そこをなんとか
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日22:00 - 22:49(49分)
放送期間 (第1シーズン)2012年10月21日 - 12月16日
(第2シーズン)2014年8月3日-9月予定((第1シーズン)9回
(第2シーズン)8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 片岡敬司
原作 麻生みこと『そこをなんとか』
脚本 今井雅子
横田理恵
出演者 本仮屋ユイカ
市川猿之助 ほか
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

そこをなんとか』はNHK BSプレミアム2012年10月21日より12月16日まで毎週日曜日22:00 - 22:49 (プレミアムドラマ枠)に放送されたテレビドラマ。全9回。主演は本仮屋ユイカ

2014年8月3日から9月までの8回シリーズで、同作品の第2シーズン「そこをなんとか2」の放送が予定されている[2]

キャスト[編集]

菅原耕太郎法律事務所
奥山城之内法律事務所
その他
ミントハウス東京
ゲスト
(第1シーズン)

サブタイトル[編集]

第1シーズン[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 2012年10月21日 最後に愛は勝つ 今井雅子 片岡敬司
第2話 2012年10月28日 涙の値段
第3話 2012年11月04日 この子だれの子 一色隆司
第4話 2012年11月11日 立ち上がれダメ男! 横田理恵
第5話 2012年11月18日 嘘の中の真実 片岡敬司
第6話 2012年11月25日 信じる力 今井雅子 一色隆司
第7話 2012年12月02日 愛がすべてさ!
第8話 2012年12月09日 愛の深淵 横田理恵 片岡敬司
最終話 2012年12月16日 運命の決断

第2シーズン[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出
第1話 2014年8月3日

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 弁護士法5条の「大学で法律学を研究する大学院の置かれているものの法律学を研究する学部、専攻科若しくは大学院における法律学の教授若しくは准教授の職に在つた期間が通算して5年以上になること」に該当するため。なお2009年以降は司法試験に合格し司法修習を終えていない場合の特例となっている。
  2. ^ 「そこをなんとか2」製作開始のお知らせ

外部リンク[編集]


NHK BSプレミアム プレミアムドラマ
前番組 番組名 次番組
終の棲家
(2014.7.20 - 2014.7.27)
そこをなんとか2
(2014.8.3 - 2014.9.21〈予定〉)
昨夜のカレー 明日のパン
(2014.10. - 〈予定〉)