渡辺えり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わたなべ えり
渡辺 えり
本名 土屋 えり子(つちや えりこ)
別名義 渡辺 えり子(わたなべ えりこ)
生年月日 1955年1月5日(59歳)
出生地 日本の旗日本山形県山形市
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1978年 -
活動内容 舞台、映画、テレビ

渡辺 えり(わたなべ えり、1955年1月5日 - )は、日本女優演出家劇作家。本名、土屋 えり子(つちや えりこ)。旧姓名及び旧芸名は渡辺 えり子(わたなべ えりこ)。

人物[編集]

  • 1978年もたいまさこらと「劇団2○○」(げきだんにじゅうまる)を結成。1980年に「劇団3○○」(げきだんさんじゅうまる)と改名。同劇団解散後、2001年に「宇宙堂」を結成。作、演出、出演の三役をこなす。1982年、幻児プロの『ウィークエンド・シャッフル』にて映画初出演。
  • 中村勘三郎とは昔から酒をよく飲み語り合う仲。勘九郎時代には舞台の台本を書くためにと、勘九郎の自宅の空いている部屋を借りる話があった、と語り合っている。勘九郎曰く「この人(渡辺)と出会ったのは良かったよ。最高だよ」と、冗談ぽく、しかし信頼を置いて渡辺を評する。そんな勘九郎の事を、渡辺はオフでは「哲明さん」と、本名で呼ぶことが多いらしい(『しのぶとえり子のふっふっふ』にて)。
  • 人形劇団結城座自主公演『森の中の海』(2007年11月19日より・於下北沢スズナリ)では、作・演出を務める。客演として稲荷卓央(唐組)を迎え人形と役者の共演を初演出する。
  • 高岡早紀とは10年来の親友である。(2013年11月『帰れま10』より)

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ドレッサー(1988年)
  • 楡家の人びと(1991年)
  • 野田秀樹の真夏の夜の夢(1992年)
  • 5時の恋人(1992年)
  • 阿呆劇 フィガロの結婚(1995年)
  • おやすみ、母さん(2001年)
  • 喜劇 別府温泉狂騒曲 地獄めぐり(2002年)
  • ミレナ(2002年)
  • 東京のSF(2002年)
  • ドタキャンするの!?(2003年) - 演出・出演
  • りぼん(2003年) - 作・演出・出演
  • ミザリー(2005年6月 - 7月、2007年9月 - 11月)
  • ロープ(2006年)
  • 楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~(2009年)
  • ペテン・ザ・ペテン(2011年)
  • トップ・ガールズ(2011年)

監督[編集]

情報・バラエティ[編集]

他多数

コマーシャル[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャル病の起源」 - 2008年11月16日
    家族が糖尿病である(番組で告白)。家族因子を持ち、且つ現在太っているだけに現実的恐怖として糖尿病に対する危機感を持っていることから起用されたが、日本人の場合肥満以外の要素が糖尿病発症の主因となっていることに驚いていた。

ラジオ[編集]

音楽[編集]

CD[編集]

受賞歴[編集]

  • 1980年 - シアターグリーン賞受賞 『改訂版タ・イ・ム(夢坂下って雨が降る)』
  • 1983年 - 第27回岸田國士戯曲賞 『ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ』
  • 1987年 - 第22回紀ノ国屋演技賞 『瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙』
  • 1991年 - プラハ国際テレビ祭グランプリ 『音・静かの海に眠れ』
  • 1995年 - 第17回日本アカデミー賞優秀助演女優賞 『忠臣蔵外伝四谷怪談』
  • 1995年 - 第4回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞 『忠臣蔵外伝四谷怪談』『怖がる人々』
  • 1996年 - 第21回報知映画賞助演女優賞 『Shall We ダンス?』
  • 1997年 - 第20回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞 『Shall We ダンス?』

著書[編集]

戯曲[編集]

  • ゲゲゲのげ 逢魔が時に揺れるブランコ 白水社 1983.8
  • 夜の影 優しい怪談 戯曲 深夜叢書社 1983.2
  • 瞼の女 まだ見ぬ海からの手紙 白水社 1985.1
  • タ・イ・ム/夢坂下って雨が降る (シリーズ戯曲新世紀) ペヨトル工房 1994.9
  • 渡辺えり子1 光る時間/月夜の道化師 ハヤカワ演劇文庫 2007.11
  • 渡辺えり子2 ゲゲゲのげ/瞼の女 ハヤカワ演劇文庫 2008.11

その他[編集]

  • 屋根裏部屋のハミング(小説集)筑摩書房 1988.10
  • 不夜城の乙女(エッセイ集)早川書房 1988.3
  • こんな女になってみたい(エッセイ)PHP研究所 1991.9
  • うたた寝のジュリエット(エッセイ)フレーベル館 1993.6 (クリエイティブウーマンシリーズ)
  • えり子の冒険 早すぎる自叙伝 小学館 2003.10
  • 思い入れ歌謡劇場 中央公論新社 2003.9
  • 芝居語り 渡辺えり子対話集 小学館 2006.8

脚注[編集]

  1. ^ “マガジン9とは?”. http://www.magazine9.jp/about/ 2014年6月19日閲覧。 
  2. ^ しんぶん赤旗日曜版2013年07月14日号:バックナンバー2013年7月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]