一心太助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一心太助(いっしんたすけ)は、小説戯曲講談などに登場する架空の人物とされている人物。初出は「大久保武蔵鐙」とされる。

人物[編集]

職業は魚屋。義理人情に厚く、江戸っ子の典型として描かれることが多い。三代将軍徳川家光の時代に、大久保彦左衛門のもとで活躍したとされる。

名の由来は、腕に「一心如鏡、一心白道」(いっしんにょきょう、いっしんびゃくどう)の入れ墨があったことから。一心如鏡は読み下せば「一心鏡の如し」、白道二河白道(にがびゃくどう、極楽浄土へ続くとされる)を指す。

架空の人物というのが定説であり、神奈川県小田原の老舗魚問屋 鮑屋 の主人がそのモデルだとされている。一方、松前屋五郎兵衛建立の「一心太助石塔」と書かれた太助の墓が、港区白金立行寺の大久保家墓所の傍、それも彦左衛門の一番近くに立っており、太助は実在の人物で、若いころ大久保彦左衛門の草履取りだったとも言う。

大久保彦左衛門は小田原藩主大久保忠世の弟であり、現在でも魚市場で有名な東京の築地は、当時小田原町と呼ばれたほど小田原から移動してきた人が多く住んでいたが、物語の原型はそこで成立したようである。

数多くのドラマ、演劇などに登場し、ドラマ中、彼のトレードマークの一つ「一の魚」は魚運搬専用のトラックなどに多く採用されている。

伝説[編集]

一心太助は百姓であったが、あるとき領主の大久保彦左衛門に意見したのが気に入られ、大久保家で奉公することとなる。

大久保彦左衛門の皿を誤って1枚割ってしまった腰元お仲が手討ちで殺されそうになるのを、一心太助が知る。一心太助は彦左衛門の前で残りの皿7枚を割り、彦左衛門がお仲および一心太助を許す。一心太助は、お仲と結婚し、武家奉公をやめてお仲の実家の魚屋で働くこととなる。その後も、彦左衛門に意見し協力することとなる。

登場する主な作品[編集]

講談[編集]

  • 「大久保政談・一心太助」

歌舞伎[編集]

映画[編集]

  • 「一心太助」(1930、日活
    監督:稲垣浩、主演:片岡千恵蔵
  • 「お馴染 一心太助」(1933、松竹キネマ
    監督:秋山耕作、主演:坂東好太郎
  • 「一心太助」(1938、日活)
    監督:菅沼完二、主演:尾上菊太郎
  • 「天晴れ一心太助」(1945、東宝
    監督:佐伯清、脚本:黒澤明、主演:榎本健一
  • 「天下の御意見番を意見する男」(1947、大映
    監督:木村恵吾、脚本:依田義賢、主演:大友柳太郎
  • 「一心太助 天下の一大事」(1958、東映)
    監督:沢島忠、主演:中村錦之助
  • 「江戸の名物男 一心太助」(1958、東映)
    監督:沢島忠、主演:中村錦之助
  • 「一心太助 男の中の男一匹」(1959、東映)
    監督:沢島忠、主演:中村錦之助
  • 「家光と彦左と一心太助」(1961、東映)
    監督:沢島忠、主演:中村錦之助
  • 「サラリーマン一心太助」(1962、東映)
    監督:沢島忠、主演:中村賀津雄
  • 「一心太助 男一匹道中記」(1963、東映)
    監督:沢島忠、主演:中村錦之助
  • 「一心太助 江戸っ子祭り」(1967、東映)
    監督:山下耕作、主演:舟木一夫

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

「マンガ日本の古典」シリーズは、古典文学を漫画化しようというものであったが、本作については三河物語の著者である大久保忠教が本を出すに至ったいきさつを漫画にしており、それを主人公である一心太助の目から見るという内容になっている。

演歌[編集]

ゲーム[編集]

主人公である悪代官に倒される正義の味方(敵キャラ)として登場。

パロディ[編集]

トレードマーク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]