西内まりや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしうち まりや
西内 まりや
プロフィール
愛称 うっぴー、まりやんぬ
生年月日 1993年12月24日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本福岡県福岡市
血液型 A型
瞳の色 茶色
公称サイズ(2013年3月[1]時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 80 - 58 - 83 cm
股下 / 身長比 81 cm / 47.6 %
靴のサイズ 25 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優声優
モデル: テンプレート - カテゴリ

西内 まりや(にしうち まりや、1993年12月24日 - )は、日本ファッションモデル女優声優タレントである。

福岡県福岡市[2]出身。ヴィジョンファクトリー所属。

実姉はタレントの西内ひろ

略歴

2006年夏、福岡市内に遊びに来ていた際に芸能事務所スタッフによるスカウトを受けた。同年10月15日、福岡第一高校第一経済大学付属高校が合同開催している学園祭「パラマ祭」で、多数の芸能人を輩出したことでも知られる、「中学生カラオケ選手権」に立花里紗、宮原梨江と共に3人組ダンスユニットで出場、グランプリを獲得した。

モデルとして

2007年7月より、ローティーン向けファッション雑誌 『ニコラ』(新潮社)の専属モデル(ニコモ)として活動を開始[3]。同誌の表紙への登場回数は通算11回。そのうち3回が単独での起用[4]2008年度ニコラ部長の高屋敷彩乃から引き継ぎ2009年度のニコラ部長になった。また、当時の新ブランド「Lindsay」(ナルミヤ・インターナショナル)のイメージモデルを務めた。

2010年5月号で雑誌「nicola」を卒業し、2010年7月号よりティーン向け雑誌「Seventeen」(集英社)の専属モデルとして活動している。2011年3月号で初の表紙を飾る[5]

声優として

2007年、映画ライラの冒険/黄金の羅針盤』のライラ役の日本版吹き替え声優を決定するGyaOギャオーディション『ライラの冒険 黄金の羅針盤ファンタジー・ヒロイン・オーディション』に応募し、5,104通の応募の中からグランプリに選ばれた。同年11月ロンドンワールドプレミアに参加し、ライラ役のダコタ・ブルー・リチャーズやコールター夫人役の日本語吹き替えを担当した山口智子らと共にレッドカーペットの上を歩いた。

女優として

2008年7月、ドラマ『正義の味方』(日本テレビ)で女優デビュー。

2011年12月、『スイッチガール!!』(フジテレビTWO)でドラマ初主演。なお、第1話放送日の12月24日は西内の誕生日であった。

2013年8月、『山田くんと7人の魔女』(フジテレビ)で地上波連続ドラマ初主演。

その他の活動

2008年3月9日、スカイマークスタジアム(現:ほっともっとフィールド神戸)で行われたオープン戦「阪神タイガース千葉ロッテマリーンズ」の始球式を務める。「今日から阪神ファンになります」と語った[6]

2012年4月から2013年9月まで、『ピカルの定理』(フジテレビ)に初のバラエティ番組レギュラー出演[7]

人物

東京都内の女子高校[8]を2012年3月15日に卒業。高校を卒業するときにSeventeenの自身の連載ページ「まりやまにあ」で通っていた高校の制服を着て、写真を載せた。

特技は、小学校3年生から続けているバドミントンであり、2007年度の中体連では、個人(シングルス)・団体ともに福岡県大会に出場した。また、バドミントン競技で西内は、福岡市内の大会で4度の優勝歴がある[9]

好物は、カリカリ梅[10]。猫が大好きだが、猫アレルギーである。

好きな言葉は「一生懸命」で[10]、目標とする女優は事務所の先輩の観月ありさ[11][要文献特定詳細情報]、モデルでは長谷川潤としている。

2007年(平成19年)10月、それまでの、仕事がある都度に福岡から上京する生活を改め、母親と共に東京に転居した。

『ニコモ』のなかでは、特に日南響子との仲が良く、2人合わせて「まりきょん」と呼ばれていた。かつて同誌では、「まりきょんHappyらいふ♥」という連載も行われていた[12]

自身のオフィシャルブログではファンのことを「うっぴーズ」と呼んでいる。

出演

太字は主演

テレビドラマ

バラエティ

レギュラー出演
単発出演
  • 世界ベスト・オブ・映像ショー頂上リサーチ(2014年1月5日、フジテレビ)-初MC

映画

CM

(2009年3月、ショッピング 篇 / 噛むとフニャン 篇)
(2009年9月28日、秋田 篇)
(2010年6月15日、植物園 篇)
(2012年4月24日、クローゼット 篇)
(2012年7月3日、プチバカンスへGO! 篇)
  • veet(ヴィート) ヴィートで女子ろう!篇(2013年4月)
  • meiji カラフルバレンタイン!(2014年)
(2014年1月10日、カラバレ 篇)

インターネット

「ライラの冒険」の裏話を紹介するコーナー「まりや日記」のレギュラー。

スチール・広告

新聞

  • 朝日新聞 旬「何でも挑戦、一番目指す」(2012年7月14日夕刊)

アーティストPV

書籍

雑誌連載

ムック

文庫

単行本

  • まりやまにあ(2013年3月23日、集英社)

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ 西内まりや 『まりやまにあ』 集英社2013年3月、p.82。ISBN 978-4087806717
  2. ^ “西内まりや 母の振り袖で成人式に 川島海荷は舞台で…”. スポーツニッポン. (2014年1月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/01/13/kiji/K20140113007381460.html 2014年1月14日閲覧。 
  3. ^ ニコラモデルオーディションの出身者ではない。nicola編集部との顔見せ(事務所オーディション)でニコモになった
  4. ^ 2010年2月号現在
  5. ^ 桐谷美玲との2人表紙
  6. ^ “西内まりや「今日から阪神フアンです」”. デイリースポーツ. (2008年3月10日). オリジナル2008年12月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081211044310/http://www.daily.co.jp/gossip/first_ball/2008/03/10/0001122807.shtml 2008年9月17日閲覧。 
  7. ^ “夏菜&大島が「ピカル」卒業、千鳥ら加入”. デイリースポーツ. (2012年3月25日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/03/25/0004912000.shtml 2014年1月14日閲覧。 
  8. ^ Seventeen』2010年9月号、集英社、2010年[要ページ番号]
  9. ^ “西内まりや、女優と歌手を夢見る14歳…“ライラ”日本語吹き替え獲得”. スポーチ報知. (2008年3月23日). オリジナル2008年3月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080323235017/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080323-OHT1T00026.htm 2008年9月17日閲覧。 
  10. ^ a b 〜NEXT GENARATION〜Blog:西内まりや (2007年7月23日). “西内まりや 13歳 「こんにちは☆☆」”. 2007年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月17日閲覧。
  11. ^ 雑誌「ぴあ」のインタビューより
  12. ^ 『ニコラ』 2009年6月号から2010年5月号

外部リンク