ニコラ (雑誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
nicola
Shinchosha nicola wordmark 2003.svg
2003年から使用されている現行ロゴタイプ
ジャンル ローティーン向けファッション
読者対象 女子小中学生
刊行頻度 月刊(毎月1日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 480円(2011年4月 - )
出版社 新潮社
編集長 宮本和英→山元琢治→松本美帆子→眞部菊美
雑誌名コード 17117
刊行期間 1997年7月号 -
発行部数 21万5900部(2012年4月 - 2012年6月日本雑誌協会調べ)
姉妹誌 ニコ☆プチ
ウェブサイト ニコラネット

nicola』(ニコラ)は、新潮社が毎月1日に発行するファッション雑誌1997年創刊。

概要[編集]

小学校高学年から中学生までの女の子を主な読者層としている(ただし、主な読者層は中学生)、ファッションを中心に思春期女子のライフスタイル情報全般を扱う。2000年代にはジュニアファッションブームや「ニコ㋲」と呼ばれる専属モデルの人気を糧に急成長し、読者世代に多大な影響力を持っている。2011年時点では月間およそ22万部を発行する、ローティーン向けではトップの女性誌である[1]

他業種とのタイアップには2002年頃から積極的になり、2003年からは伊藤忠商事と共同で誌名を冠したファッションブランドGirl is Girl by nicola」を展開、テレビ番組『Parky Party』(2002年、テレビ東京)や『ニコモノ!』(2004年、テレビ大阪)の製作にも関与している。また、2003年には新潮社内に「nicola事業部」が設立され、創刊時からの編集長・宮本和英が事業部長に就任。同じく創刊時からのスタッフ・山元琢治が編集長に横滑りする新体制となった。

その後、『nicola』の妹誌の『ニコ☆プチ』が発刊され、『nicola』12月号から副編集長であった松本美帆子が編集長に就任し、前編集長の山元啄冶はニコ☆プチの編集長となった。

2012年7月より、松本美帆子に代わり、副編集長であった眞部菊美が編集長に就任した。

沿革[編集]

ニコモ[編集]

ニコラに登場するファッションモデルニコ㋲と呼ばれ、読者層には絶大な人気を誇る。ニコ㋲として起用されるための主要ルートである、『nicola』主催のニコラモデルオーディションは毎年数万人もの応募者を集める一大イベントとなっている。

ニコ㋲の起用期間は長くても高校1年生3月までで、毎年3月には都内で「卒業式」イベントが行われている。ニコ㋲出身の著名人は栗山千明蒼井優沢尻エリカ新垣結衣虎南有香丹羽未来帆岡本玲西内まりや能年玲奈川口春奈二階堂ふみなどが存在している。

人気を獲得した卒業ニコ㋲[編集]

栗山千明(表紙4回・当時最多・女優榎本亜弥子(表紙8回・当時最多)     
谷口紗耶香(表紙6回・現Happie nutsモデル)             
新垣結衣(表紙15回・当時最多・歴代4位タイ・女優虎南有香(表紙12回・当時2位・現中野風女シスターズメンバー)             
丹羽未来帆(表紙11回・現SEDAモデル)              
三原勇希(表紙7回)
岡本玲(表紙25回・歴代1位)
高屋敷彩乃(表紙11回・当時3位)
伊藤沙耶(表紙9回)
西内まりや(表紙11回・現Seventeenモデル) 
日南響子(表紙16回・当時2位・歴代3位・元non-noモデル)
川口春奈(表紙15回・当時3位・歴代4位タイ)
立石晴香(表紙10回・元Seventeenモデル)
中山絵梨奈(表紙10回)
古畑星夏(表紙18回・歴代2位・現Seventeenモデル)
松井愛莉(表紙9回・現Rayモデル)

その他のニコ㋲出身者[編集]

吉野紗香(表紙2回・元チャイドル安藤希(表紙0回・現女優)
野村佑香(表紙3回・元チャイドル前田綾花(表紙1回・現女優)
蒼井優(表紙1回・現女優)
沢尻エリカ(表紙0回・現女優)
エリーローズ(表紙1回・現ViViモデル)
紗羅マリー(表紙-回・現ViViモデル) 
矢野未希子(表紙0回・現MORE、元non-noトップモデル)
尻無浜冴美(表紙0回・元SDN48メンバー)
太田莉菜(表紙2回・現モデル)
小林涼子(表紙0回・現女優)
Nanami(旧名上原千夏子)(表紙-回・現JJモデル)
能年玲奈(表紙3回・現女優)
二階堂ふみ(表紙0回・現女優)
八木アリサ(表紙1回・現ViViモデル)
池田エライザ(表紙7回・現CanCamモデル)
泉はる(表紙4回・現non-noモデル)
藤井夏恋(表紙1回・現JJモデル・現E-girls(Happiness)メンバー)

その他[編集]

表紙と題字のデザイン[編集]

nicola
現行ロゴマーク

1997年7月号(創刊号)から1999年12月号までの表紙に描かれていた「nicola」の題字は、ヘルベチカ系の太いサンセリフ書体(日本でいう角太ゴシック、右記はイメージ)を横にやや引き伸ばしただけのシンプルなものだったが、2000年2月号では引き伸ばしがなくなり、よりロゴタイプらしいデザインへと修正が加えられている。この変更後は「i」の上部の点や「O」の中央の穴を気まぐれに★(星)や♥(ハート)マークなどに差し替えるなどの遊びも行われるようになった。また、月刊化一号の2000年4月号からはカタカナを図案化した「nicola」ロゴが小さく併記されるようになった。

nicola編集部が事業部として独立するなど新潮社内での位置づけが格上げされた2003年には紙面もリニューアルされ、9月号から筆記体調の新しいロゴマークとなった。また、創刊期から存在した『nicola』のオリジナルキャラクター「ミュン2」(ミュンミュン)もこのときに実質消滅した。このキャラクターは読者と同じ女子中学生という設定で、表紙にもたびたび(2000年以降は全号)描かれてきたニコラの顔であった。 また新しいロゴマークになってからロゴがデコレーションをされることもあるようになった。

価格[編集]

価格は最初期が450円で、1999年の終わりからは長い間390円であった。これは付録の内容にかかわらず一定だったが、2006年2月号だけ特例として420円になり、その後2006年9月号からは420円均一になった。420円になったばかりの9月号から12月号までは「特別定価」と書いてあったが、2007年からは「定価」表示に戻った。そうして420円が定着した。しかし2008年7月号からは、初期と同価格の450円が定価となった。時期によって価格の変動がある。2012年3月号現在の定価は480円だが、時々500円になることもある。                                         

発行部数[編集]

新潮社が参加する日本雑誌協会(JMPA)によって公表されている月間発行部数(年間平均)で、2013年度(算出期間2012年10月-2013年9月平均)は21万6222部である。

2004年版以降のものは9月を開始月とする年度割りの平均発行部数だが、印刷証明付の算出であるため、基本的にはより信頼性の高い情報である。

  • 1999年: 約16万部[4]
  • 2000年1月-12月: 約21万部[5]
  • 2002年1月-12月: 約20万部[6]
  • 2003年9月-翌年8月: 17万1166部(印刷証明付)[7]
  • 2004年9月-翌年8月: 16万6531部(印刷証明付)[8]
  • 2005年9月-翌年8月: 16万8071部(印刷証明付)[9]
  • 2006年9月-翌年8月: 17万3729部(印刷証明付)[10]
  • 2007年10月-翌年9月: 19万0417部(印刷証明付)[11]
  • 2008年10月-翌年9月: 20万7608部(印刷証明付)[12]
  • 2009年10月-翌年9月: 23万1768部(印刷証明付)[13]
  • 2010年10月-翌年9月: 22万4568部(印刷証明付)[14]
  • 2011年10月-翌年9月: 22万3421部(印刷証明付)[15]
  • 2012年10月-翌年9月: 21万6222部(印刷証明付)[16]

関連企画[編集]

商品[編集]

ニコラビデオ
2002年にエイベックスから発売されたビデオ版『ニコラ』。パッケージ表紙は新垣結衣。タイトルに「Vol.1」を入れるなどシリーズ化を匂わせていたが、結局VHS方式の1巻のみしかリリースされていない。
Girl is Girl by nicola
ニコラ独自展開のファッションブランド。当初はセレクトショップの店名という位置づけであった。
nicola監修 モデル☆おしゃれオーディション
2010年4月1日にアルケミストから発売された、本誌を題材とするニンテンドーDS用ゲームソフト。ゲーム内容は、ニコラモデルオーディションに応募し、ニコ㋲兼ニコラ編集者になるというもの。2011年11月4日にニンテンドー3DS用ソフト「nicola監修 モデル☆おしゃれオーディション2」を発売。2012年11月には3作目となる「nicola監修 モデル☆おしゃれオーディション プラチナ」を発売予定。
また、ゲームソフトのみならず、トレーディングカードカプセルトイ、小説といった関連商品も発売している。
F-06D Girls'
2012年1月20日に、nicola15周年を記念してNTTドコモとコラボして発売された携帯電話。本体デザインに合わせたオリジナルトートバックを同梱する。イメージモデルはニコモの古畑星夏藤麻理亜。ケータイを振るとラッキーアイテムやニコラモデルが飛び出したり、七夕やハロウィン、クリスマスなど季節のイベントと連動して背景やアイテムが変わる楽しい仕掛けも満載している。カラーはハッピーピンクの1色展開。

書籍[編集]

ガッキーブック
新垣結衣が絶大な人気を誇った当時に刊行された特集ムック。2004年4月の増刊号という扱いで発行された。本誌の付録扱いではなく、独立した増刊号・特集号はこれが唯一の存在である。
ニコ☆プチ
ニコラの妹誌。妹版として主に小学生対象のファッション情報を扱う隔月刊誌で、2006年9月13日に創刊された。『ニコ☆プチ』モデルの通称は「プチ㋲」である。
西内まりや×LindsayブランドおしゃれBOOK
2009年10月31日にファッションブランド「Lindsay」と、当時同ブランドのイメージモデルを務めていたニコ㋲の西内まりやがコラボレーションされたムック本。付録は西内自身がデザインを手がけた「Lindsay×nicolaオリジナルドラム型バッグ」。nicola特別編集で発売された。
川口春奈×repipi ar marioブランドおしゃれBOOK
2010年10月31日にファッションブランド「repipi ar mario」と、当時同ブランドのイメージモデルを務めていたニコ㋲の川口春奈がコラボレーションした大型本。尚、タイトルからわかる通り、『西内まりや×LindsayブランドおしゃれBOOK』と似た作りとなっている。付録は川口自身がデザインを手がけた「repipi ar mario×nicolaオリジナルリュック」。nicola特別編集で発売された。
repipi ar marioブランドおしゃれBOOK
2012年11月1日に発売予定のレピピアルマリオのムック第2弾。『西内まりや×LindsayブランドおしゃれBOOK』及び『川口春奈×repipi ar marioブランドおしゃれBOOK』とは異なり、イメージモデルの古畑星夏を筆頭に人気ニコ㋲が複数名登場している。付録は「レピハートリュック」。

音楽活動[編集]

ニコモノ
2004年テレビ大阪のローカル番組として放送されたテレビ番組「ニコモノ!」の主要出演者のうち新垣結衣・三原勇希を除く5名が2005年にシングルCDをリリースした。
merry merry Boo
2008年からテレビ東京系の番組「ファイテンション☆テレビ」に「ファイテンション☆ガール」として出演していたニコ㋲3名で結成。2009年、配信デビュー。
ニコ☆モコ
2010年デビュー。1月から関西テレビのテレビ番組「ミュージャック」内のコーナー「今日の“ぶつぶつ”」に出演。5月31日をもってメンバーの日南響子が卒業し、9月に春川芽生、藤田ニコルが新加入。

インターネット[編集]

ニコ★ログ
ニコ㋲達の書いた日記を公開されていた公式ブログ。「269g」との提携により、2006年7月に開設。2006年11月30日からはコメントの書き込みが行えるようになった。参加ニコ㋲は10名。2011年8月24日の、松井愛莉が書いた記事を持ってニコ★ログの更新を終了し、8月31日にコメントの書き込みも終了した。尚、2011年度のニコモが書いた記事とそのコメントは、現在でも観覧は可能である。2011年9月1日からはニコラネット内にて、ニコモの公式ブログのリンク集「ニコモ's Blog」を開始。[17]
ニコラネット
ニコラ公式サイト。ニコ㋲のプロフィールやバックナンバー紹介などが読め、また女子専用の会員ページ「ニコラクラブ」には撮影メイキングもある。なおバックナンバーなどは2002年以降の全てを網羅しているが、ニコ㋲のプロフィールなどは卒業をもって削除されてしまうため、卒業ニコ㋲の確認などはできない。
モバイル☆ニコラ学園
携帯電話向けに有料(月額315円)で提供されている公式コンテンツ。2007年9月[18]iモードNTTドコモ)対応サイトが開設され、その後10月4日EZwebau by KDDI)、10月17日Yahoo!ケータイソフトバンクモバイル)向けが順次公開された[19]。多くの携帯電話サイトと同じく待ち画やデコメ素材、ムービーなどのダウンロードサービスが主力のサービスであるが、他にない特色として「閲覧者が仮想的な学校に編入され、いずれかのニコ㋲と同じクラスになる」というお遊び要素が含まれている。
2012年10月、NTTドコモは11月30日、SoftBankは12月3日、auは12月6日をもって終了することを発表した。
なお、一部のコンテンツはニコラネットにて引き継ぐ予定である。
nicola©
2009年から2010年にgoomoにて配信されていたバラエティ番組。番組開始後、ニコラネットでも撮影日記ムービーの代わりに配信された。なお、番組が終了した翌週からは通常のニコラネットの撮影日記ムービーに戻っている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]