岡本杏理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おかもと あんり
岡本 杏理
プロフィール
愛称 あんり
生年月日 1994年7月1日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
民族 日本人
瞳の色 茶色
毛髪の色 黒色
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
股下 / 身長比 88 cm / 52.7 %
靴のサイズ 23.5 cm
備考 身長出典:セブンティーン2010年7月号
活動
デビュー 2003年 -
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優
その他の記録
ラブベリーナ
モデル: テンプレート - カテゴリ

岡本 杏理(おかもと あんり、1994年7月1日 - )は、東京都出身の女性ファッションモデル女優スターダストプロモーション所属。

来歴

小学校3年生の頃の春休み、代々木競技場での春高バレー観戦の帰りに、原宿で現在のマネージャーにスカウトされたのがきっかけとなり、当時打ち込んでいたバレーボールを辞めて芸能界入り[1]。最初は、芸能活動に全く興味がなく、バレーボールを続けるつもりだったが、事務所の面接を遊び半分で受けに行ったら、合格してしまったという[2]。しかし、事務所のレッスンに通っているうちに楽しくなってきた、と語っている[3]2005年3月から2006年4月まで、スターダストプロモーションのアイドルユニットPower Ageに所属していた[4][5]エプソンのテレビCMでデビューを果たし、以来、主に雑誌モデルや女優として活躍している。

2008年8月のBS-iドラマ『東京少女』で、連続ドラマ初主演。2009年2月からは、雑誌「Seventeen」の専属モデルとなる。同年3月には、出演映画「ヤッターマン」が公開。

2009年10月スタートのTBS系列ドラマ『小公女セイラ』で、地上波連続ドラマにレギュラー出演。

人物・エピソード

モデル

小学4年生からファッションモデルとしての活動を行っている。長身で細長い手足、小さい顔と、モデルとして理想的な体型であるため、BOMB編集部からは「未来のスーパーモデル」として期待されており[6]、将来有望な若手モデルである。

現在は、ティーン向けファッション雑誌「Seventeen」の専属モデルを務めている。加入時(2009年2月号)は同誌で最年少モデルだった。2006年から2009年までは雑誌「ラブベリー」で専属モデルを務めていた。ラブベリーのモデルでは同学年の荒井萌と仲が良い[7]

セブンティーンモデルの中では、桐谷美玲が憧れの存在である[8]。仲が良いモデルは、セブンティーンで唯一同い年の広瀬アリス[9]。それ以外では、有末麻祐子大政絢岡本あずさ鈴木友菜草刈麻有と仲が良い。大政は、事務所の先輩でもあり、セブンティーンモデルになる前から仲が良かった。大政については、「お姉さんみたいな人。よく相談にのってもらってます」と、インタビュー上で述べている[8]。岡本と有末とは、「恋とオシャレと男のコ」で共演しており、大政も第5話でゲスト出演している。鈴木と草刈とは、セブンティーンの同期。セブンティーンモデルの中で脚が非常に長く、股下88cmもある[8]

ファッション通販サイト「SMOOCH(スムーチ)」の企画ではオリジナルTシャツをデザインした。Tシャツの形からデザインまで全て自分で考え、自分の好きな細身のTシャツにした[10][11]

2009年4月からは、めざましテレビMOTTOいまドキ!」(フジテレビ)で、リポーターとしてレギュラー出演している。

女優

小学校6年時に出演した「スマイル 聖夜の奇跡」では、フィギュアスケートに挑戦した。スケートの経験は全くなかったが、西田美和の指導の下、3ヶ月でジャンプやスピンまでこなせるようになった。「スマイル」では、病気を患う少女を演じ、まだ演技経験が少なかったため、泣く演技にも苦労したというが、「自分が経験ないことでも、役をもらったらちゃんとお芝居しないといけない」と学んだという。2010年に放映されたP&Gパンテーンドラマスペシャル初恋クロニクル」で、再度フィギュアスケートに挑戦した[2][12]

オーディションに合格して出演した映画「ヤッターマン」では、激しいアクションシーンにも挑んだ。「恋とオシャレと男のコ」(BS-TBS)では、主演の1人として、世界初の「ワンシーンワンカット」の連続ドラマを成功させた。学園ドラマをやってみたいという夢を抱いていたが、2009年10月から小公女セイラTBS)にレギュラー出演が決まり、その夢を叶えた。セイラで共演した篠原愛実小島藤子とは仲が良い。

BS-TBSドラマプロデューサー丹羽多聞アンドリウには非常に高く評価されており、同局製作のドラマに多く出演している。丹羽は、ラブベリーの専属モデルを務めていた岡本の存在を知り、「ちょっと面白いから使ってみよう」と思ったのがきっかけで、「恋する日曜日三姉妹」の主演に抜擢した[13]

丹羽からは、大政絢瓜生美咲水沢エレナ桜庭ななみ山下リオと共に、将来のブレイクは確実だと言われており[13]、「大女優になる素質がある」と期待されている[14]

演技については、「一人では見つけられない自分が分かったりとか、自分とは違う役になりきれるところが楽しい」と語っている[15]。また、目標とする女優として、竹内結子夏帆をインタビュー等で挙げている。映画「砂時計」では、夏帆と共演している。また、同作品では島根弁で演じている。

将来的には、ドラマやCMなど幅広いジャンルへ挑み、笑顔の素敵な女優になることが目標、と語っている。

その他

  • 趣味は、食品サンプル集めと科学館巡り、絶叫マシーンに乗ること、ネイルアート[8]など。特に、食品サンプル集めには熱心で、収集し過ぎて、自分の部屋は大変なことになっている。合羽橋まで行って買っている[16]関西テレビで放映された「NEXT 解体新女」では、食品サンプル作りを体験した[17]。一番のお気に入りは海鮮丼のサンプル[18]
  • 特技はバレーボールトランポリンダンス。バレーボールは、両親と兄もやっており、小学1年から自分も本格的にバレーを始めた。芸能界入りする小学4年生まで続けており、全国大会に出たこともある[2][18]
  • 一番の好物は、梅干し。理由は酸っぱさと実の食感がたまらないから[19]。「クリスマス誕生日のプレゼントも梅干しをもらいます(笑)」と、インタビューで答えている[2]。他に好きなのは餃子。嫌いなのはカキ[20]
  • 兄が1人いる。祖父母も同居しており、近所にはいとこも住んでいるので、土日は親戚10人くらいで一緒に夕飯を食べる[16]。ただし、兄は地方の大学に進学したので、現在は同居していない[21]
  • 血液型はA型ながら「きれい好きなところがなくて、バッグの中もグシャグシャ(笑)」と、自己分析している[2]。学校ではよく「うるさい」と友達に言われるらしい。ただし、「テンションはちょっと高い時もあるけど、そこまでコメディっていうかお笑いキャラって感じじゃない」[22]
  • 音楽鑑賞は大好きだが、歌うことには全く関心がなく、得意でもない。カラオケにもあまり行くことはなく、行っても絶対歌わない。『東京少女』では主題歌を自分で歌ったが、演技よりも歌の方が不安が大きかったという。ただし石橋杏奈ぐらい歌が上手ければ歌ってみたいらしい[18][22]
  • 苦手な教科は日本史で、先生からは、「ドラマの台本は覚えられるのに」と突っ込まれるそうだが、本人曰く、「好きなこと以外はなかなか頭に入ってこない」[23]
  • キンクマハムスターを飼っている。名前は「ムギちゃん」[24]
  • 自転車に乗ることを親に禁止されている。乗れないわけではない[25]
  • 初恋は、幼稚園の時だと周りから言われているが、全くその相手を好きだった記憶がないらしい[8]
  • 最近、タピオカにはまっている。外で飲むのも好きだが、家でも作る。外では必ずミルクティータピオカ、家ではタピオカ+スプーン1杯のコーヒーがマイブーム[26]
  • 座右の銘は「笑うことはいちばん身近な幸せである」[8]
  • 口癖は「なんだろ……」[18]
  • 出てみたいテレビ番組は「KUNOICHI[18]
  • 好きなブランドは「ANAP」。ただし、あまり気にしていない[18]
  • 好きな本は小川糸著「食堂かたつむり[20]
  • 好きな映画は「ハイスクール・ミュージカル」、「かもめ食堂[20]

出演

映画

テレビドラマ

舞台

ラジオドラマ

  • つきのふね(2010年7月24日、NHK大阪) - 主演・さくら 役[33]

WEB

情報番組

バラエティ

  • ウチスタCollection(2007年9月8日 - 29日、フジテレビ)

CM

雑誌

ファッションショー

書誌

PV

脚注

  1. ^ MEN'S NON・NO (メンズ ノンノ) 2009年 05月号,今週のガールフレンド
  2. ^ a b c d e 金のタマゴ発掘隊 Vol.45「岡本杏理★映画“ヤッターマン”で得たものは?」,ORICON STYLE
  3. ^ Audition (オーディション) 2009年 04月号,V.I.P. Vol121
  4. ^ レッスンプログラム ☆芸能への夢を追いかけて!!☆,2006/05/26
  5. ^ レッスンプログラム ☆芸能への夢を追いかけて!!☆,2006/06/28
  6. ^ 岡本杏理ちゃんの顔|BOMB編集部 オフィシャルブログ「BOMBlog ボムログ!」,2009年1月22日
  7. ^ 岡本杏理オフィシャルブログ『ANRI's Smile』スタ★ログ 楽しかったョ~,2008/12/30
  8. ^ a b c d e f SEVENTEEN (セブンティーン) 2009年 05月号
  9. ^ 岡本杏理オフィシャルブログ『ANRI's Smile』スタ★ログ ★中3★,2009/01/25
  10. ^ 岡本杏理オフィシャルブログ『ANRI's Smile』スタ★ログ Tシャツ,2009年5月22日
  11. ^ 【9colors×SMOOCH】BIG HEART Tシャツ
  12. ^ 西田美和/公式ブログ:岡本杏理ちゃんとドラマに!!,2010/03/10
  13. ^ a b 丹羽多聞アンドリウプロデューサー インタビュー/1 ブレークを見極める目,毎日新聞2008年7月8日付
  14. ^ ケータイ刑事8代目,TV LIFE 丹羽多聞アンドリウの「テレビは冒険だ!
  15. ^ 日刊エンターテインメント2007年11月29日号,Nextガール
  16. ^ a b 映画『ヤッターマン』出演美少女・岡本杏理の意外な趣味は? ,Web De-View
  17. ^ 岡本杏理 [ NEXT|関西テレビ ]
  18. ^ a b c d e f SEVENTEEN (セブンティーン) 2010年 07月号 109頁
  19. ^ ラブベリー、2006年9月号
  20. ^ a b c めざましテレビ いまドキ★ムスメプロフィール
  21. ^ 岡本杏理オフィシャルブログ『ANRI's Smile』スタ★ログ ★おかえり~★,2010/04/29
  22. ^ a b 話題の美少女が主演する連続ドラマ『東京少女』 -8月のヒロイン・岡本杏理,マイコミジャーナル2008年8月2日付
  23. ^ 2009年4月9日放送「NEXT 解体新女」(関西テレビ)より
  24. ^ 2009年4月9日放送「NEXT 解体新女」(関西テレビ)より
  25. ^ 岡本杏理オフィシャルブログ『ANRI's Smile』スタ★ログ デコ,2008/10/09
  26. ^ 岡本杏理オフィシャルブログ『ANRI's Smile』スタ★ログ ★ターピーオーカー★,2009/09/02
  27. ^ 集英社雑誌ニュース (2013年5月2日). “ネクストブレイク間近!? 岡本杏理ちゃんがキテる”. 2013年5月17日閲覧。
  28. ^ セブンティーンキラーはフジテレビYouTubeチャンネルバージョンとCSフジテレビTWO ドラマ・アニメバージョンの2つのバージョンが存在する。また、フジテレビYouTubeチャンネルバージョンは2013年9月1日から配信が開始される。
  29. ^ とれたてフジテレビ (2013年8月22日). “雑誌「セブンティーン」人気モデル主演、次に見たいシーンを“選択視聴”できるマルチエンディングドラマ『セブンティーンキラー』”. 2013年8月24日閲覧。
  30. ^ Girls News (2013年8月24日). “雑誌「セブンティーン」人気モデル主演!次に見たいシーンを“選択視聴”できるマルチエンディングドラマ『セブンティーンキラー』9月1日スタート!”. 2013年8月24日閲覧。
  31. ^ ケータイ刑事シリーズの舞台
  32. ^ ケータイ刑事 銭形結
  33. ^ FMシアター作品。
  34. ^ oricon career(2008年7月18日)
  35. ^ a b c d e 配信限定。

外部リンク