1リットルの涙 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1リットルの涙
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 村上正典(共同テレビ)
木下高男(共同テレビ)
原作 木藤亜也
脚本 江頭美智留
大島里美
横田理恵
出演者 沢尻エリカ
薬師丸ひろ子
錦戸亮
陣内孝則
連続ドラマ
放送時間 火曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2005年10月11日 - 12月20日(11回)
プロデューサー 貸川聡子(共同テレビ)
エンディング KOnly Human
外部リンク フジテレビ番組基本情報
特別編〜追憶〜
放送時間 木曜日21:00 - 23:48(168分)
放送期間 2007年4月5日(1回)
プロデューサー 小椋久雄(共同テレビ)
江森浩子(共同テレビ)
テンプレートを表示

1リットルの涙』(いちリットルのなみだ)は、2005年10月11日から12月20日まで毎週火曜日21:00 - 21:54[1]に、フジテレビ系の「火曜21時」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は沢尻エリカ

木藤亜也の同名のノンフィクション書籍が原作。

青森放送は毎週土曜日12:00 - 12:54に約3か月遅れで放送した。

概要[編集]

フジテレビが2005年秋、涙と感動を贈るヒューマンドラマとして制作。

オープニングは、亜也が書いたと思われる日記の上にくしゃくしゃに丸められた1枚の紙が広げられ、その上に涙が幾つも落ちて、ドラマのタイトルが浮かんでくるというもの。その後、1冊のノートに見開き2ページ分の寄せ書きが映し出される。内容はいずれも励ましのメッセージである。

エンドロールでは、教室や病院の診察室といった、放映したエピソードにまつわる風景や野の草花や空を映した写真とともに、木藤亜也の在りし日の写真が映し出される。また、第7話より、亜也が書き残した文章が原文のまま、テロップで紹介されるようになった(※第6話までは彼女が遺したノートにつづられた文章を映していただけだった)。最終回のエンドロールでは、ドラマのメインテーマにあわせて家族の近況も紹介された。

主人公・亜也の学校の合唱の課題曲として、レミオロメンの「3月9日」が使用され、同曲をオリコンチャートランク外から再びランクインさせた。同じく挿入歌の「粉雪」も最高2位を記録。

日本PTA全国協議会のアンケートで、調査対象の小学5年生保護者、中学2年生保護者ともに、2005年度の「子供に見せたい番組」の第1位に輝いた。オリコン集計の『2005年ドラマ満足度ランキング』では『電車男』、『ドラゴン桜』、『野ブタ。をプロデュース』をおさえて第5位に輝いた。

オフィシャルホームページには、放送中に賞賛や感謝の言葉など書き込みが多数寄せられ、回を追うごとにその数も増え続け、フジテレビ連続ドラマのホームページ史に残る投稿数となった。放送終了1年以上を経てもアクセスが途絶えることなく多くのメッセージが寄せられた。

父親役・陣内孝則や母親役・薬師丸ひろ子らベテラン陣はもちろん、ドラマ初主演となった沢尻エリカを筆頭に、恋人役・錦戸亮、妹役・成海璃子、弟役・真田佑馬ら若手陣の演技力評価を(さらに)高める作品となった。特に沢尻はこのドラマで大ブレイクした。 香港では2006年10月15日から同年12月30日まで放送された。

2007年4月5日にスペシャルドラマ(フジテレビ系)として、亜也の死から半年後について描かれる。詳しくは、後述の「こちら」を参照。

原作・映画版との相違点[編集]

  • 実話では1980年代の愛知県豊橋市に住む少女の闘病記だが、ドラマでは亜也が通学した愛知県立豊橋東高等学校が「明和台東高校」(千葉市にある千葉明徳高等学校がロケ地)となっている。また、転校した養護学校は県立岡崎養護学校から「加住市立加住養護学校」(東京都立北養護学校(現:東京都立北特別支援学校)がロケ地)となっている。実家の豆腐店のロケ地は横浜市鶴見区尻手商店街である。また、1980年代には普及していない携帯電話がドラマでは小道具として使われた。
  • 主要人物(亜也の家族)は名字が「池内」となっている。肖像権の関係
  • ドラマでの父・瑞生は豆腐屋を自営しているが、実際の父・木藤瑞生はサラリーマンである(『いのちのハードル』より)。
  • 実話では5人兄弟(2男3女)だが、ドラマでは4人兄弟(1男3女)である。これは次男・賢太朗が登場していないため。
  • 主治医が女性から男性に変更されている。
  • 映画では診察室で片足立ちなどをするがドラマでは片足立ちになったり医師の指を追ったり診察室の外を歩いたりもする。
  • 著書にない恋人役の男性クラスメートの設定がある。これは今回ドラマ化にあたり、「亜也にも恋愛をさせてあげたかった」という母親の要望をフジテレビサイドが汲み取ったものである。なお、遥斗は生物部に所属しているが、原作でも生物部に所属する生徒が登場するので完全オリジナルのキャラクターではない(詳細はキャストを参照)。
  • 主人公の生まれた年を1989年に設定したので、未来の出来事にしないために養護学校に転校した時以降の時間軸は曖昧にされた(20歳の時点では2009年、更に死去した時点で2014年になってしまう)。池内亜也が入手した「障害者手帳」では生年が「昭和元年」となっており、もちろん「平成元年」が正しい。池内亜也が養護学校を卒業したのは2008年、つまり平成20年3月になり、これは2007年度末なので、卒業式の場面では「平成十九年度」と書かれてある。第1話冒頭で潮香が読んでいた亜也の最後の日記は「2015年」となっており、最終回での亜也の最期が2015年で、ラストシーンの墓参は一周忌の設定なので2016年が舞台である。

キャスト[編集]

※括弧内は登場人物の年齢。矢印の後ろの年齢は、ドラマで最後に登場した時の年齢を、ドラマの時系列をもとに計算した。

主要人物[編集]

池内 亜也〈15 → 25〉
演 - 沢尻エリカ
主人公。自宅の豆腐店の手伝いもキッチリ行う、心優しい優等生。活発、前向きで誰からも好かれる。中学の頃からバスケをやっていた。進学校である明和台東高校(通称:東高)の受験を控えた2005年3月、15歳という若さで脊髄小脳変性症を発症。病が進行していく中でさまざまなことに葛藤し、を流しながらも、病気、運命に懸命に立ち向かう。絶望に打ちひしがれる中、母・潮香に諭され、『日記(=文章)を書く』ことに己の存在意義を見出し、「人の役に立ちたい」と願い続けた。最終話、25歳で死去
池内 潮香〈40 → 51〉
演 - 薬師丸ひろ子
亜也の母。現在は保健師をやっているが、看護師として働いていたこともある。夫と、亜也を含めて4人の子供の面倒を見る、聡明で慈悲深い女性。だが、時に厳しい一面も見せる。病が徐々に進行していく亜也と向き合う中で不安や葛藤を抱えながらも、保健師や看護師としての知識と、母としての愛情勇気で家族とともに亜也を懸命に支え続ける。やがて、彼女の言葉が亜也の人生にひとつの大きな方向性を与えることになる。
麻生 遥斗〈15 → 25〉
演 - 錦戸亮関ジャニ∞
亜也のクラスメート。生物部に所属。一人で考え一人で行動に移すタイプ。不器用で頑固な性格は父譲り。ある事故がきっかけで父と対立し、かたくなに心を閉ざしていたが、亜也と関わっていくうちに彼女を愛し、陰から日向から彼女を護っていくようになる。その想いと行動はやがて、彼の進むべき道を決定づけることになる。
ちなみに高校受験の当日の朝、亜也と同じ高校の受験票を持っていたが、受験を辞めようとしていた所、そこへ偶然遅れていた亜也と出会ったことで彼女を自転車で送り届けるだけのつもりが、2人とも保健室で受験することになり同じ高校に入学することになった。

池内家[編集]

池内 瑞生〈45 → 56〉
演 - 陣内孝則
亜也の父。豆腐屋の店主。一本気で単純で度胸がある一方、子供じみたところがある。熱い性格で亜湖からは「もー熱苦しい」などと苦手に思われている。また、ちょっとしたことで「カチン」とくることもあるが、情にもろい一面を持つ、チャキチャキの下町育ち。潮香や子供たちとともに亜也を支え、父として彼女を見守り続ける。池内家で亜也の次に泣く描写が多かった人物。
池内 亜湖〈13 → 18〉
演 - 成海璃子
亜也の妹。第二次反抗期の真っただなかで、勉強ができて気遣いもできる優等生の亜也を妬ましく罵ったり、父・瑞生に歯に衣着せぬ物言いをしたりする。オシャレが大好きで絵を描くのが得意。亜也の病状が進行するのと比例して、本来の優しい性格を表に出していくようになる。
池内 弘樹〈11 → 16〉
演 - 真田佑馬ジャニーズJr.
亜也の弟。サッカーが好きで、少年サッカーチームに所属して練習している。亜也の病気のことで傷つくこともあったが、基本的には健気な性格で元気な少年。
池内 理加〈5 → 10〉
演 - 三好杏依
亜也の妹。幼い頃は「理加も」が口癖だった。亜湖同様、絵の才能がある。
※成長に伴い、第10話・第11話は三好結稀が理加を演じた。

明和台東高校[編集]

西野 良三〈30〉
演 - 佐藤重幸(現・戸次重幸
亜也の東高での担任で女子バスケ部の顧問。明朗快活で生徒にも慕われているが、なあなあ主義で日和見な一面も見せる。
杉浦 まり〈15 → 18〉
演 - 小出早織
亜也のクラスメートで、亜也の中学時代からの親友でいつも亜也のことを気にかけていた。女子バスケ部に所属。
松村 早希〈15 → 18〉
演 - 松本華奈
亜也のクラスメート。同じクラスで同じ部に入ったことから、亜也たちと仲良くなる。
恩田 耕平〈15 → 18〉
演 - 水谷百輔
亜也のクラスメートで、遥斗の中学時代からの親友。楽天家でおちゃらけ者。生物部に所属。亜也たちと交流を深めていくようになる。実家はスーパーを営んでいる。
中原 慶太〈15 → 18〉
演 - 橋爪遼
亜也のクラスメート。マジメを絵に描いたような性格の持ち主。生物部に所属。生物に並々ならぬ造詣を抱いている。
富田 圭子〈15 → 18〉
演 -
亜也のクラスメート。遥斗の幼馴染で恋愛感情を抱いており、亜也と仲良く話していることに嫉妬する。
大橋 美歩〈15 → 18〉
演 - 川原真琴
亜也のクラスメート。
本田 香織〈?〉
演 - 星野奈津子
女子バスケ部部長。
河本 祐二〈17〉
演 - 松山ケンイチ
亜也の中学時代からの憧れの先輩。男子バスケ部に所属。彼自身も亜也に一目置いていたが……。
武田 誠〈17〉
演 - 遠藤雄弥
河本の友人。男子バスケ部に所属。河本に対し歯に衣着せぬ意見を言う。

麻生家[編集]

麻生 芳文〈50 → 55〉
演 - 勝野洋
遥斗の父。亜也が生涯世話になる常南大付属病院で外科部長を務めている。生真面目で頑固な性格。ある事故で遥斗と距離を置くようになってしまうが、常に遥斗を心配している。のちに遥斗に大きな影響を与える人物のひとり。
麻生 佐和子〈48〉
演 - 兎本有紀
遥斗の母。
麻生 圭輔〈18〉
演 - 佐藤祐基(現・佐藤智仁
遥斗の兄。ある事故で死亡。生前は頭が良く、両親からも自慢の息子として将来を期待されていた。

医療関係[編集]

岡崎 誠
演 - 矢島健一
神戸医科大学病院神経内科診察科長であり、全日本神経内科学会専門医をしている神経内科教授。
田辺 慎太郎
演 - 小林正寛
リハビリ科の医師。亜也の歩行訓練などのリハビリに献身的に付き添った。
水野 宏〈33 → 44〉
演 - 藤木直人(特別出演)
亜也の担当医。常南大学付属病院の神経内科に勤務。脊髄小脳変性症の治療と研究を専門にしている。亜也と両親を支えていく一方で、彼自身も、懸命に病に立ち向かう亜也の姿に影響を受けて変わっていく。遥斗に大きな影響を与える人物のひとり。
宮下信太郎(清林医科大学病院長 神経内科教授)の教え子。
宮下 信太郎
演 - 森山周一郎
清林医科大学病院長であり、小脳脊髄変性症を40年研究してきた神経内科教授。第2話に登場。

※宮下信太郎を演じる森山周一郎は、先に制作された映画版で患者役を演じており、ドラマではゲストという形で出演している。

その他[編集]

川上 さくら
演 - 円城寺あや
近所に住むおばさん。亜也の家の豆腐店の客。
藤村 まどか〈?〉
演 - 浜丘麻矢
亜也の養護学校での担任。第9話・第10話に登場。日々進んでいく病状や障害を受け入れるのを怖れる亜也に、厳しいことを言うこともある。10話で高野と結婚。
高野 喜一〈?〉
演 - 東根作寿英
養護学校のボランティアで、まどかの恋人。第9話から最終話まで登場。本業は「株式会社 文芸総合出版」の営業マン。第10話で潮香の勤務先に訪れ、まどかとの結婚式に招待すると同時に、潮香にあることを依頼する。
及川 明日美〈16 → 17〉
演 - 大西麻恵
亜也の養護学校のクラスメートで、では亜也と同室になる。亜也のひとつ年上。水野の元患者で14歳のときに膠芽腫を発病。第7話と第9話に登場。亜也以上に症状が進行しているものの、持ち前の明るさと気丈さで病と付き合っている。亜也の良き友達でもあり、良き先輩であり、良きお姉さんでもある。
及川 菊枝〈?〉
演 - かとうかずこ(現・かとうかず子
明日美の母。第7話に登場。同じ病を患う娘を持つ母親の「先輩」として、水野の紹介で養護学校を訪れた潮香を励ます。

※明日美を演じる大西と菊枝を演じるかとうは、先に制作された映画版で亜也と潮香を演じており、ドラマではゲストという形で出演している。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 2005年10月11日 ある青春の始まり 江頭美智留 村上正典 13.5%
第2話 2005年10月18日 15才、忍びよる病魔 15.1%
第3話 2005年10月25日 病気はどうして私を選んだの? 大島里美 木下高男 13.5%
第4話 2005年11月01日 二人の孤独 横田理恵 12.3%
第5話 2005年11月08日 障害者手帳 江頭美智留 村上正典 14.6%
第6話 2005年11月15日 心ない視線 木下高男 15.2%
第7話 2005年11月22日 私のいる場所 横田理恵 村上正典 16.2%
第8話 2005年11月29日 1リットルの涙 大島里美 木下高男 15.4%
第9話 2005年12月06日 今を生きる 村上正典 15.5%
第10話 2005年12月13日 ラブレター 江頭美智留
大島里美
木下高男 16.6%
最終話 2005年12月20日 遠くへ、涙の尽きた場所に 大島里美 村上正典 20.5%
平均視聴率 15.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 初回は10分、最終回は15分拡大して放送された。
  • 初回こそ13%台と低調なスタートだったが、尻上がりに数字を上げ、最終回では20%越えを達成した(ティーンズは26.3%、F2は23.4%)。最終回22時の池内亜也(沢尻エリカ)と麻生遥斗(錦戸亮)のシーンでは瞬間最高視聴率25.8%をマークした。

1リットルの涙 特別編〜追憶〜[編集]

2007年4月5日木曜日)21:00 - 23:48に放送された。連続ドラマの放送終了後も公式HPに多くの感想が寄せられ続けるなど好評であったため、スペシャルとして復活。 安易に「死」を口にする若者たちに、もう一度、生きることの輝きを思い出してもらいたい、苦しみの中にあってもなお、前を向いてひたむきに生き続けてほしいというメッセージをこめて制作された。 舞台は、亜也が脊髄小脳変性症を発症し、この世からいなくなった半年後で、亜也の家族や、原作にはない存在である遥斗が中心となって物語が展開するため、原作を土台としたオリジナルの内容になっている。池内亜也を演じる沢尻エリカの新しい撮影シーンも織り込まれる。視聴率は17.0%。

あらすじ[編集]

亜也が死去してから半年後。姉の姿をそばで見続けていた亜湖は看護師の道を目指し、家族以外でもっとも亜也に近い存在だった遥斗は、神経内科の医師としてかつて亜也が入院していた病院に勤務している。亜也という存在を失った喪失感を埋めようもなく自分自身を見失っている遥斗は、医師として亜也を救えなかったという意識に苛まれ、担当する患者に対しても距離を置いてしまっている。しかし“生きる”ことに後ろ向きな遥斗の患者・みずき(14歳)に対して、遥斗は初めて“池内亜也”という存在を語ろうと決心する。悩み、苦しみながらも懸命に生きることを求めた亜也の物語を通し、再び生きることを意識するようになるみずき。そして遥斗も亜也を語ることで、自らの苦しみから解き放たれていく。たとえ存在は消えてしまっても、亜也の残したものは引き継がれ、誰かの心の中に生き続けていく…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

撮影協力[編集]

ドラマ『87%』の撮影にも協力しており、本番組への協力はTVドラマとしては2作目となる。

関連商品[編集]

  • ドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック(2005年11月23日)
  • 1リットルの涙 DVD-BOX(2006年4月26日)
  • 「1リットルの涙」難病と闘い続ける少女亜也の日記(木藤亜也、幻冬舎文庫)
  • 「いのちのハードル」1リットルの涙母の涙(木藤潮香、幻冬舎文庫)

脚注[編集]

  1. ^ 第1回は10分拡大、最終回は15分拡大。

外部リンク[編集]

フジテレビ 火曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
海猿
(2005.7.5 - 2005.9.13)
1リットルの涙
(2005.10.11 - 2005.12.20)
Ns'あおい
(2006.1.10 - 2006.3.21)