あなたの隣に誰かいる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あなたの隣に誰かいる
ジャンル ホラー
放送時間 火曜 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2003年10月7日 - 12月9日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 林徹成田岳葉山浩樹
脚本 坂元裕二
プロデューサー 鈴木吉弘
出演者 夏川結衣
ユースケ・サンタマリア
音声 ステレオ放送
オープニング B'zアラクレ
テンプレートを表示

あなたの隣に誰かいる』(あなたのとなりにだれかいる)は、2003年10月7日から12月9日まで、フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ。全10回。初回のみ10分拡大。主演は夏川結衣ユースケ・サンタマリア

概要[編集]

実話を元にしたオリジナルストーリー[1]で、脚本の坂元裕二による書き下ろし作品であり、ジャンルは「サスペンスホラー」。2004年に死去したいかりや長介が最後に出演したテレビドラマでもある。

具体的にどの部分かは公表されていないが、2004年3月22日放送の『FNSがんばった大賞』では「実話を元にした作品」と紹介されている。

ザテレビジョン』などのテレビ情報誌では、週ごとのドラマの内容紹介欄で、物語の内容の都合から内容は載せられないとして、毎週出演者紹介と注釈のみを記載していた(展開や編成上の理由で「未定」として出演者紹介のみ記載されることはあるが、内容を一度も載せない上に注釈つきだったのは希少である)。

あらすじ[編集]

松本欧太郎・梓夫婦は、父親の残した家を相続し、郊外の住宅地の一軒家に引っ越す。その住宅街は奇妙な住人や奇妙なルールで溢れていた。更に、奇妙なことが立て続けに起こり、家庭内にも亀裂が走り始めてしまう。

登場人物[編集]

松本梓 - 夏川結衣
夫、娘とともに一軒家に引っ越してきた主婦。33歳。結婚前は雑誌モデルをしていたが、現在はすっかり地味な専業主婦となっている。
引越し後、身の周りで不思議な事が次々と起こる。が、それはその一軒家、隣人、そして、梓自身の過去に関係するものであることが徐々に明らかになっていく。
松本欧太郎 - ユースケ・サンタマリア
梓の夫。33歳。仲間と共に立ち上げたベンチャービジネスで成功していたが、会社の経営が行き詰まり始めていることを梓には内緒にしている。
松本鈴 - 山田夏海
梓と欧太郎の娘。幼稚園に通っている。5歳。ぜん息を患っている。
欧太郎が半信半疑なのに比べ、澤村は自分の娘と信じきっていたが、助けを呼ぶ鈴の声が遠くにいて届くはずのない欧太郎に届いていた。
松本志摩子 - 梶芽衣子
欧太郎の母。56歳。
澤村数馬 - 北村一輝
松本家の隣の住人。梓の過去の浮気相手である久遠駿介にそっくりな男。33歳。
何かと松本家に付きまとう恐怖の人物であり、何があろうと絶対に死なない連続殺人犯。
澤村愛子 - 白石美帆
数馬の妻。しかし実際は、借金を肩代わりしてもらう代わりに偽りの夫婦生活を送っていただけであった。24歳。
ドラマの後半で、両親を数馬に殺されたことから数馬と対決することになる。
草間五郎 - いかりや長介
元判事。72歳。過去に起こった一家殺人事件で、自分が死刑判決を下した男の無罪を知り、その事件の真相、および、松本家の住む家にまつわる謎を解明していく。
柏木里美 - 佐藤藍子
草間の付き人、フリーライター。父の死の真相を探っている。28歳。
柏木雅夫 - 光岡湧太郎
里美の父。元刑事。過去に起こった一家殺人事件の真相を追っていた。
有島樹里 - 戸田菜穂
梓の親友、雑誌編集者。梓とともに、忌まわしい過去を封印している。30歳。
藤成正毅 - 高知東生
欧太郎の友人であり、精神科医。梓を診療する。35歳。
濱口琴音 - 高樹マリア
欧太郎が経営する会社の社員であり、浮気相手。22歳。ドラマの序盤で何者かに殺される。
車田行生 - 火野正平
松本家の向かいの住人。45歳。
車田美佐江 - 久保田磨希
車田行生の妻。33歳。
車田真子 - 石田未来
車田智也 - 新井敬祐
網川睦子 - 鷲尾真知子
自治会長。54歳。
布部サキ - 森康子
三好卓朗 - 木下ほうか
妻との夜の営みを写真に撮って投稿する趣味があり、その写真を持ち歩いている。
三好文子 - 山口香緒里
卓郎の妻。夜にゴミ出しをしていたところを梓に見つかり、見逃してもらってから、異常な好意を梓に持つようになる。
星野智嗣 - 柏原崇
刑事。草間を信頼し、手助けする。
井伏次郎 - 児玉謙次
元村長。過去の一家殺人事件の真相について多くを語ろうとしない。
菅谷 - 谷津勲
光恵 - かとうあつき
法子 - 菊田由美子
由里 - 中坪由起子
近所の住人 - 桜井幸子(最終話)
捜査本部長 - 本田博太郎(最終話)※友情出演
稲葉 - 役所広司(最終話)
最終話で、松本一家が新たに引っ越した家の隣に引っ越してきた人物。

補足[編集]

澤村数馬
澤村数馬の正体は、話の中に出てくる蟲姫物語の虫の人間張本人であり、追っている草間よりも年上であるが、老ける事はなく、死ぬことはない。長年子供をつくっては殺し続けてきた。今回の目的は、梓との間に子供をつくり、松本家を惨殺し、梓を家の地下にある棺桶に入れ、子供はどこかの施設に預ける事であった。しかし、欧太郎の行動などにより阻まれる。
人体の部分(数馬)が著しく攻撃されると、本体の蟲がその耳から出てくる。警官隊の銃撃で蜂の巣になってもすぐ元の姿に蘇るなど、その不死身ぶりを劇中で見せたが、唯一の弱点は人間の血で、血を染み込ませた「蟲切丸」という短刀で刺す事が、数馬を殺す唯一の手段である。
蟲姫物語
愛する姫を失った蟲の男は、姫が成人するのを待ち、手をかけ、子どもをつくるが、それでも本当の愛は手に入らない。年をとらず、死なず、呪われた命を持った男は、娘を愛し、子供をつくっては娘を殺し、間にできた子供を愛し、これを何百年と行ってきた。娘たちを愛することで、姫との永遠の愛を手に入れようとした。
この話に久遠駿介も見入っていた。この男こそが、澤村数馬である。

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2003年10月7日 死者ノ住ム町 13.0%
第2話 2003年10月14日 恐怖ノ隣人 11.6%
第3話 2003年10月21日 隣の夫との禁断の関係 10.8%
第4話 2003年10月28日 悪魔ノ誘惑 10.0%
第5話 2003年11月4日 情事ノ代償 12.2%
第6話 2003年11月11日 家庭崩壊 11.0%
第7話 2003年11月18日 父と娘の絆 13.7%
第8話 2003年11月25日 もう一度、家族に戻りたい… 13.9%
第9話 2003年12月2日 蟲男の正体 13.1%
最終話 2003年12月9日 大逆転!! 15.3%
平均視聴率・12.5%ビデオリサーチ調べ・関東地区)
  • 初回は10分拡大して放送。

楽曲[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2004年3月22日放送 『FNSがんばった大賞』より

外部リンク[編集]

フジテレビ 火曜21時台(連続ドラマ枠
前番組 番組名 次番組
WATER BOYS
(2003年7月1日 - 9月9日)
あなたの隣に誰かいる
(2003年10月7日 - 12月9日)
FIRE BOYS 〜め組の大吾〜
(2004年1月6日 - 3月16日)