かもめ食堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かもめ食堂
監督 荻上直子
脚本 荻上直子
製作 かもめ商会
出演者 小林聡美
片桐はいり
もたいまさこ
ヤルッコ・ニエミ
マルック・ペルトラ
音楽 近藤達郎
撮影 トゥオモ・ヴィルタネン
編集 普嶋信一
配給 メディア・スーツ
公開 日本の旗 2006年3月11日
フィンランドの旗 2006年9月29日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
フィンランドの旗 フィンランド
言語 日本語
フィンランド語
興行収入 5.8億円 [1]
テンプレートを表示
Kahvila Suomi
日本人観光客

かもめ食堂』(かもめしょくどう)は、2006年3月公開の日本映画

小林聡美片桐はいりもたいまさこのトリプル主演。監督は『バーバー吉野』や『恋は五・七・五!』の荻上直子。ノベライズは群ようこ

個性的な面々がフィンランドヘルシンキを舞台に、のんびりゆったりとした交流を繰り広げていく。

第28回ヨコハマ映画祭(2007年)で第5位。

キャッチコピーは、ハラゴシラエして歩くのだ。

あらすじ[編集]

サチエ(小林聡美)はフィンランドの都市・ヘルシンキで「かもめ食堂」という名の日本食の小さな店を営んでいる。しかし、近所の人からは小さい人のおかしな店と敬遠され、お客は全く来ない。

ある日食堂にやってきた日本かぶれの青年トンミ・ヒルトネンに「ガッチャマンの歌の歌詞」を質問されるが、思い出せず悶々としていると、町の書店で背の高い日本人女性ミドリ(片桐はいり)を見かける。もしや、と思い試しに「ガッチャマンの歌詞を教えて下さい!」と話しかけると、見事に全歌詞を書き上げる。彼女は旅をしようと世界地図の前で目をつぶり、指した所がフィンランドだった…というミドリに「何かを感じた」サチエは、彼女を家に招き入れ、やがて食堂で働いてもらうことになる。

ミドリは店を繁盛させようとあれこれとアイデアを出すのだがサチエは乗り気ではない。メインはあくまで「おにぎり」というポリシーを持っており、日本人に日本食を提供する店では場所にそぐわないと譲らない。だが、ある日思い立ってシナモンロールを焼くとその匂いに釣られ、いつも遠巻きに見ていた主婦たちが来店する。

店には少しずつ客が入るようになるのだが、毎日のようにとある老婦人が怖い顔で睨み付けている。するとある日、二人に増えていた。店に入った女性はマサコ(もたいまさこ)という日本人の旅行者で荷物が紛失したせいで足止めされているのだという事情を語る。

マサコは観光の傍ら来店するようになる。ある日、サチエ、ミドリ、マサコとトンミがいつものように過ごしていると老婦人が店に入ってきた。彼女は酒を注文し、サチエたちに相手するよう要求する。マサコが相手をしているといきなりひっくり返ってしまった。マサコは手慣れた様子で老婦人を介助し、トンミの手を借りて家に送り届ける。老婦人は夫が突然家を出て行ってしまい、悲しみのあまり途方に暮れていたのだ。一方、マサコは両親の介護を終えて送り出し、ある日目にしたテレビでフィンランドのエアギター選手権を目にしておおらかな国民性に惹かれてやって来たのだった。その出来事がきっかけとなり、荷物がなかなか見つからないマサコも店を手伝うようになるのだった・・・。

キャスト・スタッフ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 政府観光局の撮影協力と引き換えに、「マリメッコ」「イッタラ」など、フィンランド企業の商品がプロダクト・プレイスメントとして多く登場する。なお「フィンランド航空(Finnair)」の名はエンド・クレジットのみで、ドラマ中には出ていない。
  • 2007年2月、映画と同じスタッフ、フィンランドロケで小林聡美がイメージキャラクターをつとめているCM(パスコの食パン「超熟」、2007年1月末のリニューアル以降)に、かもめ食堂が再現された。
  • 本作での店舗は実際に存在する現地食堂店「カハヴィラスオミ」の店舗を使用して撮影され、日本向けの観光ガイドブックでも紹介されており、作中にも出てくる焼き立てシナモンロールが目玉商品となっている。

小説/DVD[編集]

  • かもめ食堂(単行本)ISBN 978-4344010970
  • かもめ食堂(映画) ASIN B000ELGLDA

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • めがね』(映画) - 「かもめ食堂」と同じく小林聡美・もたいまさこ主演荻上直子監督で2007年に製作された日本映画。
  • すいか』(TVドラマ) - 「めがね」・「かもめ食堂」の原型となったといえる2003年に日本テレビ系で放送されたテレビドラマ。小林聡美ともさかりえ主演。木皿泉脚本。「かもめ食堂」「めがね」の企画を担当した霞澤花子がスタッフとして参加しているが、視聴率はふるわなかった。
  • コピ・ルアック - 本編中に出てくる、コーヒーを美味しくするおまじない。幻のコーヒー。
  • コスケンコルヴァ- 本編中に出てくる、フィンランドの強い酒。焼酎ウオッカと同様の蒸留酒

外部リンク[編集]