第11回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第11回日本レコード大賞は、1969年昭和44年)12月31日帝国劇場で行われた、11回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第11回の大賞は、佐良直美の「いいじゃないの幸せならば」に決定した。佐良直美は初の受賞。

最優秀歌唱賞が新たに設けられ、歌唱賞がその候補としての位置付けとなった。

この年からテレビ生中継による全国放送が始まる。また同年以降、全て鮮明なカラー映像の完全版VTRが現存されている。

この年から2005年第47回)まで12月31日開催に固定。

以降のレコ大の顔となる高橋圭三1983年第25回)まで司会を務めることに。

視聴率は前年の10.3%から20.6Pと大幅に上昇し30.9%。

司会[編集]

レポーター[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

最優秀歌唱賞[編集]

最優秀新人賞[編集]

歌唱賞[編集]

大衆賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

編曲賞[編集]

作詩賞[編集]

  • 山上路夫「夜明けのスキャット」(歌・由紀さおり)

特別賞[編集]

企画賞[編集]

  • 東芝音楽工業(株) フォークソング・ブームの契機を作り、新音楽人口を開拓した功績。

童謡賞[編集]

その他の出演者[編集]

ゲスト[編集]

踊り[編集]

  • スタジオNo.1ダンサーズ
  • BMダンサーズ

コーラス[編集]

  • コールアカシア
  • 若草児童合唱団

演奏[編集]

  • 宮間利之とニューバード
  • 小原重徳とブルーコーツ
  • 新音楽協会

指揮[編集]

  • 多忠修

観覧に訪れた著名人[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • 総指揮:石川甫
  • プロデューサー:野中杉二、砂田実、高石昭年、井田舒也
  • 制作進行:小林一元、柳田二三雄
  • 舞台演出:今里照彦
  • 中継担当:中村寿雄
  • 中継技術:田中敏夫、佐々木俊幸(HBC)
  • カラー調整:島崎忠雄、久徳正弘、安藤鉱平
  • 映像:大八木健、工藤希男、多良寛則、井上剛、菊田英雄、近藤弘志、高橋大(HBC)
  • 音声:佐々木盛男、大木秀人、秋吉隆史、西沢正捷、佐藤貫二郎、本居隆(HBC)
  • 照明:坂根稔、小島久明、関口昭洋
  • 美術制作:村田糺男
  • 装置:小林雍夫
  • 音響:島津剛史
  • 化粧:TBS化粧室
  • HBC中継プロデューサー:森川雅雄
  • 演出(HBC):田村武男
  • 連絡:安田一(HBC)
  • 作・構成:松原雅彦、田村隆
  • 音楽:服部克久、長洲忠彦
  • 振付:浦辺日佐夫、一宮はじめ
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]