永島敏行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ながしま としゆき
永島 敏行
本名 永島 敏行
生年月日 1956年10月21日(57歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市中央区
国籍  日本
民族 日本人
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1977年 -
主な作品
ガメラ2 レギオン襲来

永島 敏行ながしま としゆき、本名同じ、1956年10月21日 - )は、日本俳優。血液型はO型。所属事務所はリゾコーポレーション。身長182cm。

人物[編集]

千葉県千葉市中央区今井出身。千葉市立高等学校を経て、専修大学文学部人文学科卒業。

父は当初競輪選手だったが、宿泊していた旅館の娘(永島の母)と結ばれて結婚。これを機に競輪選手を引退し、旅館を継ぐことになった(旅館は現在は廃業している)。永島家のルーツは和歌山県だという[1]

中学校時代から親しみ、自らのチームを持つほど熱中している野球や、殺陣、さらには農作業など幅広い趣味を持つ。農林水産物に関するコンサルティングならびに講演などを行う有限会社の「青空市場」の代表取締役でもある。

略歴[編集]

俳優としての活動・評価[編集]

  • 高校野球の選手であった経歴を買われて、1977年映画『ドカベン』で俳優デビュー。2作目の『サード』が作品として高い評価を受けるのに伴い、主演を務めた永島にも注目が集まる。その年の国内の映画賞、特に新人賞を多数獲得し一躍大物俳優の仲間入りを果たした永島は、その後1970年代後半に巻き起こった青春映画ブームの代名詞的存在となる。以降も、身軽なフットワークと安定した演技力で映画テレビドラマ舞台と幅広く活動を続けている。
  • 2004年公開の映画『透光の樹』では、クランクイン後に主演の萩原健一がスタッフや共演者との確執から映画を降板。急遽永島が代役を務めるといったハプニングに見舞われるも、持ち前の落ち着いた演技で撮影を無事終了。大人の激しい純愛を描いたこの作品は国内外で評価を受ける。
  • 戦争映画にも多数出演しているが、何故か話の途中で戦死する役にキャスティングされることが多く、本人も雑誌の取材で「不思議なジンクス」と述べている。また、自衛官の役にこれまで3回もキャスティングされている。

農業コンサルタント[編集]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

第2シーズン「ざしきわらし」(1991年) - 主演
第2シーズン「無人艦隊」(1991年) - 主演
2005年春の特別編「幻の少年」(2005年) - 桐島一樹 役

映画[編集]

舞台[編集]

  • 悲劇アトレウス家の崩壊(1983年12月2日 - 26日、帝国劇場)- オレステス 役
  • ソールジャーズ・プレー(1987年)
  • カッコーの巣の上を(1987年)   
  • たそがれてカサブランカ(1989年4月14日 - 30日、パルコ劇場) 
  • 飢餓海峡(1990年、2006年)        
  • 榎本武揚(1991年、銀座セゾン劇場)    
  • やせがまんの系譜(1992年)    
  • SANADA(1992年)
  • ナスタージャ(1993年) 
  • ラブ・レターズ(1993年)     
  • 怒りのぶどう(1994年)
  • インスペクター・コールズ(1994年)
  • 青春の甘き小鳥(1995年)     
  • ヨコハマ物語(1996年)
  • 真夜中のパーティ(1997年)  
  • スタンド・バイ・ミー(1997年)  
  • 鶴女夢物語(1997年)
  • 女やさかい(1998年)
  • 風の盆恋歌(1998年)       
  • 恋愛のれん(1999年)
  • 恋の三重奏(1999年)      
  • 欲望という名の電車(2001年)  
  • おはん(2001年)         
  • 恋愛のれん(2001年)      
  • 鶴屋南北 悪の華(2001年8月31日- 9月25日、帝国劇場)- 猿島惣太 役
  • 大阪から来た女(2001年11月1日 - 26日、大阪松竹座、2001年12月1日 - 25日、新橋演舞場)- 春日林太郎 役
  • 用心棒(2002年)  
  • サボテンの花(2003年、2004年)
  • 越路吹雪物語(2003年)
  • 花あかり(2004年)
  • 太夫さん/夫婦の決闘(2004年)
  • びっくり箱-姉妹編-(2006年3月24日 - 4月23日、紀伊國屋ホール)
  • たとえば野に咲く花のように - アンドロマケ(2007年10月 - 11月、新国立劇場中劇場)
  • オットーと呼ばれる日本人(2008年5月27日 - 6月8日、新国立劇場)

バラエティ[編集]

受賞歴[編集]

以上、映画『サード』『事件』『帰らざる日々』に対して

  • 第6回 報知映画賞 主演男優賞
  • 第21回 ゴールデン・アロー賞 演劇賞 新人賞
  • 第3回 ヨコハマ映画賞 主演男優賞
  • キネマ旬報賞 主演男優賞

以上、映画『遠雷』に対して

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]