五番町夕霧楼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五番町夕霧楼』(ごばんちょうゆうぎりろう)は、水上勉の小説。1962年発表。1958年売春防止法施行まで存在していた五番町遊廓を舞台に、家族を養うために丹後からきた少女とその幼馴染である学生僧との悲恋を描いている。水上の代表作であり、1950年に起きた金閣寺放火事件と水上の実体験が題材になっている。

あらすじ[編集]

戦後間もない昭和25年ごろ、丹後の寒村・樽泊の木樵の娘・夕子は、貧しい父、肺病の母と3人の妹のために京西陣の色町・五番町夕霧楼に自ら売られて遊女となる。西陣の織元の好色な老人・甚造の贔屓を得て、1年後には夕子は五番町で一、二を争う売れっ妓になっていた。だが夕子には同郷の幼友達であり、恋人である青年僧の正順がいた。夕子を妾にしようとしていた甚造は、正順が住み込んで修業している鳳閣寺の住職に彼の廓通いを密告する。夕子はその頃から体の不調を訴え、肺病を患い入院してしまう。一方、信徒の浄財で豪遊する寺の高僧たちの姿を見て、正順は修行に幻滅していた。ある日、住職と衝突した正順は幻滅と怒りから寺に放火し、逮捕されたのち留置場で自殺する。新聞事件を知った夕子は病院を抜け出して故郷の与謝へひとり戻り、正順を追って自ら生命を絶った。

映画[編集]

旧五番町遊廓 (京都市上京区、2000年撮影)

1963年版[編集]

1963年製作。東映配給。キネマ旬報ベストテン第3位。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1980年版[編集]

1980年製作。松竹配給。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TVドラマ[編集]

1968年版[編集]

東海テレビ制作のフジテレビ系列にて、1968年1月29日4月26日に放送。全65回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1974年版[編集]

TBS系列「花王 愛の劇場」枠にて、1974年3月4日5月3日に放送。全45回。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
白い十字架
(1967.10.30 - 1968.1.26)
五番町夕霧楼
(1968.1.29 - 1968.4.26)
誰がための愛
(1968.4.29 - 1968.6.28)
TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
放浪記
(1974.1.7 - 1974.3.1)
五番町夕霧楼
(1974.3.4 - 1974.5.3)
妻は告白する
(1974.5.6 - 1974.7.5)