放浪記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

放浪記』(ほうろうき)は、作家の林芙美子が自らの日記をもとに放浪生活の体験を書き綴った自伝的小説

「でんぐり返り」がある森光子の舞台作品としても有名で、菊田一夫脚本で1961年に東京の芸術座で初演されて以後同劇場で公演を続け、公演回数は2009年5月29日まで通算2017回を数えた。2005年の公演を最後に同劇場が閉鎖されたため、2006年2009年帝国劇場2008年シアタークリエにて上演。放浪記 (劇作品) 参照。

過去に3度映画化されている。

概説[編集]

「私は宿命的な放浪者である。私は古里を持たない…したがって旅が古里であった」との出だしで始まる「放浪記」は、第一次世界大戦後の暗い東京で、飢えと絶望に苦しみながらも、したたかに生き抜く「私」が主人公。尽くした「島の男」との初恋に破れ、夜店商人、セルロイド女工、カフエの女給などの職を転々とする。ひどい貧乏にもめげず、あっけらかんとした姿が多くの読者をひきつけ、ベストセラーとなった。

映画[編集]

1935年版[編集]

1935年6月1日公開。P.C.L.映画製作所製作。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1954年版[編集]

1954年4月7日公開。東映製作。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1962年版[編集]

1962年9月29日公開。宝塚映画(現・宝塚映像)製作。東宝配給。東宝創立30周年記念映画として公開された。小説と菊田一夫の戯曲『放浪記』を原作としている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

同時上映[編集]

新・狐と狸

TVドラマ[編集]

1961年版[編集]

1961年4月8日NHK「NHK劇場」枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

1974年版[編集]

1974年1月7日 - 3月1日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。全40話。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:林芙美子(新潮文庫版)
  • プロデューサー:前田満州夫
  • 撮影:森喜弘
  • 照明:金井道朗
  • 美術:儘田敏雄
  • 音楽:日暮雅信
  • 録音:熊谷宏、竹内和義
  • 編集:神谷信武
  • 助監督:平松弘至
  • 制作担当:小島高治
  • 主題歌:放浪記(東京レコード)
作詞:大日方俊子、作曲:渡辺岳夫、編曲:高田弘、唄:樫山文枝
  • 舞台装置:美建興行(株)
  • 現像:TBS映画社
  • 脚本:中井多津夫
  • 監督:下村堯二、窪川健造
  • 制作:TBS、国際放映
TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
花のいのち
(1973.10.29 - 1973.12.28)
放浪記
(1974.1.7 - 1974.3.1)
五番町夕霧楼
(1974.3.4 - 1974.5.3)

1997年版[編集]

1997年1月1日テレビ東京「初春ドラマスペシャル『放浪記』〜男なんて何さ!人生は七転び八起き〜」の題名で放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]