加藤武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かとう たけし
加藤 武
生年月日 1929年5月24日(85歳)
出生地 東京市京橋区
国籍 日本の旗 日本
職業 俳優声優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
所属劇団 文学座
主な作品
映画
悪い奴ほどよく眠る
仁義なき戦い 代理戦争
仁義なき戦い 頂上作戦
犬神家の一族 (1976年の映画)
悪魔の手毬唄
獄門島
犬神家の一族 (2006年の映画)
テレビドラマ
真田太平記
風林火山
受賞
報知映画賞 第2回助演男優賞
1977年『悪魔の手毬唄』/『獄門島』

加藤 武(かとう たけし、1929年5月24日 - )は、日本俳優文学座代表。東京市京橋区出身。早稲田大学英文科卒業。俳号は「阿吽」。

来歴・人物[編集]

1929年、築地で仲卸業を営む家に生まれる。祖母は十五代目市村羽左衛門の贔屓、両親[1]共に清元節を嗜み、姉は舞踊をやっていた。中央区立泰明小学校麻布中学校・高等学旧制麻布中学校卒業。俳優小沢昭一フランキー堺仲谷昇なだいなだは麻布中学校の同級生だった。幼少期より歌舞伎を愛好し、学校を早退してまで歌舞伎座に通っており俳優に憧れていた。早稲田大学では演劇研究会に入り、ここで映画監督の今村昌平・俳優の北村和夫らと知り合う。

卒業後、一時教職(英語を教える)に就くも俳優への道を諦めきれず、1952年、辞職して先に北村が入団していた文学座研究所に入る。この頃に演芸評論家作家である正岡容に出会い、小沢や落語家桂米朝、作家・都筑道夫ら共に歌舞伎と芸のいろはを学ぶ。女優杉村春子にも芸をたたき込まれたともいう。同年の『狐憑』が初舞台となる。1959年に正式に座員となり、『美しきものの伝説』『富島松五郎伝』などの舞台に出演した。1974年に盟友の小沢昭一や山口崇永六輔らと芸能座を結成した。しかし、1980年に解散し、文学座に戻った。1985年には吉永仁郎原作の『芝居 月もおぼろに』を演出した。

映画には1953年今井正監督『にごりえ』に端役で出演したことから始まり、翌年の黒澤明監督『七人の侍』では町を歩く侍役でノンクレジット出演している。1957年の『蜘蛛巣城』における都築警護の武士役や『隠し砦の三悪人』の冒頭部分で壮絶な死にざまを見せた落武者、『悪い奴ほどよく眠る』の主人公の相棒・板倉役など計8作の黒澤作品に出演した。ほか『仁義なき戦い』シリーズの優柔不断な親分・打本昇役でも知られる。『犬神家の一族 (1976年の映画)』、『悪魔の手毬唄』を始めとする金田一耕助シリーズでは役名が毎回異なるものの、粉薬を手放さず大仰な身振りで「よしっ!分かった!」と手をポンと叩きながら早合点を繰りかえす警察の人を演じ、野村證券のCMでも使用された。金田一耕助シリーズの市川崑や黒澤、浦山桐郎今村昌平らの監督に重用された。

テレビドラマでは1970年代にNHKで放映された『警部マクロード』の上司役でのアテレコ、時代劇では『真田太平記』の本多忠勝、『風林火山』の諸角虎定など、歴史上の人物を演じている。

映画『釣りバカ日誌』では主人公・浜崎伝助の務める鈴木建設の秋山専務役、リメイク版『日本沈没』では地球物理学学者に扮したほか、2006年に映画『犬神家の一族』が30年ぶりにリメイクされた際には、オリジナル版と同じ役で再登場。バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ系)の1コーナー「クイズよしっ分かった!」のモデルとなり、レギュラー出演もしていた。

2013年現在も文学座の俳優として舞台で活動するほか、海外ドラマアニメへの声優としての出演作も多数ある。徳川夢声以来となる吉川英治の『宮本武蔵』の朗読にも取組んでいる。

人物[編集]

エッセイ執筆などもこなす器用な人物だが、自分の半生や戦前の下町の様子などを語る場合には、枕言葉で生まれた「小田原町」が必ず出てくる。2013年現在では存在しない地名のため、小田原市と混同されるが、築地明石町や小田原町は電信や郵便といった明治の文明開化が上陸した最初の地であるため、江戸人は強いプライドを持っていたらしい。

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品
★印は黒澤明監督作品

テレビドラマ[編集]

  • ダイヤル110番(NTV)
    • 第24話「拳銃」(1958年)
    • 第47話「遺留品」(1958年)
    • 第54話「獅子舞」(1958年)
    • 第65話「罠」(1958年)
    • 第75話「捜査一課十号室」(1959年)
    • 第77話「自首して来た男」(1959年)
    • 第82話「三番目の男」(1959年)
    • 第90話「夜が恐い」(1959年)
    • 第93話「赤い爪」(1959年)
    • 第105話「地面師」(1959年)
    • 第110話「消えた炎」(1959年)
    • 第117話「分け前」(1959年)
    • 第126話「危険な贈り物」(1960年)
    • 第144話「非常線」(1960年)
    • 第146話「狼」(1960年)
    • 第148話「上野発22時15分」(1960年)
    • 第185話「渦線を追って」(1961年)
    • 第189話「万引部隊」(1961年)
    • 第200話「警視101現場に在り」(1961年)
    • 第225話「警らこと始め」(1962年)
    • 第289話「大阪連続放火事件」(1963年)
    • 第329話「初警ら異聞」(1964年)
  • 事件記者 第6話「誤報」(1958年、NHK) - 斎木
  • ウロコ座 第97 - 99話「五重塔」(1958年、KR)
  • ヤシカゴールデン劇場 / ジーキル博士とハイド氏(1958年、NTV)
  • お好み日曜座(NHK)
    • 大川仇討(1959年)
    • ゴーマンな妖精(1959年)
  • 日曜大法廷 第1話「森の石松殺人事件」(1959年、NET)
  • 夫婦百景(NTV)
    • 第49話「停年夫婦」(1959年)
    • 第65話「ワンワン夫婦」(1959年)
  • 心に詩あり 第12話「燃えなん我が胸」(1959年、NET)
  • ミステリー影(MBS)
    • 重たい影(1959年)
    • 現行犯(1959年)
  • ゴールデン劇場 / ウェディング・ドレス(1959年、NTV)
  • 風流交差点 / 秋風吹けど(1959年、NET)
  • スリラー劇場・夜のプリズム(NTV)
    • 第45話「作並」(1959年)
    • 第50話「虫臣蔵」(1959年)
    • 第61話「ぬれた女」(1960年)
    • 第83話「消えない影」(1960年)
    • 第102話「谷間」(1960年)
  • 指名手配 第6話「誘い出し強殺事件」(1959年、NET)
  • 西鶴師走噺より 第4話「遊興の果て」(1959年、NHK)
  • ここに人あり 第117話「黒い芽」(1959年、NHK)
  • これが真実だ 第4話「ニイタカヤマノボレ!! 真珠湾攻撃隊」(1959年、CX)
  • ドキュメンタリードラマ・裁判 / 鉄路に訊け(1959年、KR)
  • 落語太平記 第17話「恋患い無情の枯木」(1959年、KR)
  • 慎太郎ミステリー・暗闇の声 / 分身(1960年、KR)
  • 日本剣豪列伝 第7話「柳生宗厳と松田織部之助」(1960年、KR)
  • 東芝土曜劇場(CX)
    • 第50話「再起」(1960年)
    • 第128話「宿家宿坊の終焉」(1961年)
    • 第163話「だにとダイヤモンド」(1962年)
  • NECサンデー劇場 / 北海の人々(1960年、NET)
  • テレビ劇場(NHK)
    • 川を渡る風(1960年) - 製本屋主人栄吉
    • 風流紙芝居丹前(1961年)
    • 二度目の青春(1962年)
    • 利助の赤ん坊(1962年)
    • 伝法水滸伝(1963年)
    • 鳥人幸吉(1963年)
  • おかあさん 第48話「蛇の夜」(1960年、TBS)
  • 第20話「槍一筋」(1961年、CX)
  • テレビ指定席(NHK)
    • 南の島に雪が降る(1961年)
    • 流人天国(1961年) - 勘助
    • 星に行った女(1962年)
    • 山の湖(1962年)
    • 喪われた街(1962年)
  • 短い短い物語 第6話「魔術」(1961年、NET)
  • 愛の劇場 第128話「屋根の下」(1962年、NTV) - 須藤善吉
  • 日立ファミリー劇場(YTV)
    • 柳はみどり(1962年) - 春風亭柳左
    • 太夫殿坂(1962年)
  • 文芸劇場(NHK)
    • 第52話「火山湖」(1962年)
    • 第59話「世はさまざまの」(1963年)
    • 第61話「この世で一番粋なこと」(1963年)
    • 第79話「夜の道」(1963年)
    • 第87話「石中先生行状記」(1963年)
    • 第97話「ちゃん」(1964年)
  • NHK大河ドラマNHK
  • 松本清張シリーズ・黒の組曲 第43話「失敗」(1963年、NHK) - 山村刑事
  • 創作劇場(NHK)
    • みちしるべ(1963年)
    • 五百羅漢(1963年)
    • 風来仙人 じぱんぐ紀行(1963年)
  • こども劇場 第7話「のこぎり先生」(1963年、NHK)
  • 東芝日曜劇場(TBS)
    • 第356話「かげろうの日記遺文」(1963年)
    • 第366話「陰影」(1963年)
    • 第656話「戦いすんで日が暮れて」(1969年)
    • 第672話「一本刀土俵入り」(1969年)
    • 第722話「お別れよ」(1970年)
    • 第780話「三重ふり袖」(1971年)
    • 第1458話「いざ!兄弟たちよ」(1984年)
    • 第1486話「やぶ髯ないしょ話・パパ帰る」(1985年)
    • 第1563話「新婚旅行は三人で」(1986年) - 慎吾
    • 第1614話「恋のペガサス」(1987年)
    • 第1671話「母さん、これが息子の浪人生活です」(1989年)
    • 第1810話「秋・定年十年目の」(1991年)
  • ポーラ名作劇場(NET)
    • 第53話「見合いした女」(1964年)
    • 第64話「女の一生」(1965年)
  • 浪曲ドラマ / 桂小五郎(1964年、NHK)
  • 一千万人の劇場 / 案山子(1964年、CX)
  • 近鉄金曜劇場(TBS)
    • あやふやを愛す 36才の純情(1964年)
    • 破魔矢(1965年)
    • 父と子(1966年)
  • 日産スター劇場(NTV)
    • やぶれ家族(1964年)
    • 花婿と人妻(1964年)
    • 江戸一番の大泥棒(1968年)
  • NHK劇場(NHK)
    • 恋すれば物語(1964年)
    • よみがえる夏(1966年)
  • おはなはん(1966年 - 1967年、NHK)
  • 剣(NTV)
    • 第4話「大阪夏の陣」(1967年)
    • 第8話「夕映え侍」(1967年) - 藤田一衛
    • 第15話「あだ花」(1967年) - 組頭・所沢
    • 第33話「狗」(1967年)
    • 第45話「博奕ざむらい」(1968年) - 正五郎親分
  • 泣いてたまるか(TBS)
    • 第63話「ああ無名戦士!」(1967年)
    • 第10話「東京よいとこ」(1968年)
  • 日本剣客伝 第3話「上泉伊勢守」(1968年、NET / 東映) - 白雲斎
  • 五人の野武士 第2話「剣豪 暁の対決」(1968年、NTV / 三船プロ) - 筒井左源太
  • ポーラテレビ小説 パンとあこがれ(1969年、TBS) - 野口先生
  • 無用ノ介 第14話「無用ノ介 危機一髪」(1969年、NTV / 国際放映) - 石黒主水
  • プレイガール12ch / 東映)
    • 第31話「東京おんな番外地」(1969年)
    • 第56話「女が骨までしゃぶるとき」(1970年)
    • 第87話「女命の預け方」(1970年)
    • 第129話「凄さ世界一女」(1971年)
    • 第202話「強くあれ! 汝の敵は男なり」(1973年)
  • 東京バイパス指令 第64話「鬼」(1970年、NTV / 東宝
  • キイハンター 第180話「レッツゴー! 真夜中の王様 死の行進」(1971年、TBS / 東映) - レマチュア共和国・ルウ書記官
  • 大忠臣蔵 第36話「若き義士の母二人」他(1971年、NET / 三船プロ) - 建部政宇
  • 気になる嫁さん 第11話「誓いの言葉を」(1971年、NTV / ユニオン映画) - 高畠勘助
  • 天皇の世紀 第6話「異国」(1971年、ABC) - 肥田浜五郎
  • 青春をつっ走れ 第9話「番長トリデに殴りこめ!」(1972年、CX / 松竹) - 古川健造
  • 荒野の素浪人 第43話「銃撃 落日の決闘」(1972年、NET / 三船プロ) - 加賀見監物
  • 飛び出せ! 青春 第33話「35点は落第点!!」(1972年、NTV / 東宝) - 田村源作
  • 戦国ロック はぐれ牙 第3話「恨みの館に火を掛けろ」(1973年、CX / C.A.L
  • 子連れ狼(NTV / ユニオン映画
    • 第1部 第2話「乞胸お雪」(1973年) ※欠番作品
    • 第2部 第9話「女城」(1974年) - 井上筑後守
  • 必殺シリーズABC / 松竹)
  • 太陽にほえろ! (NTV / 東宝)
    • 第83話「午前10時爆破予定」(1974年) - 大学病院 院長
    • 第254話「子連れブルース」(1977年) - 権藤
    • 第592話「空白0.5秒」(1984年) - 警視庁監査委員長
  • 水戸黄門(TBS / C.A.L)
    • 第5部 第15話「黄門さまの鬼退治 -岡山-」(1974年) - 稲川大膳
    • 第25部 第30話「哀しい疵を抱く女 -本荘-」(1997年) - 塩村市兵衛
  • 唖侍 鬼一法眼 第20話「影を追う花」(1974年、NTV / 勝プロ) - 秋山俊斉
  • 八州犯科帳 第12話「六地蔵で待つ女」(1974年、CX / C.A.L) - 雲取の五郎蔵
  • 剣と風と子守唄 第25話「左源太賞金首」(1975年、NTV / 三船プロ) - 亀井の万蔵
  • 夜明けの刑事 第86話「地上最強のカラテ 仕組まれた殺人のワナ」(1976年、TBS / 大映テレビ) - 遠山興業社長・遠山
  • 赤い激流 (1977年、TBS / (大映テレビ) - 江上刑事
  • 江戸を斬るⅣ 第8話「辻斬りは北辰一刀流」(1979年、TBS / C.A.L)- 嶋屋五兵衛
  • 騎馬奉行(1979年 - 1980年、KTV / 東映) - 神尾新兵衛
  • なっちゃんの写真館(1980年、NHK) - 西城賢輔
  • 2年B組仙八先生(1981年、TBS) - 学年主任・内藤先生
  • なにわの源蔵事件帳(1983年、NHK) - 厚木警部
  • 土曜ワイド劇場 / 松本清張の断線(1983年、ANB / 東映) - 立川刑事
  • 特捜最前線 第359・360話「哀・弾丸・愛 7人の刑事たち」(1984年、ANB / 東映) - 滝沢章吾
  • 真田太平記(1985年 - 1986年、NHK新大型時代劇) - 本多忠勝
  • 若大将天下ご免! (1987年、ANB / 東映) - 千葉周作
  • 長七郎江戸日記スペシャル 一心太助とご落胤・男一匹ここにあり(1988年、NTV / ユニオン映画)
  • 金田一耕助シリーズ(1990年 - 1998年、CX) - 磯川警部
  • 君の名は(1991年 - 1992年、NHK) - 永橋
  • さすらい刑事旅情編IV 第2話「女流漫画家の秘密・週末特急に乗る娘」(1991年、ANB / 東映)
  • 凪の光景(1992年、THK / 東宝)
  • 天うらら(1998年、NHK) - 大滝光次郎
  • 鬼平犯科帳 第8シリーズ 第4話「眼鏡師市兵衛」(1998年、CX / 松竹) - 市兵衛
  • 藤沢周平の人情しぐれ町(2001年、NHK) - 宗右衛門
  • 土曜ワイド劇場 / 家政婦は見た! 23(2004年、ANB / 大映テレビ) - 花田隆勝
  • 松本清張ドラマスペシャル・波の塔(2006年、TBS) - 林弁護士
  • 監査法人(2008年、NHK)- 鈴木会計士
  • 雪冤(2010年、TX) - 秋山鉄蔵
  • パンドラIII 革命前夜(2011年10月、WOWOW) - 鴻池元総理
  • 最後のカチンコ〜新藤兼人・乙羽信子〜(2012年、NHK BSプレミアム) - 新藤兼人
  • 大岡越前(2013年、NHK BSプレミアム / C.A.L) - 吉本作左ヱ門
  • 東京が戦場になった日(2014年3月15日、NHKスペシャル特集ドラマ) - 高木徳男 役 (主演)
  • 吉原裏同心 第四回「年季明け」(2014年、NHK) - 栄蔵

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャル 病の起源 第2集 骨と皮膚の病〜それは“出アフリカ”に始まった〜(2008年4月20日、NHK) - ナビゲーター

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

著作[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 母親は演芸も好きであり、三代目三遊亭円之助のファンであったようで、圓之助はたびたび「築地のおばさん」と呼んでいたという。

外部リンク[編集]