釣りバカ日誌6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釣りバカ日誌6
監督 栗山富夫
脚本 山田洋次
関根俊夫
梶浦政男
原作 やまさき十三(作)
北見けんいち(画)
出演者 西田敏行
三國連太郎
音楽 かしぶち哲郎
撮影 安田浩助
編集 鶴田益一
配給 松竹
公開 日本の旗 1993年12月25日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 釣りバカ日誌5
次作 釣りバカ日誌スペシャル
テンプレートを表示

釣りバカ日誌6』(つりバカにっしシックス)は、1993年12月25日公開の日本映画釣りバカ日誌シリーズ第6作。同時上映は「男はつらいよ 寅次郎の縁談」。

あらすじ[編集]

アイナメ釣りの仕掛けを手に入れた浜崎は、ちょうど翌々日に釜石市で講演を行う予定のスーさんと共にその日の夜、東京から車で釜石市へ向かう。ところが浜崎は運転免許を持っていないため、スーさんが終始車を運転する羽目となるが、そのお陰で日中のアイナメ釣りを終えて旅館に到着するや否や、講演会を主催する市の幹部たちは後部座席で寝ていた浜崎を「鈴木建設社長」、運転していたスーさんを「運転手」と勘違いしてしまう。結局2人は勘違いされたまま、翌朝スーさんは旅館の仲居・澄子と遠野市へ観光に出かけてしまい、旅館に一人残された浜崎は「鈴木建設社長」として講演しなければならなくなってしまう。

キャスト[編集]

浜崎家
鈴木家
メインゲスト
鈴木建設
その他

スタッフ[編集]

ロケ地[編集]

釣ったもの[編集]

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]