北見けんいち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北見 けんいち
本名 北見 健一
生誕 1940年12月11日(74歳)
満州国の旗 満州国新京
(現在の中華人民共和国の旗 中国吉林省長春市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1964年 -
赤塚不二夫のアシスタントとして。単独デビューは1979年
ジャンル 家庭漫画、人情漫画
代表作 釣りバカ日誌』(原作:やまさき十三
焼けあとの元気くん
受賞 第28回小学館漫画賞1982年
第18回日本漫画家協会賞優秀賞(1989年
第38回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞(2009年
テンプレートを表示

北見 けんいち(きたみ けんいち、本名、北見健一〈読み同じ〉、1940年12月11日 - )は、日本漫画家青年コミック誌を中心に活動している。満州新京出身。代表作に『釣りバカ日誌』(原作:やまさき十三)。多摩美術大学付属芸術学園卒業。

経歴[編集]

手塚治虫関谷ひさしに憧れて漫画を描き始める。1959年東京都立化学工業高等学校(2001年閉校)を卒業後、日本ゼオンに入社するも3か月で退社。多摩美術大学付属芸術学園写真科卒業後[1]、写真店経営[2]を経て、1964年1月、少年サンデー編集部樺島[3]の紹介で赤塚不二夫アシスタントになる。1979年週刊少年キング少年画報社)にて、『どじょっこふなっこ』でデビュー。

1979年から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)に連載されている『釣りバカ日誌』は、1988年から2009年まで22年にわたる国民的映画シリーズとして実写映画化(西田敏行主演・松竹制作・配給)され、2002年にはテレビアニメ化(東映アニメーション制作。テレビ朝日系で放送)されている。

趣味野球アウトドア中日ドラゴンズのファンである。

受賞歴[編集]

  • 第28回(1982年度)小学館漫画賞受賞(『釣りバカ日誌』)。
  • 第18回(1989年度)日本漫画家協会賞優秀賞(『焼けあとの元気くん』)
  • 第38回(2009年度)日本漫画家協会賞文部科学大臣賞(全作品)

作品[編集]

師匠[編集]

赤塚不二夫
『ギャグゲリラ』(1971年 - 1982年週刊文春連載)における台詞の手書き文字は初回から最終回まで全て北見が書いたものである。
2008年8月2日に死去した師・赤塚不二夫の葬儀ではフジオプロで共にアシスタントを務めていた古谷三敏高井研一郎と共に三人で弔辞を読んだ。
2008年8月25日発売のビッグコミックで自身が連載している『北見けんいちの昭和トラベラー』にて、1963年頃のフジオプロの風景を描いて、師・赤塚不二夫へのオマージュとしていた。

アシスタント[編集]

備考[編集]

赤塚不二夫のアシスタント時代にも、本名の北見健一名義で『週刊少年サンデー』や『デラックス少年サンデー』、小学館の学習誌や『冒険王』などで漫画やイラストの仕事を行っていた。藤子不二雄Aの『マンガニカ』にも若手作家の一角として参加している。すべて絵柄は現在の物とは異なる。このため、正式なデビュー作品は上記の通り「どじょっこふなっこ」とされている。

福澤朗は少年時代、赤塚不二夫のサインを貰いに仕事場へ行ったのだが、その時取り次いだのがアシスタントの北見だった。福澤は「将来有名な漫画家になるかもしれない。」と思って北見にもサインをお願いし、そのサインは現在も福澤の実家にあるという(2010年9月21日放送『笑っていいとも!』より、福澤談)。2012年7月3日放送の『開運!なんでも鑑定団』では、ゲストに福澤が登場し、このサインを赤塚不二夫のサインと共に出品した。

脚注[編集]

  1. ^ 米軍キャンプ内で皿洗いのアルバイト。
  2. ^ 埼玉県鶴瀬駅前「フジミ・ラボ」(カメラはキャノンR)
  3. ^ 「イヤミ」のモデルといわれる。