針女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥取県境港市水木しげるロードに設置されている「針女」のブロンズ像。

針女(はりおなご、はりおんな)または笑い女子(わらいおなご)は、水木しげるの著書にある、愛媛県南部の宇和島地方に伝わる妖怪[1]

伝承とされる内容[編集]

人間の女性の姿に似ているが、長いざんばら髪の先端に鈎針状の鉤が備わっている[1]

夜道で男に微笑みかけ、笑い返した者を髪を振り乱しながら追いかけ、髪の鉤で捕らえる。一度捕まるとどんな大男でも身動きが取れなくなり、そのままどこかへ連れ去られる、とされる[1]

家の中に逃げ込み、頑丈な扉をしっかりと閉めておけば、朝方には針女は消えてしまうが、扉の外には髪の鉤で付けられたであろう、無数の傷跡が残っているという[1]

検証[編集]

針女の特徴は、宇和島地方の妖怪「濡女子」と共通点が多いことから、妖怪研究家村上健司は、水木が濡女子の特徴を強調した上で「針女」と命名したものと推測している[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 水木しげる 『図説 日本妖怪大全』 講談社〈講談社+α文庫〉、1994年、380頁。ISBN 978-4-06-256049-8
  2. ^ 村上健司編著 『日本妖怪大事典』 角川書店〈Kwai books〉、2005年、267頁。ISBN 978-4-04-883926-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]