土屋逵直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土屋 逵直(つちや みちなお、万治2年(1659年) - 享保15年8月3日1730年9月14日))は、江戸時代前期の武士江戸幕府旗本寄合。通称は主税上総久留里藩土屋直樹の子。妻は甲斐庄正親の娘。子に亮直好直友直伊奈忠正室。

生涯[編集]

上総久留里藩2万石の譜代大名・土屋直樹の嫡男として生まれた。藩主世子としてゆくゆくは家督を継ぐことが期待されたが、父・直樹は逵直が20歳になっても将軍に目通りさせず、他にも諸々の奇行や不行跡が重なり、ついに延宝7年(1679年)8月、狂気を理由に改易されてしまった。それでも嫡男の逵直には父祖の功績により遠江周智郡で3千石が与えられ、以後土屋家は旗本寄合席として幕末まで存続する。

この年の10月、逵直ははじめて登城して4代将軍家綱に拝謁。天和3年8月 (1683年)には御徒頭を拝命、同年12月には布衣を許された。元禄6年 (1693年)に御徒頭を辞した後は無役で、俳諧の宝井其角に師事して時折本所松阪町の自邸で連句の会を催す、風流旗本に徹した。

元禄14年(1701年)8月、土屋邸の隣に先に殿中で浅野長矩に刃傷に及ばれた前高家肝煎吉良義央が越してきた。赤穂の遺臣から襲撃されることが懸念されての屋敷替えだったが、人はむしろ赤穂浪士に仇討ちを促すための措置ではないかと噂した。元禄15年(1703年)12月14日の早暁、赤穂浪士による吉良邸討ち入りが始まると、逵直は浪士たちからの申し状を聞き入れ、吉良家には加勢しないことを約束。逆に塀に沿って灯りを掲げ、その下には射手を侍らせ、堀を越えてくる者があれば誰であろうとも射て落とせと命じている(新井白石が逵直から聞き取った話を室鳩巣が書き綴った『鳩巣小説』に拠る)。なおこの逸話は、後年に数々の講談歌舞伎の題材に取り入れられた。

正徳4年(1715年)12月、家督を嫡男の亮直に譲って隠居。享保15年(1730年)に死去した。享年71。墓所は東京都豊島区駒込の大林寺にある。

家系[編集]

土屋氏は「片手千人斬り」の逸話で知られる武田氏の家臣・土屋昌恒の長男・土屋忠直を祖とする。忠直が生まれた年に昌恒は武田勝頼に殉じたが、徳川家康は土屋家が絶えるのを惜しんで忠直を召し出し、徳川秀忠小姓に取り立てた。忠直は天正19年(1591年)、相模で3千石の知行を拝領したのを皮切りに出世し、慶長7年(1602年)に上総久留里藩2万石の藩主として諸侯に列した。これが本家である。

この本家は次の土屋利直の時に新井正済(新井白石の父)を召し抱えている。しかし次の土屋直樹に狂気の振る舞いあって久留里藩は改易となり、逵直には3000石の旗本寄合席として家名存続が許された。

一方、利直の弟・土屋数直は元和5年(1619年)に3代将軍徳川家光の近習に取り立てたてられたの皮切りに漸次出世し、寛文2年(1662年)には若年寄に任じられ、都合1万石を知行して諸侯に列した。これが分家にあたる。この分家は数直の代に出世を繰り返し、最終的には常陸土浦藩4万5000石を領して老中になっている。さらに次の政直も5代将軍徳川綱吉に老中に任じられ、後に老中首座となっている。政直は老中として4代の将軍に仕え、加増を繰り返して最終的には9万5000石を領すに至っている。

土屋忠直 ━┳ 土屋利直 ━┳ 土屋直樹 ━━ 土屋逵直 ━┳ 土屋亮直
      ┃       ┣ 相馬忠胤          ┣ 土屋好直(政直養子)
      ┃       ┗ 土屋喬直          ┗ 土屋友直
      ┗ 土屋数直 ━━ 土屋政直 ━┳ 土屋昭直
                      ┣ 土屋定直
                      ┗ 土屋陳直 ━┳ 土屋寿直
                              ┣ 土屋泰直 
                              ┗ 土屋英直 ━━ 土屋寛直

関連項目[編集]