弐十手物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

弐十手物語』(にじってものがたり)は、小池一夫原作・神江里見作画による日本漫画。『週刊ポスト』(小学館)にて、1978年3月から2003年11月まで連載された。単行本は小学館からビッグコミックスレーベルで刊行され、全110巻に及んだ。テレビ時代劇にもなり、1984年に放送された。

完結後ほどなく、続編『新・弐十手物語』が『文芸ポスト』(小学館)にて2004年3月から2005年12月まで連載された。

さらに6年を経て、『新・弐十手物語 つるじろう』が『ガッツポン』(小池書院)創刊号(2011年10月発売)より連載されている。

概要[編集]

大岡越前の下で同心として働く藤掛飯伍と配下の由造、菊池鶴次郎の働きを描く捕り物時代劇。序盤は飯伍を主人公にして動いていたが、後に鶴次郎を中心にした人情物語になった。

登場人物[編集]

菊地鶴次郎
南町奉行所同心。情に厚く、何事にも本気で向き合う。三枚目で女にはもてないが、彼に惚れた女はみな死ぬため「死に神」の異名を取る。
藤掛飯伍
同じく同心。男前で女性関係多数。厳しく触れがたいことから「狼の睾丸」の異名を取る。
由造
飯伍の岡引
大岡忠相
鶴次郎や飯伍の上司である南町奉行。
牢女
飯伍の愛人。
くらま
鶴次郎の妻。幕府に仕える隠密組織・「猫座」の一員。

テレビドラマ[編集]

弐十手物語
ジャンル 時代劇
放送時間 木曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1984年4月12日 - 同年7月12日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ東映
監督 工藤栄一
原作 小池一夫(原作)、神江里見(劇画)
脚本 志村正浩
出演者 名高達男ほか
オープニング 「一人が好きですか」(野口五郎
テンプレートを表示

テレビドラマ版は1984年4月12日から同年7月12日まで、フジテレビ系列の毎週木曜22:00 - 22:54(JST)に放送。この枠では初の1時間連続時代劇だが、わずか3ヶ月・13回で打ち切られた。

出演者[編集]

ほか

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

一人が好きですか

放映リスト[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
第1話 1984年4月12日 (サブタイトル無し) 志村正浩 工藤栄一
第2話 1984年4月19日 (〃) 中村嘉葎雄金沢碧菅貫太郎
第3話 1984年4月26日 鬼神の女 野波静雄 小野田嘉幹 山本みどり平泉成
第4話 1984年5月10日 新米 古田求 牧口雄二 芦屋雁之助手塚理美初井言榮鈴木瑞穂
第5話 1984年5月17日 やさしい男 山田隆之 伊藤敏八内田良平菊地優子
第6話 1984年5月24日 売れ残り 下飯坂菊馬 太田昭和 浅利香津代加藤嘉出光元
第7話 1984年5月31日 顔のない悪魔 中村勝行 原田雄一 沢田和美内藤武敏
第8話 1984年6月7日 雨蛙が愛した女 中村努 太田昭和 范文雀蟹江敬三
第9話 1984年6月14日 散歩する死者 志村正浩 原田雄一 本阿弥周子和崎俊哉三浦リカ深江章喜原口剛
第10話 1984年6月21日 女の甘い罠 古田求 小野田嘉幹 あべ静江、鈴木瑞穂、江幡高志斎藤絵里
第11話 1984年6月28日 六人の容疑者 保利吉紀 長谷川明男林家珍平泉じゅん風祭ゆき
第12話 1984年7月5日 吉原恋心中 林与一かたせ梨乃
最終話 1984年7月12日 越前誘拐! 三十一文字の謎 中村勝行
保利吉紀
原田雄一 三林京子遠藤征慈
フジテレビ 木曜22時枠
【当番組より時代劇枠
前番組 番組名 次番組
時代劇スペシャル
(21:02 - 22:48)
山本圭の小さな博物館
(22:48 - 22:54)
弐十手物語