芦屋雁之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記と異なる可能性があります。
あしや がんのすけ
芦屋 雁之助
芦屋 雁之助
本名 西部 清(にしべ きよし)
別名 雁ちゃん
生年月日 1931年5月29日
没年月日 2004年4月7日(満72歳没)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
ジャンル 俳優、歌手
活動期間 1954年 - 2004年
配偶者 大島久里子
家族 長女(西部里菜
主な作品
番頭はんと丁稚どん
裸の大将放浪記
必殺シリーズ
備考
歌手として第35回NHK紅白歌合戦に出場

芦屋 雁之助あしや がんのすけ1931年5月29日 - 2004年4月7日)は、京都府京都市出身の日本俳優歌手。本名、西部 清(にしべ きよし)。愛称は、雁ちゃん。京都市立朱雀中学校卒業。

来歴・人物[編集]

実家の家業は京都で友禅染の染物屋を営んでいたが、芸事、道楽事が好きだった父は戦後、「若松家」の亭号を名乗り、芸人として活動し始めるばかりか、一座を組んで巡業の日々となる。清は父について芸をこなしながら、一時、漫才師・五條家弁慶の弟子となり、前座として中国の服を着て手品をしたり師匠と漫才や芝居の舞台に立った。その後、18歳の時に弟・秀郎と当時人気の漫才師、芦の家雁玉林田十郎に弟子入りし、「雁之助・小雁」の名をもらう[1]が、弟子入りしてまもなく亭号「芦の家」を勝手に「芦屋」に変えた為破門される(後に活躍が認められ破門を解かれる)。その後京都の京都新京極富貴、大阪の戎橋松竹中心に活躍、「若手漫才の有望株」といわれ将来を嘱望されるが、3、4年コンビで活動したところで、演劇評論家の武智鉄二の勧めで突然漫才をやめ、1954年、開場した「OSミュージックホール」に入り、座付作者の花登筐のコントを演じるようになる。以来、花登にすすめられ、兄弟で喜劇役者に転身する。

1959年、花登が東宝から独立して結成した『劇団・笑いの王国』に大村崑らと参加。劇団の主軸を支える。同年3月にスタートした毎日放送の公開コメディー番組『番頭はんと丁稚どん』で、薬屋の番頭を演じ、「強面で下の者には厳しい半面、裏に回ると『(関西の)おばちゃん口調』を使い、女性的な仕草を見せるキャラクター」で人気を集める。主なギャグに「いやいやっ、もの凄いこと言わはる」、「いやっ!えらいとこ見つかってしもうた」、「わてが雁之助だんねん」など。

1960年3月1日、大村、小雁とともに、当時としては極めて珍しい3組合同による『テレビ結婚式』を挙げている。最初の結婚相手は元・OSミュージックのダンサー・夏丘梨枝だったが、その後離別している。

1963年、劇団内では「人気の崑、実力の雁之助」という図式の下、2枚看板が成立していたが、雁之助は主演舞台を評価されながらも2番手に甘んじている事など自身の処遇に対する不満などから、主宰者の花登、座長の大村から距離を置くようになり、弟の小雁、芦屋雁平や花登に不満を抱く一部座員もこれに追従し始める。こうした事がやがて劇団内の軋轢となり、雁之助は舞台にスッピンのままで出るなど傍目にも花登への猜疑心を露わにするようになっていく。加えて「元・宝塚娘役」、「主宰者の妻」というプライドから看板女優の座に居座る由美あづさの横暴、孤立化する座長・大村など、座員間の不協和音が次第に表面化していく中、花登は劇団解散を決め、雁之助、小雁らは花登の下を離れる。

1964年、小雁らとともに劇団「喜劇座」を旗揚げ。座付き作家だった藤本義一から、風貌が画家山下清に似ている事を指摘され、それをヒントに藤本が舞台劇『裸の大将放浪記』を書き上げ、初演。評判となる[2]

1969年、劇団解散。その後は活動拠点を東京に移し、喜劇だけでなく、本格的な演技派俳優として、活動の幅を広げる。

1976年、人気時代劇「必殺シリーズ」の『必殺からくり人』で山田五十鈴と共演。1977年には同じく関西喜劇出身で、必殺シリーズレギュラーだった藤田まことが旗揚げした「新演技座」に発起人として名を連ね、一時在籍している。

1979年森光子と共演した舞台「おもろい女」で芸術祭大賞を受賞、代表作の1つとなり舞台での活動も精力的に行った。その一方で関西での喜劇舞台も継続、兄弟共演やミヤコ蝶々かしまし娘らと共演している。

1980年『裸の大将放浪記』(関西テレビフジテレビ系『花王名人劇場』→『花王ファミリースペシャル』)で、かつて評判だった山下清役をテレビで再び演じることとなり、これ以降の当たり役となった[2]

1984年に発売した『娘よ』が150万枚を超える(オリコンでは約80万枚)大ヒットとなり、同年の第35回NHK紅白歌合戦に出場した。関西制作・全国ネットのドラマにも多く出演した。この年「佐渡島他吉の生涯」と「裸の大将放浪記」で第10回 菊田一夫演劇賞を受賞。

1994年頃から持病の糖尿病が悪化、静養しながらテレビや舞台出演を継続した。

2004年4月7日、鬱血性心不全のため京都市の病院で死去[3]。72歳没。後に「芦屋雁之助さんを偲ぶ会」が5月29日に東京[4]、6月2日に地元の京都[5]で行われ、東京会場では森繁久彌森光子を始め200人が足を運んだ。

家族[編集]

妻は梅田コマ劇場のダンサー出身の大島久里子(西部久里子)で雁之助とは20歳近く年下だった。娘は、元女優で音楽ユニット「indigo blue」のボーカル“Rina”として活動している西部里菜 。実弟は芦屋小雁(俳優)、芦屋雁平(俳優、吉本新喜劇入団当初は芸名を初代芦屋凡凡と名乗った)。弟子に今宮エビス芦屋凡凡{2代目}らがいる。

エピソード[編集]

  • 裸の大将・山下清との出会いは藤本義一が脚本を担当した1964年の舞台公演が始めであり、その後数回、本人とも対面している。
  • 本名が山下と同じである。
  • 弟と共に大食漢で知られ1日5回の食事を摂っていた。それが原因で持病の糖尿病を患ったといわれているが、「山下清の役作りのために体重を落とすわけにもいかなかった」と本人は晩年に語っている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 裸の大将放浪記
  • おもろい女

劇場アニメ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • 人はふれあい・おもいやり(1985年6月21日、テイチク)
  • 秘湯の旅(1985年11月21日、テイチク)
  • 人生演歌(1985年12月16日、テイチク)

受賞[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「裸の大将」山下清役を17年間…治療専念できず”. ZAKZAK. (2004年4月8日). オリジナル2004年6月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040604101808/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_04/g2004040807.html 2014年3月29日閲覧。 
  2. ^ a b 今日は何の日 / 2004年4月7日 芦屋雁之助が亡くなった日”. おもいッきりイイ!!テレビ日本テレビ). 2008年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月25日閲覧。
  3. ^ “芦屋雁之助さん死去…入院先で急変、72歳”. ZAKZAK. (2004年4月8日). オリジナル2004年4月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040408174822/http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_04/g2004040806.html 2014年3月29日閲覧。 
  4. ^ 芦屋雁之助さんを偲ぶ会(東京会場)”. 小雁倶楽部. 2005年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月29日閲覧。
  5. ^ 芦屋雁之助さんを偲ぶ会(京都会場)”. 小雁倶楽部. 2004年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月29日閲覧。
  6. ^ カレーQ&A 歴史編”. S&Bカレー.com. 2013年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月28日閲覧。

外部リンク[編集]