西田健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にしだ けん
西田 健
本名 同じ[1]
生年月日 1945年6月24日(69歳)
出生地 日本の旗 日本・旧元山明治町
民族 日本人
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ、舞台、映画
活動期間 1970年 -
活動内容 1970年:劇団雲所属
1975年:演劇集団 円に移籍
主な作品
テレビ
帰ってきたウルトラマン
アイフル大作戦
宇宙刑事ギャバン
必殺仕事人V・旋風編
必殺仕事人V・風雲竜虎編
雲霧仁左衛門
Gメン'75
特捜最前線
取調室
新・京都迷宮案内
探偵 左文字進
映画
海と毒薬

西田 健(にしだ けん、1945年6月24日 - )は、日本俳優声優岡山県出身。

来歴・人物[編集]

日本統治時代の朝鮮江原道元山明治町で、「元山毎日新聞社」の社主をはじめ養蚕業、石炭販売、保険代理店などを幅広く経営する家に生まれた。祖父、父共に早稲田大学卒の実業家であった。しかし健の誕生から間もなく、敗戦によって一家は家財総てを失い、祖国日本の岡山県に引き揚げる。小学校から高校(都立雪谷高校)を卒業し、映画脚本家を目指し早稲田大学文学部演劇専修科に入学した。しかし当時は授業料値上げ闘争に始まった学園紛争に明け暮れておりほとんどがロックアウト状態で授業は満足に受講できる状態ではなかった。大学時代の同級には逸見政孝長塚京三がいた。そこで西田は日本テレビのプロデューサー井原高忠の個人秘書という形で働くことになる。おりしも井原は坂本九をメインにバラエティーショー「九ちゃん」及び日本で初の深夜番組「11pm」の立ち上げに関わっており、西田は両番組の初代フロアーアシスタントを勤める事になった。この頃にてんぷくトリオで若手だった伊東四朗と知り合っている。「井原さんからは多くの事を学びました。人間の立ち居振る舞い、ユーモア、洒脱さ、都会的洗練、枚挙にいとまがないね」一年半の日本テレビ生活を終えて大学に戻り、井原の知友であった文芸プロダクションにんじんくらぶ(当時は解散)を主宰していた若槻繁の紹介状を持って、最初は演出志望で劇団雲の門をたたいた。正式にに研究生として入団し、俳優の道を歩む。劇団研究生の同期には田中真紀子がいた。

1970年に劇団雲の団員に昇格、1975年からは劇団雲の分裂に伴って、岸田今日子仲谷昇らと行動と共にして演劇集団 円に所属する。

1971年、『帰ってきたウルトラマン』で、MATの岸田文夫隊員役を演じる。岸田隊員はそれまでのウルトラシリーズ作品にはいなかった「主人公をライバル視し、時に激しく対立する同僚隊員」という位置づけで、ともすれば「憎まれ役」であるが、クールで知的なエリートを表現し、最終的にはヒーローである主役と親友になるというキャラクターを創り主役の郷隊員を演じた団時朗に匹敵する多くのファンレターが西田の事務所に届き、それは数こそ変化したが現在に至るまで続いている。

1973年には、小川真由美主演の『アイフル大作戦』に探偵学校の生徒・丘大介役で丹波哲郎などの先輩俳優とレギュラー出演し、しゃれたアクションコメディで軽妙な演技を披露した。

この前年に井原高忠より「ゲバゲバ一座のちょんまげ90分」の出演を要請され、新劇役者としてはめずらしいバラエティ出演となった。フルオーケストラで歌を歌ったりグループダンスを踊ったり、各出演者が持ち回りで歴史上の著名人になり、それらが総てギャグになっているという構成であり、西田の持ち役は「光源氏 だった。なお、この番組はOAのときは一部生放送の部分もあり、大橋巨泉 などとピアノを囲んでフリートークもあった。後年、西田は当時を振り返って「とにかく、自分がやったギャグなどは、お粗末で、語るに落ちるのだが、随分度胸がついたのは事実だよ!なんせ生バンドで歌って踊ったのだから!」と親しい編集者に語っている。この当時のビデオテープは日本テレビにも現存していない。

20代から30代にかけては、『特捜最前線』や『Gメン'75』などで演じた個性的な犯人役に代表されるように、悪役を演じることが多くなった。とりわけ『特捜最前線』では原子爆弾を製造する思想犯に始まり、ストーカーや潔癖症のマザコン男など、さまざまな役柄を演じた。近年、DVD発売に際して行われた人気エピソードのアンケート結果でも、西田がゲスト出演した回は軒並み、上位にランクインしている。その他の作品でも、類型的な悪役ではなく、犯罪に至った背景に深い悲哀や、人生の皮肉を感じさせるような犯人像を演じている。

当時としては珍しい『Gメン75』の1ヶ月のヨーロッパ、ロケを終えて帰国した西田はある決意をする。東洋と西洋の文明、文化、芸能の圧倒的な違いを思い知らされた事を原因として、時代劇を多く自分の仕事の範疇に入れることであった。東京制作では中村錦之助萬屋錦之介 主宰の中村プロで、錦之助に悪役、癖のある二枚目として重用され常連出演者になり、杉良太郎 物、国際放映で撮影された古谷一行 加山雄三等の 東宝時代劇、天知茂 物、そして、三船プロ で撮影された時代劇を渡り歩いた。この頃から、東映京都撮影所 からも声がかかるよになり、京都での仕事が急激に増えてくる。旧知の深作欣二 監督から呼ばれた『柳生一族の陰謀』テレビ版に始まり、大川橋蔵 に可愛がられ橋蔵直々のキャスティングで数々の『時代劇スペシャル』に出演した。その後は、北大路欣也松方弘樹松平健 等の様々なシリーズにゲスト出演し、所作事や時代劇の技を磨いていった。

しかし、なんと言っても、西田の時代劇代表作は、敬愛し愛されてもいた、監督であった工藤栄一 からのオファーで成立した中村主水の上役、与力鬼塚を演じた『必殺仕事人』シリーズと、同じく工藤栄一監督が全体像をデザインした、池波正太郎原作、山崎努版『雲霧仁左衛門 』であろう。西田はそのなかで中村敦夫 扮する火盗改め長官、安部式部に最も信頼される部下筆頭与力,山田藤兵衛を演じた、この作品は当時の地下鉄サリン事件 等、オウム真理教 問題の影で、視聴率的には全くふるわなかったが、のちに全巻DVDボックスとして発売された。雲霧の手下、吉五郎を演じた石橋蓮司 と共に、DVDのリーフレットのなかで映画ライター金澤誠によって、西田の演技は剃刀のようだと評されている。本人も自分の時代劇代表作は『雲霧仁左衛門』だと言い切っている。

40代以降は、2時間サスペンスドラマや長時間時代劇へも活動の場を広げる。犯人もしくは、怪しいが犯人ではない、あるいは重要な役目を負っているのに死体で発見される役、逆に犯人を追い詰める警察関係というふうに様々な役柄を演じて今日に至っている。中でも日本テレビで放送された「火曜サスペンス」での西田の活躍はめざましく何回か行われた番組パーティでは期間的ではあるが最多出演賞の栄誉に輝いている。また、いかりや長介 とコンビで十年以上に渡って撮影された「取調室 」では佐賀県警の捜査一課長として怜悧であり、かつ味わいのある役目を担当していた。本人もこのシリーズへの愛着を総てを監督した、鷹森立一監督へのリスペクトを込めて周囲に語っている。

映画の出演作も数多いが、中でもベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した熊井啓監督の『海と毒薬』では、米兵の生体解剖に関わる浅井助手役で、人間の心の闇に潜む、弱さ、卑怯さ不純さ、悪意への傾きを演じ、原作者の遠藤周作や映画評論家の淀川長治から高い評価を受けた。 淀川長治は「いんなあとりっぷ」昭和61年11月号にて、「、、、なにげないアメリカ兵と日本人医師{西田健}の会話から、だまし討ちのごとく生体実験にもっていく恐怖、このスリル、このショック、この恐怖にはこれまでのいかなるショック映画もこのシーンの足元にも及ぶまい」と記述している。

2004年10月からは、レギュラー出演している『新・京都迷宮案内』シリーズなどで、それまで着用していたかつらを外してドラマなどに出演し、世間を驚かせたが、本人は「役者にとって、カツラを使用しようがしまいが大した問題ではない!」と、意に介さず、週刊新潮もコラムで西田の決断を応援した[2]。2012年から科捜研の女で京都府警本部長で準レギュラー出演している。

読書が趣味で志賀直哉 曽野綾子 福田恒存 西部邁 高坂正堯 佐伯啓思 塩野七生 の愛読者であり、海外ミステリーにも広く通じている。思想信条的には同年生まれの桜井よしこ を支持している。

「人間の持つまじめさ、ずるさ、卑怯さ、いやらしさ、そういうものに対立、葛藤、ディレンマを混ぜて演技というものを考えている!」とウルトラ情報局で語った。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
NHK BSプレミアム
日本テレビ
  • 太陽にほえろ!
    • 第100話「燃える男たち」(1974年) - 円山
    • 第182話「ボディーガード」(1976年) - 中井刑事
    • 第212話「情報」(1976年) - 岡部
    • 第271話「警察犬ブラック」(1977年) - 友田
    • 第423話「心優しき戦士たち」(1980年) - 村上
    • 第435話「スター」(1980年) - 西田史郎
    • 第478話「汚れた警察」(1981年) - 長谷川主任
  • 長崎犯科帳 第21話「辻斬り犯人を追え」(1975年) - 稲村小太郎
  • 愛のサスペンス劇場 / 歯止め(1976年) - 旗島信雄
  • 熱中時代 第1シリーズ 第20話「若草物語・熱中篇」(1979年) - 金田三郎
  • ちょっとマイウェイ 第5話「南代官山戦争!」(1979年) - 勝田
  • 火曜サスペンス劇場
    • 消えた鼓動 心臓移植殺人事件(1981年)
    • たそがれに標的を撃て(1982年)
    • 死の断崖(1982年)
    • 閉じ込められて(1982年)
    • 高校野球殺人事件(1982年)
    • その朝お前は何を見たか(1983年6月7日放送)
    • 女の中の炎(1983年6月28日放送)
    • 幻の女を探せ(1983年7月26日放送)
    • 恐怖のエレベーター(1983年10月11日放送)
    • 愛する妻への遺書(1985年10月8日放送)- 原田慎二郎
    • 鉄の串(1986年9月、映像プロデュース) - 岩井健三
    • 入れ代わった女(1986年11月)
    • 絢爛たる欲望(1987年)
    • 産婦人科病院から消えた女(1987年、ヴァンフィル)
    • 京都周山殺人街道(1988年1月12日OA、松竹) - 馬渕茂
    • L特急さざなみ7号で出会った女(1988年、大映テレビ)
    • ゼロの蜜月(1988年6月28日放送、ジェイミック)- 小池祥一
    • 雨月荘殺人事件(1988年10月18日放送、東映) - 高倉和彦
    • 再会・殺意の方程式(1988年12月6日放送、大映映像)
    • 名無しの探偵シリーズ5 「殺意のデッサン」(1989年2月、スタッフアズバーズ)
    • 女検事・霞夕子7 「自転車に乗る女」(1989年4月)
    • 女弁護士・高林鮎子6 「船岡発普通列車、無縁坂の女」(1989年7月18日放送、東映) - 村松俊明
    • フルムーン旅情ミステリー1 「湯布院殺人事件」(1989年9月19日放送、プロジェクトエー) - 高梨亮介
    • 星座伝説殺人事件(1989年11月21日放送、メリエス)
    • 森村誠一の電話魔(1990年3月6日放送、日本映像)
    • ベビーシッター殺人事件(1990年4月24日放送、スタッフアズバーズ) - 刑事
    • たそがれに愛をこめて -心臓外科医と死刑囚-(1990年10月2日放送、Eiho) - 市村
    • 三十年目の同窓会(1991年5月21日放送、東北新社) - 青山達彦
    • フルムーン旅情ミステリー4 「遠い記憶」(1991年7月2日放送、プロジェクトエー)- 井川刑事
    • 盗聴の夜(1991年7月23日放送、中京テレビ)
    • 女監察医・室生亜季子11 「歪んだ告白」(1992年4月、東映) - 井上清
    • 森村誠一の夜行列車(1992年、彩の会)
    • フルムーン旅情ミステリー8 「風の囁き」(1993年2月、プロジェクトエー)
    • 九門法律相談所1 「離婚」(1993年)
    • 生命(1993年8月)
    • 取調室シリーズ(1994年 - 2003年) - 石川捜査一課長(レギュラー)
    • 犯罪心理分析官3 「無差別に放火する犯人の心に迫れないプロファイルの限界」(1997年)
    • 窓辺の女(2001年1月30日放送、東映) - 村西一郎 刑事
    • 松本清張スペシャル・内海の輪(2001年3月、C.A.L) - 江村寿夫
    • 松原完治 お金ちょうだい致します(2004年3月) - 杉本刑事
    • 北ホテル(2005年)
  • 大江戸神仙伝(1985年、C.A.L)
  • 八百八町夢日記 第1シリーズ 第33話「次郎吉に惚れた男」(1990年) - 村井宗山
  • 長七郎江戸日記 第3シリーズ 第6話「がめつい女?」(1990年) - 六角義周
  • 刑事貴族 第17話「熱い街から来た刑事」(1990年)
  • 検事・若浦葉子 第8話「死者からの挑戦状・私は夫に殺された!」(1991年)
  • 闇を斬る!大江戸犯科帳 第5話「悲しい嘘」(1993年) - 大黒屋利兵衛
  • はだかの刑事 第25話「拳銃とお弁当」(1993年)
  • 江戸の用心棒
    • 第9話「残酷!拝領妻」(1994年) - 黒松伊賀守
    • 第28話「男芸者が命を賭けた!」(1995年) - 望月丹波守
  • グッドラック(1996年)
  • 新宿暴走救急隊(2000年) - 鎌田
  • ギンザの恋(2002年) - 浅井ケン
  • クレオパトラな女たち(2012年) - 梶原
読売テレビ
TBS
毎日放送
フジテレビ
関西テレビ
テレビ朝日
朝日放送
テレビ東京

映画[編集]

舞台[編集]

以上、現代演劇協会劇団雲
  • 天竺徳兵衛韓噺(1977年、演劇集団 円
  • 山の巨人たち(1983年、演劇集団 円)

ビデオ / DVD[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

バラエティ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『声優名鑑』、577頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ ひとりごと・西田健 ZAKZAK 2006年2月25日
  3. ^ 第26駅『銭湯で戦闘開始』”. 烈車戦隊トッキュウジャー|東映. 2014年8月24日閲覧。
  4. ^ 週刊ファミ通』2012年10月4日号

外部リンク[編集]