花の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花の乱
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 1994年4月3日-12月11日(全37回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 杉山昭紀
演出 村上佑二、他
脚本 市川森一
プロデューサー 木田幸紀
出演者 三田佳子
市川團十郎
奥田瑛二
草刈正雄
野村萬斎
松たか子
市川新之助
佐野史郎
松岡昌宏
ルー大柴
小林幸子
平淑恵
永澤俊矢
尾藤イサオ
勝野洋
藤岡弘
夏八木勲
かたせ梨乃
檀ふみ
役所広司
松本幸四郎
萬屋錦之介
京マチ子
オープニング 三枝成彰
テンプレートを表示

花の乱』(はなのらん)は、1994年4月3日から同年12月11日にかけて放送された33作目のNHK大河ドラマ。放送回数は全37話。

概要[編集]

室町時代中期、将軍・足利義政夫人で悪女とも評される日野富子の生涯と、応仁の乱およびその前後の状況を描く。1993年から翌年にかけては、琉球王国を舞台とした前々作『琉球の風』、中世東北地方を舞台とした前作『炎立つ』など、それまで扱ってこなかった時代や地域をテーマとした作品が3作続けて製作され、3作目の本作では平安建都(遷都)1200年を記念して映像作品が皆無に近い狭義の室町時代を取り上げた大河ドラマとなった。近時代には1991年の『太平記』後半が室町幕府創設期となるが、南北朝時代戦国時代との重複期間を除いた純然たる室町期を正面から舞台とした作品は、これが初の試みとなった。ちなみに2013年現在、織豊政権時代よりも前の時代を扱った作品が2作連続で放送されたのは、『炎立つ』と本作が唯一である(ただし、上記の通り『炎立つ』と同時代を描いているわけではない)。

平均視聴率は14.1%、最高視聴率は18.3%(いずれも関東地区[1]と、2012年の『平清盛』が記録を更新するまでは大河ドラマで最も低い数値であった。ただし、放送日程が極めて変則的(4月から放送された大河ドラマは本作と第1回作品『花の生涯』のみ。他には『炎立つ』が7月放送開始。本作品を含め、9ヶ月完結は3作品のみであった)であったため、一概に他作品と比較できない面もある。

2000年8月から11月にかけて「大河ドラマアンコール」と題してNHK総合テレビにおいて平日15時台に全編が再放送された(大相撲秋場所中継・国会中継のため一時中断)。ソフトとしては総集編のVHS、完全版のDVDが発売されている。

特徴[編集]

他作品にはほとんど見られない大きな特徴として、劇中の台詞で人名を呼ぶ際に可能な限り、ではなく官位通称を用いている点が挙げられる。主人公・富子を「御台様」、足利義政を「御所様」または「室町殿」、細川勝元を「右京大夫(うきょうのだいぶ)」、大内政弘を「左京大夫(さきょうのだいぶ)」と呼ぶなど、同じく諱呼びを極力避けた『太平記』以上にこの原則が徹底された形になっている。また一般になじみの薄い時代の人物が多数登場することもあり、視聴者の混乱を避けるためか、最終回まで主人公の富子を含め、全ての主要の登場人物についてはその回の初登場時に役名のクレジットがつけられていたのも特徴である。

その一方で、主人公が実在する大河ドラマでありながら、最終回では富子が山中をどこかへ彷徨って消えていくという異例のエンディングとなっており、堂々と彼女の最期を描くことなくストーリーが完結してしまう(ナレーションで彼女が数年後に死んだことは語られている)。また、大河ドラマでは登場人物がナレーションを務める作品は数多いが、主人公を演じる役者がナレーション役でもある作品は、本作以外に存在しない(ただし、『武田信玄』の大井夫人など、劇中の人物が語りを務める他の大河ドラマのように、日野富子の目線で語られているわけではない)。

テーマ音楽、タイトル映像[編集]

それまでの大河ドラマは、冒頭から迫力ある音ではじまるテーマ音楽が一般的であったが、三枝成彰が作曲したこの作品のテーマ音楽は異色であり、静かにピアノの独奏から入り、次第に弦楽器が重なってラストにかけて盛り上がっていく、というものであった。また同時期には都はるみがこの楽曲に歌詞をつけた曲(作詞は、なかにし礼)を歌謡曲調にアレンジしたシングル「花の乱」をリリースしている。また後年、三枝は現代邦楽研究所からの委嘱を受ける形で、同曲の邦楽アレンジ版を発表している。

タイトルバックでは、CG処理された情景に舞姿の仮面の女人が登場した他、森林、山水、そして戦乱によって荒廃した光景などが表現され、この中には将軍義政の宇宙観や応仁の乱などで疲弊した都の姿など、思想的かつ美術的なイメージが投影された。京都や室町幕府のシンボル的な名所なども映像には登場しなかった。

史実との主な相違点[編集]

従来の大河ドラマと同様、本作でもフィクション要素を幾つか採用している。

  • 日野富子と森侍者が父親の違う姉妹(富子の母が酒呑童子に犯されて身ごもったのが富子の異父姉)で、本物の富子が盲目となったため幼少時に入れ替えられ、異父姉が富子に、本物の富子が森侍者になったという大胆な設定がなされた。無論、全くのフィクションであり、史実での両者にはほとんど接点がない。
  • 日野勝光が、山名宗全追討の院宣または治罰の綸旨を出すように朝廷に働きかける場面があるが、史実では勝光は、細川勝元が朝廷に治罰の綸旨を求めた時も、足利義政に将軍旗を求めた時も反対しており、勝光の立場が史実と正反対である。
  • 足利義視が東軍より出奔した理由を、足利義尚暗殺の企てが露見したためとしているが、史実では足利義政が、かつて義視暗殺を企てた伊勢貞親を幕政に復帰させたことに対する不信感からであり、義視が義尚暗殺を企てたことはない。
  • 応仁の乱における和睦交渉に失敗して面目を失った山名宗全が切腹して死んでいる。史実では、宗全が同様の理由で切腹しようとして家臣にとどめられ命は取り留めたという噂があったのは事実だが、事実かどうかは定かでなく、宗全の死も翌年の病死である。
  • 同じく応仁の乱における和睦交渉が決裂した後、宗全とともに和睦交渉を主導した細川勝元が、継戦派から暗殺されそうになり、世を儚んでいずこへとも知れず失踪し、後述の花の御所炎上を目撃しながら病死している。史実では、和睦交渉の失敗により面目を失った勝元が出家遁世しようと髻を切ったという噂があったことは事実だが、事実かどうかは定かでなく、出家遁世も失踪もしていない。勝元が継戦派から命を狙われたこともなく、病死したのも和睦交渉失敗の翌年である。
  • 細川勝元が造営したものとして竜安寺の石庭が登場するシーンがある。竜安寺は勝元が宝徳2年(1450年)に徳大寺家から譲り受けて整備したのは事実だが、応仁の乱で炎上しており、本格的に整備を行ったのは息子の政元である。石庭についてはいつ頃造営されたものは定かではないものの、室町後期の作とも言われ、政元の整備以降に作られた可能性が高いというのが通説である。
  • 日野勝光が足利義政に対して謀反を企み、それを知った日野富子に毒殺されているが、史実では病死であり、謀反を企んだ事実もない。また、その際に花の御所が火事で炎上したことになっているが、史実は、花の御所に隣接する土倉が一揆勢に襲撃された時に発生した火が、花の御所まで延焼したことによる焼失である。
  • 足利義尚が近江出陣中に合戦で討ち死にしているが、史実では陣中で酒色にふけった上での病死である。
  • 足利義材が畠山義就討伐に出陣するシーンがあるが、史実では義就はすでに亡くなっており、討伐の対象となっていたのは畠山基家である。また、山城国一揆が鎮圧された後、脱出してきた山城の国人によって義就が暗殺されるシーンもあるが、前述のとおりすでに他界している。
  • 細川政元がクーデターを起こして足利義材を廃し、足利義澄を擁立したことを日野富子が批判しているシーンがあるが、史実では政元と共にクーデターを起こした主要人物の一人である。また後に、義材の毒殺未遂事件も起こしている。
  • 病に冒された足利義政が山城国一揆がある椿の荘を見るため、日野富子と共に庶民の衣装で出奔し、五条大橋まで来たところで息を引き取っている。当然そのような事実はなく、義政は東山において病死している。

備考[編集]

  • 8月14日放送の第20回「戦雲の都」が記録した視聴率10.1%は、2012年の大河ドラマ『平清盛』の第45回「以仁王の令旨」にて7.3%を記録するまで、大河ドラマ歴代ワースト1位だった[2]
  • 市川團十郎にとって1985年の團十郎襲名以来、初のNHKドラマ出演になった。また野村萬斎もドラマの放映が始まる1ヶ月前に「萬斎」を襲名したばかりだった(そのため放送前のテレビ雑誌では野村武司名義である)。
  • この作品は本来、連続テレビ小説の方式に倣って、1年間を10月を分岐とした前期・後期の半年間ずつで展開する作品(1年2作品)の第1弾として企画される予定だったが、準備段階の1993年度に放送された番組の形式(『琉球の風』『炎立つ』)が不評だったため、9月終了の予定を変更して12月までの9ヶ月放送された。その後、大河ドラマは1995年以後1月始まり・12月終了の暦年制による1年1作品に戻された。

キャスト[編集]

日野氏・足利氏[編集]

富子の従叔父で、夫でもある。弟義視を後継者に選んだ事から物語は始まる。
富子の大叔母で、義政の生母。
富子の兄で、義政の従甥。娘を義尚の妻にするなど権力を拡大させるが、権力欲に取りつかれた富子に騙し討ちにされた。
富子の母。
義政の異母弟。
富子と義政の長男で、九代将軍。両親に先立って戦地で死亡。
義政の側室で、娘を設ける。
佐子の遠縁。義政の乳母でもある。富子との政権抗争で失脚。鏡子は応仁の乱で壊滅した貴族の娘で、お今に瓜二つな容姿で富子一家に波乱を起こす。義尚と共に駆け落ちするものの、盗賊に誘拐される。なお、鏡子をさらわれた義尚は止む無く帰京。
禁闕の変時に比叡山で畠山持国に討たれる。
勝光、富子、義視側室、永俊(11代将軍の義父)の父。
義視の正室。
重子の夫。義政の父でもある。嘉吉の乱で赤松氏に殺害された。
第7代将軍。義政の同母兄で、富子の従伯父でもある。落馬で死亡。
義視の子(母は富子の妹)で、後の10代将軍。義政や富子の甥でもあるが、富子と対立する。
11代将軍。義政の異母兄・政友の子。正室は富子と勝光の姪。千寿王の失脚後に擁立される。

幕府武将[編集]

細川氏[編集]

持之の子。応仁の乱の東軍の総大将として、岳父の山名宗全が率いる西軍と戦う。乱の最中に失踪するも、日野勝光が暗殺される成り行きで炎上した花の御所を見て発狂死する。
勝元の子。
東軍の一派だが、政元とはあまり仲が良くない。
東軍の一派。
政元の家臣。

山名氏[編集]

西軍の総大将。義尚擁立の為に娘婿の細川勝元の率いる東軍と戦うが、次第に勝元と同時に和睦の道を探索する様になる。
宗全の子供達。政豊は義政の寵臣で後に10代、11代将軍を擁立。豊久は姉婿・勝元の養子だったが、甥・政元の誕生を機に仏門に入れられ実父に還俗させられる。

その他の武将[編集]

徳本入道の甥。従兄弟の義就との家督争いの際、細川家の支持を受ける。
徳本入道の子。従兄弟の政長に家督を奪われ、足利家に加勢を求める。後に西軍側の武将となる。
定親の子。義尚の警護係。
西軍側。義尚の最期を見届けた。
西軍側。
政所執事代。義尚暗殺用の毒入り餅を謀反の証拠として義政に提出する途中、義視に暗殺されて餅の大半を奪還された。
西軍側の武将。子の松若丸(演:玉置篤規)を応仁の乱で失う。

朝廷[編集]

重子の従弟。義政の従叔父でもある。

その他[編集]

自らを狂雲の子と称する高僧で、足利家にも一目置かれる。髑髏の装飾を付けた杖を愛用。森侍者を弟子として諸国漫遊するが、京都への死出の旅に向かう途中で森侍者の笛を聞きながら他界。亡骸は彼女と帰京途中の義尚に土葬された。
富子とは対をなし、物語の影の主役と言える役割。最終回では霊魂となって富子を義政の元へ案内した。
赤松家元家臣の浪人。後に野党軍団の首魁となり、畠山家と抗争を繰り広げる。
富子(主人公)の実父。
富子の実の兄。骨皮とはライバル同士。

スタッフ[編集]

放送[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 演出
第1回 4月3日 室町夢幻 村上佑二
第2回 4月10日 火の橋水の橋
第3回 4月17日 月と銅銭 小林武
第4回 4月24日 夢草紙
第5回 5月1日 富子姫変化 黛りんたろう
第6回 5月8日 徳政一揆
第7回 5月15日 女合戦 村上佑二
第8回 5月22日 飢餓地獄
第9回 5月29日 米狂言 小林武
第10回 6月5日 将軍の母
第11回 6月12日 逢魔が時 黛りんたろう
第12回 6月19日 地獄門
第13回 6月26日 和子誕生 村上佑二
第14回 7月3日 宗全謀反 小林武
第15回 7月10日 文正の変
第16回 7月17日 富子対義政 黛りんたろう
第17回 7月24日 応仁元年
第18回 7月31日 室町第包囲 村上祐二
第19回 8月7日 東軍西軍 小林武
第20回 8月14日 戦雲の都
第21回 8月21日 火の舞 黛りんたろう
第22回 8月28日 鬼面
第23回 9月4日 密命 谷口卓敬
第24回 9月11日 修羅の華 村上祐二
第25回 9月18日 宗全切腹 小林武
第26回 9月25日 勝元暗殺
第27回 10月2日 花の御所炎上 黛りんたろう
第28回 10月9日 銭の種
第29回 10月16日 椿の庄 村上祐二
第30回 10月23日 悪女 小林武
第31回 10月30日 恋情 黛りんたろう
第32回 11月6日 狂雲の子 村上祐二
第33回 11月13日 銀色の夢 小林武
第34回 11月20日 山城国一揆 谷口卓敬
第35回 11月27日 露の命 黛りんたろう
第36回 12月4日 大文字 小林武
最終回 12月11日 風花 村上祐二
平均視聴率 14.1%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)[1]

総集編[編集]

  • 第一部 1994年12月24日 「室町夢幻」
  • 第二部 1994年12月25日 「修羅の華」

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  2. ^ NHK連ドラ カーネーションで返り咲き!5年ぶり19%超(スポーツニッポン 2012年4月3日)

メディア[編集]

  • 完全版: DVD-BOX全2集、10枚、37話 (DVD)

関連項目[編集]

撮影セット(遠野市内)


NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
花の乱