足利義澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
足利義澄
Ashikaga Yoshizumi statue.jpg
足利義澄木像(等持院霊光殿安置)
時代 室町時代中期 - 戦国時代
生誕 文明12年12月15日1481年1月15日
死没 永正8年8月14日1511年9月6日))
改名 清晃(法名)→ 義遐(初名)→ 義高(異説として義尊[1]) → 義澄
別名 阿波御所[2]
戒名 法住院殿旭山道晃
官位 従五位下正五位下左馬頭征夷大将軍従四位下参議左近衛中将従三位、贈従一位左大臣、贈太政大臣
幕府 室町幕府第11代征夷大将軍
(在任:1495年 - 1508年
氏族 足利氏堀越公方家→足利将軍家
父母 父:足利政知、母:武者小路隆光の娘
養父:足利義政[3]足利義尚[4]
兄弟 茶々丸義澄潤童子小田政治
正室:日野阿子
継室:六角高頼の娘
側室:斯波義寛の娘
義晴義維

足利 義澄(あしかが よしずみ)は、室町幕府第11代将軍。在任:明応3年12月27日1495年1月23日) - 永正5年4月16日1508年5月15日)。

父は8代将軍・足利義政の異母兄である堀越公方足利政知。はじめ法名を清晃(せいこう)といい、還俗して義遐(よしとお)、義高(よしたか)、そして義澄。正室は日野富子の姪にあたる日野阿子(富子の兄弟である僧永俊の娘)。

明応2年(1493年)に従弟の10代将軍・足利義材細川政元によって追放されると、11代将軍として擁立された。しかし、永正5年(1508年)に前将軍・義稙を擁立する大内義興が上洛の軍を起こしたため、近江国へ逃れて将軍職を廃され、復帰できないまま死去した。

生涯[編集]

足利義澄像(古画類聚

文明12年12月15日(1481年1月15日)、堀越公方・足利政知の子として生まれる。当時、政知の嫡男で異母兄の茶々丸が堀越公方の後継者としていたために、文明17年12月(1486年1月)、叔父義政の意向で天龍寺香厳院の後継者に定められ、文明19年(1487年)6月、上洛して香厳院を継承、出家して法名を清晃と名乗る。

長享3年(1489年)3月、従弟の9代将軍・足利義尚が死去して義政が後継者を失い、翌年に義政も死去して室町幕府の将軍の座が空位となると、清晃も後継者候補の1人に挙げられたが、この時は義政の未亡人・日野富子の推挙で従兄で伯父・足利義視の子である足利義材(のちの義尹)が10代将軍に迎えられた。富子は清晃には自分が義尚と暮らしていた小川殿を譲ることにする。延徳2年(1490年4月27日にこの意向が示されると、義材の父である義視は富子が清晃を次期将軍に立てる準備と疑い、翌月に小川殿を破却してしまった。これをきっかけに義材と富子との関係は悪化してゆくことになる。

その後、清晃は明応2年(1493年)4月の明応の政変で義材を追放した管領細川政元や日野富子、伊勢貞宗らによって擁立され、故義政の猶子とされて11代将軍に就任する[5]。しかし、実権は政元や富子、貞宗らに握られていた。

ところが、富子が死去し、義澄も成長すると自ら政務を行おうとして政元と対立、文亀2年(1502年)2月には政元が管領を辞任する意向を示して丹波国(後に山城槇島城)に下って義澄に慰留され、8月には義澄が岩倉の金龍寺(妙善院)に引き籠ってしまった。復帰を求める政元や伊勢貞宗に対して、義澄は武田元信相伴衆登用や京都に滞在していた義材の異母弟の実相院義忠の処刑を求め[6]、政元もこれを認めた[7]

だが、義忠殺害によって政元は義澄に代わる将軍候補を失ったことで義澄を廃することが不可能となり、しばらくは義澄と政元は政治的には対立しつつも協力関係を維持し続けた[8]。 また、永正元年(1504年)に細川氏家臣である摂津守護代薬師寺元一が政元によって守護代を更迭されそうになった時には義澄が政元に解任の中止を命じている[9]

永正4年(1507年)に政元が暗殺され細川氏(京兆家)の家督をめぐる内訌が生じ(永正の錯乱)、翌永正5年(1508年)4月、前将軍・義尹(義材より改名)を擁立する大内義興の軍が上洛してくるとの報により[10]近江国六角高頼を頼って朽木谷、さらに蒲生郡水茎岡山城に逃れた。7月、義澄は将軍を廃され、義尹が将軍に返り咲いた。

その後、再び勢力を盛り返そうとして細川澄元三好之長長秀父子を京都に侵攻させるなどしたが、その度に細川高国・大内義興・畠山尚順らに敗れた。また、義尹の暗殺を謀ったりもしたが失敗している。永正7年(1510年)には義尹の命を受けた高国・義興らの近江侵攻を受けるが、近江国人衆を糾合した軍勢でもって勝利した。さらに豊後国大友親治播磨国赤松義村らに援助を求める御内書を送るなどして、将軍復帰を目指した。

しかし、永正8年8月14日(1511年9月6日)、義尹・高国・義興との決戦(船岡山合戦)直前に水茎岡山城で病死した[11]享年32(満30歳没)。

義澄の死から9日後の8月23日に船岡山合戦が勃発、細川澄元・三好之長・赤松義村らが敗れて義尹の将軍職が確定した。両陣営はその後和睦、義澄の2人の息子義晴義維はそれぞれ赤松義村、細川之持(澄元の兄)に引き取られた。

墓所・肖像[編集]

墓所
法号は法住院殿旭山道晃。墓所は不明だが、山梨県笛吹市に義澄の墓と伝えられる五輪塔がある。
肖像
確実な肖像画は伝存していない[12]が、木像としては、等持院像・鑁阿寺像などが知られている。

年譜[編集]

偏諱を受けた人物[編集]

義高時代[編集]

(※年代的に近い人物に畠山高政がいるが、高政は大永7年(1527年)生まれで、本文の通りこの当時義高(義澄)は将軍職を辞しているので偏諱を受けていない人物と分かる。)

義澄時代[編集]

(*一部を除き、「澄」の読みは「すみ」。)

脚注[編集]

  1. ^ 『佐竹系図』続群書類従第5輯上系図部p.495。昭和34年5月15日訂正3版
  2. ^ 國史大辞典 大正14年2月25日大増訂p.44。
  3. ^ 『佐竹系図』続群書類従第5輯上系図部p.507。昭和34年5月15日訂正3版
  4. ^ 『清和源氏系図』続群書類従第5輯上系図部p.286。昭和34年5月15日訂正3版
  5. ^ 『三好長慶』〈人物叢書〉13頁。
  6. ^ 後法興院記』文亀2年8月6日条
  7. ^ この時、義澄から政元に5ヶ条、貞宗に7ヶ条の要求が出されたという。なお、義忠は8月5日に義澄の見舞いに訪れたところを政元の兵に捕えられ、近所の阿弥陀堂で殺害されたという。
  8. ^ 細川政元の度重なる地方下向も義澄との確執が顕著になった文亀・永正期に頻発している。
  9. ^ 『後法興院記』永正元年閏3月19日条、『実隆公記』同年閏3月21日条。
  10. ^ 澄元は義澄に義稙との和睦を勧めたが聞き入れなかったという。『三好長慶』〈人物叢書〉19頁。
  11. ^ 『三好長慶』〈人物叢書〉23頁。
  12. ^ 東京国立博物館蔵の肖像画は、足利義稙もしくは義澄の像とある。
  13. ^ 「高」の字は元々京極氏通字となっているため、とりわけ義高(義澄)から賜ったものではない可能性もあるが、(この頃はほとんどの京極氏一族の者が「高」の字を用いていなかったので)逆に賜ったことにより、高清以降の京極氏当主が再び「高」を代々用いる通字として使用するようになったとも考えられる。詳しくはこちらを参照のこと。

参考文献[編集]


関連項目[編集]


TVドラマ