大原氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大原氏
氏姓 大原真人
氏祖 敏達天皇皇孫百済王後裔河内王の子
 市原王
 赤麻呂王
 高安王
 桜井王
 門部王
種別 皇別
凡例 / Category:氏

大原氏(おおはらし)は、敏達天皇の皇孫である百済王の後裔である河内王の子らが天平11年(739年)に大原真人の姓を下賜されたことに始まる。



概要[編集]

新撰姓氏録によれば、「出自謚敏達百済王也」とある[1]。なお、これは大原氏が皇族の百済王の子孫ということで、いわゆる渡来人としての亡命百済人という意味ではない[2]


武家大原氏[編集]

大原氏
家紋
四つ目結
本姓 宇多源氏佐々木支流
家祖 大原重綱
種別 武家
出身地 近江国坂田郡大原庄
主な根拠地 近江国坂田郡大原庄
凡例 / Category:日本の氏族

大原氏(おおはらし)は、日本武家宇多源氏の一派近江源氏 佐々木氏流。佐々木信綱の庶長子大原重綱を祖とする。近江国坂田郡大原庄より発祥。


概要[編集]

鎌倉時代には佐々木宗家を継承した弟の佐々木泰綱と領地争いをした記録が残る。室町時代に入ると佐々木氏の長男系という血筋の良さから将軍奉公衆に選ばれるなど格式は高かった。 しかし大原政重を最後に直系が断絶し、六角氏から養子高保、次いで賢永を迎えて家門を存続させた。戦国時代に入ると同族である京極氏の圧迫を受け、高賢のときついに滅亡した。

脚注[編集]

  1. ^ 新撰姓氏録第一帙皇別
  2. ^ 古代日本と朝鮮