赤いシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドラマ・赤いシリーズは、TBSが、大映テレビと共同で1974年1980年にかけて10作品製作したヒューマンサスペンスドラマシリーズの総称である。

当時人気絶頂にあったアイドル歌手の山口百恵が10作品のうち7作品出演(1作品はゲスト出演)、さらにそのうちの3作品の主演を担当。様々な試練や困難に立ち向かいながら前向きに歩む女の姿を描き絶大な人気を誇る長寿シリーズとなった。

作品一覧[編集]

※主演ではないが、宇津井の娘役として山口百恵が出演している。
※レギュラー出演はしていないが、第1話にのみ山口百恵が宇津井の娘役としてゲスト出演している。

一連の「赤いシリーズ」はこの10作品を総称するが、1993年花王 愛の劇場の枠において「赤い迷宮」と題された作品(主演・森下桂(後に森下涼子))が同じTBSと大映テレビ共同製作で放映され、当時は「赤いシリーズ復活」とまでPRされた。

第1弾の「赤い迷路」のみ、関西地区では当時のTBS系列局であった朝日放送(ABC)にネットされている。次作の「赤い疑惑」以降、毎日放送(MBS)に移行。

リメイク版[編集]

  • この赤いシリーズの中から3作品が、ホリプロ45周年・TBS開局50周年記念作品「赤いシリーズ2005」として2005年に大挙製作・放映されることとなった。
  • リメイク版はホリプロの企画・製作として作られており、大映テレビは「監修・企画協力」として関与している。それぞれにホリプロ所属の看板若手女優が揃えられた。
  1. 赤い疑惑(2005年6月15日、22日、29日 水曜プレミア枠内3週連続 主演:石原さとみ
  2. 赤い運命(2005年10月4日、5日、6日・3日間連続放映 主演:綾瀬はるか
  3. 赤い奇跡(新作)(2006年4月9日、10日2日間連続放映 主演:深田恭子
  • 当初深田は『赤い衝撃』のリメイクの主演をするつもりだったが、役柄に合わないと判断したため、26年ぶりに新作が作られることになった。フィギュアスケートが題材で、浅田舞選手も出演した。
  • 視聴率はリメイク版だった『赤い疑惑』と『赤い運命』が2桁平均を取ることが出来たものの、新作だった『赤い奇跡』は1桁視聴率で終わってしまう皮肉な結果になってしまった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 金曜21時枠
前番組 番組名 次番組
赤いシリーズ
赤い迷路
(1974年10月 - 1975年3月)
白い地平線
赤いシリーズ
赤い疑惑 - 赤い激突
(1975年10月 - 1978年12月)
赤いシリーズ
赤い嵐 - 赤い魂
(1979年11月 - 1980年9月)
TBS系 花王 愛の劇場
赤いシリーズ
赤い迷宮
(1993年11月 - 12月)