ベン・ケーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベン・ケーシー』(Ben Casey)は、1961年製作のアメリカのテレビドラマ。

概要[編集]

ベン・ケーシー』(Ben Casey)は、青年医師ベン・ケーシーを主人公とするメディカルドラマ。1961年10月2日から1966年3月21日まで、アメリカABCで1話:60分、全153話が放送された。日本でも1962年5月20日[1]から1964年9月25日までTBS系列で放送されて、最高テレビ視聴率が50%を超えた大ヒット海外ドラマである。三洋電機一社提供[2]。 オープニングの「♂、♀、*、†、∞」(「男、女、誕生、死亡、そして無限」と吹き替え)という、語りながらチョークで書く板書が有名。

製作・スタッフ[編集]

キャスト[編集]

日本語吹替の声の出演[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 外科医歯科医など外科系の医師が着用している短いセパレート型の診療衣は『ケーシー』と呼ばれているが、これはこのドラマでベン・ケーシー(ヴィンセント・エドワーズ)が着ていた白衣をベン・ケーシー型白衣というようになったことに由来する。なお、ケーシー型の白衣は、中世の理容師の制服が起源といわれている。コメディアンのケーシー高峰が着用した。
  • 日本において、重厚な内容が人気を呼び、視聴率は毎週40%前後で推移、1963年1月11日には、50.6%の最高視聴率(ビデオリサーチ・関東地区調べ)を記録している[3]。この数字は2014年現在でも日本で放映された海外ドラマの視聴率ナンバー1である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『ベン・ケーシー特集号』「映画の友」 11月号臨時増刊(映画の友)、1962年11月10日
  2. ^ 「テレビコマーシャルの考古学」(世界思想社)220頁 2010年
  3. ^ 引田惣弥『全記録 テレビ視聴率50年戦争―そのとき一億人が感動した』講談社、2004年、2頁、54頁、220頁。ISBN 4062122227

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

TBS 毎週金曜日21:30 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
ベン・ケーシー