玉ねぎむいたら…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

玉ねぎむいたら…(たまねぎむいたら…)はTBS系列で1981年4月3日11月6日に放送された桜田淳子主演のホームコメディードラマ。当初26話の放送予定だったが好評につき5話延長された。

概要[編集]

  • 劇中に毎回登場する連載漫画の原稿『リーコが行く シロクロード』は石森章太郎が書き下ろしたものである。
  • 2005年に日本クラウンから『玉ねぎむいたら DVD-BOX(1)』(1~16話)、『玉ねぎむいたら DVD-BOX(2)』(17~31話)が発売され、各話の予告編も含めて全31話が収録されている(販売元:ジェネオンエンタテインメント)。
  • 当初『はらぺこ同士』という番組タイトルで放送予定だったため、雑誌の新番組の予告紹介ページなどではこのタイトルで紹介されていたものが存在する。
  • 原案・脚本の松木ひろし、石立鉄男と山本紀彦の共演など、放送局や製作会社は異なるが、石立鉄男・ユニオン映画シリーズの流れを引き継いだ作品となっている。

あらすじ[編集]

大国鶴郎は知名度の高い漫画家だが、趣味の昆虫採集にかまけてばかりで一番弟子の理介が実質的に漫画を描いており、後妻の順子は家を出て行ってしまっていた。そんな状況で家の中は荒れており、幼馴染の隆代にお手伝いを紹介してもらうこととなった。しかし、その女性は結婚が決まったために雇うことができなくなり、鶴郎の名前に興味を示したことから、隆代の長女・小浪が隆代の娘だという正体を隠して、大国家のお手伝いとして働くこととなった。

しかし、小浪は剣道の腕前は見どころがあるものの、家事の経験はほぼ皆無であり、そのひどい料理に理介たちは開いた口が塞がらない。そんな小浪と口うるさい理介は対立するが、次第にお互いを意識するようになる。


キャスト[編集]

  • 斉藤小浪[1]桜田淳子
    主人公。剣道2段(のちに3段)の腕前を持つ21歳。物怖じしない男まさりな性格で、料理をはじめ家事は一切ダメ。ひょんなことから母の幼馴染みである漫画家・大国鶴郎の家に住み込みでお手伝いさん(家政婦)として働くことになる。悪ガキの輝利や口うるさい理介と衝突することが絶えなかったが、次第に大国家の潤滑油的な存在となっていく。
  • 番野理介:石立鉄男
    準主人公。鶴郎の弟子でオークニ工房のチーフアシスタント。34歳。自分を拾ってくれた鶴郎への並々ならぬ恩義から、原稿作成や編集者への対応だけでなく、大国家の一切を取り仕切る大番頭的存在。しかし、実力はあるのだがいまだに独立できずにいる。家事がまったくできない小浪を良く思わず、口論が絶えなかったが、ふとしたことから本当の自分の気持ちに気付く。


  • 大国鶴郎:藤岡琢也
    かつては売れっ子だったが、現在はあまりパッとしない大御所漫画家。先妻と死別して以降は、仕事から何から弟子に任せっきりの趣味三昧。年の離れた後妻(順子)との関係は冷え切っているが、なぜか連れ子(輝利)は実子以上に溺愛している。小浪の母・隆代とは、団子坂小学校時代の同級生。無責任な振る舞いから、大国家の面々を窮地に陥れてしまうことも多い。
  • 徳川蝶子:中尾ミエ
    オークニ工房の雇われアシスタント。36歳。元々は油絵を専攻しており、キャラクターよりも背景を描くほうが得意。理介に気があるがいつも袖にされている。自分に想いを寄せる作田のことは嫌っているが、作田の母・たかのことは大切に想っている。理介と小浪の結婚を機に工房を去るが、一度は復帰。しかし、たかの体の具合が悪化し、再び工房を去って行った。
  • 保科一久:山本紀彦
    鶴郎の弟子。32歳。理介の弟分でお人好しのお調子者。小浪に想いを寄せており、三郎とは恋敵同士。理介と小浪の結婚後はミカと仲が良くなるが、ミカにまったくその気はなく、失恋に終わっている。料理は得意なほうであった。
  • 作田紀之:鈴木ヒロミツ
    鶴郎の担当編集者。37歳。蝶子にベタ惚れしており、積極的にアプローチしているがいつも冷たくあしらわれている。母・たかが体を悪くしたため退社。
  • 大国輝利:蔵下輝美
    鶴郎の次男(順子の連れ子)。団子坂小学校に通う小学4年生。兄たちからは邪険に扱われ、学校ではいじめられており、誰にも相手にしてもらえない寂しさから狼少年となっていたが、小浪が自分に親身に接してくれるようになり、本来の純粋さを取り戻していく。
  • 大国貞彦:笹井徹
    鶴郎の長男で高校3年生。順子の連れ子である輝利を何かにつけて邪魔者扱いする。妹の初子とは仲がいい。学校の成績は極めて悪く、教師からは卒業を危ぶまれている。美容師を志し、美容室・ハナでアルバイトをしている。
  • 大国初子:瞳智恵
    鶴郎の長女で中学3年生。兄の貞彦と同じく輝利を邪険に扱う反面、ごくまれに姉らしい一面も見せる。貞彦と同様に、成績は悪い。伯母である久仁子の大のお気に入り。
  • 番野三郎:佐藤佑介
    理介の弟で、寿し金の見習い。優しい性格が災いしてたびたび大国家のトラブルに振り回される。小浪に想いを寄せており、一久とは恋敵同士。理介の小浪に対する本当の気持ちを知って逆上し、寝込んでしまったこともあった。最終回では独立が決まり、和美と2人で新しい店を切り盛りすることになる。
  • 鹿島金次:車だん吉
    寿し金の主人。べらんめえ口調の江戸っ子職人風だが出身は茨城県。叔父は熱海市に在住。
  • 鹿島銀子:森マリア
    寿し金の女将。気が強くヤキモチ焼きで、亭主の金次とは人前でも露骨な痴話喧嘩が絶えない。
  • 斉藤隆代:春川ますみ
    小浪と梓の母。8年前に夫と死別後、女手ひとつで雑貨屋を営み二人を育てたしっかり者。心配事があるとお腹が空く癖がある。鶴郎とは、団子坂小学校時代の同級生。


  • 大国順子:新藤恵美
    鶴郎の後妻で、輝利の母親。鶴郎の元弟子の成川とは不倫関係にあり、輝利を捨てて大国家を出て行った。鶴郎と正式に離婚するが、輝利を引き取ることはかなわなかった。
  • 成川幸次:入川保則
    鶴郎の元弟子。現在は独立して人気漫画家。独立のことや順子との不倫の件もあって理介とは犬猿の仲。他人の女に興味を示す癖があり、一時は理介の恋人であった友子を狙っていた。
  • 斉藤梓:松田聖子
    小浪の妹で高校3年生。小浪とは対照的に少女らしい性格である。当初は進学を希望していなかったが、短期大学への推薦入学の話が進んでいることが明らかになっている。会話には後々まで出てくるが、実際に出演しているのは第2話まで。
  • 竹田和美:荒木由美子
    銀子の姪で、寿し金の見習い。第15回から登場。元々は教職志望の変わり種。将来は、結婚をして子供を4人産むという夢を持っている。最終回で三郎の独立が正式に決まり、三郎と2人で新しい店を切り盛りすることになる。
  • 新藤ミカ:かたせ梨乃
    トメの下宿に住む美術系専門学校の学生。昼間はクリーニング店で働いていたが、店主との仲を誤解されたために解雇され、小浪の紹介で、蝶子の後任としてオークニ工房で働き始めるが、勤務態度は悪い。鶴郎のセクシャルハラスメント的な行動や、漫画の執筆の仕事が自分に向いていないのではないかという考えから、ほどなくしてファッションモデルの仕事を選んで工房を去り、友人に紹介してもらったアパートへ転居した。


  • 奥村友子:夏純子
    グラフィックデザイナー。理介の恋人だが、理介の鶴郎へ対する献身ぶりに複雑な思いを抱えている。成川との関係を週刊誌の記者に疑われた際に鶴郎と順子の別居をほのめかしてしまい、理介と別れる。のちに飯田と結婚。
  • 三田編集長:牟田悌三
    スミカワ出版より刊行されている週刊ジョッキーの編集長。作田の上司。頻繁に前借を要求する鶴郎には困らされているが、理介の才能は買っている。
  • 剣道師範:柳家小さん
    小浪の剣道の先生。神主の資格も持っている。
  • 小川トメ:千石規子
    オークニ工房の近所でタバコ屋兼下宿屋を営むお婆さん。面倒見はいいが大介の妻・礼子とは折り合いが悪い。腰痛を患っている。
  • 小川大介:松山英太郎
    トメの息子。娘と一緒にトメのところに同居している。妻の礼子とは別居中。小浪を独身と間違えて好意を持ったことがあった。セールスマンであったが、解雇されている。


  • 川上忠彦:ラビット関根(現:関根勤)
    タキの息子。マザーコンプレックス気味。母親がお膳立てした見合いの席で、元々面識のある小浪と再会。以降、熱烈な恋愛感情を抱く。
  • 秋野華子:沢田亜矢子
    輝利のクラスの担任教師。28歳。鶴郎に下心を持たれたこともあったが、のちに結婚して木村姓となったことが判明した。
  • 近所のおばちゃん:石井トミコ
    隆代の近所に住む主婦。娘は小浪の元クラスメイト。
  • アケミ:安雲千晃
    お勝の孫娘。作田の退社後、三田の部下としてオークニ工房へ原稿を取りに来ている。
  • 小川由香:三瓶美樹
    大介と礼子の娘で、輝利の友達。

ゲスト[編集]

第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
  • 平井里枝:和泉雅子
    理介の妹、三郎の姉。結婚しており、夫とケンカをして理介の元へ家出をしたこともあった。
第6回
第7回
第8回
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回
第14回
  • 門木田純子:大山のぶ代
    鶴郎の原稿料の前借の条件として、市村が世話を見るように紹介した金持ちの令嬢。一方的に鶴郎を崇拝している。身勝手な振る舞いで理介や小浪たちを困惑させるが、料理上手で、貞彦や初子からは歓迎された。
  • 市村:船戸順
  • 運送屋:藤井つとむ
第15回
第17回
第18回
第19回
  • お勝:菅井きん
    スミカワ出版が所有する山荘の管理人。一見、民宿のおばちゃんだが課長待遇。
  • ケンちゃん:山際忠晴
第20回
  • 作田たか:野村昭子
    作田の母親。青森県でリンゴ園を営んでいる。偶然、公園で出会った蝶子を気に入り、個人的にリンゴを贈ったこともある。のちに、体を悪くしたことが判明した。
  • 美紀:泉じゅん
  • 純平:福崎和宏
  • ハナ美容室のママ:小沢悦子
  • ウエイトレス:奥山桂子
第21回
第22回
第23回
第25回
第26回
  • 杉山スギオ:草野大悟
    理介の旧友。児童向け漫画を手がける売れっ子漫画家。理介の才能を惜しんでオークニ工房からの独立を持ちかける。
第28回
第29回
第30回
第31回

主題歌[編集]

作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃 歌:桜田淳子 レコード:ビクター音楽産業(ビクターレコード)

※シングルとして発売されたEP盤は、番組のオープニングで流されたものとはアレンジが少し異なっているのと、曲調がスローである(EP盤の編曲は船山基紀

スタッフ[編集]

  • 原案・脚本:松木ひろし
  • 脚本:松木ひろし田口耕三鶴島光重窪田篤人
  • 音楽:平尾昌晃
  • カメラ:高田裕
  • VE(ビデオエンジニア):横田久雄
  • VTR:羽鳥能史
  • 照明:上島忠宣
  • 音声:杉本一茂
  • 効果:月岡弘
  • 美術制作:吉田純二
  • デザイン:小泉章一
  • 美術進行:柳川和央
  • 装置:森原学
  • 装飾:内山勝博
  • 持道具:碓井義隆
  • 衣装:檜谷芳男
  • 化粧:大内睦子
  • タイトル:岩永泉
  • 協力(衣装協力):ミカレディ、BIG JOHN 他
  • 制作補:竹内正男
  • 演出補:角田昇
  • 記録(タイムキーパー):上村めぐみ
  • 編集(VTR編集):高橋紀男、一戸鮎美
  • 制作協力:東通、渋谷ビデオスタジオ
  • 技術:高橋紀男
  • 演出:橋本信也
  • プロデューサー:逸見稔(オフィス・ヘンミ)、岡田裕介(オフィス・ヘンミ)、山本典助(TBS)
  • 製作:オフィス・ヘンミ、TBS(TBSテレビ)

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本
1 1981年4月3日 (サブタイトルなし) 松木ひろし
2 4月10日 嘘つき坊やの涙
3 4月17日 びっくり蛙の仇討
4 4月24日 マンガが消えた!?
5 5月1日 飛び込んで来た女 鶴島光重
6 5月8日 盗まれた免許皆伝
7 5月15日 迷犬チンチンチン 田口耕三
8 5月22日 混乱ラジオ生放送 松木ひろし
9 5月29日 小浪がお見合い!?
10 6月5日 涙と嘘は女の武器
11 6月12日 遂に離婚!!輝坊は…
12 6月19日 競演!涙の大演歌 鶴島光重
13 6月26日 罠にかかった小浪
14 7月3日 怪女ドラえもん出現 田口耕三
15 7月10日 兄貴は金髪がお好き
16 7月17日 もてもて小浪もて理介
17 7月24日 商売繁盛儲けなし
18 7月31日 涙をおふき
19 8月7日 怪談!山中湖山荘
20 8月14日 許婚だよおっ母さん
21 8月21日 恋愛戦線異常アリ 鶴島光重
22 8月28日 これがキッス? 松木ひろし
23 9月4日 どういう訳か結婚式
24 9月11日 ホヤホヤでイライラ 田口耕三
25 9月18日 隣の女はボインボイン
26 9月25日 義理と人情で板ばさみ 鶴島光重
27 10月9日 昔の苗字で出ています 田口耕三
28 10月16日 ヤキモチ食べたら 窪田篤人
29 10月23日 先生はチカン?! 鶴島光重
30 10月30日 台風は夫婦喧嘩のもと 田口耕三
31 11月6日 ようやく新婚旅行!! 鶴島光重

脚注[編集]

  1. ^ 第28話より、番野小浪となった。
  2. ^ トリスウイスキーのCMで有名になった子犬。劇中では既に成犬
  3. ^ いずれも当時TBSの局アナウンサー
TBS 金曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
玉ねぎむいたら…