ネットチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネットチェンジとは放送局がそれまでの系列(ネットワーク)と異なる系列に変わることを指す。

ここでは主に日本での事情・事例について記す。

概説[編集]

日本では1960年代になってテレビの全国ネットが確立されてくると、特に、全国紙を発行する新聞社と東京キー局相互の連携も強化されるようになり、地方局もまた、東京キー局、及び関連の新聞社の系列に入るようになる。

特に大阪では、朝日新聞と関わりの深い日本教育テレビ(現・テレビ朝日)系の全国ネット・ANN毎日放送(MBS)、毎日新聞と関わりの深い東京放送(現・TBSテレビ)系の全国ネット・JNN朝日放送(ABC)が参加するという「腸捻転」と呼ばれる状態が長く続いた。 1975年3月31日、新聞社との資本連携を明確にするため、大阪での腸捻転がようやく解消された。こうして「ANN-朝日放送」、「JNN-毎日放送」という、新聞社にとって理想的なネットワークが確立することとなる(後述)。

また、1989年から1990年代にかけて、これまで1-3局しかなかった地方都市(都道府県)の4局化政策の構想に基づいて、主としてANNの地方新局(12局、他系列は2-3局)が全国各地に相次いで誕生したことから、主としてVHF局を中心としたNNNNNS、あるいはJNNとのクロスネット(複数の系列局に加盟した放送局)[1]を解消し、フルネット(マストバイ)に移行したり、それに伴うネットチェンジをしたりする放送局も増えた。ただ、既存局がTXN系列もしくは独立局に転じた例は、未だにない。

ここでは、系列局(ネットワーク)の変更事例の他に、クロスネットの解消例も挙げる。

テレビ局[編集]

ネットチェンジの事例[編集]

  • 1959年
  • 1964年
  • 1971年
  • 1972年
  • テレビ宮崎 - 形式上独立放送局として1970年に開局したが[3]、この年正式にFNSに加盟。その後1973年にFNN、1976年にANN、1979年にNNNに加盟。
  • 1973年
  • 1975年
    • 毎日放送・朝日放送 - TBS系列、NET系列のネット交換。
  • 1983年
    • 福島テレビ - TBS系列主体のクロスネット[4]からフジテレビ系列単独ネットに切替。
  • 1991年
    • テレビ信州 - テレビ朝日系列主体のクロスネットから日本テレビ系列単独ネットに切替。上記、福島テレビとテレビ信州の場合は単にクロスネットの解消といえなくもないが、それぞれメインの系列との関係を解消してサブの系列に一本化されたという経緯からネットチェンジともとれよう。
  • 1993年
    • 山形テレビ - フジテレビ系列からテレビ朝日系列に切替。山形テレビは開局当初から数年間はフジテレビ系列とのクロスネットであったが、後述の通り、1980年にフジテレビ系列に切り替えていた。

クロスネット解消の事例[編集]

  • ○ - その放送局のメインネットワーク局。
  • ▲ - 同一地域においての新規開局に伴うもの(ただし、同一地域の既存局のネットチェンジや隣県局の放送電波のみ乗り入れは含まず)。
  • ※ - 正式なクロスネットではないもの。
年代 放送局 解消前 解消後 備考
1958 大阪テレビ放送▲※
(現・朝日放送
日本テレビ系列
KRT(現在のTBSテレビ)系列[4]
KRT系列 読売テレビ開局に伴うもの。
1960 北海道放送
中部日本放送
(現・CBCテレビ
RKB毎日放送
日本テレビ系列番組の放送を中止 全て※
JNN基幹5社(KRT系列)の「五社連盟」発足による。スポンサードネット・番組販売ネットといわゆる「系列」によるネットワークを整理統合した例。
札幌テレビ放送
東海テレビ放送
関西テレビ放送
毎日放送
テレビ西日本
KRT系列番組の放送を中止
1962 東海テレビ放送▲※ フジテレビ系列○
日本テレビ系列
NETテレビ系列
フジテレビ系列 名古屋放送(現在の名古屋テレビ)の開局に伴うもの。
札幌テレビ放送 日本テレビ系列○
NETテレビ系列
日本テレビ系列○
フジテレビ系列
NETテレビ系列番組の大半は午前中の学校放送。フジテレビとは翌1963年に正式にネット協定を締結。
1964 九州朝日放送 フジテレビ系列○
NETテレビ系列
NETテレビ系列 テレビ西日本ネットチェンジに伴うもの。ニュースネットはNET系列中心だった。なお、学校放送→民教協番組は現在に至るまでRKB毎日放送のまま。
1970 仙台放送 フジテレビ系列○
日本テレビ系列
NETテレビ系列[要出典]
フジテレビ系列 ミヤギテレビ開局に伴うもの。なお、『健康増進時代』など一部日本テレビ系列の番組は、しばらく仙台放送でネットされていた。
1972 札幌テレビ放送 日本テレビ系列○
フジテレビ系列
日本テレビ系列 北海道文化放送開局に伴うもの。
1973 名古屋放送
(現・名古屋テレビ放送)
日本テレビ系列○
NETテレビ系列
NETテレビ系列
中京テレビ放送 日本テレビ系列
NETテレビ系列○
※東京12チャンネル(現・テレビ東京)系列
日本テレビ系列 東京12チャンネルの番組は、一部番組販売扱いでテレビ愛知開局まで継続。
1975 毎日放送 NETテレビ系列○
東京12チャンネル系列
TBS系列 東京12チャンネルの番組は、一部番組販売扱いでテレビ大阪開局まで継続。
青森テレビ TBS系列[4]
NETテレビ系列○
TBS系列 ニュースネットワークは厳密にはANN単独加盟だったが、開局当初からJNNニュースのネット受け(名目上は番組販売扱い)と報道取材にも参加しており、実際の番組編成はTBS系番組に傾斜していた。
広島テレビ放送 日本テレビ系列○
フジテレビ系列
日本テレビ系列 テレビ新広島開局に伴うもの。広島ホームテレビ開局前 - 開局後もごく一部NETテレビ系列の番組も放送。
宮城テレビ放送 日本テレビ系列○
NETテレビ系列
日本テレビ系列 東日本放送開局に伴うもの。
1979 静岡県民放送
(現:静岡朝日テレビ
テレビ朝日系列○
日本テレビ系列
テレビ朝日系列 静岡第一テレビ開局に伴うもの。
岡山放送 フジテレビ系列○
テレビ朝日系列
フジテレビ系列 岡山県香川県の電波相互乗り入れに伴うもの。テレビ朝日系列は瀬戸内海放送に統一。
1980 テレビ岩手 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列
日本テレビ系列
山形テレビ フジテレビ系列○
テレビ朝日系列
フジテレビ系列 ただし、1993年にテレビ朝日系列に戻る。
1981 福島中央テレビ 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列
日本テレビ系列 福島放送開局に伴うもの。
1983 新潟総合テレビ フジテレビ系列○
テレビ朝日系列
フジテレビ系列 新潟テレビ21開局に伴うもの。テレビ新潟開局前は日本テレビ系列とのトリプルネットだった。
福島テレビ TBS系列[4]
フジテレビ系列
フジテレビ系列 テレビユー福島開局に伴うもの。JNNはTUF開局(12月)と同時ではなく、同年4月に離脱している。
1987 秋田テレビ フジテレビ系列○
テレビ朝日系列
フジテレビ系列
テレビ山口 TBS系列[4]
フジテレビ系列(ニュースのみ※[5]
TBS系列 なお、開局から1978年まではテレビ朝日系列とのトリプルネットだった。
1989 テレビ熊本 フジテレビ系列○
テレビ朝日系列
フジテレビ系列 熊本朝日放送開局に伴うもの。熊本県民テレビ開局前は日本テレビ系列とのトリプルネットだった。
日本海テレビジョン放送 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列[要出典]
日本テレビ系列 鳥取県島根県の電波相互乗り入れ前まではフジテレビ系列とのトリプルネットだった。
1991 テレビ長崎 フジテレビ系列○
日本テレビ系列(一般番組のみ※[6]
フジテレビ系列 長崎国際テレビ開局に伴うもの、NNNはNIB開局の半年前に離脱している。これはNIB開局が予定より半年遅れたため。
NNS非加盟であったもののNNN離脱直前は日本テレビ系列優勢の編成であった。
テレビ信州 テレビ朝日系列○
日本テレビ系列
日本テレビ系列 長野朝日放送開局に伴うもの。
青森放送 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列
日本テレビ系列 青森朝日放送開局に伴うもの。
1993 山形放送 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列
日本テレビ系列 山形テレビネットチェンジに伴うもの。
山口放送 日本テレビ系列○
テレビ朝日系列
日本テレビ系列 山口朝日放送開局に伴うもの。
テレビ大分 日本テレビ系列○
フジテレビ系列
テレビ朝日系列
日本テレビ系列○
フジテレビ系列
クロスネットの完全解消ではないが、大分朝日放送開局に伴うもの。
1994 鹿児島テレビ放送 フジテレビ系列○
日本テレビ系列
フジテレビ系列 鹿児島読売テレビ開局に伴うもの。鹿児島放送開局前はテレビ朝日系列とのトリプルネットだった。

福岡県と山口県(関門2県)のケース[編集]

1960年代、関門海峡を挟んだ福岡県山口県をサービスエリアとする放送局のネットは入り組んでおり、両県で数回のネットチェンジが行われている。

(下表で山口県の欄の○は徳山地区、●は関門地区、カッコは一部番組のみ放送)
年代 福岡県 山口県
NNS JNN FNS ANN TXN NNS JNN FNS ANN
- 1964.9 TNC RKB KBC
(TNC)
KBC
(RKB)
(RKB)
(KBC)
(TNC)
KRY
●TNC
○(KRY)
●RKB
○(KRY)
●KRY
○(KRY)
●KRY
1964.10 - (RKB)
(KBC)
(TNC)
TNC KBC KRY (KRY) (KRY) (KRY)
1969.4 - FBS (RKB)
(KBC)
(TNC)
(FBS)
1970.4 - TYS[4] TYS[4] TYS[4]
1978.10 - KRY
1987.10 - (TYS)
(KRY)
1991.4 - TVQ
1993.10 - YAB

1964年9月30日までのネット状況[編集]

元々福岡県内においては、福岡市をはじめとする福岡地区と、八幡市(現・北九州市)をはじめとする関門地区とで異なるチャンネルプランが設定され、それぞれ別々のテレビ局が放送免許を受けていた。

福岡地区ではラジオ九州(RKB。毎日新聞系・テレビネットはTBS系主体)と九州朝日放送(KBC。朝日新聞系・テレビネットはフジ系主体)が、関門地区では西部毎日テレビジョン放送(西部毎日。毎日新聞系)とテレビ西日本(TNC。朝日新聞と西日本新聞系・日テレ系主体)がそれぞれ免許を受けた。 ただ将来的に、両地区の同一資本・同一系列同士で合併することが前提となっていた。

関門地区は、関門海峡の対岸である山口県下関市もサービスエリアに含まれていた。そこで山口県の県域局である山口放送(KRY。テレビネットは日テレ系主体)も関門地区でのテレビ免許獲得に動いたが、結局、のちにRKBと合併した西部毎日に出資することとなり、徳山地区のみで放送を続けた。 しかしTNCは、日テレが設立に加わってネットワーク関係も結んだこともあって、独自色が強くなり、KBCとの合併を拒否。KBCも、自社単独で福岡全県のエリア確保を望んでいた。やがてTNCとKBCは結託し、相互に放送エリアを拡大。 朝日がTNCから出資を引き揚げたことで、RKB - TBS系列、KBC - フジテレビ・NETクロスネット、TNC - 日テレ系列として、福岡全県で視聴可能となった。

そこへKRYが、下関市において関門テレビ局を開局したが、免許取得時の条件となった電波・電波規制の関係で、同じKRYでありながら、徳山本局(山口放送テレビ/現・周南本局)と異なる編成で放送されていた。KRY関門テレビは、日テレ系中心の徳山本局とは異なり、主にフジ系・NET系のマイクロネット番組、フィルム番組、自社制作番組を放送していた。これは、「日テレ系のTNCの本局が、当時八幡にあったこととの兼ね合い」によるものと、「KBCが当時フジ・NETのクロスネットであり、フジ系が多く放送されていたため、NETの番組をフルネットする局が関門地区になかったことから、それを補完する意味で、相当数のNET系列番組が放送されていたこと」によるものだ。 RKBとKRYの中継局が、現在も北九州局・下関局ではなく「関門局」を名乗る理由は、上記のような経緯があることに起因している。

NETテレビが制作・放送していた『学校放送』に関し、当初福岡県内向けはKBCで放送していたが、KBCは放送内容を巡るNETとの対立により自社でのネットを打ち切った。のちに学校放送はRKBに移行したが、逆にKBCは学校放送以外がNET系フルネットとなった。 この歴史的経緯もあって、RKBは現在民教協に加盟し、テレ朝から民教協関連番組のネット受けを行っている。

1964年10月1日からのネット状況[編集]

  • RKB毎日放送(福岡/TBS系主体。日テレ系の番組も放送)
  • 九州朝日放送(福岡/NET系。日テレ系番組も放送)
  • テレビ西日本(福岡/フジ系。その後ごくわずかながら日テレ系番組の放送を再開)
  • 山口放送(山口/日テレ系)

その後、TNCが日テレ系を離脱したことで、福岡地区は福岡放送(FBS)が開局するまでの間、日テレ系の空白地域となった。逆に、KRYにとっては福岡地区・関門地区での日テレ系の番組放映に支障がなくなった。そのためKRYは、関門テレビの編成を、徳山本局と同じ日テレ系に統一した。これについては以下のような原因があるとされている。

従来、フジ系を主体としていたKBCであるが、ニュースは朝日新聞の関係でNET系を主体としていた。フジテレビはKBCにニュースもネットするよう再三働きかけ、ようやく一本ネットが通るようになったが、朝日新聞との関係を考えるとこれが限界であった。このため、ニュースも含めたフルネット局を福岡地区に持つべく、たまたま日テレとの関係が悪くなったTNCに働きかけた(後述)。

また、朝日新聞は1963年1月の役員会でNETテレビをキー局にした朝日系テレビネットワークを構築することを決めていた(後述)。

一方、九州電力を中心とした旧西部毎日関係者は、自らは条件通りRKBと合併して福岡全県でのエリアを確保したのに対し、TNCとKBCが条件通り合併せずにエリアを相互乗り入れしたことに憤慨した。このため新局設置を目論むようになり、この動きに日テレが一枚かんでいたとされたため、TNCがこれを察知して先手を打った。また、先のKRY関門テレビの開局も日テレが応援していたとされ、TNCと日テレの関係は良いとは言えなかった。

さらに、読売新聞が北九州市で新聞発行を開始したため、読売と提携関係にあった西日本新聞[7]が危機感を持ち、その対抗策として系列のTNCが読売色の強い日テレ系を離脱することで、その勢力を食い止めようとした。読売新聞の近畿地区での発行部数が読売テレビ(ytv)の開局後に増加したこともあり、日テレとネットを組むことは、おのずと読売の宣伝媒体に使用されるといった認識が地方紙にはあった。加えて、西日本新聞はフジ系の産経新聞とも提携関係にあった。

このネットチェンジの背景には、こうしたフジ・日テレ・TNCといった各局、ならびにその背後にある読売・朝日・西日本の新聞各社のそれぞれの思惑が錯綜している。

1969年以降[編集]

  • RKB毎日放送(福岡/TBS系)
  • 九州朝日放送(福岡/NET=テレ朝系)
  • テレビ西日本(福岡/フジ系)
  • 福岡放送(福岡/日テレ系) - 1969年開局
  • TVQ九州放送(福岡/テレビ東京系) - 1991年開局
  • 山口放送(山口/日テレ系→1978年日テレ・テレ朝系クロス→1993年日テレ系マストバイ化)
  • テレビ山口(山口/TBS・フジ・NET系トリプル[4]→1978年TBS・フジ系クロス[4]→1987年TBS系) - 1970年開局
  • 山口朝日放送(山口/テレ朝系) - 1993年開局

1969年4月、九州電力や読売新聞西部本社、日テレなどが主体となってFBSが開局し、日テレ系の基幹地域での空白区は解消された。

なお、KRYは1978年から1993年までテレ朝とのクロスネットとなるが、朝日新聞グループ主導で、トクヤマ旧みなと新聞グループ(現在のみなと山口合同新聞社)ら地元財界各社の出資により山口朝日放送(yab)が設立され、yab開局に伴い、再び日テレ系のフルネット局となったため、事実上のマストバイ局となる(現在日本テレビはKRYの大株主になっている)。また、山口県域局ではこの他に1970年にテレビ山口(tys)が開局しているが、tys・yabもともに下関中継局を設置しているため、関門地区では日テレ系・TBS系・テレ朝系が複数の局で視聴可能な状態になっている。

また、1991年にはテレビ東京系のティー・エックス・エヌ九州(TVQ。現在のTVQ九州放送)が開局するが、それまでテレビ東京の番組は在福各局に番組販売の形で放送されていた。

名古屋テレビ放送と中京テレビ放送の「複合ネット」[編集]

名古屋地区については、1956年に中部日本放送(CBC。現在のCBCテレビ)が最初に民放テレビとして開局した。 当初、CBCは日本テレビ放送網(NTV/日テレ)とラジオ東京(KRT。現在のTBSテレビ)のクロスネットであった。

1958年、東海テレビ放送(THK/東海テレビ)が開局。ニュースは共同テレビニュースを放送していたが、スポンサーなどの都合もあり、THKも日テレ主体としつつ、KRTや関西テレビ放送(KTV/関テレ)の番組も放送する、事実上のクロスネット体制だった。

1960年5月、ラジオ東京を軸とした「四社連盟」が発足し、名古屋地区でのネットワークは、CBC - ラジオ東京系、THK - フジ系主体に整理された。 ただCBCには、日本教育テレビ(NET。現在のテレビ朝日) - 毎日放送(MBS)とのネットワーク関係が学校放送を中心に残り、THKにも、日テレやNET - 毎日放送(MBS)とのネットワーク関係が残っていた。

1962年4月に名古屋放送(NBN。現在の名古屋テレビ放送/メ〜テレ)が開局し、CBCとTHK両社の日テレ系とNET系の番組はNBNに移行、名古屋地区でのネットワーク整理がおおむね完了した。ただし、日テレのプロ野球ナイター中継は同年秋までTHKで継続、1975年3月31日の「腸捻転ネットワーク」解消までは、毎日放送の一部の番組も残されていた。

1969年4月、名古屋地区第4局の中京テレビ放送(CTV/中京テレビ)が開局した際、NBNは従来のクロスネットを崩さなかったため、CTVはNBNと同じNET系と日テレ系とのクロスネットを余儀なくされた。これに東京12チャンネル(TX。現在のテレビ東京)の番組が加わり、ネットワーク関係は一層複雑となった。

この背景には、出力の強い既存のVHF局で、スポンサーや視聴者にも馴染みのあったNBNを巡って、日テレ・読売新聞とNET・朝日新聞が争奪戦を展開していたが、結局日テレ陣営が降りることで決着。1973年4月の改編以降、ネットワークは名古屋 - NET系、中京 - 日テレ系に落ち着いた。

また、1968年に日本国内初の独立UHF放送局として開局した岐阜放送も、開局当初はNETテレビの番組を多くネット受けしていたが、ネット局整理後の1973年4月以後は、東京12チャンネルからのネット受け主体と自社制作に転換。オイルショックの影響で、放送時間も、それまでの準全日体制から夕方 - 夜間にかけての数時間に短縮された。

名古屋テレビ放送から見た歴史[編集]

名古屋放送(現在のメ~テレ)は、トヨタ自動車販売神谷正太郎を中心に、朝日・毎日・読売の三大新聞社と、日テレ、NETの出資で設立され、日テレとNETのクロスネットとして開局したが、NETが当時教育局であったため、社内でのNET系の番組への評判は低かった。こうした事情から、開局時点でのメ~テレの番組は、巨人戦やプロレス中継といった有力番組を持つ日テレ系をメインに編成するようになった。

ただ、社長に就任した神谷は朝日シンパであり、朝日の特信部長であった川手泰二[8]を腹心として呼び寄せるなど、人事面では朝日色が強かった。

1964-1966年にかけて、メ~テレのネット比率は日テレ系が70%、NET系が30%だった。当時NETは朝日との関係を強化していたことから、ネット比率を日テレと同等にすべく、毎年強く働きかけていた。 こうした中、1969年4月、中京テレビが事実上NET系主体で開局。中京テレビはUHFでの放送であり、視聴には別途コンバーターの購入が必要となることから、「中京テレビとの完全ネットはネットワーク政策上不利だ」と言われていたため、NET・日テレの両社は、メ~テレとの関係強化にばかり腐心していた。 メ~テレは中京テレビ開局後も、NETと日テレとのクロスネットを継続、半年ごとの番組改編に頭を悩ませ続けることとなった。

メ~テレは日テレ系を中心にしつつも、NET系の高視聴率番組を組み合わせた編成で放送していた。また、ニュース系列でのちにNNNに加盟するなど、開局当時から日テレ系の準基幹局として位置付けられていたが、正午前と夕方のニュースは、朝日との関係でANNニュース(昼はNNNも放送)を受けていた。また、ゴールデンタイムは曜日によりキー局が異なるため、スポットニュースは基本的に自社制作していた。このため東海地区では、夕方とゴールデンタイム=スポット枠のNNNニュースが放送されず、日テレの不満は募っていた。

1970年、日テレは、このような中途半端なネットワークを改善すべく、メ~テレとの間で「ゴールデンタイム枠を日テレ系番組に固定する」3年契約を結んだ。20・21時台は、全曜日で日テレ系の時間となったが、1972年秋、NET・朝日の猛烈な巻き返しで、土曜日の19時30分から2時間枠をNET系にする編成案を発表。これで日テレの態度が硬化し、係争関係に発展。一旦和解はしたものの、日テレは結局メ~テレとの関係修復をあきらめ、中京テレビとの完全ネットを決断した。

一方メ~テレはNETと完全ネットを結び、1973年4月1日付けでNNNを脱退。しかし、これまで編成上60%を占めていた日テレ系の番組が姿を消したことで、長年苦戦を強いられることとなった。

中京テレビ放送からみた歴史[編集]

中京テレビは、東海銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)を中心とした中京財界をバックボーンとして、1969年4月に開局した。 先発局である中部日本放送(CBC。現在のCBCテレビ)と東海テレビ放送も設立に深く関わっていたが、新聞資本に関しては、これら先発局と関係の深い中日新聞社が、集中排除の原則から出資を見送り、結局、当時、メ~テレがネットワークを結んでいた日本教育テレビ(NET)にも出資していた日本経済新聞社(日経)の出資を受けることとなった。

メ~テレは日テレ系中心の編成であり、NET系の番組はどちらかといえば劣勢だった。こうした経緯もあり、中京テレビは、当初NET系を中心とした番組編成を基本方針としていたが、メ~テレがNET系の主力番組を離さず、また、NETの実質的な親会社になっていた朝日も、先発局でありNET自身も出資をしているメ~テレとのネットにあくまでこだわった。 また、中京テレビはいわゆる日本の3大都市圏をカバーする広域放送圏では初めて、親局がUHFチャンネルとなるため、視聴するためには別途コンバーターの購入が必要となることから、広告媒体としては非常に不利であるとみられていた。このため、日テレ・NETの両社はメ~テレとの関係強化ばかりに腐心していた。

こうした事情から、中京テレビは日テレ系とNET系の番組のうち、メ~テレの編成から外れた番組を放送することになったが、日経が同年12月に東京12チャンネル(TX)の経営に参加したことで、同月からはTXの番組も加わった。それでも初期の中京テレビは、こうした東京の弱い番組ばかりをあてがわれ、視聴率や営業で相当苦戦していた[9]

開局当時の中京テレビは、ニュース番組については基本的にANNから受けていたが、正午前と夕方のニュースはメ~テレが放送していた上、タイトルもメ~テレに配慮して『中京テレビニュース』と差し替えていた。この差し替えは、TXが制作した『東京12チャンネルニュース』(現在のTXNニュース)のネット受けの際も行なわれていた。 また、NNNに加盟していなかった上、メ~テレとの関係もあって、1973年3月まではNNNニュースをまったく放送できず、中京地区では、夕方とゴールデンタイム=スポット枠のNNNニュースが視聴できない事態となった。

1972年秋、メ~テレと日テレとの間に起きた土曜日の番組編成を巡る関係悪化によって、中京テレビにとっては不利だったネットワーク環境は急転換した。 日テレが、将来的な中京テレビとの完全ネットを決断。日本シリーズ中継を手始めに、中京テレビと日テレは関係が深まっていった。

1973年4月1日、中京テレビは日テレとの完全ネットを実現し、NNNにも加盟する。それでも、東海地区での系列局がないTXとの間には若干のネットワーク関係が残っており、『大江戸捜査網』、『プレイガールQ』、『日米対抗ローラーゲーム』、『世界ビックリアワー』などの番組がプライムタイム枠で放送されていた。また、中京テレビ制作の『お笑いマンガ道場』は、関東地区では当初TX[10]でネットされていた。 中京テレビは、1983年8月まではTXの番組をネットしていたが、1983年9月、名古屋地区にテレビ愛知が開局したことで、日テレ系の純粋な基幹局という位置づけに落ち着く。 テレビ愛知開局後、日経が持つ中京テレビ株式が、日テレ並びにその関連会社に譲渡され、資本関係も整理された。

以降、1979年3月にスタートした日本テレビ系の朝の情報番組『ズームイン!!朝!』での中継や、『お笑いマンガ道場』を始め、『ワザあり!にっぽん』、『早見優のアメリカンキッズ』、『サルヂエ』といったさまざまな全国ネットの番組を制作、在名局でも1・2を争う制作力をつけてきている。

大阪準キー局「腸捻転」の解消[編集]

朝日放送から見た歴史[編集]

  • 1958年6月、朝日放送(ABC)テレビの前身、大阪テレビ放送(OTV,JOBX-TV,6ch)はラジオ東京(KRT)・CBCHBCRKBとニュースネットワークに関する協定を締結。テレビニュースはKRTをキー局とした。
  • 8月28日讀賣テレビ放送の開局に伴い、一般番組もKRTとの単独ネットになった。
  • 1959年6月1日、ABCはOTVを合併。
  • 8月1日、テレビニュースのネットワークとしてKRTをキー局とするJNNに加盟。
  • 1960年2月1日、KRT・CBC・RKBと「四社連盟」を発足。3月1日、HBCも加わり「五社連盟」に。以降、関西地区でのKRT系番組はすべてABCから放送されることとなった。それまではスポンサーの都合などで毎日放送(MBS)や関西テレビからもKRT番組が放送されていた。
  • 1963年1月、朝日新聞社の役員会で、日本教育テレビ(NET)をキー局とする全国朝日新聞系テレビネットワークの構築が決定。
  • 1964年1月、朝日新聞社代表取締役の広岡知男がABCを訪れ、キー局をNETに切り替えるよう要請。しかし、ABCは反対理由を挙げて拒絶した。
  • 1974年4月25日、朝日新聞社の広岡社長は、ABCが挙げた反対理由のうち、MBSの業績以外の項目をことごとく潰した上で、正式にテレビネットワークをNETのANN系列に切り替えるよう要請。
  • 1974年11月18日、この動きを察知したTBSの諏訪博社長が、ABCの原清社長に対し、業務提携の解除とテレビネットワークの打ち切りを通告。ネットチェンジが決定。
  • 1975年3月31日、ネットチェンジが行われ、テレビネットワークは現在に至る。

なお、JNN系列として最後に放送されたニュース番組は前日放送の週末最終版の『JNNニュース』(※『JNNニュースデスク』はネットチェンジ当時は平日のみの放送)で、ANN系列として最初に放送されたニュース番組は当日から放送開始の『ANNニュースセブン』である。

朝日放送と大阪テレビ放送との合併について[編集]

OTVは、新日本放送(NJB)(1958年に毎日放送(MBS)に社名変更)・ABC・毎日新聞社・朝日新聞社との合弁事業であったが、開局後、独立色の強いテレビ局となっていった。その一方で、近畿広域圏テレビ増波の知らせを聞きつけたNJBとABCは競って免許申請を行い、お互い独自でテレビ開局を目指していた。

事態の収拾を図るために、NJBの高橋信三が関西財界きっての長老である小林一三に相談したところ、小林は「くじで決めるのが一番だ。くじというのは神の声だ」と返答した。それを聞いた高橋がNJB社長の杉道助に進言した結果、後日、NJBの杉道助とABCの飯島幡司の両代表者が大阪市内のホテルの一室にてジャンケンを行い、くじ引きをしてどちらかが免許申請をして、もう片方がOTVとの合併をするか決め、その結果、NJBが免許申請を行い、ABCがOTVとの合併を行うこととなった。

この説については、NJBの後身であるMBS側は事実だとしているが、ABC側、特に原清は「面白おかしくした話で信用しがたい」としてこれを否定している。原によれば、元来、OTVはABCに合併させるつもりであったという。

当時、電波行政を掌握していた人物が郵政大臣であった田中角栄であり、この田中角栄に朝日新聞社の当時の電波担当役員・永井大三が「福岡県のテレビ免許は九州朝日放送に与えてほしい。近畿広域圏ではABCとOTVを合併させてほしい。中京広域圏は毎日新聞社との合弁である新東海放送にテレビ免許が降りてもやむを得ない」と陳情し、また毎日新聞社の実力者であった田中香苗は、田中角栄に「近畿広域圏はNJBにテレビ免許を与えてくれ」と陳情したのに対し、田中角栄は「テレビ免許はラジオ局に降ろすのではない。新聞社に降ろすのだ」とし、また「NJBから(大株主でありながら関西テレビ放送の開局にも携わっていた)阪急資本を追い出せ」と対応したとされる。

つまりは出来レースであり、上述の「ジャンケンくじ引き」がなくとも、ABCがOTVを合併してNJBが新免許申請をするのは既定路線であった、というのが原らABC側の主張である。

後日、田中角栄はこの結果「腸捻転」が発生したことに気付き、その解消に腐心することとなる。

朝日放送がネットチェンジを拒絶した理由[編集]
  • NETは教育専門局に過ぎず、同局をキー局とすると営業面で制約が生じて不利となる。
  • NETをキー局に全国朝日系テレビネットワークを構築するというが、そのNETには朝日新聞社以外に日本経済新聞社の資本も入っている。逆に、現在のキー局であるTBSにも、毎日新聞社や読売新聞社と共に朝日新聞社の資本が入っており、こうした資本構成ではネット変更をする理由にはならない。
  • そもそもNETの経営状態が悪いので、まず、同社の再建が先決である。
  • ABCとMBSとの間の営業成績にも格差がある。これはNETをキー局とすれば、かならず営業成績が落ちることを意味する。
  • KBCフジテレビとの、名古屋テレビ日本テレビとのそれぞれクロスネットである。テレビネットワークは最低「東名阪九」が完全に繋がらないと商売にならない。
  • NETニュース 朝日新聞制作』は朝日テレビニュース社が制作する外注番組であるが、テレビニュースはJNNのようにテレビ局が主体となって制作すべきものである。したがって、外注をやめてほしい。

要は「朝日系列だから」という理由だけで、わざわざTBS系列といった盤石な基盤を捨ててまで脆弱なNET系列に移るというのは不可解である。ABCは「朝日」と名乗ってはいても、朝日新聞社以外にも、近畿日本鉄道(近鉄)、阪神電気鉄道(阪神電鉄)、大阪ガス(大ガス)、高島屋住友銀行など大口出資者が多数存在する一般企業である。したがって、朝日新聞社一社のために企業価値が損なわれ、他の株主に迷惑をかけることはあり得ない。「それでも親会社の言うことを聞け」というならば、それなりの大義名分が必要だということである。

朝日放送が「腸捻転」解消に消極的だった理由[編集]

ABCがTBS系列からNET系列にネットチェンジすることで「腸捻転」が解消した実際の要因が、1974年11月18日に、TBSから業務提携の解除とネットワークの打ち切りを通告されたことである点から分かるように、ABC、および元々のキー局であったTBSは最後まで「腸捻転」解消に消極的だったが、その理由は既述した6つの拒絶理由のほかにも、ABC側にまだ以下の不安要因があったからである。

  • JNNに比べ、ANNは系列局がクロスネットを含めても少ない(1974年の時点でJNNが25局なのに対しANNが9局)。系列の力が弱いため、地方によっては自社番組がフルネットから遅れネット、あるいは打ち切りになる可能性が高い。こうした系列変更に伴う地方局への営業力低下が懸念されていた。
  • JNNからANNに移ることによって、当時、高視聴率が多く営業成績の高かったTBSの番組を失い、相対的に芳しくなかったNETの番組を受けいれることになる。これらのことから、ネットチェンジでABCの営業収益は必ず減少すると見込まれていた。

上記のような不利な条件下であったにもかかわらず、MBSが好成績を上げていたのは番組制作力や企画力、営業販売などといった総合力で他局を圧倒していたからである。MBSはキー局が弱かったため、自社制作番組の強化でこれを克服。在阪カラーの強い局として評価を高め、また、これら自社制作番組を地方局に売り込み営業成績を上げていた。実際、NETテレビ系列局が編成上の都合で放送しなかった場合は、ラテ兼営局であった強みを生かし、同地域内の他系列局に販売またはスポンサードネットしたこともあった。例えば『テレビスター劇場』、『東リクイズ・イエス・ノー』、『真珠の小箱』が広島ホームテレビ(HOME・当時UHT)ではなく中国放送(RCC=TBS系)で、『皇室アルバム』が北海道テレビ(HTB)ではなく札幌テレビ放送(STV=日本テレビ系)で放送された。また、腸捻転解消後に同系列となり、TBSと共に五社連盟を構成することになるJNN基幹局(中部日本放送(現・CBCテレビ)・RKB毎日放送(RKB)・北海道放送(HBC))でも、ANN系列局(九州朝日放送(KBC)・名古屋テレビ放送(NBN)・中京テレビ放送(CTV)・北海道テレビ(HTB))の編成から外れた毎日放送制作番組が放送されていた。

一方のABCは番組制作力はあったが、キー局や系列局が圧倒的に強かったため、MBSのように積極的に動かなくとも十分に採算が取れていた。このため、TBS系列に依存する体質が染みついていた当時のABCはMBSよりも体力が不足していた。これがいきなりANNに移ることによって、ローカル枠と全国向け発枠が急増し、その結果関西ローカルの自社制作番組(現在放送されている『おはよう朝日です』など)や、MBSが制作していた枠(現在放送されている『パネルクイズ アタック25』など)を代わりに制作しなければならないという頭の痛い問題が生じる。MBSも相当な年月を掛けてようやくこの体制を確立してきたのに、ABCがすぐさまこれに取って代わることは困難だと思われた。

ただし、同局の制作現場は、逆に、これを自社番組制作能力を向上させるチャンスととらえていて、その努力が後々繋がる結果になった。

朝日新聞社が腸捻転を問題視した理由[編集]

TBS系列時代の全国ニュースは、JNN排他協定の影響もあり、自主制作の『JNNニュース』を放送していた。朝日新聞制作のテレビニュースはわずかに夕方の3社ニュース枠での朝日新聞ニュースがNETからの裏送りで放送された程度で、肝心の『NETニュース 朝日新聞制作』[11]はABCでは放送されず、しかも、それをMBSが『MBSニュース』と題名を差し替えて放送していた。つまり、「朝日新聞制作」のニュースが大阪では「毎日新聞系」のMBSから放送され、また「朝日新聞制作」のクレジットで全国に放送される関西発のニュースはABCではなくMBSが取材したものというちぐはぐな状態が続いていた。

また、ABCに限らず、JNN系の基幹局は母体の新聞社から距離を置き、独自の道を歩もうとした局が多かった。「新聞と放送は別物」ということでABCも朝日新聞社との関係が疎遠になりつつあった。当時、電波政策に遅れを取ったとされる朝日新聞社はこの「ABCの朝日新聞離れ」を憂慮。両社上層部間の食事会や懇談会を定期的に催し、また、相互に現場交換を行うことで新聞と放送での一体感を持たせ、JNNに傾きつつあったABCを朝日新聞陣営に引き戻そうと懸命に努力した。なお、当時アナウンサーだった中村鋭一はこの現場交換要員として朝日新聞大阪本社社会部に出向し、新聞記者となっていた。この記者時代の経験が、後のABCラジオ『おはようパーソナリティ』の初代パーソナリティとして成功に繋がった。

毎日放送からみた歴史[編集]

毎日放送は朝日放送と共同で大阪テレビ放送を経営していたが、1958年テレビ電波増設に伴って袂を分かつこととなり、毎日放送が新たにテレビ局を開局、朝日放送が大阪テレビ放送を合併することとなった。

毎日放送テレビは、当初はラジオ東京テレビ(KRT)とのネットを目論み、1958年(昭和33年)12月1日に開局する予定だったが、KRT常務今道潤三(当時。後にTBS社長・会長を歴任)から「KRTは既に大阪テレビ放送とネット協定を結んでおり、毎日放送とネットを組むことはできない。ネット番組はそう簡単に動かせない」とネット関係を拒まれた。

なお、今道が毎日放送のネット要請を蹴った理由は以下の通りと伝えられている。

感情説
OTV開局当時、KRTは一部のローカルニュースを除いてすべてKRT番組をフルネットすることを要請したが、OTVは放送の自主性を盾にこれを拒み、中部日本放送と共同歩調をとって日本テレビとのクロスネットを選択。さらに、放送する番組については電波料の配分などOTVが有利となるべくKRT番組と日テレ番組を両天秤にかけていた。この一連の動きを推進した当時のOTV常務永松徹は毎日新聞の出身であり、のちに、毎日放送に移籍してテレビ開局の当事者となったため、不信感を持ったKRTが毎日放送とのネットワークを拒んだといわれるもの。
バランス説
KRTは新聞各社や電通の出資で設立され、日テレに比べ背後の新聞色が薄い局といわれていたが、実際には毎日新聞の影響が強かった。現職役員も当時の鹿倉専務を筆頭に毎日新聞出身者・出向者が多く、今道もまた毎日新聞関係者の縁でKRTに入社した経緯があった。この背景があるため、テレビネット成立は容易とにらんだ毎日放送は楽観的に取り組んでいたが、むしろ、KRTとしては特定の新聞色を払拭すべく動いていた。これはKRTがニュース番組を軸にネットワークを形成しようと準備していたが、地方局は地方新聞社との結びつきが強かったため、これを配慮すべく福岡が毎日系のRKBならば大阪は毎日放送ではなく朝日系となったOTVでなければ都合が悪かったといわれるもの。
ステーションネット説
日本テレビは1958年8月に開局した読売テレビ(ytv)と完全ネットを結んだ。以降、関西地区での日テレ番組はすべて読売テレビが放送し、OTVにはKRT番組しか流れなくなった。これで、KRT・OTV間の関係は緊密化し、ネットワークに関する業務提携を行った。毎日放送はラジオと同様にテレビもスポンサードネットが主流になると考えて、在京スポンサーに対して強力な根回しを行っていたが、KRTはあくまでも業務提携を結んでいるOTVに対して番組を流すべきだとして突っぱね、スポンサーや代理店にもその旨を通告した。「アメリカ流のステーションネットでのぞむべきだ」とKRTが主張したこの背景には、ニュースを含めたKRT番組の半分が毎日放送へ流れることが、単独ネットの日テレに対しネット関係が複雑となり、KRTの営業活動に支障をきたすおそれがあったためである。(しかし、前述の通り、一部のKRT番組は当時関西テレビにも流れていた)。

次善策として、専務高橋信三(のち社長)と個人的に親交のあったニッポン放送専務鹿内信隆(のち社長)が専務を兼ねていたフジテレビジョン(FTV・現CX) とのネット関係樹立を目論んでいたが、これも、同社社長の水野成夫関西テレビ放送の母体である産経新聞社の社長に就任し、結果として、フジテレビと関西テレビとの関係強化が図られたため断念。なお、フジと関テレは阪急東宝グループ(現阪急阪神東宝グループ)の資本や共同テレビニュースによるニュースネットなど共通点も多かった。

結局、日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)とネットを組まざるを得なくなり、当初予定より3か月遅れてのスタートとなった。それでも開局当初は、NETのほか、スポンサーの関係でKRTやFTVの番組も一部ネットされていた。また、逆に、毎日放送からFTVへネットされた番組もあった。

ニュース番組は当初1日2回(日曜日はなし)の『毎日新聞ニュース』がKRTから送られてくる以外はすべて自主制作で放送した。1年後、ようやく、NETテレビとニュースネットが結ばれたが、そのニュースは『NETニュース 朝日新聞制作』であり、朝日新聞社旗がはためくオープニングを『MBSニュース』のタイトルに差し替えて凌いだ。1970年1月よりNET発のニュースタイトルは『ANNニュース』に変わったが、毎日放送では3か月間『MBSニュース』のタイトルで押し通した。これは、この時、毎日放送側が「ANN」(All-nippon News Network) の「A」を「AsahiのA」だと思っていたためである。

なお、1965年(昭和40年)から放送を開始した『朝日新聞テレビ夕刊(日曜夕方のNET系列全国ニュース)』は、腸捻転時代は大阪地区(MBS、ABCとも)では放映されず、MBSでは『毎日新聞夕刊ニュース』を自主放送(瀬戸内海放送テレビ岡山にもネット)し、それの中で全国ニュースを補完した。

1968年(昭和43年)には東京12チャンネルの経営にも参画し、翌1969年(昭和44年)10月編成から1975年3月31日にネットチェンジするまでの間は相互に番組をネットし合うクロスネット編成を採っていた。

この間、毎日放送はANNに加盟し、NETと東京12チャンネルのクロスネット時代もNET系列が優位ではあったが、NETの系列局といった意識はなく、むしろNET・東京12チャンネルが自らの系列局であるといったキー局志向を持っていた。この名残で現在も系列違いでありながらテレビ東京の主要株主に入っている。

その後、当時の郵政省の方針や各新聞社、とりわけ、朝日新聞社の強い意向をもとに「腸捻転」を改める動きが年々活発となり、1974年(昭和49年)11月これを看過できなくなった東京放送(TBS)社長諏訪博が高橋を訪ね、朝日放送がNET系列に移行した際には毎日放送がJNN系列に入るよう懇願。高橋はこれを受諾し、これを受けた諏訪が直ちに朝日放送に対しテレビネットワークの打ち切りを通告。1975年(昭和50年)3月31日、毎日放送はTBSをキー局とするJNN系列に変更し、JNNの準キー局となった。

1975年3月6日、東京ヒルトンホテルで行われた「JNNネットワーク協議会」の総会で、JNN加盟全局の前で朝日放送が退会の挨拶をした後、毎日放送テレビ営業局長斎藤守慶(後に社長、会長)が入れ替わりに登場、入会の挨拶をした。斎藤は大阪テレビ放送出身で、その後、毎日放送テレビ開局準備のために移籍し、テレビ営業課長に就任。ラジオ東京や広告代理店、スポンサーと交渉を重ね、毎日放送とラジオ東京テレビのネット関係樹立直前まで漕ぎ着けた。また、今道が「毎日放送とはネットしない」と述べてネット拒否を決めた時もその現場にいた。いわば、この一件の当事者である。斎藤は「毎日放送は元々、TBSとのネットワークを希望していた。しかし、昭和33年(1958年)の時点でそれは許されなかった。それ以降は、ゴルフでいえば隣のコースでプレーしていたようなものだ。今ここにJNNのコースに戻ることができて、大変嬉しい」とネットチェンジの意気込みを語った。

ネットチェンジ前日の1975年3月30日の最終ニュース(『最終版のANNニュース』のローカルニュース)は、千里丘放送センター内のニューススタジオがストライキのため使用できなかったため、隣接する「ミリカホール」に特設スタジオをつくって放送された。これがANN系列として最後のローカル番組となった。ANNは1971年4月から全国のニュースを『ANNニュース』として統一していた。ANNのニュース番組にタイトルがつけられたのはネットチェンジの当日からである。なお、毎日放送がANN系列局として最後に放送されたニュース番組は上記のタイトルで、JNN系列局として最初に放送されたニュース番組は、朝日放送から移動した『モーニングジャンボおはよう地球さん』の前に放送された朝7時の『JNNニュースコール』(第1期)である。ネットチェンジを実施した当時は、毎日放送・朝日放送とも放送エリアはほぼ同等のカバー率だったため、一部地域でみられなくなってしまうネット番組はほとんどなかった。

ANN時代は金曜日に行われるプロ野球中継の中継権を持っていたが、TBS系列では金曜日に放送枠がなかったため、1975年は、FNN・FNS系列に水曜日のヤクルト戦と交換の形で金曜日の阪神戦の中継権を譲渡した。翌年、金曜日に放送枠を得ることになるが、1975年から大洋戦の中継権がANN系列へ移ったほか、翌年の金曜日の中継開始と引き換えにヤクルト戦の中継権を失った。

なお、東京12チャンネル/テレビ東京の番組は、ネットチェンジ直前まで『大江戸捜査網』、『プレイガール』、『日米対抗ローラーゲーム』、『世界びっくりアワー』などが同時または時差ネットで放送されていたが、ネットチェンジ後は、テレビ大阪が開局するまでの間『プレイガールQ』、『大江戸捜査網』など一部の番組が番組販売扱いで引き続き別時間に放送された。

東京12チャンネル/テレビ東京の番組は、それまでも、毎日放送の編成から外れた番組を中心に、朝日放送、関西テレビ、読売テレビでも東京12チャンネルから若干購入して放送していたが、これら各局ローカル枠内での番組販売扱いで放送が拡大された。ただし、在阪局では遅れネットだった番組もあった。

独立UHF局ではそれまでも毎日放送の編成から外れた番組を中心に同時ネットで放送してきたが、これが拡大され、事実上東京12チャンネルのネット局となっていった。なお、東京12チャンネルの番組を同時ネットするために毎日放送の編成から外れ、独立UHF局に同時ネットされていたNETテレビのゴールデンタイム番組は、ネットチェンジ後、基本的に朝日放送へ移行した。

ネットチェンジ後の編成[編集]

毎日放送の『アップダウンクイズ』、朝日放送の『はじめ人間ギャートルズ』など放送時間の変わらない番組もあったものの、両局が制作する番組の多くは放送時間帯の移動を余儀なくされた。ネットチェンジ後はそれまで放映していた番組と同じ路線を引き継いだ番組が相次いでスタートしている。

NETがこれまで毎日放送制作の番組を放送していた時間帯には朝日放送が土曜朝の 『八木治郎ショー』の後番組として『おはようワイド・土曜の朝に』を制作。

日曜昼の『東リクイズ・イエス・ノー』の枠はスポンサーの東リ、司会の児玉清がそのままスライドして 『東リパネルクイズ アタック25』が始まった。

また、『アップダウンクイズ』を放映していた日曜夜7時枠やドラマを放映していた火曜夜10時枠もABCの制作となった。

仮面ライダーアマゾン』を放映していた土曜夜7時半には、NETと東映が『秘密戦隊ゴレンジャー』を制作している。

一方、朝日放送制作の番組を放送していたTBSは、土曜夜10時の『必殺必中仕事屋稼業』の後枠に同系統の時代劇を制作することをMBSに依頼。できあがった『影同心』は『必殺シリーズ』の客の囲い込みに成功した。平日昼の『シャボン玉プレゼント』の後番組『妻そして女シリーズ』はその後『ドラマ30』→『ひるドラ』、後に金曜昼の『ひるおび!・バンバンバン』と引き継がれた。

日本教育テレビ(現・テレビ朝日)が中心となってネットワークを結成している、民間放送教育協会(民教協)については毎日放送が教育番組『わたしたちの近畿』を制作していた関係で、1975年の腸捻転ネットの解消からかなり後年(1993年)に朝日放送に移行している[12]

このネットチェンジで朝日放送は高視聴率を誇っていたバラエティ番組『8時だョ!全員集合』を失ったが、翌年に『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』がスタートし、これが大ヒットしたため、同局の高視聴率のバラエティ番組はこれにとって変わられることになった。

山形県の事例[編集]

山形県では第1波の山形放送(YBC)が1960年(昭和35年)に開局。当時は日本テレビ(NNS/NNN系列)の番組をメインに編成したオープンネット局(県内にまだ1局しかテレビ局がなかったため、各系列局の番組を混成で編成した)としてスタートを切る。

その10年後の1970年(昭和45年)に、県内初のUHFテレビ局として山形テレビ(YTS)が開局。当初、同局は朝日新聞社の資本が強かったため、日本教育テレビ系列のANNをメインにTBS系列のJNNとのクロスネットを予定していた[13]。しかし、YTS開局を前に出資者や発起人間のトラブルが起こり、これを当時のYTS社長(発起人の一人)が山形新聞の当時の社長・服部敬雄に収拾を依頼したことで[14]、同局は山新グループの傘下に入った。服部がフジテレビの当時の社長・鹿内信隆と個人的な親交があった事、また、YBCはフジテレビ(FNN/FNS)系列の番組比率が最も少なかったことを踏まえ[14]、YTSはフジ系列をメインとして一旦は開局。その後、朝日資本の関係で1975年(昭和50年)4月からANNとのクロスネット(メインはFNN/FNS)となった。

しかし1980年(昭和55年)、YTSが朝日系列に収まることを恐れた山形新聞の関係者は、より山新にとって身近な存在であるYBCを、それまで単独ネットだったNNN/NNSメインからANNとのクロスネット化することを決断。YTSはANNを一旦脱退し、FNN/FNS単独ネットに移行するものの、時間帯によってANN編成を組むためにYBCで放送出来ないNNN/NNSの番組を番販の形で放送される形となる。但し、YBCがNNN/NNS番組を優先して編成する為、『徹子の部屋』などANNの番組は放送枠がなく、引き続きYTSで放送された。この結果、2局がこぞってNNN/NNS編成とANN編成(さらには、JNN・TXN両系列の番組も放送)を組んでしまう変則クロスネットとなり、視聴者や各局の社員を困惑させてしまう。

例えば、選挙特番で、YBCでは18時からはNNN系選挙特番、19時からはANN系の『選挙ステーション』を放送したり、また、YTSでは『月9ドラマ』が日曜日の12時に、しかも約3か月遅れで放送されるという状況であった。

テレビユー山形開局直前時点での具体的な放送スケジュール(ゴールデンタイム)では、以下の通りだった(○は同時ネット、●は時差ネット)。

曜日 YBC山形放送 YTS山形テレビ
19時台 20時台 21時台 22時台 19時台 20時台 21時台 22時台
日曜 ANN○ NNS○ FNS○ 前半:NNS○
後半:NNS●
日曜21:00
(23:30まで) 
月曜 前半:ANN○ NNS○ JNN●
月曜20:00
ANN● 前半:FNS●
日曜19:30
後半:FNS○
FNS○ NNS○ FNS○
後半:NNS○
火曜 NNS○ ANN● FNS○ NNS● 金曜21:00
水曜 NNS○ ANN○ ANN● FNS○
木曜 NNS○ FNS○ JNN●
木曜20:00
金曜 前半:ANN○ NNS○ ANN○ ANN● FNS○
後半:NNS○
土曜 NNS○ ANN●
土曜21:00
(24:00まで)
FNS○

上記以外でも、YBCの日曜23時台には日本テレビ土曜23:00の番組を時差ネットしていた。

NNN/NNS系『欽ちゃんの全日本仮装大賞』等、YBCが出場者募集をしながら、編成上の都合から実際の放送はYTSで行われたというケースもあった。

また、日テレの巨人戦ナイター中継も日曜のみYTS、その他の曜日はYBCと、曜日によってネット局が異なるという状況となり、特に『独占!!スポーツ情報』枠内でその事前中継を行っていた日曜は事前中継がYBC、本中継がYTSで放送される、あまりにも奇妙なリレーナイターとなっていた。もっとも、こういった事例は山形県に限らず、過去にも、東海テレビ名古屋テレビ、名古屋テレビと中京テレビ北陸放送石川テレビ広島テレビ放送広島ホームテレビ長崎放送テレビ長崎など数例ある。

しかし1989年(平成元年)、4月に開局するエフエム山形(Boy-FM)と10月に開局するテレビユー山形(TUY、JNN系列マストバイ)に危機感を持っていたYTSは、ハリウッド映画の制作参画、バイオ科学研究所新設等の経営多角化を図るが、経営が行き詰まる。そんな中、1991年に服部が死去、この頃からANN復帰(マストバイへの移行)の動きが活発になった。1993年(平成5年)3月31日をもってFNN/FNSを脱退し、ANNマストバイへの完全移行に踏み切る。

しかし、フジテレビはこれに異議を唱え、ペナルティとして1992年(平成4年)12月より4か月間、FNN/FNSネットワークセールス番組のスポンサーとの交渉をYTSだけ単独で行わせる(FNSでは岡山放送以来2例目)という事態になった。

ネットチェンジによってYTSで放送していた日本テレビ系の番組はNNN/NNS単独ネット局となったYBCへ移動。逆に民教協以外のテレビ朝日系の番組がYBCおよびTUYから移動し、すでにYTSで放送されていた番組と併せて一本化されると同時に1980年からYBCとYTSとの間で続いていた変則的なクロスネット状態は解消されたものの、山形県はフジテレビ系列の空白地域となってしまった。そのため、FNN/FNS系列の番組は、1997年(平成9年)にさくらんぼテレビジョン(SAY)が開局するまで、TUYが番組販売を受けて放送するものの、最低限の番組しか放送されず、特に、昼の『笑っていいとも!』が遅れネットされなかった事から、秋田テレビ仙台放送新潟総合テレビ福島テレビ等近隣の系列局(地域によって受信できる局は異なる。所によってはケーブルテレビの区域外再配信もあった)向けアンテナを新たに取り付けて視聴しなければならなくなった。ただ、アパートなど近隣系列局向けアンテナをつけられない場合もあった為、フジテレビ系列の番組が完全に視聴出来なくなった県民も発生する事になった。この為、YTSは県民からの猛反発を買ってしまった。

その後は、テレビ朝日系列の番組も徐々に人気番組を数多く輩出する様になり、それらもあいまって県民からもANN系列として認知される様になる。

福島県の事例[編集]

福島県は当初ラジオ福島(rfc)が1957年(昭和32年)にテレビ予備免許を取得するものの、1958年(昭和33年)失効してしまった。次いで(株)福島テレビ(現在の福島テレビは全くの別会社)が1960年(昭和35年)に予備免許を取得したが、やはり1961年(昭和36年)3月1日を持って免許が失効となり、開局できずに終わった。

この度重なる開局延期劇の背景には、福島民報福島民友という地元二大新聞間の確執やその背後にある民報-毎日新聞-TBSと民友-読売新聞-日本テレビの関係、またこれらとは別の福島市郡山市といった対立関係もあり、こうした福島県特有の事情があるため調整が難航していたからである。この視聴者不在の不毛な争いに終止符を打つべく、県が自ら調整に乗り出して誕生したのが福島テレビ株式会社(FTV)である。

1962年(昭和37年)、テレビ免許割当に対する競願者が多数出たため、県と県議会が調停に入り、県を中心に設立し、翌年開局した。県が設立した局であるため、「県営テレビ」と揶揄されたが、一局しかない強みを発揮して、ネットワークは特定のキー局によるフルネットによらず、オープンネットとなった。その後1966年(昭和41年)4月1日にニュースネットのみNNNに加盟した。

一方、1968年(昭和43年)より起こった「郡山に新しいテレビ局を…」という県民テレビ運動(新免テレビ運動)から1969年(昭和44年)に郡山市で福島中央テレビ(FCT)が設立される。予備免許申請時にはラジオ福島や福島民報も名乗りを上げていたが、当時の福島交通社長でワンマン経営や相次ぐ労使紛争で県民を騒がせた織田大蔵も申請していたことから、調整時に両社は織田と関わることを避けるため直ちに申請を取り下げた。このため、同社は申請を取り下げなかった福島民友や県民テレビ運動を支えてきた朝日新聞をバックボーンとして翌年開局した。

ただ、読売新聞系である福島民友が設立の母体に入っていながら、FCTは日本テレビとのネットワークを結ぶことができず、日本教育テレビ(NETテレビ。現在のテレビ朝日)系列とフジテレビ系列に入ることになった。これは、当時FTV側がスポーツ中継などの人気番組がある日本テレビの番組を手放したがらず、また日本テレビ側もVHF局に固執していたからである(その頃日本テレビの粉飾決算が発覚し、ネット交換どころではなかったという事情もある)。しかし読売新聞側ではFTVの公営テレビ的体質(県が50%の株を持っているため)に危機感を持っており、純粋な民間企業の放送局であるFCTを系列下に収めたかったようである。また、読売新聞は長年の民報対民友の関係から、民友と日本テレビは民報と相乗りのFTVから手を引いて、FCTを盛り立てるべきだと考えていた。一方でFCTにはNETテレビに比べて視聴率面で強いフジテレビ系番組を多くネットしたくとも、朝日新聞社との関係からできる限り対等な立場でネットを組まなければならない悩みがあった。また朝日の力をバックとしてNETテレビは強硬にネット枠の拡大を迫っていた。こうしたFCTと読売・民友側の利害が一致し、民友が持つFTV株式とフジサンケイグループが持つFCT株式を交換。こうしてネット交換が実現し、FCTは逆に読売資本をバックに、日本テレビ系番組を主軸に編成することが可能となった。

このため、1971年(昭和46年)6月1日にFTVはニュースネットワークをJNNに鞍替え加盟することになったが、同時にフジテレビ系の番組ネットがFCTから再異動して、TBS系・フジ系のクロスネットになった。ただしJNN協定は複数のニュースネットへの加盟を禁止している排他協定なのでFNNには加盟できなかった。

ただ、TBSとしてはFTV株の保有比率が先の持株交換の結果フジサンケイグループの30%余りに対してTBSは1%に満たなかったこと、FTV開局当時に比べてTBSに人気番組がなくなっておりFTVへの発言力が低下していたこと、極力、新聞社の影響のある局からは距離を置きたかったこと、開局時の地元新聞2社による主導権争いの影響で県が大株主となっていたことなどから、新規のテレビ局割当時に福島テレビから離れ、テレビユー福島開局に動いた。これを受け、FTVは1983年(昭和58年)4月1日にJNNを離脱してFNNに再び鞍替え加盟した(1971年10月1日FNS加盟、JNN排他協定によりFNNには非加盟。1983年3月31日にJNN脱退)。

講談社月刊現代』2005年2月号に掲載された元TBS社長・濱口浩三の証言によると、濱口もFCT開局直後の読売新聞と同様に福島県がFTVの株式の過半数を保持していることを嫌っていた。また、大株主として小針暦二(当時福島民報・福島交通社長)が君臨しており、当時の社長はネットワークの件で小針と喧嘩になったこともあった。

濱口は、東京が大震災にで放送不能になった場合に、代わりになる系列局を福島につくった方がいいという考えから、独自の系列局の立ち上げを考え、まず、フジテレビ首脳に相談した。当時、新局の設立には田中角栄の影響力が強かったため、その後、日本テレビ・テレビ朝日も加わりキー4局で田中邸で協議した結果、田中角栄は3局目をテレビ朝日系・4局目をTBS系とする裁定を下した。この順番になった理由は、当初、TBSは既存のネットワーク25社で十分と判断しており、ネットワーク拡大の方針だったテレビ朝日より開局への動きが遅かったことに起因する。

この時、一旦はテレビ朝日系を「福島朝日放送」、TBS系を「福島放送」とすることを予定していたが、当時の郵政省から「特定の新聞社の名前を入れるのは好ましくない」と却下され、改めて、TBS・テレビ朝日が協議した結果、「福島放送」の名前をテレビ朝日系へ譲り、TBS系は「テレビユー福島」という社名に決まったという。

長野県の事例[編集]

1980年に長野県内3局目として開局したテレビ信州はNNNとANNのクロスネットであった。当初は日本テレビとテレビ朝日の編成比率は1対1で、この2系列のうち、曜日ごとに高視聴率が見込める番組をネットしていた。

しかし、1987年の秋改編で『ニュースシャトル』の同時ネットに伴い、ゴールデンタイムの約70%をテレビ朝日系列の番組とした結果、日本テレビの人気番組が打ち切り・遅れネット・県内他局への番組販売となるケースが多発した。その結果、県内の視聴者から編成への不満に対する抗議の電話が殺到し、視聴率が低迷した。

さらに、この頃よりテレビ朝日の番組の視聴率が低下し、同局は県内4局目が開局した際、当初計画していたANNフルネットから、NNNフルネットに変更、あわせてNNSにも加盟することを決めた。

その後、1991年にANNフルネット局として長野朝日放送が開局している。

新潟県の事例[編集]

上記事例の中には記述はないが、新潟総合テレビについては株主構成上などではフジサンケイグループ関連がメインだが、新潟テレビ21開局を前にしたANN離脱直前には総放送時間においてはテレビ朝日系列の方が上回っていた。そのため、上記例に含まれるという意見がある。

  • 新潟総合テレビはトリプルネット局であった。社名の総合はトリプルネットの意味があり、3系列の放送時間が均等なクロスネット局であった。しかし、実態はフジ・日テレ・NET系の順に番組編成比率が高かった。トリプルネットゆえにコンテンツの選択範囲が広かったうえ開局間もない事もあり、番組の自社制作には消極的であった。しかし、1981年4月1日のテレビ新潟開局に伴い、日本テレビ系の番組を完全に手放す事になるが、この際、新潟放送からテレビ朝日系の番組が大量に移行し、フジ・テレ朝両系列の放送比率が55:45となり、実際の編成では一部が打ち切られたフジテレビ系番組もある。1983年10月1日の新潟テレビ21開局に伴い、フジテレビ系シングルネット局となり現在に至る。

広島県の事例[編集]

  • 広島テレビ(HTV)は開局からしばらくの間フジテレビ優勢のクロスネット局であったがテレビ新広島が開局した1975年に日本テレビ系列に一本化したため、上記例に含まれるという意見がある。
    • HTVは1964年時点でフジテレビ対日本テレビの番組制作比率が約2:1の割合であった。この時点では、中国放送(RCC・TBS系列)にもスポンサードネットを含むフジテレビ・日本テレビ系列の番組が相当数残り、RCCを発局・制作協力局とする日本テレビ向けの番組(プロ野球・プロレス中継等)もあった。

長崎県の事例[編集]

新潟総合テレビ同様、テレビ長崎についても、株主構成上などではフジサンケイグループ関連がメインだが、長崎国際テレビ開局を前にしたNNN離脱直前には総放送時間においては日本テレビ系列の方が上回っていた。そのため、上記例に含められるという意見もある。但しNNSには加盟していない(一般番組供給協定はFNS単独)ため、一般番組においては正式なものではない。

鹿児島県の事例[編集]

新潟・長崎同様、鹿児島テレビ放送についても、株主構成上などではフジサンケイグループ関連がメインだが、1992年3月までは総放送時間において日本テレビ系列の方が上回っていたため、上記例に含まれるという意見もある。

  • 鹿児島テレビは、鹿児島放送開局直後の1982年10月に日本テレビ優勢のクロスネット局となる。しかし、1985年4月には日本テレビ・フジテレビ両系列の放送時間が均等なクロスネット局となり、鹿児島讀賣テレビの開局2年前の1992年4月からは段階的に日中と深夜帯を中心に大半の時間帯がフジテレビ系の番組となっていった。
    • 鹿児島テレビは資本上、フジサンケイグループの出資比率が高い。開局当初は3系列の番組をほぼ均等に放送していたが、その頃はフジ優勢の時期が長く、また実際の編成では開局当初のプライムタイムは日本テレビが若干優勢であるも、少なくとも1972年以降はフジテレビ系優勢となり、1979年の編成ではフジ:日テレ:テレ朝が5:3:2となった。その後、1980年代初頭までのフジテレビの低迷期や巨人戦中継の確保もあり、鹿児島放送の開局を機に1982年10月からは日本テレビ系主体に移し、1983年10月の改編ではプライムタイムの日テレ:フジ両系列の放送比率2:1の体制を組む。しかし、それ以降の日本テレビの低迷並びにフジテレビの好調という系列キー局の逆転現象が起き、鹿児島テレビ自体も日テレ系重視型の体制は事実上失敗。KKB開局から僅か2年半で実に3度ものプライムタイム改編を余儀なくされる事態に見舞われ、1985年4月以降は日本テレビ系番組の一部打ち切りもあってか、これ以上極端に日テレ系の放送時間が増える事はなくなる。さらに日テレ・フジ両系列とも、プライムタイムの放送時間を14時間ずつに均等化。フジテレビ系の番組も南日本放送からの一部移動が行われ、その後の改編で年を追うごとに増え続ける。第4局(鹿児島讀賣テレビ)の開局内定により、1992年4月の改編以降は平日・土日とも、ローカルセールス枠を中心に日本テレビ系の放送枠を大量に廃止し、フジテレビ系に比重を置いた編成へと変化していく。1992年10月の改編を最後にフジテレビ系メインネットの体制へと完全に移行。1994年4月1日の第4局開局により、フジテレビ系シングルネット化完了。

ラジオ局のネットチェンジ[編集]

ラジオ関西(兵庫県)
NRN1965年3月発足時加盟)→独立局(1979年1月
プロ野球中継において、関西唯一の読売ジャイアンツ戦をメインとした編成とするため、ラジオ関東(→アール・エフ・ラジオ日本)と優先してネット関係を組むことになったためにNRNを脱退した。ただし、現在まで一部番組の供給関係は続いている。
エフエム沖縄
独立局(1958年2月開局・極東放送として)→JFN系列(1984年9月
アメリカ合衆国による沖縄統治下で、AM宗教放送局極東放送として開局。沖縄の日本復帰により民間放送局極東放送となった。ラジオ関東(→アール・エフ・ラジオ日本)の番組のほか、1973年10月からはエフエム東京とネットワーク関係を締結、AM局のままだが、一部番組や時報スポンサーの供給を受けた。その後、地方にFM局免許が降ろされるようになるのに伴い、FM局エフエム沖縄に転換・社名変更。正式にJFNにも加盟した。
エフエム大分
独立局(1990年10月開局)→JFN系列(1991年10月
地方局としては非常に珍しい独立局として開局し、自社制作番組に首都圏の各独立局の番組を織り交ぜた編成としていたが、経営上の問題からわずか1年で頓挫、JFNへ加盟した。
茨城放送
独立局(1963年4月開局)→NRN系列(2001年4月
隣県の栃木放送と同じく、AMラジオとしては最後発局だったが、NRN発足時に加盟した栃木放送と異なり長らく独立局で、ローカル番組を編成の主とし、一部番組販売によりネット番組も放送していた。2001年に深夜放送の開始とオールナイトニッポンのネット開始に伴いNRN加盟。
Kiss-FM KOBE
独立局(1990年10月開局)→JFN系列[15]→独立局(2010年5月)→JFN系列(2010年11月
阪神・淡路大震災以降の経営悪化を理由に2003年にJFNに加盟した。加盟後兵庫県内の大部分(エフエム大阪などが聴取できる地域を除く)で初めてJFN系列の番組が聴取出来るようになった。
しかし経営権の混乱などにより2010年にJFNから除名処分を受けた。[16]現在は旧会社から経営譲渡された新会社がJFNに再加盟している。
エフエム富士
JFN系列(1988年8月開局)→独立局(1992年4月
東京方面向けに大出力中継局を設けるなど山梨県域FM局にとらわれない姿勢が見られ、事実開局前からJFNに加盟するか、独立局となるかが社内で揺れ動いた。最終的にJFN加盟で開局したものの、4年弱でJFNを自主脱退し、現在に至る。

脚注[編集]

  1. ^ JNNは排他協定により、系列局におけるクロスネットを禁止しているが、過去には一部のJNN加盟局で、例外的にJNN系列とのクロスネット局があった。
  2. ^ なお、この交換後、福島テレビはテレビユー福島開局までTBS系列へ参加。さらに、福島中央テレビでは福島放送開局まで、NET→テレビ朝日系列の参加を継続した。このことから、交換後、福島県内は民放2局双方クロスネットという状態だったことになる。
  3. ^ 名目上独立局だったのは。親会社の宮崎日日新聞に報道業務を委託していたため。但し、番組供給及びニュース素材交換は正式な加盟局に準じる形で行われていた。
  4. ^ a b c d e f g h i j JNN系列局は排他協定の規則によりクロスネットは禁止となっているが、例外的にJNN系列とのクロスネット局だった。
  5. ^ FNNは非加盟(ニュース協定はJNN単独)
  6. ^ NNSは非加盟(一般番組供給協定はFNS単独)
  7. ^ 同社は戦時統合で福岡日日新聞と読売新聞が経営していた九州日報が統合して成立したという経緯を持つ。
  8. ^ 表向きには、トヨタディーラー・山梨トヨペット社長〈当時〉の実弟だからという理由と言われている。
  9. ^ NETテレビの番組は1973年まで、テレビ東京の番組はテレビ愛知が開局する1983年まで、この状態が続いていた。
  10. ^ 1981年10月、テレビ東京へ局名変更
  11. ^ 正式タイトル表記は「製作」ではなく「制作」。
  12. ^ なお、毎日放送の民教協脱退(1992年)から朝日放送の民教協加盟までの間は「クッション期間」として、関西地区の独立UHF放送局であるサンテレビジョン京都放送テレビ和歌山とラジオ単営局のラジオ関西和歌山放送が放送していた。
  13. ^ なお、青森テレビはこれに近いネット編成で実際に開局にこぎつけている。
  14. ^ a b 山形テレビ社史編纂委員会編『時を刻んで 山形テレビの軌跡』(1987年7月発行)より
  15. ^ JFN加盟は2003年1月、JFN番組のネット開始は同4月
  16. ^ ただし、JFN番組の供給は続けられ、独立局としてそれらの番組をネットするという形で放送したため、編成上では大きな変化はなかった

関連項目[編集]