境界の彼方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
境界の彼方
ジャンル ダークファンタジー
小説
著者 鳥居なごむ
イラスト 鴨居知世
出版社 京都アニメーション
レーベル KAエスマ文庫
刊行期間 2012年6月9日 -
巻数 既刊3巻
アニメ
原作 鳥居なごむ
監督 石立太一
シリーズ構成 花田十輝
キャラクターデザイン 門脇未来
音楽 七瀬光
アニメーション制作 京都アニメーション
製作 境界の彼方製作委員会
放送局 放送局を参照
放送期間 2013年10月 - 12月
話数 全12話
インターネットラジオ:
境界の彼方 ふゆかいラジオ
配信期間 2013年10月1日 - 2014年3月25日
配信サイト 音泉
配信日 毎週火曜日
配信形式 ストリーミング
パーソナリティ 種田梨沙山岡ゆり
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト ライトノベルアニメ
ポータル 文学アニメ

境界の彼方』(きょうかいのかなた、英語: Kyoukai no Kanata)は、鳥居なごむによる日本ライトノベルイラストは鴨居知世が手掛けている。 KAエスマ文庫より刊行された。「異界士」と呼ばれる特殊な能力を有する存在が、「妖夢」と呼ばれる人間に害を及ぼす存在と戦うダークファンタジー作品[1][2]。第2回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作。

2013年10月から12月にかけてテレビアニメが放送された。2015年春には劇場版の公開も予定されている。

あらすじ[編集]

ある日、半妖夢で不死身の身体を持つ少年神原秋人は、今にも校舎の屋上から飛び降りそうな少女栗山未来を見つけ、助けようとする。しかし、彼女は妖夢を討伐して生計を立てる異界士であった。秋人の討伐に執着する未来であったが、どうしても秋人を倒すことは出来ず生計が苦しくなる。 それを見かねた秋人は未来を諭すことで、未来は秋人の討伐を諦め、他の妖夢を討伐して生計を立て直す。時に協力しながら妖夢討伐を行う2人であったが、やがて2人は大地主である名瀬家を巻き込んだ事件に関わっていく[1][2]

登場人物[編集]

主要人物[編集]

声優名はテレビアニメ版のもの。

神原 秋人(かんばら あきひと)
声 - KENN田中メイ(小学生時代)
本作の主人公。文芸部副部長の高校2年生。誕生日10月7日、血液型A型。身長171cm。ツッコミ上手かつ自他共に認める大の眼鏡フェチの少年であるが、正体は異界士の母と妖夢の父の間に生まれた「半妖夢」(アニメ版「半妖」と同じ性質かは不明)。そのために不死身という特性を持つが、これは正確には常人なら死に至る負傷から死なずに再生できるだけであり、それ相応の痛みは生じる。また、ある条件下で自我を消失し、破壊と殺戮に長けた妖夢としての特性が暴走してしまう「獣人化」の危険性を孕んでいる。暴走時は元の身長体重からは想像できない質量となり破壊衝動に従って行動する。身体は鋼のような強度を持ち、全身から猛毒を伴った瘴気を放つ。腕を振るうだけで周辺の障害物を腐敗させる程の衝撃波を放つ。
かつては上記の正体を隠しながら放浪生活をしていたが、現在は博臣らと停戦協定を結び、名瀬の管轄する地域に滞在している。
また、眼鏡愛ゆえに相手に気づかれないほどの速さで眼鏡をかける技術も体得しており、突然度の強い眼鏡を掛けられた相手は一瞬錯乱する。
〈アニメ〉人間と妖夢の間に生まれた「半妖」。限度を越えたダメージを受けるなどすると自我を消失し、破壊と殺戮に長けた妖夢としての特性が暴走してしまう危険性を孕んでいる。暴走時は異能力を無効化する咆哮や、1発で大爆発を起こす火炎弾を放つ。また、彩華曰く「以前よりも成長している」ため、博臣・彩華・二ノ宮ら3人でも抑えることができない存在と化す。
栗山 未来(くりやま みらい)
声 - 種田梨沙
本作のもう一人の主人公。眼鏡の似合う高校1年生。誕生日3月31日、血液型自称O型。身長152cm。自身の血液を剣と化す異能力を持つ異界士。また、右手に力を制御する派手な装飾(アニメでは指輪)を身につけており、これを外すと血液を自在に操る攻撃が可能になる。力の性質ゆえの弊害から、使い過ぎると貧血を起こす。普段は間の抜けた性格をしているが、戦闘時は冷静沈着な一面を見せる。
未来のような血に纏わる一族は「呪われた一族」とされており、古来より血の一族は悪とみなされるため、周囲から忌み嫌われてきた。力の有用性を示すために戦っている。また、かつて「虚ろな影」に憑依された親友の唯を犠牲にしてしまったことを悔いている。当初は秋人を邪悪な妖夢と見なして襲撃するが、彼が不死身であることを知って断念した後、唯の一件から秋人を含めた周囲とは孤立した関係を取ろうとしていた。しかし、秋人が自身と同様の事情を抱えていることを知って以降は文芸部へ入部するなど、周囲にも積極的に関わるようになっていく。
焦ると眼鏡を拭きながらごまかす癖がある。口癖は「不愉快です」。園芸盆栽)とブログの更新、迷走戦隊マヨウンジャー関連を趣味にしているが、ブログに関しては感情の赴くままに書き込みを行っているため、頻繁に炎上している。
〈アニメ〉かなりの音痴。金運に恵まれず、明日の食費や月の家賃の工面にも困るほどの超貧乏生活を送っている。
名瀬 博臣(なせ ひろおみ)
声 - 鈴木達央佐倉綾音(小学生時代)
文芸部の幽霊部員で高校3年生。誕生日7月21日、血液型B型。身長178cm。大地主である名瀬家の長男であり、空間を制御する「檻」という異能力を持つ異界士。極度の妹好きであり、美月を溺愛しているが、彼女には「気持ち悪い」と一蹴されている。現在は秋人を「アッキー」と呼んで親しく接しているが、過去に暴走した秋人に殺されかけたことがあり、秋人曰く、それ以降マフラーを着用する頻度が高くなった。また、「虚ろな影」の一件では、名瀬の人間である自分は加担できないと言っていたが、秋人たちのピンチには檻を放つなど、感情に任せて単独行動を取る一面もある。
本人は異能力の弊害から極度の冷え症であるため、常にマフラーストールを巻いていると言っているが、真偽は不明。秋人はこれを、過去に自分が暴走した際に負わせてしまった首の傷跡を隠すためではないかと思っている。また、秋人の脇腹の温もりを気に入っている。
〈アニメ〉自称、病的なシスコンとして携帯の着信音が美月の声、妹のみが登場する文芸作品を所望するなどの描写がなされている。過去に暴走した秋人に殺されかけた際に負った大きな傷跡が背中にある。また、「虚ろな影」の一件で暴走した際にも、「命の保証はしない」と容赦ない言葉を浴びせている。また、原作とは違いマフラーを巻いている理由は冷え性のためであるという明確な発言があり、武器として使用する描写もなされている。
名瀬 美月(なせ みつき)
声 - 茅原実里
文芸部部長の高校2年生。誕生日11月1日、血液型AB型。身長165cm。大地主である名瀬家の次女であり、主として裏方を担当する異界士。半妖夢の秋人を監視しているが、心配しているだけで尊大な言動も悪意によるものではない。未来のことを気にかける優しさも持ち合わせている。
博臣の妹好きについては上記の通り気持ち悪がっているが、秋人や他の文芸部員が困難な状況に陥った時は助けを求めるなど、かなり大きな信頼を置く存在ともなっている。
名瀬の中で能力が低いこと、前線で戦えないことにコンプレックスを感じており、博臣の忠告を無視して単独行動を取る一面もある。
〈アニメ〉ヤキイモという小型妖夢を飼っており、戦闘時には共闘する。
峰岸 舞耶(みねぎし まいや)
異界士殺しの罪で追われている白銀髪の少女。自動式拳銃回転式拳銃を持ち、その戦闘力は査問官を上回る。過去の事件を機に藤真弥勒を妄信している。

異界士関係者[編集]

新堂 彩華(しんどう あやか)
声 - 進藤尚美
和菓子店を営む着物姿の異界士。京都弁を話す。誕生日5月22日、血液型不明。身長165cm。その正体は狐の妖夢。秋人とは過去に戦闘をしているが、戦意のない秋人を見て中断。以降は同じ妖夢である秋人の相談に乗っている。人の近寄らない路地で和菓子屋を経営しており、結界の発動や異界士の能力の補助などを担当している。
〈アニメ〉写真館兼喫茶店を経営しており、異界士協会公認で妖夢石の鑑定などを行っている。
二ノ宮 雫(にのみや しずく)
声 - 渡辺明乃
背広姿の美女異界士。誕生日6月18日、血液型A型。身長168cm。空間を捻じ曲げる異能力を持つ。主に防御に特化した名瀬に攻撃の専門家として雇われている。戦闘を好む。
〈アニメ〉秋人たちの通う学校の教師をしており、文芸部の顧問も担当している。
藤真 弥勒(ふじま みろく)
声 - 松風雅也
異界士協会の査問官。誕生日1月8日、血液型A型。身長180cm。言葉を具現化する異能力「言霊」を持つが、本人が不可能と認識していることは具現化できない。
〈アニメ〉異界士協会の男(査問官という明確な発言はない)。体内に妖夢を宿している
名瀬 泉(なせ いずみ)
声 - 川澄綾子
名瀬家の長女で美月と博臣の姉。誕生日4月7日、血液型RH-O型。身長170cm。普段の物腰は柔らかいが、美月とは異なる悪質な腹黒さを持っている。
名瀬一族の中でも数名しか使えない「凍結界」や「白昼夢」などといった能力を使える。凪の影響があれば、獣人化した秋人さえも抑え込む実力がある。
真城 優斗(ましろ ゆうと)
長身痩躯の少年。未来の幼馴染。思念操作により下級の妖夢を操ることができる真城一族の幹部候補。妖夢が使う「傀儡法」を思念操作により使役し、人間の死体を操ることができる。これによって操られた者は「傀儡」と呼ばれる。
伊波 唯(いなみ ゆい)
声 - 矢作紗友里
故人。未来と優斗の師匠的な女性異界士。被害を最小限に抑えるため、自身に憑依した虚ろな影ごと未来に斬らせ、自ら命を絶った。
〈アニメ〉未来の友人であり異界士。自身に憑依した虚ろな影ごと未来に斬られ、命を絶った。桜の姉。
楠木 右京(くすのき うきょう)
異界士協会の査問官。両親を殺された経緯から妖夢の存在を憎悪しており、その感情を弥勒に利用されている。
永水 桔梗(えいすい ききょう)
異界士協会の査問官。重量を自由に変化させる異能力を持つ少女。
一ノ宮 庵(いちのみや いおり)
情報屋の異界士。電網の海に潜り、情報を引き出す異能力を持つ。

家族構成[編集]

神原家[編集]

秋人の父
名前は不明。秋人の発言などから不死身の妖夢であることが伺えるが、真偽や詳細は不明。
神原 弥生(かんばら やよい)
声 - 今野宏美
秋人の母親。誕生日3月13日、血液型B型。身長160cm。高名な異界士。巨乳で能天気。放浪生活中であるため、不定期に生存報告葉書を息子へ送っている。

その他[編集]

篠崎 夏菜(しのざき かな)
高校2年生。大きなリボンを頭に乗せている。口癖は「〜っす」。
モグタン
舞耶と行動を共にする小型妖夢。「ギャース」という特徴的な鳴き方をする。

アニメオリジナルキャラクター[編集]

伊波 桜(いなみ さくら)
声 - 豊田萌絵
唯の妹で、未来と深い因縁がある。未来を追って長月市へとやって来た。冷徹な印象を与えるが、実際は大変な姉思いの心優しい性格である。誕生日4月29日、血液型A型。身長159cm。唯の死後より、彼女の意志を継いで異界士になろうとしていたが、異界士としての才能や力には恵まれていない。そのため、未来の力に羨望や嫉妬とも言える感情を抱いていたため、そこを弥勒に付け込まれ、「栗山未来の殺害」を条件に彼から妖夢石を糧に強力になる異能の武器を預かった。しかしこの武器は彼女には適しておらず、力が増すごとに彼女の手に余る代物となっている。
「虚ろな影」の長月市への襲撃時に未来を襲撃し、力を抑えた状態だった彼女を圧倒するが、直後の秋人の介入や「虚ろな影」の襲撃により撤退する。その後再度対決するが、完全に力を解放した未来には敵わず、彼女から「異界士にはなれない」と断言されたことで戦意を失う。その直後に暴走した武器に取り込まれそうになるが未来によって救われ、最終的に未来と和解し未来の家で同居している。
新堂 愛(しんどう あい)
声 - 山岡ゆり
新堂彩華の同居人で、美少女の姿をした猫又(ネコとしての姿はスコティッシュフォールド似)の妖夢。秋人たちと同じ学校に通う高校1年生。誕生日8月25日、血液型不明。身長146cm。人間に対して敵意は無く、秋人とも親しい。
ヤキイモ
美月と行動を共にする小型妖夢。人懐こい性格で、美月の手助けをすることもある。食べることが好きなようで、時に食べ過ぎて美月の手助けに支障が出る。

用語[編集]

妖夢石(ようむせき)
異界士が鑑定、換金用に使う石。妖夢を倒すことで現れる。
虚ろな影(うつろなかげ)
実体を持たない妖夢のため、倒すことは困難。見た目は黒い霧だが、嵐を起こしたり人間に憑依する能力を持つ。栗山未来にとっては仇でもある。

既刊[編集]

タイトル 初版発行日 ISBN
1 境界の彼方 2012年6月9日 ISBN 978-4-9905812-4-4
2 境界の彼方2 2013年4月8日 ISBN 978-4-907064-04-4
3 境界の彼方3 2013年10月2日 ISBN 978-4-907064-07-5

テレビアニメ[編集]

京都アニメーション制作・TBS製作委員会参加で、2013年10月から12月にかけてTOKYO MX朝日放送テレビ愛知BS11アニマックスほかにて放送された[1][3]

中二病でも恋がしたい!』、『ハイ☆スピード!』に続く「京都アニメーション大賞」小説部門の受賞作品のアニメ化となる[2]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 「境界の彼方」鳥居なごむ
  • 挿絵・キャラクター原案 - 鴨居知世(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
  • 製作 - 八田陽子、磯山敦、井上俊次中山佳久
  • 監督 - 石立太一
  • シリーズ構成・脚本 - 花田十輝
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 門脇未来
  • 美術監督 - 渡邊美希子
  • 色彩設計 - 宮田佳奈
  • 小物設定 - 髙橋博行
  • 妖夢設定 - 秋竹斉一
  • 撮影監督 - 中上竜太
  • 編集 - 重村建吾
  • 音響監督 - 鶴岡陽太
  • 音楽 - 七瀬光
  • 企画プロデューサー - 八田英明
  • プロデューサー - 瀬波里梨、中村伸一、斎藤滋、田中豪
  • アニメーション制作 - 京都アニメーション
  • 製作 - 境界の彼方製作委員会(京都アニメーション、ポニーキャニオンランティスTBS[注 1]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「境界の彼方
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 菊田大介 / 歌 - 茅原実里
エンディングテーマ「Daisy」
Created by STEREO DIVE FOUNDATION
イメージソング「NO LINE
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 菊田大介 / 歌 - 茅原実里
挿入歌「約束の絆」(第6話)
作詞 - 小田倉奈知 / 作曲 - 俊龍 / 編曲 - 高橋諒 / 歌 - 妖夢討伐隊[栗山未来(種田梨沙)、名瀬美月(茅原実里)、新堂愛(山岡ゆり)]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督
#0
(未放送)
東雲 石立太一 門脇未来
秋竹斉一
#1 カーマイン 門脇未来
#2 群青 武本康弘 内藤直
#3 ムーンライトパープル 北之原孝將 池田晶子
#4 武本康弘 植野千世子
#5 萌黄の灯 山田尚子 内藤直
#6 ショッキングピンク 石原立也
小川太一
小川太一 丸木宣明
#7 曇色 北之原孝將 池田晶子
#8 凪黄金 太田里香 堀口悠紀子
#9 銀竹 河浪栄作 引山佳代
#10 白の世界 武本康弘 植野千世子
#11 黒の世界 三好一郎 内藤直
最終話 灰色の世界 石立太一 石立太一
小川太一
門脇未来
堀口悠紀子

放送局[編集]

テレビ放送
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
東京都 TOKYO MX 2013年10月3日 - 12月20日 木曜 0:30 - 1:00(水曜深夜) 独立局
愛知県 テレビ愛知 木曜 2:05 - 2:35(水曜深夜) テレビ東京系列
近畿広域圏 朝日放送 木曜 2:43 - 3:13(水曜深夜) テレビ朝日系列 水曜アニメ〈水もん〉
第2部
韓国全域 Animax Korea 2013年10月4日 - 12月20日 金曜 22:30 - 23:00 CS放送
IP放送
ケーブルテレビ
15歳以上視聴可で放送
韓国語字幕あり
日本全域 BS11 2013年10月7日 - 12月23日 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) BS放送 ANIME+』枠
アニマックス 2013年10月18日 - 2014年1月10日 金曜 22:00 - 22:30 アニメ専門BS/CS放送 リピート放送あり
2013年10月19日 - 2014年1月11日 土曜 22:30 - 23:00 無料放送枠[注 2]
台湾 アニマックス台湾 2014年8月5日 - 8月16日 毎日 20:30 - 21:00 中国語字幕・吹替あり
インターネット放送
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本全域 TBSオンデマンド 2013年10月8日 - 12月24日 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) ネット配信
ニコニコ生放送 2013年10月8日 - 12月24日 火曜 22:30 - 23:00 タイムシフト非対応
バンダイチャンネル 2013年10月22日 - 2014年1月7日 火曜 12:00 更新

短編アニメ[編集]

『きょうかいのかなた アイドル裁判! 〜迷いながらも君を裁く民〜』

2013年11月18日より公式サイトで期間限定配信の短編アニメーション。SDキャラになったヒロイン4人が陪審員(伊波桜、栗山未来、名瀬美月)とアイドル裁判長(新堂愛)になって被告人を裁く。配信版は全3話だが、DVD&Blu-ray第7巻に未配信エピソードを2話収録。

  • 脚本 - 花田十輝
  • 絵コンテ - 石立太一(#1)、内海紘子(#2 - #5)
  • 演出 - 内海紘子
  • 作画監督 - 西屋太志
  • アニメーション制作 - 京都アニメーション
  • アニメーション制作協力 - アニメーションDo

主題歌(短編)[編集]

エンディングテーマ「ポピーの帰り道」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 松田彬人 / 歌 - 新堂愛(山岡ゆり
挿入歌「Judgmentじゃ!」
作詞・作曲・編曲 - ZAQ / 歌 - 新堂愛と陪審員ダンサーズ[新堂愛(山岡ゆり)、栗山未来(種田梨沙)、名瀬美月(茅原実里)、伊波桜(豊田萌絵)]
振付 - 能登有沙

各話リスト(短編)[編集]

話数 サブタイトル 配信日 罪状 判決
#1 被告人 神原秋人 2013年
11月18日
あなたはキモい 未来ちゃんの眼鏡を壊しちゃうの刑
#2 被告人 二ノ宮雫 12月2日 あなたはイタい 女子高生の刑
#3 被告人 名瀬博臣 12月16日 存在自体が罪 神原秋人の刑(脇から手が抜けない)
#4 被告人 神原弥生 - あなたはウザい 神原秋人の刑(精神入替わり)
#5 被告人 名瀬泉 - 無罪

映像特典[編集]

『境界の彼方 ミニ劇場』

DVD&Blu-ray各巻収録、静止画によるボイスドラマ。

  • 脚本 - 西岡麻衣子
  • イラスト - 門脇未来
話数 サブタイトル
#1 お兄ちゃんだ〜い好き
#2 未来の明るい一攫千金計画
#3 20代女子、恋多きお年頃
#4 アイドルへの道!
#5 パジャマパーティー
#6 合宿に行こう!
#7 母からの手紙

関連商品[編集]

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2014年1月8日 第1話 - 第2話 PCXE-50341 PCBE-54421
2 2014年2月5日 第3話 - 第4話 PCXE-50342 PCBE-54422
3 2014年3月5日 第5話 - 第6話 PCXE-50343 PCBE-54423
4 2014年4月2日 第7話 - 第8話 PCXE-50344 PCBE-54424
5 2014年5月14日 第9話 - 第10話 PCXE-50345 PCBE-54425
6 2014年6月4日 第11話 - 第12話 PCXE-50346 PCBE-54426
7 2014年7月2日 第0話 + 短編アニメ PCXE-50347 PCBE-54427

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2013年11月27日 キャラクターソング Vol.1 栗山未来×名瀬美月 LACM-14159
2014年1月8日 キャラクターソング Vol.2 神原秋人×名瀬博臣 LACM-14172
境界の彼方 オリジナルサウンドトラック LACA-9324/5

Webラジオ[編集]

境界の彼方 ふゆかいラジオ』は、2013年10月1日から2014年3月25日まで、音泉にて毎週火曜日に配信されていたインターネットラジオ番組。パーソナリティは、種田梨沙(栗山未来 役)、山岡ゆり(新堂愛 役)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 朝日放送では括弧内はノンクレジット。
  2. ^ BS放送、スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光にて。

出典[編集]

  1. ^ a b c “境界の彼方 : 京アニ新作はアクションファンタジー 10月放送開始”. まんたんウェブ. (2013年8月5日). http://mantan-web.jp/2013/08/05/20130805dog00m200011000c.html 2013年8月12日閲覧。 
  2. ^ a b c “京都アニメーション最新作「境界の彼方」が今秋から放送スタート”. おた☆スケ. (2013年8月5日). http://www.ota-suke.jp/news/101441 2013年8月5日閲覧。 
  3. ^ 京都アニメーション最新作『境界の彼方』、10月放送開始予定…”. タワーレコード アニメ担当ツイッター. Twitter (2013年8月5日). 2013年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]