北原佐和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたはら さわこ
北原 佐和子
本名 北原 佐和子
生年月日 1964年3月19日(50歳)
出生地 日本の旗埼玉県上福岡市(現:ふじみ野市
身長 160 cm
血液型 A型
ジャンル 女優歌手
活動期間 1981年 - 現在
活動内容 テレビドラマ・映画・舞台
事務所 スクロール
公式サイト 公式プロフィール

北原 佐和子(きたはら さわこ、1964年3月19日 - )は、日本女優、元歌手である。本名は同じ。

埼玉県入間郡福岡町(のち上福岡市、現・ふじみ野市)出身。所属事務所オスカープロモーション、オフィス コンバット、サンミュージックプロダクションマツ・カンパニーを経てスクロール。芸能活動の傍らでホームヘルパー2級及び介護福祉士の資格を取得し、介護士として現場で働く。

来歴[編集]

細田学園女子高等学校(現・細田学園高等学校)から埼玉県立朝霞高等学校定時制へ転入、卒業。

元来「オスカープロモーション」の美少女モデルであり、読者モデルとして掲載された女性ファッション誌『mcシスター』を見たマネージャーによってスカウトされた。高校在学中にミス・ヤングジャンプに選ばれグラビアデビュー。同じ事務所の所属であった真鍋ちえみ三井比佐子とともに、1981年にアイドルユニット「パンジー」を結成。自身の18歳の誕生日である1982年3月19日にシングル「マイ・ボーイフレンド」で歌手としてソロデビューすると、1985年にかけてシングル10作品、アルバム6作品をリリースした。俗に言う「花の82年デビュー組」の一人であり、当時のキャッチフレーズは「さわやか恋人一年生」。

女優に転身後はテレビドラマ・映画・舞台など数々の作品に出演。川上麻衣子らと並ぶ「昼ドラの常連」として知られ、『牡丹と薔薇』は大ヒットとなった。またレポーターとして旅番組などにも多く出演する。

芸能活動の傍らで若い頃より介護やボランティアに関心を持っており、2007年にホームヘルパー2級の資格を取得すると、介護士として介護現場での実務に携わる[1]2014年には介護福祉士の国家資格を取得[2]。介護現場での自らの体験を元に、「介護はじめの一歩」と題して講演活動を行っている[3]。またボランティア活動として、2011年よりワンライフプロジェクト東京支部代表としてワンライフプロジェクト『たったひとつの命だから』の朗読会を各地で開催。2013年には自ら代表を務めるボランティア団体「プレシャスライフ 心の朗読会」を新たに立ち上げて[4]、「いのちと心の朗読会」を各地で開催している。2014年には自身の介護現場での経験に基いて書籍『女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ』を書き下ろした。

私生活では1990年に会社員の男性と結婚、1994年に離婚している。

人物、エピソード[編集]

  • 趣味(デビュー当時):高校野球の観戦(高校生の時、野球部のマネージャーをしていた[5]
  • 趣味:陶芸、登山、映画鑑賞、ドライブ、乗馬
  • 特技:日舞陶芸ソフトボール
  • スポーツ好きで健康的でスポーティーな肉体。
  • 右目尻の下に泣きぼくろがあり、デビュー当時からのチャームポイントになっている。
  • 宮迫博之増田英彦中学校時代に彼女のファンだった。

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

Webシネマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • レディーウェポン女豹 (1993年、日活

舞台[編集]

  • 水戸黄門 (1988年、新歌舞伎座
  • ミュージカル「フェリスのメタモルフォーゼ」 (1988年、劇団MGM)
  • 水戸黄門 (1988年、明治座
  • 初夢は一富士二鷹三なすび (1992年、名鉄ホール
  • 遠山の金さん (1994年、御園座
  • 嗚呼、冒険王 (1994年、サンシャイン劇場
  • 花のお江戸のかぐや姫 (1994年、明治座)
  • おしゃべり伝六・一番手柄 (1995年、明治座)
  • 喜劇 珍説大忠臣蔵 (1995年、明治座)
  • お命頂戴つかまり候 (1996年、新歌舞伎座
  • 華岡青洲の妻 (1999年、地方公演)
  • あ・うん (2006年、新宿シアターモリエール) 水田たみ役
  • ヴェニスの商人? (2007年、アイピット目白) 神崎有里役

CM[編集]

  • ハウス食品「ハウス・フルーチェ」(1982年)
  • ポピー「アラレちゃんシリーズ」(1982年)
  • ヤマサ「うす塩しょうゆ」(1983年 - 1984年)
  • 「ファースト・キッチン」(1984年)
  • 花王「ファミリー・フレッシュ」(1990年)
  • KDDI沖縄セルラー電話auまとめトーク・主婦たちの会話篇」(2009年)

書籍[編集]

写真集[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

1982年のデビューから1985年までテイチクContinentalレーベル)よりシングルレコード全10枚発売。

  1. マイ・ボーイフレンド(1982年3月19日発売)(作詞:堀川マリ/作曲・編曲:梅垣達志
    (c/w) 恋の交差点 
  2. スウィート・チェリーパイ(1982年6月25日発売)(作詞:岡田冨美子/作曲:タケカワユキヒデ/編曲:後藤次利
    (c/w) ステキ・大好き 
  3. 土曜日のシンデレラ(1982年9月10日発売)(作詞:有川正沙子/作曲:川口真/編曲:萩田光雄
    (c/w) お・し・え・て
  4. モナリザに誘惑(1983年1月21日発売)(作詞:売野雅勇/作曲:芹澤廣明/作詞:萩田光雄)
    (c/w) せつなくて、淋しくて
  5. さむい夏(1983年4月21日発売)(作詞:岩里祐穂/作曲:岩里未央/編曲:大谷和夫
    (c/w) 『愛』してDANCE
  6. ガラスの世代(1983年8月21日発売)(作詞:岩里祐穂/作曲:岩里未央/編曲:大谷和夫)
    (c/w) 秋の恋人たち
  7. 夢で逢えたら(1984年1月21日発売)(作詞・作曲:大瀧詠一/編曲:萩田光雄)
    (c/w) 恋灯(ムーンライト)
  8. 砂に消えた涙(1984年5月21日発売)(作詞:A. Testa/日本語詞:漣健児/作曲:P. Soffici/編曲:萩田光雄)
    (c/w) レモンのキッス
  9. 悲しきカレッジ・ボーイ(1984年10月21日発売)(作詞:山川啓介/作曲:岸正之/編曲:萩田光雄)
    (c/w) 幻想曲(ファンタジー)ノススメ
  10. 予感(1985年3月21日発売)(作詞:Gazebo/日本語詞:遠藤幸三/作曲:P. L. Giombini/編曲:岡田徹
    (c/w) P.M.8:00

アルバム[編集]

1982年のデビューから1984年まで、6枚のアルバムを発売。

  1. SAWAKO/TOKIMEKI(1982年4月25日発売)
    • パッとパンジー / 何も知らないくせに / Lovely Loveはレモン色 / Love Loveキャッチボール / 私のシークレット / マイ・ボーイフレンド / ちょっとアドベンチャー / お茶目はダ・メ・ヨ / 恋の交差点 / 恋は2オンス
  2. KISS(キッス)(1982年11月21日発売)
    • INTRODUCTION / 土曜日のシンデレラ / 夜空のブランコ / 想い出色の南風 / I LOVE YOUは夢の中 / とびっきりポアポア / スウィート・チェリーパイ / 気づいたらYOU / 昔っぽくLOVEって / お・し・え・て / 秋風の手紙 / 水色のダイアリー
  3. ONLY YOU/SAWAKO(1983年6月1日発売)
    • あの娘を妬かせたい / 避暑地のイブ / サスペンスラブ / レモネードの午後 / 0ナンバー/ 愛情コロン / カラーの口紅 / 週末のサーファーガール / モナリザに誘惑 / Off -優しい雨-
  4. Dreamin'(1983年11月21日発売)
    • マイ・ボーイフレンド/ BGM・マイ・ボーイフレンド/ スウィート・チェリーパイ / 土曜日のシンデレラ / モナリザに誘惑 / さむい夏 / ガラスの世代 / BGM・水色のダイアリー
  5. TWENTY(トゥエンティ)(1984年2月21日発売)
    • ボーイハント / 悲しき足音 / ジョニィ・エンジェル / レモンのキッス / タミー / 夢で逢えたら / 5月のパラソル / 20才(はたち) / 恋灯(ムーンライト) / ウンメイ飛行
  6. WITH YOU/SAWAKO 24 HOURS(1984年12月16日発売)
    • A.M.10:00 White morning / P.M.2:00 はやく、そばへ、ゆくわ / P.M.8:00 P.M.8:00 / 0:00 シンデレラ・シンドローム / 午前4時 20才のモノローグ

上記の全アルバムがデジタル・リマスタリング音源でCD化され発売。

  1. TOKIMEKI+KISS(2005年7月21日発売)
  2. ONLY YOU+TWENTY+ボーナストラック(〃)
  3. Dreamin'+WITH YOU/SAWAKO 24 HOURS+ボーナストラック(〃)

ベストアルバム[編集]

全シングル、A面・B面+ボーナストラック収録。デジタル・リマスタリング音源。2枚とも収録曲は同じ。

  • 80'S カルト・アイドル・キューティーズ・コレクション 北原佐和子・コンプリート・シングルズ(2003年4月23日発売)
  • 北原佐和子コンプリート・シングルズ&モア(2008年8月27日発売)<廉価版>

全シングルのA面とアルバムからの6曲、計16曲収録

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北原佐和子 (2013年8月1日). 排泄物との戦い. (インタビュー). 萩庭桂太 YOUR EYES ONLY, 週刊文春.. http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2970 2013年8月27日閲覧。 
  2. ^ 合格発表”. 北原佐和子オフィシャルブログ「Merci beaucoup」 (2014年3月30日). 2014年3月30日閲覧。
  3. ^ 北原 佐和子(講師陣データベース)”. 株式会社ブレーン. 2014年3月30日閲覧。
  4. ^ めでたい報告です|北原佐和子オフィシャルブログ「Merci beaucoup」
  5. ^ 『近代映画』1982年2月号、近代映画社1982年

外部リンク[編集]