浜村純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はまむら じゅん
浜村 純
本名 武内 武
生年月日 1906年2月7日
没年月日 1995年6月21日(満89歳没)
出生地 日本の旗 日本福岡県糟屋郡宇美町馬場
死没地 日本の旗 日本東京都世田谷区
職業 俳優
ジャンル 舞台
映画
テレビドラマ
活動期間 1930年代 - 1995年
著名な家族 浜村年枝
主な作品

ビルマの竪琴
心中天網島
祭りの準備

浜村 純(はまむら じゅん、1906年2月7日 - 1995年6月21日)は、福岡県糟屋郡出身の俳優。本名は武内武。戦後の映画で名バイプレーヤーとして活躍した。

来歴・人物[編集]

呉服商の家に生まれる。1926年福岡市立商業学校を卒業後、東京美術学校を受験するが不合格になり、呉服店の店員を勤める。その後、上京して様々な職に就いていたが、1932年に舞台装置家を志しプロレタリア演劇研究所に入る。同期には宇野重吉がいた。翌年には新築地劇団に入り、1937年に退団してからは数本の映画作品にエキストラで出演した後、中国人の演技指導の為に満洲に渡る。のちにハルピンに渡り、昼は市公署官吏や不動産会社に勤め、夜は劇団に参加していた。帰国後は1944年劇団文化座に入り浜村純と改名、文化座の公演で再び満州に渡るも、奉天で終戦を迎える。翌年に復員し、移動劇団で地方を巡業するが、肺結核で倒れる。

1953年、『女ひとり大地を行く』で映画初出演。以降、痩せこけた頬とギョロリと目の光る特異なマスクが特徴的で、演技の幅が広い、個性的な名脇役として活躍した。1955年には新藤兼人監督の『狼』に生活に窮して銀行強盗に走る保険外交員役で主演する。浦山桐郎監督の『キューポラのある街』の父親役やのほか、篠田正浩監督の『心中天網島』の黒子役、黒木和雄監督の『祭りの準備』の祖父役などで重要な役どころで出演しているが、たいがいはチョイ役と言えるほどの端役での出演が多い。例えば黒澤明監督の『天国と地獄』では出番が1分ほどしかなかったり、『砂の器』では出番は1分にも満たず、セリフなしで顔も一瞬しか映らないほどである。大島渚、篠田正浩、今村昌平、浦山桐郎など当時の新鋭監督の作品に多く出演している。また、市川崑監督作品の常連で、『ビルマの竪琴』から『竹取物語』まで計22本に出演している。市川の『野火』では野糞を食べる狂人の将校、『私は二歳』では百日咳のまねをする医者など強烈な印象を残す演技を披露している。

テレビドラマにも多く出演している。

怪奇大作戦』第7話の「青い血の女」で人形を作る孤独な老人を演じているが、浜村自身も戦後の一時期、人形を作って生計を立てていたという。

1995年6月21日急性白血病のため日産厚生会玉川病院にて死去。89歳没。趣味三味線であった。

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • 巨人伝(1938年、東宝) ※デビュー作
  • 女ひとり大地を行く(1953年、キヌタプロ
  • 蟹工船(1953年、現代ぷろ)
  • 黒い潮(1954年、日活) - 夕刊新聞記者
  • どぶ(1954年、近代映画協会)
  • 若い人たち(1954年、全国銀行従業員組合) - 労基局員
  • 太陽のない街(1954年、新星映画)- 特高刑事
  • (1955年、近代映画協会
  • 真昼の暗黒(1956年、現代ぷろ)
  • 女優(1956年、近代映画協会) - 大阪の眼科医
  • ビルマの竪琴(1956年、日活) - 伊東軍曹
  • 銀心中(1956年、日活) - 栗本理髪店の客
  • 狙われた男(1956年、日活) - 神社新聞の社長
  • 人間魚雷出撃す(1956年、日活) - 先任将校
  • 女子寮祭(1957年、日活) - ニヒルな採血応募者
  • 「廓」より 無法一代(1957年、日活) - 望月桜
  • 東北の神武たち(1957年、東宝) - 人買いの商人
  • 私は前科者である(1957年、日活) - 刑事
  • 満員電車(1957年、大映) - 大学総長
  • フランキーの宇宙人(1957年、日活) - 裁判長
  • 反逆者(1957年、日活) - 佐々木刑事
  • 殺したのは誰だ(1957年、日活) - ダンロップ
  • 誘惑(1957年、日活) - 下宿の主人
  • 穴(1957年、大映) - 円タクの運転手
  • 夜の牙(1958年、日活) - 立松医師
  • 炎上(1958年、大映) - 溝口承道
  • 怒りの孤島(1958年、日映) - 三田警部補
  • 夜の鼓(1958年、現代ぷろ) - 和久田市之進
  • 嵐の中を突っ走れ(1958年、日活)
  • 蟻の街のマリア(1958年、歌舞伎座) - ピカソ
  • にあんちゃん(1959年、日活) - 西脇
  • 不道徳教育講座(1959年、日活) - 中野
  • 若い川の流れ(1959年、日活) - 失業者
  • 絞首台の下(1959年、日活) - 司法主任
  • 網走番外地(1959年、日活)
  • (1959年、大映) - 相馬
  • 海底から来た女(1959年、日活)
  • 清水の暴れん坊(1959年、日活)
  • 野火(1959年、大映) - 狂人の将校
  • 逃亡者(1959年、日活) - 大原巡査
  • 人間の條件 第3・4部(1959年、松竹) - 部隊長
  • 第三の死角(1959年、日活) - 杉山係長
  • 無言の乱斗(1959年、日活) - 調査官
  • 太陽の墓場(1960年、松竹) - 村田吾郎
  • 打倒(1960年、日活) - 医師
  • ぼんち(1960年、大映) - 憲兵
  • おとうと(1960年、大映) - 院長
  • 黒い樹海(1960年、大映
  • 青春残酷物語(1960年、松竹) - 新庄正博
  • ある脅迫(1960年、日活) - 小使野崎
  • 銀座旋風児シリーズ(日活)
    • 銀座旋風児 目撃者は彼奴だ(1960年) - 中村係長
    • 銀座旋風児 嵐が俺を呼んでいる(1961年)
  • 最後の切り札(1960年、松竹) - 不滅教会信者
  • 悪人志願(1960年、松竹) - 刑事
  • 都会の空の用心棒(1960年、日活) - 藤崎課長
  • 大出世物語(1961年、日活) - 安井社長
  • 街から街へつむじ風(1961年、日活) - 酔いどれ医者
  • 紅の拳銃(1961年、日活) - 八十島博士
  • 早射ち野郎(1961年、日活) - 町長品川
  • 黒い十人の女(1961年、大映) - 警官に扮した俳優
  • 散弾銃の男(1961年、日活) - 村長
  • 伴淳・森繁のおったまげ村物語(1961年、松竹) - 刑事塩田
  • あいつと私(1961年、日活) - 高野教授
  • 飼育(1961年、大宝) - 秋さん
  • 黒い画集 第二話 寒流(1961年、東宝) - 医者
  • アラブの嵐(1961年、日活) - 川田
  • 破戒(1962年、大映) - 丑松の父
  • キューポラのある街(1962年、日活) - 父
  • 当りや大将(1962年、日活) - 山内刑事
  • 続・新悪名(1962年、大映) - のど自慢の司会者
  • 私は二歳(1962年、大映) - 中年の医者
  • 人間(1962年、近代映画協会) - 兵隊
  • 青い山脈(1963年、日活) - 長森老人
  • 雪之丞変化(1963年、大映) - 脇田一松斎
  • 非行少女(1963年、日活) - 北長吉
  • 二人だけの砦(1963年、松竹) - 団地の管理人
  • 白と黒(1963年、東宝) - 矢野検察事務官
  • 天国と地獄(1963年、東宝) - 債権者
  • 俺は地獄の部隊長(1963年、日活) - 飯塚守備隊長
  • 怪談鬼火の沼(1963年、大映) - 篠原甚左衛門
  • 死闘の伝説(1963年、松竹) - 酔っ払いの親爺
  • 越前竹人形(1963年、大映) - 医者
  • 黒の商標(1963年、大映)
  • われらサラリーマン(1963年、宝塚映画) - 石川課長
  • 光る海(1963年、日活) - 渡部教授
  • 続拝啓天皇陛下様(1964年、松竹) - 渋川中隊長
  • 成熟する季節(1964年、日活) - 樫木先生
  • 無頼無法の徒 さぶ(1964年、日活) - 芳古堂の親方
  • 何処へ(1964年、日活) - 清水校長
  • われ一粒の麦なれど(1964年、東宝) - 村松
  • 鮫(1964年、東映) - 老父
  • 散歩する霊柩車(1964年、東映) - 死体安置所の男
  • 香華(1964年、松竹)
  • 眠狂四郎女妖剣(1964年、大映) - 室屋
  • 怪談(1965年、にんじんくらぶ) - 茂作
  • 冷飯とおさんとちゃん(1965年、東映) - 屑屋
  • ちんころ海女っこ(1965年、松竹) - 大納言
  • 鼠小僧次郎吉(1965年、大映) - 長沢屋
  • 花実のない森(1965年、大映)
  • 大怪獣ガメラ(1965年、大映) - 村瀬北海道大学生物学部古生物学教授  
  • エロ事師たちより 人類学入門(1966年、日活) - きたの会社の部長
  • 何処へ(1966年、宝塚映画) - 木下医師
  • 座頭市の歌が聞える(1966年、大映) - 琵琶法師
  • 湖の琴(1966年、東映) - 岩田嘉平
  • 酔いどれ博士(1966年、大映) - 麻薬王
  • ごんたくれ(1966年、大映) - 青野校長
  • けんかえれじい(1966年、日活) - アヒル先生
  • 暗黒航路(1966年、日活) - 西尾船医
  • 青春の海(1967年、日活) - 校長
  • 上意討ち 拝領妻始末(1967年、東宝) - 塩見兵右衛門
  • 日本のいちばん長い日(1967年、東宝) - 筧庶務課長
  • 父子草(1967年、東宝) - 平井の父
  • 妖怪百物語(1968年、大映) - 伍平  
  • 神々の深き欲望(1968年、日活) - 里徳利
  • 心中天網島(1969年、ATG) - 黒子頭
  • 私が棄てた女(1969年、日活)
  • 新・男はつらいよ(1970年、松竹) - 旅行社社長
  • 幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形(1970年、東宝) - 吏員
  • 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年、東宝) - 泉知事
  • 子連れ狼 死に風に向う乳母車(1972年、東宝) - 三浦帯刀
  • 怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス(1972年、東宝) - 医者
  • 青幻記 遠い母の日は美しく(1973年、東和) - ユタ
  • 砂の器(1974年、松竹) - 巡査
  • 襤褸の旗(1974年) - 宗六
  • 卑弥呼(1974年、ATG) - 語り部
  • ノストラダムスの大予言(1974年、東宝)
  • 告訴せず(1975年、東宝) - 神官
  • 祭りの準備(1975年、ATG) - 沖茂義
  • 青春の門(1975年、東宝) - 労務のボス
  • 八甲田山(1977年、橋本プロ) - 中里村の老人
  • 八つ墓村(1977年、松竹) - 森荘吉
  • トラック野郎 度胸一番星(1977年、東映)
  • はなれ瞽女おりん(1977年、東宝) - 斎藤
  • 原子力戦争 Lost Love(1978年、ATG)
  • 炎の舞(1978年、東宝)
  • 鬼畜(1978年、松竹) - 能登の役所の福祉係
  • 皇帝のいない八月(1978年、松竹) - 秘書
  • 地獄(1979年、東映)
  • 夜叉ヶ池(1979年、松竹)- 影法師・鐘つき弥太兵衛
  • 戒厳令の夜(1980年、東宝)
  • 太陽の子 てだのふあ(1980年、日活 / 共同映画全国系列会議) - おじやん
  • 古都(1980年、東宝)
  • 幸福(1981年、東宝) - 中井長作
  • 悪霊島(1981年、東映) - 老漁夫
  • スローなブギにしてくれ(1981年、角川映画) - 老父
  • 細雪(1983年、東宝) - 音吉
  • 暗室(1983年、にっかつ)
  • 瀬戸内少年野球団(1984年、ヘラルド・エース) - 老船大工
  • おはん(1984年、東宝) - 大工の棟梁
  • メイン・テーマ(1984年、角川映画
  • 伽倻子のために(1984年、劇団ひまわり) - 松本秋男
  • ビルマの竪琴(1985年、東宝) - 村落の村長
  • 鎚の権三(1986年、表現社) - 道具屋の主人
  • 鹿鳴館(1986年、東宝) - 式部官
  • 映画女優(1987年、東宝) - 守衛
  • 竹取物語(1987年、東宝) - 坂上の太政大臣
  • さくら隊散る(1988年、近代映画協会) - 証言者
  • 少年時代(1990年、同映画製作委員会) - 老人
  • 死の棘(1990年、松竹) - 床屋
  • 息子(1991年、松竹) - 田舎の老人
  • 濹東綺譚(1992年、近代映画協会) - 鮫屋のじいさん
  • 押繪と旅する男(1994年、バンダイビジュアル) ※主演作
  • 河童(1994年、日本ヘラルド映画) - 国定忠治
  • 写楽 Sharaku(1995年、松竹富士) - 老人客
  • ひめゆりの塔(1995年、東宝) - 真壁の老人
  • 眠る男(1996年、SPACE) - 郵便局の老人
  • ビリケン(1996年、シネカノン

テレビドラマ[編集]

など

外部リンク[編集]