ミスター・ベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミスター・ベースボール
Mr. Baseball
監督 フレッド・スケピシ
脚本 ゲイリー・ロス
ケヴィン・ウェイド
モンテ・メリック
原案 セオ・ベレティア
ジョン・シュンカーマン
製作 フレッド・スケピシ
ダグ・クレイボーン
ロバート・ニューマイヤー
製作総指揮 ジョン・カオ
ジェフリー・シルヴァー
近藤晋
出演者 トム・セレック
デニス・ヘイスバート
高倉健
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 イアン・ベイカー
編集 ピーター・ホーネス
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年10月2日
日本の旗 1993年2月6日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
興行収入 $20,883,046[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

ミスター・ベースボール』(Mr. Baseball)は、1992年に公開されたアメリカ合衆国の映画日本愛知県名古屋市)を舞台の中心としている。

あらすじ[編集]

メジャーリーグベースボール (MLB)、ニューヨーク・ヤンキースの強打者だったジャックはかつてワールドシリーズMVPを獲得した経験も持つ大物選手だが、ここ最近は目立った成績を残せず、試合直後に酩酊状態で複数の女性との乱交を行ったことが明るみに出るなど、選手としてのイメージも低下。そんな中ルーキーとのポジション争いに敗れ、日本の球団(中日ドラゴンズ[2]へトレードされることとなった。

MLBへの未練を抱えたまま来日し、しばらくは日本文化や日本プロ野球に馴染めず、プライドが高く気の荒い性格も影響して、チームメイトや通訳、監督の内山らと衝突を繰り返す[3]。成績も振るわなかったが、ヒロ子が実家に連れて行く(素麺をすする音に抵抗したり、箸をご飯に立てて叱られる)。そして、他人ではなくジャックを採ったのは自分の判断だったという監督や周りの人物達によって少しずつチームに馴染んでゆき、お互いを理解するようになる。

改心後は3割を超える打率を残す活躍を見せていたが、ジャックの移籍要因となったルーキーの骨折に伴い、ヤンキースのオーナーからアメリカへ戻って欲しいとオファーを受ける。しかし、恋人関係となったヒロ子からの懇願を受け、シーズン終了後まで中日に留まりプレーした。しかし、MLBに戻るというのでヒロ子と喧嘩。そして、内山が現役時代に残した7試合連続本塁打[4]の記録更新が掛かった最終戦で敬遠ばかり。9回裏、監督は「打て」のサイン。個人記録よりもチームの勝利を優先したサヨナラ2ラン・スクイズを決め、リーグ優勝の立役者となる。

MLB・デトロイト・タイガースへと移籍する。

キャスト[編集]

ジャック・エリオット - トム・セレック
主人公。ポジションはファースト。中日での登録名は「エリオット」で、背番号は54。これは「中日がジャックに期待するシーズン本塁打数」という意味合いが込められたものでもある。なお、作中での応援歌は実際に中日に所属したゲーリー・レーシッチアロンゾ・パウエルと同じものが流用された。
右膝に持病を抱えており、自分の部屋ではアイシングを施している場面が度々見られる。
映画のラストでは、現役を引退したジャックがヒロ子と共にアメリカへ戻り、デトロイト・タイガースの打撃コーチに就任。日本で学んだ経験を生かして後進の指導に励む姿が描かれている。
マックス・デュボア - デニス・ヘイスバート
中日の助っ人外国人選手で、ジャックの“先輩”にあたる。背番号は40。登録名は「デュボア」。ポジションはライト。中日には5年という長期に渡り在籍しているが、ジャックに対しては現在もMLBへの復帰願望があることを明かしている。ジャックとは正反対に温厚な性格で、日本の文化にも馴染んでいる。
内山 - 高倉健
中日ドラゴンズの監督。背番号は83。現役時代は野手を務め、7試合連続本塁打という記録も保持している。
選手に「根性論」に基づく非科学的で過酷なトレーニングを課し、徹底的な管理野球も推している。また、読売ジャイアンツには相当な対抗意識を持つ。練習中、ジャックのスイングを一目見ただけでフォームの欠陥(シュートに対する弱点)を見抜くなどの類まれな分析能力を備えるが、近年の監督成績は不振を極めている。
ジャックとは当初通訳の西村を通じて会話をしていたが、実は英語を話すことができる。日本の文化と内山自身が提唱する管理野球に馴染めないジャックとは何度も対立を繰り返したが、「もっと選手を伸び伸びとプレイさせるべき」というジャックからの意見を受け、そのスタイルを改めるようになる。
ヒロ子 - 高梨亜矢
来日して間もないジャックと球場で出会い、身の回りの世話を務める。ジャックとはすぐに恋愛関係になったが、実家に招くまではその正体を隠していた。チーム関係者が気付いていなかったジャックの膝の古傷を真っ先に見抜いている。
西村洋次 - 塩屋俊
中日の通訳担当。ジャックの発言を直訳、あるいは意図的に異なった意味に脚色することもある。気弱でジャックに何度となく怒鳴られたりしていたが、後に厚い信頼が生まれる。
中村 - 穂積隆信
中日の球団社長。当初はチームの成績不振が続いていたこともあり、内山に対して「シーズンの結果如何で監督職を解任する」といった通告を出していた。
山下 - 豊原功補
チームの選手の中では英語ができる方で、ジャックにしばしば声を掛ける。
向井 - 藤原稔三
黒沢 - 森永健司
五十嵐 - マック高野
八木 - 問田憲輔
大前 - 西村譲
佐藤 - 鈴木林蔵
内田 - 水島新太郎
坪井 - 神保悟志
高橋 - 楠見彰太郎
堀コーチ - 大木正司
ヒロコの祖父母 - 浜村純万代峰子
ヒロコのアシスタント - 藤田朋子
審判 - 桜金造掛田誠
CMディレクター - 高野光
スポーツ番組出演者 - 久野誠鷲塚美知代

ほか、レオン・リー(元ロッテ)やアニマル・レスリー(元阪急)など、日本でも活躍した往年のメジャーリーガーや、後藤祝秀といった元プロ野球選手もゲスト出演した。

撮影場所[編集]

当初、オリックス・ブレーブスを舞台に神戸総合運動公園野球場で撮影予定だったが、撮影中に球団名が「オリックス・ブルーウェーブ」(当時)へ変わった[5]ことで、舞台も中日に変更となった。

中日が当時本拠地として使用していたナゴヤ球場を中心に、各セ・リーグ本拠地球場でも撮影され、ナゴヤ球場での撮影ではのべ10万人以上もの名古屋市民がエキストラとして参加した。主人公のアパートなど名古屋市内・愛知県内各所、名古屋空港旅客ターミナル、さらに名鉄電車の車内を使ってもロケが行われた。ユニフォーム・ウィンドブレーカー・スパイク・帽子に関しては、中日で実際に使用しているモデルと同一のものを着用。また、映画内で対戦した広島東洋カープも実使用のユニフォームを着用していた。

また、中部日本放送(CBC)など中日系メディアも撮影に全面協力し、映画ではジャックが『サンデードラゴンズ』や『中日スポーツ』内で特集されるなど随所に登場している。ただし、バックスクリーンのスコアボードは実際のとは違い、グランド内の別の位置に作られている。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mr. Baseball (1992)” (英語). Box Office Mojo. 2011年11月7日閲覧。
  2. ^ 作中での中日は阪神タイガースを除くセントラル・リーグ各球団と対戦する描写がある。
  3. ^ ジャックは「太った女が歌うまでオペラは終わらない」(The Opera Isn't Over Till the Fat Lady Sings)というが、「結果は最後まで分からない」という意味。
  4. ^ 架空の日本記録。実際の日本記録は同数で王貞治ランディ・バースが記録している。
  5. ^ この他1992年11月には、横浜大洋ホエールズのチーム名を翌シーズンから「横浜ベイスターズ」へ変更することを発表。このため、劇中では“横浜大洋”として登場しているが、日本公開時の1993年2月にはチーム名の変更後であった。

外部リンク[編集]