私は二歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
私は二歳
監督 市川崑
脚本 和田夏十
原作 松田道雄
製作 永田秀雅
市川崑
ナレーター 中村メイコ
出演者 船越英二
山本富士子
浦辺粂子
音楽 芥川也寸志
撮影 小林節雄
編集 中静達治
製作会社 大映東京
配給 大映
公開 日本の旗 1962年11月18日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

私は二歳』(わたしはにさい)は、1962年昭和37年)の日本映画

松田道雄の育児書『私は二歳』『私は赤ちゃん』を和田夏十が脚色し、市川崑が監督した子育てを通じて生命の神秘や生きるということについて描いた映画。赤ん坊の成長と赤ん坊の本音を織り交ぜ、赤ん坊の視点で右往左往する両親や大人達の日常を描く。同年のキネマ旬報ベストテン日本映画1位。

あらすじ[編集]

都営団地のサラリーマン夫婦の間に生まれた赤ん坊の名前は太郎。パパとママは僕(太郎)の成長に一喜一憂する毎日。特にママは子育てに悪戦苦闘。おまけに子育てをめぐって嫁姑問題勃発。そのような中で僕が0歳から2歳になるまでの日々を描く。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

その他[編集]

  • 映画製作に当たっては森永乳業が協賛しており、森永牛乳がよく登場するほか、同社の服を着た牛乳配達員の出てくるシーンがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]