ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ある映画監督の生涯 溝口健二の記録
Kenji Mizoguchi: The Life of a Film Director
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
製作総指揮 新藤兼人
出演者 田中絹代
永田雅一
依田義賢
伊藤大輔
宮川一夫
川口松太郎
撮影 三宅義行
編集 近藤光雄
藤田敬子
製作会社 近代映画協会
配給 日本の旗 ATG
公開 日本の旗 1975年5月24日
アメリカ合衆国の旗 1981年8月14日
上映時間 日本の旗 150分
アメリカ合衆国の旗 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』(あるえいがかんとくのしょうがい みぞぐちけんじのきろく)は、1975年(昭和50年)製作・公開、新藤兼人監督による日本の長篇ドキュメンタリー映画である。

略歴・概要[編集]

1946年(昭和21年)、松竹大船撮影所で、野田高梧とともに溝口健二監督作『女性の勝利』の脚本を書いた脚本家・映画監督の新藤兼人が、師と仰ぐ亡き映画監督・溝口健二の生涯を取材する。

溝口の関係者39人に新藤自らインタビューを行い、ゆかりの場所も訪ね、取材を纏め上げた。また溝口が日活向島撮影所の演出部で初めて助監督を務めた田中栄三監督の『京屋襟店』をはじめとして、溝口の監督作はもちろん、溝口に影響を与えた作品が多数引用されている。『京屋襟店』はフィルムプリントが現存せず、残されたスチル写真や映画脚本を資料とした。これらのインタビューと引用された作品を編集し、映画となっている。

1976年(昭和51年)、キネマ旬報賞でベスト・ワン、新藤兼人が監督賞を受賞、同年の毎日映画コンクールでも新藤が監督賞を受賞している[1]

21世紀に入り、アメリカ合衆国クライテリオン・コレクションThe Criterion Collection)、日本のパイオニアLDC(現在のジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)からDVDが発売された。東京国立近代美術館フィルムセンターは、『ある映画監督の生涯 私家版』というヴァージョンのプリントを所蔵している[2]

スタッフ[編集]

「取材協力」とクレジットされた。

俳優
製作者
シナリオライター
監督
カメラマン
照明技師
ほか

資料作品[編集]

資料提供[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ awards, Aru eiga-kantoku no shogai, Internet Movie Database (英語), 2009年12月10日閲覧。
  2. ^ ある映画監督の生涯 私家版東京国立近代美術館フィルムセンター、2009年12月10日閲覧。

外部リンク[編集]