忠次旅日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

忠次旅日記』(ちゅうじたびにっき)は、1927年昭和2年)に日活大将軍撮影所で製作された日本のサイレント映画剣戟映画である。第1部「甲州殺陣篇」、第2部「信州血笑篇」、第3部「御用篇」からなるシリーズ作である。監督は伊藤大輔、主演は大河内傳次郎。「忠次三部作」または「忠次三部曲」と総称される。

概要[編集]

「国定忠次はより怖い。にっこり笑って人を斬る」と歌われた幕末上州(現群馬県)の侠客国定忠次は、悪代官をこらしめ農民を救う英雄として講談浪曲大衆演劇で人気を集め、大正時代には澤田正二郎演じる新国劇の舞台や尾上松之助主演による映画化が行われていた。

1926年(大正15年)に日活に入社した伊藤大輔は、同年の時代劇映画『長恨』でコンビを組んだ第二新国劇出身の若手俳優、大河内傳次郎を使って従来の颯爽とした英雄忠次像を廃し、子分に裏切られて破滅していく人間くさい忠次像を映画化しようとした。だが、経営陣は、松之助が演じた従来の忠次像にこだわり許可しなかったので、止む無く伊藤は第1部「甲州殺陣篇」でヒーローとしての忠次を描いた。幸い好評を得たので、その実績をもとに本来のテーマである第2部、第3部を製作した。伊藤本人の言を借りれば「無頼漢の忠次とは何事だと横槍が出て、仕方なしに『血笑篇』と『御用篇』のテーマは残して、最初に『甲州殺陣篇』と言う無意味な立ち回りを撮ったんです。その立ち回りが当たったんで、松之助さんも病没したことではあるし、まあ続けてあともやれということで……そんな時代の産物でしたよ、あの忠次は」というように、第1部は監督自身あまり愛着を持っておらず、本来のテーマを元にした第2部、第3部が重要なのであった。それでも三作とも、外国映画の影響を受けた斬新な演出、動きのあるカメラワーク、御用提灯の効果的な使用、大河内の迫真の演技、激しい立ち回り、瑞々しいリリシズム、字幕の巧妙な使用など、従来の時代劇と違う新しさが評価された。

作品は大ヒットし、芸術的にも高く評価され、たちまちのうちに監督・伊藤大輔、主演・大河内伝次郎、撮影・唐沢弘光のゴールデントリオに人気が集まった。以降このトリオは最新の映像表現で、『新版大岡政談』『興亡新撰組』『御誂次郎吉格子』などサイレント時代劇の名作を世に送っていった。当時の評を見ると「鮮烈なタッチのカッテイングと悲壮感」(第1部)「胸を打つセンチメンタリズムのほとばしり」(第2部)「灰色のニヒリズムと悲愴美」(第3部)と書かれていて、後の日本映画を支える人材達はこの映画に少なからず影響を受けており、その後の日本映画の歴史を変えたエポックメーキングな「時代劇の古典」として重要な地位を占めている。

その後、伊藤監督自身が総集篇を作るときに第1部を廃棄、残った第2部と第3部のフィルムも散逸し、第3部の1分間の断片シーンしか残されていない「幻の名作」とされていたが、1991年(平成3年)12月、広島県の民家の蔵から可燃性のフィルムが発見された。フィルムは広島市映像文化ライブラリーを経て、東京国立近代美術館フィルムセンターで復元作業が行われた。フィルムは第2部の一部と第3部の大部分、計89分であることが分かった。1992年(平成4年)10月10日、11日、同センターで復元版が公開された。2011年(平成23年)7月には同センターが着色及びデジタルマスタリング化を行った106分のデジタル版が上映され、9月にはCSの衛星劇場で放送されて、茶の間にも名作が見られるようになった(フィルム修復の過程を描いた特別番組『「忠次旅日記」が辿った軌跡』も放送された)。

昭和2年度のキネマ旬報ベストテンに第2部が第1位、第3部が第4位にランクインされた。

その後の評価[編集]

公開してから半世紀ほどが経っても、当時フィルムが紛失していたにもかかわらず、作品は高く評価され続けている。2001年の第20回ポルデノーネ無声映画祭では日本映画特集の1本として、現存する106分のフィルムが上映された。
ランキングは以下の通り

  • 1959年:「日本映画60年を代表する最高作品ベストテン」(キネマ旬報社発表)第1位
  • 1979年:「日本公開外国映画ベストテン(キネ旬戦後復刊800号記念)」(キネ旬発表)
    • 第9位(『信州血笑篇』)
    • 第17位(『御用篇』)
  • 1989年:「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)第42位(サイレント映画としては小津安二郎の『大人の見る絵本 生れてはみたけれど』(31位)に次いで高い順位である)
  • 1995年:「オールタイムベストテン・日本映画編」(キネ旬発表)第14位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊80周年記念)」(キネ旬発表)第82位

第1部「甲州殺陣篇」[編集]

忠次旅日記
第1部 甲州殺陣篇
監督 伊藤大輔
脚本 伊藤大輔
原作 伊藤大輔
出演者 大河内伝次郎
撮影 奥阪武男
製作会社 日活大将軍撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1927年3月10日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 第2部 信州血笑篇
テンプレートを表示

忠次旅日記 第1部 甲州殺陣篇』(ちゅうじたびにっき だいいちぶ こうしゅうたてへん)は、1927年製作・公開のサイレント映画剣戟映画である。現存はしていない。

あらすじ[編集]

甲州の山中、捕り手に追われ谷川に飛びこんだ忠次は、水晶掘りのお玉と三吉の姉弟に救われる。二人は遺産の水晶鉱山を、叔父で顔役の文太と十手持ちの博徒八幡屋兵蔵に奪われ、不自由な暮らしを強いられていた。その後、文太と兵蔵がお玉を拉致し大金を奪った事に怒った忠次は、水晶商人に変装して八幡屋のもとを尋ね、正体を明かして姉弟の危機を救う。その帰り道に待ち伏せていた悪人を倒し、姉弟に別れを告げていずこともなく去っていく。

スタッフ[編集]

  • 監督・原作・脚本:伊藤大輔
  • 撮影:奥阪武男

キャスト[編集]

  • 国定忠次:大河内伝次郎
  • 風間三吉:市川市丸
  • 姉お玉:木下千代子
  • 八幡屋兵蔵:嵐珏松郎
  • 相馬の半次:嵐岡若
  • 風間の文太:中村仙之助
  • 唄馬鹿五平:片岡小亀
  • 三ツ口源次:尾上竹雀
  • 疳虫の勘十:金山鉄次郎
  • 酌婦お柳:沢村春子

第2部「信州血笑篇」[編集]

忠次旅日記
第2部 信州血笑篇
監督 伊藤大輔
脚本 伊藤大輔
原作 伊藤大輔
出演者 大河内伝次郎
撮影 渡会六蔵
製作会社 日活大将軍撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1927年8月14日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 第1部 甲州殺陣篇
次作 第3部 御用篇
テンプレートを表示

忠次旅日記 第2部 信州血笑篇』(ちゅじたびにっき だいにぶ しんしゅうけっしょうへん)は、1927年製作・公開のサイレント映画剣戟映画である。一部が現存している。

あらすじ[編集]

悪代官を斬って赤城山に立てこもった忠次は役人に襲われたが、そのときの誤解から友人御室の勘助を死なせてしまい、償いのため勘助の遺児・勘太郎を連れて放浪の旅に出る。仇である自分を親のように慕う勘太郎に、忠次は心からの愛情をそそぎながらも今後のことを思い、信州の顔役壁安こと壁安左衛門に勘太郎の身柄を預けようとするが、かつての子分が自分の名を騙って盗賊をすることを知る。怒りと失望に愕然とする忠次。子分は申し訳なさに自害、「身内には盗賊はいない」と思っていた忠次は恥じて勘太郎とともに壁安の家を出る。そのころ忠次の持病の中風が悪化し利き腕の右手が利かなくなる。頼りにしていた子分や友人にも次々と裏切られ、探索の手はきびしくなるばかり。次々と二人を襲う危機を何とかして切り抜けるが、最早、子連れの逃避行は出来なくなってきた。二人の身を案じる壁安の命をうけ追いついてきた子分・三つ木の文蔵の説得に、忠次は泣く泣く勘太郎と別れ、朝焼けの中を一人おちのびる。

スタッフ[編集]

  • 監督・原作・脚本:伊藤大輔
  • 撮影:渡会六蔵

キャスト[編集]

  • 国定忠次:大河内伝次郎
  • 三ツ木の文蔵:阪本清之助
  • 板割の浅太郎:岡崎晴夫
  • 御室の勘助:実川延一郎
  • 倅勘太郎:中村吉雄
  • 壁安左衛門:中村吉次
  • 碇床の松吉:金子鉄郎
  • 阿坂の政吉:朝日奈勇二郎
  • 松田の十兵衛:嵐岡若
  • 加部谷の音吉:大島猛
  • 小銀:九條和子
  • お蔦:光山朝子

第3部「御用篇」[編集]

忠次旅日記
第3部 御用篇
監督 伊藤大輔
脚本 伊藤大輔
原作 伊藤大輔
出演者 大河内伝次郎
伏見直江
撮影 唐沢弘光
製作会社 日活大将軍撮影所
配給 日活
公開 日本の旗 1927年12月27日
イタリアの旗 2001年
ポルデノーネ無声映画祭
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 第2部 信州血笑篇
テンプレートを表示

忠次旅日記 第3部 御用篇』(ちゅうじたびにっき だいさんぶ ごようへん)は、1927年製作・公開のサイレント映画剣戟映画である。

あらすじ[編集]

越後長岡の造り酒屋澤田屋に番頭として潜伏していた忠次は、束の間の平穏な時期を過ごしている。澤田屋の娘お粂に告白されるが、自分の境遇では受け入れられないと悩む。ある日澤田屋の息子の危機を救うために悪人の音蔵に正体を明かし、捕り手に追われる羽目になる。澤田屋とお粂との犠牲で窮地を脱した忠次は病苦に苦しみながらようやく上州に帰り、成長した勘太郎に合いに行くが、お尋ね者の身では声をかけることすら出来ない。忠次は病気と心痛のあまり山中で倒れ、役人に捕らえられる。一方、文蔵ら子分たちは護送途中の忠次を救い、戸板に乗せて妾のお品が待つ国定村に帰る。寝たきりの忠次を、村人や身内は献身的に看護する。だが、裏切り者が出て隠れ家は捕り手に包囲される。忠次を守るべく子分たちは奮戦するが一人また一人倒され、役人中山精一郎に諭された忠次はお品もろとも縄につく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  • 伊藤大輔『時代劇映画の詩と真実』、キネマ旬報社、1976年
  • 佐藤忠男他編『講座 日本映画史』2、岩波書店、1986年
  • 梶田章『大河内傳次郎』、朝日ソノラマ、1992年
  • キネマ旬報」No.1095 1992年12月号、キネマ旬報社、1992年
  • 佐伯知紀編『映画読本 伊藤大輔』、フィルムアート社、1996年