黒い雨 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒い雨
監督 今村昌平
脚本 今村昌平
石堂淑朗
原作 井伏鱒二
製作 飯野久
出演者 田中好子
北村和夫
市原悦子
三木のり平
音楽 武満徹
撮影 川又昂
編集 岡安肇
配給 東映
公開 日本の旗 1989年5月13日
アメリカ合衆国の旗 1989年9月17日
上映時間 123分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

黒い雨』(くろいあめ)は、1989年5月13日より公開された原子爆弾(原爆)の恐怖と悲劇を描いた日本映画である。1965年に出版された井伏鱒二の小説『黒い雨』の映画化。矢須子に扮した主演の田中好子の演技は高く評価され、公開翌年の第13回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ数々の部門で受賞した。

英語圏ではBlack Rainブラック・レイン)という題名で上映された。奇しくも同じ1989年に同名でまったく別の映画「ブラック・レイン」が公開されており、こちらは大阪を舞台にしたアメリカ合衆国の映画であり、松田優作の遺作である。どちらの映画ともタイトルは、原子爆弾投下後に降る「黒い雨」のことを指している。

あらすじ[編集]

広島の原爆投下によって人生を変えられた閑間夫婦と姪の矢須子の悲劇的な運命を描く。取巻きの人物の二次被爆の恐ろしさも明瞭に描かれている。

登場人物[編集]

幼き頃から叔父である重松夫婦に引き取られて育てられた20歳の少女。直接被爆はしていないが、瀬戸内海を渡る小舟の上で、黒い雨を浴びた。5年後、縁談が持ち上がるが・・・。
矢須子の叔父。横川駅の列車内で被爆するが、かろうじて頬の火傷の軽傷で助かる。残留放射能黒い雨による二次被爆の恐ろしさを目の当たりにする。矢須子の結婚について、病院で矢須子の健康診断書をもらうなど気にかけている。
矢須子の叔母。被爆時は家中にいたが家の倒壊もなく無傷で済む。迷信深い性格。自身に子供ができないことや、矢須子がなかなか結婚できないことに負い目を感じている。
重松の母で矢須子の祖母。農地解放によって土地を手放す事になったショックで認知症が始まり、矢須子を娘の清子と間違えている。
  • 池本屋のおばはん - 沢たまき
  • 池本屋文子 - 立石麻由美
福山市のキャバレーで働いていて、休みをもらって帰ってきた。
原爆投下直後の8月7日から二日間、被爆者救助の為に広島に行き残留放射能により二次被爆してしまう。
息子・悠一が敵襲による発作(後述)を起こすたびに、身を挺して雄一に覆いかぶさり「(作戦)成功!」と叫んでその場を収めるのが日課。息子が矢須子に好意を持っていると気づき、重松に2人の結婚を申し出た。
原作者の短編「遙拝隊長」の主人公から創造された映画オリジナルの登場人物。
敵戦車に布団爆弾を持って飛び込む元特攻隊員。家の前の道をエンジン音をさせながらバスなどが通るたびにフラッシュバックを起こし、「敵襲!」と叫んで、ほふく前進しながら布団爆弾に見たてたを使って車体下にしかけようとする。普段は自宅の離れで石像を彫っており、穏やかな性格。
実家が鉄工所を経営していて、朝鮮特需で景気が良くなる。矢須子とは、おばの美容室で時どき会ったことがあり、青乃が好意を持ち交際を申し込んだ。
祈祷師。なかなか縁談が決まらない矢須子のことを相談するためにシゲ子が呼んだ。義姉の清子が憑依したとして助言した。

制作・エピソード[編集]

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

  • 死ぬために、生きているのではありません。
  • 体の中で、戦争は続いています。

撮影技法[編集]

あえてモノクロフィルムで撮影を行い、重松の被爆シーン、炸裂する原子爆弾、立ち上るキノコ雲、爆心地に転がる黒焦げの焼死体などを特撮を駆使して、極めてリアルに再現している。原爆投下後の広島の惨状のシーンは、やはり広島原爆を描いたアニメ映画『はだしのゲン』での描写を参考にしている。

未公開シーン[編集]

劇場公開された版やビデオ版では、トラックで矢須子が病院に運ばれる様子を重松が眺める場面でエンドロールとなるが、DVDのデジタルニューマスター版では、矢須子が生き延びて、原爆投下から20年後に四国の霊場をヤケドの四十男と共に巡礼として歩く、原作には無いエピソードが19分のカラー映像として描かれている。これは今村監督が当初付け加える予定で撮影した物だが、迷いに迷った末に完成した作品から削除した物である。その未公開カラー部分は、神が人間を見守る様な視線で主人公と戦後の日本人を描いている[要出典]

逸話[編集]

庄吉役の小沢昭一は、この映画の撮影時に転落事故を起こし左手手首を骨折した。そのため映画では原作には無い設定(庄吉は原爆投下の際腕に大怪我を負ってしまい、それを隠すために常に包帯を巻いている)が加えられた。小沢は最初から最後まで左手にギプスをはめた状態で演技をしている。

伝説[編集]

当初の予定を変更し原作通りの追加撮影をする事になったため、製作費が逼迫してしまった影響でメインスタッフの技師らはノーギャラを宣告されてしまう。「餅代くらいは出すから」と言うプロデューサーの言葉をシャレや冗談だと思っていたスタッフらだったが、後日、プロデューサーは本当に市販されている真空パックの切り餅を一個ずつ配った。

受賞歴[編集]

外部リンク[編集]