雨あがる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

雨あがる』(あめあがる)は、山本周五郎短編小説1951年7月にサンデー毎日増刊号に掲載。「おごそかな渇き」(新潮文庫)に所収。1976年フジテレビの時代劇「夫婦旅日記 さらば浪人」の原作となっている。2000年に映画化された。

小説[編集]

映画[編集]

雨あがる
After the Rain
監督 小泉堯史
脚本 黒澤明
原作 山本周五郎
出演者 寺尾聰
宮崎美子
三船史郎
原田美枝子
音楽 佐藤勝
撮影 上田正治
編集 阿賀英登
配給 東宝アスミック・エース
公開 日本の旗 2000年1月22日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7.5億円
テンプレートを表示

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

黒澤は脚本執筆中に骨折して療養生活に入り、完成させることなく亡くなった。助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉が黒澤から聞いた構想や残されたノートを参考に補作して完成させた脚本である。

黒澤の通夜の時、黒澤久雄が、長年黒澤の側にいて尽くしてくれた小泉さんに、恩返しの意味も込めてこの作品の監督をしてほしいと漏らしている。さらに数日後の黒澤のお別れ会のとき、黒澤組の皆を前に、小泉さんに監督をぜひやってもらいたいので皆協力してほしいと呼びかけ、その後監督として小泉は準備し、8ヶ月後にクランクインする。[1]

黒澤の構想では、ラストで伊兵衛に追いついた殿様が、藩に戻るよう頼む場面があり、実際、撮影も行われたが、完成作品ではカットされ存在しない。伊兵衛を演じた寺尾は「(その場面は)演じていて意心地が悪かった。」という感想を小泉に伝えたという。

本作は黒澤存命中にも、黒澤が「撮ろう」といえば、いつでもクランクインできるように準備が整えられていたが黒澤は体調の問題もあってか、ゴーサインを出さなかった。本作にも撮影協力として参加している斎藤孝雄は「ファインダーを覗けなくても、今はいいモニターがあるから大丈夫です。仕事をしましょう。」といっても「うん」と言ってくれなかったと述懐している。

本作は、長年黒澤映画の音楽を担当していたが、『影武者』で音楽の方向性の違いから降板し離れていた佐藤勝の「黒澤映画」への復帰作であり、彼の「遺作」でもある。

佐藤はエンディングのクレジットタイトルの音楽の演奏については、演奏家が疲れていたせいで納得のいく出来ではなかったが、予算超過で新人監督である小泉堯史の門出に傷をつけるようなことはしたくないと、NGにして再録音することは避けたという。このような事情から、公開時に発売されたサウンドトラックCDには、エンディングの曲目は収録されていない。

檀ふみは、1990年の映画『』でテレビのアナウンサー役として出演が決まっていたのが、予算の都合でそのエピソードがカットされたため幻となった。殿様の奥方役でのキャスティングは、その埋め合わせの意味もある。

受賞[編集]

  • 第24回日本アカデミー賞
    • 最優秀作品賞
    • 最優秀脚本賞(黒澤明)
    • 最優秀主演男優賞(寺尾聡)
    • 最優秀助演女優賞(原田美枝子)
    • 最優秀音楽賞(佐藤勝)
    • 最優秀撮影賞(上田正治)
    • 最優秀照明賞(佐野武治)
    • 最優秀美術賞(村木与四郎
    • 優秀監督賞(小泉堯史)
    • 優秀助演男優賞(三船史郎)
    • 優秀主演女優賞(宮崎美子)
    • 優秀録音賞(紅谷愃一)
    • 優秀編集賞(阿賀英登)


テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『黒澤明「夢は天才である」』文藝春秋1999年

外部リンク[編集]