告白 (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
告白
Confessions
監督 中島哲也
脚本 中島哲也
原作 湊かなえ
製作 島谷能成
百武弘二 ほか
製作総指揮 市川南
出演者 松たか子
岡田将生
木村佳乃
音楽 金橋豊彦
主題歌 レディオヘッド
ラスト・フラワーズ
撮影 阿藤正一
尾澤篤史
編集 小池義幸
製作会社 東宝映像制作部
リクリ
配給 東宝
公開 日本の旗 2010年6月5日
カナダの旗 2010年9月17日TIFF
イギリスの旗 2011年2月18日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 38.5億円[1]
テンプレートを表示

告白』(こくはく)は、2010年日本映画湊かなえによる同名のベストセラー小説映画化。監督中島哲也、主演松たか子。2010年6月5日に配給東宝で公開された。娘を殺された中学校教師が生徒を相手に真相に迫っていくミステリー映画[2]少年犯罪家庭内暴力イジメなど、過激な内容や描写で映倫からR15+指定を受けた[3][4]。だが設定の関係上、キャストには15歳未満のものも多くおり、それらキャストは公開後に自分が出演した本作を見ることができなかった。第34回日本アカデミー賞では4冠を達成し、2010年度に日本で公開された日本映画の興行収入成績で第7位になるなど興行的にも成功した。また、映画の脚本を元にしたコミック版も発売された。

あらすじ[編集]

とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。

「わたしは、シングルマザーです。わたしの娘は、死にました。警察は、事故死と判断しました。でも事故死ではありません。娘は、このクラスの生徒に殺されたんです」

一瞬にして静まりかえる教室内。この衝撃的な告白から、物語は幕を開けた。

キャスト[編集]

1年B組の生徒《37人の13歳》(並びは、役名の50音順)

男子

  • 阿部 翔太 - 大倉裕真
  • 上矢 俊介 - 大迫葵
  • 神山 聡 - 中島広稀
  • 神崎 唯 - 清水尚弥
  • 北野 和真 - 前田輝
  • 下村 直樹(少年B) - 藤原薫
  • 杉浦 淳 - 倉田伊織
  • 高橋 弘輝 - 草川拓弥
  • 田中 亮 - 樺澤力也
  • 中西 健斗 - 根本一輝
  • 藤崎 賢太郎 - 清水元揮
  • 引田 和敬 - 三村和敬
  • 星野 祐介 - 一井直樹
  • 前川 優真 - 井之脇海
  • 水野 雄土 - 田中雄土
  • 村川 新也 - 天見樹力
  • 渡辺 修哉(少年A) - 西井幸人

女子

スタッフ[編集]

製作[編集]

映画化に当たって中島は本作にて脚色も担当し、ストーリーの時系列が原作とは異なっている。廃校となった栃木県立芳賀高等学校がロケ地として使われ、同校体育館ではクライマックスの終業式のシーンが撮影された[5]。その他、「日本工科大学理工学部」は群馬県の昭和庁舎で撮影されている[6]。舎内では爆破シーンも撮影されたが、歴史ある建物ゆえに火薬などを使った撮影は許可が下りず、ブルーシートを張ってコンピュータグラフィックスを使っての撮影となった[6]

公開初日の2010年6月5日限定でテレビCMの中で映画のラストシーン、松が泣きながら生徒の髪をわしづかみにし「あなたの更生はこれから始まるの」と鬼の形相で迫るシーンが放送されたが、ラストシーンをCMに使用するのは異例なことであり、中島はネタばれを恐れて「ここまでやらなきゃいけないのか」と不安をもらした[4]。また、配給東宝には米ハリウッド3社からリメイクのオファーがあり、アイルランド、香港、台湾への配給も決定された[7]

評価・影響[編集]

全国266スクリーンで公開され、2010年6月5-6日初日2日間で興収2億6,983万5,200円、動員は19万4,893人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[8]。実写日本映画作品の首位獲得は2009年10月の『僕の初恋をキミに捧ぐ』以来となる。さらに口コミの影響もあり、興行収入が公開第2週土日2日間で20万523人、第3週で21万102人、第4週で21万888人と3週連続前週比越えとなる4週連続ランキング第1位を樹立。公開16日間で119万4,344人と100万人突破し、さらに公開23日間の累計興収が21億6,472万2,900円と20億円を超え、公開第8週目で35億円を突破するという予想外ともいえる大ヒットとなった[9][10][11][12]。最終興収は38.5億円になり、2010年度に日本で公開された日本映画の興行収入成績で第7位となった[1]。台湾でも2010年度興行収入邦画第1位[13][14]

2011年1月19日、第83回米アカデミー賞外国語映画賞の第1次選考の9作品に残ったものの、最終ノミネートは逃した[15]

日本国内の評価は賛否が分かれた。キネマ旬報誌選出の2010年度日本映画ベストテンでは2位[16]第34回日本アカデミー賞では最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞を受賞した一方[2]映画芸術誌選出の2010年度日本映画ベストテン&ワーストテンではワースト1位に選出された。

映画公開後、原作である小説『告白』が再び注目を浴び、大きな売り上げを上げた。双葉社は、2010年4月、映画化に合わせるかたちで文庫本を出版し、それのみで約200万部のベストセラーとなったほか、Amazon.co.jpが発表した「2010年上半期Booksランキング・文庫(文芸)」では、販売期間がわずか2か月であったにもかかわらず、1位に輝いた[17]

受賞歴[編集]

関連商品[編集]

ソフト化[編集]

2011年1月28日発売。発売・販売元は東宝[25]TSUTAYAのDVDレンタルランキングでは、2011年の年間トップになった[26]

サウンドトラック[編集]

2010年5月26日にオリジナルサウンドトラックが発売。主題歌を歌うレディオヘッド、挿入歌を歌うAKB48BORISをはじめとしたさまざまなアーティストが参加した作品となった。

コミック版[編集]

2010年(平成22年)、映画の公開に際して、その脚本をベースに漫画化された。双葉社の漫画雑誌『JOURすてきな主婦たち』2010年3月号-6月号掲載分が初出である。

書誌情報[編集]

  • 湊かなえ原作、木村まるみ作画、2010「告白」製作委員会企画協力 『[コミック版]告白』 双葉社、全1巻

参考文献[編集]

  1. ^ a b 日本映画製作者連盟 (2011年). “2010年(平成22年)興収10億円以上番組 (PDF)”. 2012年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c “日本アカデミー賞 「告白」4冠 「悪人」が俳優賞独占”. 読売新聞. (2011年2月19日) 
  3. ^ 伊藤徳裕 (2010年6月1日). “強い刺激、反応楽しみ 映画「告白」中島哲也監督”. 産経新聞 
  4. ^ a b 松たか子、映画のラストシーン見せちゃう”. 産経スポーツ (2010年6月2日). 2012年7月3日閲覧。
  5. ^ 穴原功郎 (2009年11月11日). “中高生、松たか子と共演だ/エキストラ940人を募集/映画「告白」撮影来月旧芳賀高で”. 下野新聞 
  6. ^ a b “映画「告白」名場面飾る歴史的建物 群馬・昭和庁舎”. msn産経ニュース (大橋拓史). (2013年9月15日). http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130915/ent13091512000008-n1.htm 2013年9月15日閲覧。 
  7. ^ 松たか子主演「告白」香港など海外配給へ”. SANSPO.COMdate=2010-06-06. 2012年7月3日閲覧。
  8. ^ 『告白』2日で2億超えでどっかーんとトップに降臨!『アリス』が首位から陥落【映画週末興行成績】シネマトゥディ 2010年6月8日
  9. ^ 松たか子主演映画『告白』が3週連続1位 衝撃的な映画がヒットする“異例”を読み解くORICONSTYLE 2010年6月22日
  10. ^ 10代から20代の口コミ広がり『告白』がV4を達成!!予想外のヒットで30億円は確実とうれしい悲鳴!!【映画週末興行成績】シネマトゥディ 2010年6月29日
  11. ^ 踊る×ポケモン×トイ・ストーリー、三つどもえ勝負の結果!勝因は3D、2D、字幕、吹き替えでのスクリーン数の増加シネマトゥディ 2010年7月13日
  12. ^ 今年の夏は動員ミリオン超え作品が続出!『アリエッティ』『トイ・ストーリー』『踊る』『ポケモン』『告白』【映画週末興行成績】シネマトゥデイ 2010年7月27日
  13. ^ 賀!【告白】榮登2010年日片票房第一! 上映5週仍單場亞軍、iFilm、2010年11月29日。
  14. ^ K-MOVIE / K 電影賭盤、K-MOVIE。
  15. ^ a b “アカデミー賞- 「告白」最終候補外れる 最多は「英国王のスピーチ」”. 毎日新聞 (毎日jp). (2011年1月26日). http://mainichi.jp/enta/cinema/news/20110126k0000m040123000c.html 2011年1月25日閲覧。 [リンク切れ]
  16. ^ a b 2010年 第84回 キネマ旬報ベスト・テン結果発表”. キネマ旬報社 (2011年2月5日). 2012年7月3日閲覧。
  17. ^ 伊藤徳裕 (2010年8月10日). “映画効果 原作人気再燃 湊かなえさん「告白」 4月発売文庫本、200万部に”. 産経新聞 
  18. ^ 松たか子主演映画「告白」が審査員特別賞”. SANSPO.COM (2010年7月24日). 2012年7月5日閲覧。
  19. ^ 松たか子「告白」アカデミー賞“ノミネート””. SANSPO.COM (2011年1月21日). 2012年7月5日閲覧。
  20. ^ 平辻哲也 (2010年12月22日). “報知映画賞表彰式[監督賞]中島哲也監督ぼやく「中学生は尊敬してくれない」”. スポーツ報知 
  21. ^ “エランドール賞作品賞 映画「告白」とドラマ「龍馬伝」”. 読売新聞. (2011年2月2日) 
  22. ^ “ブルーリボン賞授賞式 主演男優賞の妻夫木聡が主演舞台直前も強行出席”. スポーツ報知. (2011年2月16日) 
  23. ^ 松たか子、主演女優賞を受賞「誇り」”. SANSPO.COM (2011年4月18日). 2012年7月5日閲覧。
  24. ^ 2011 受賞作品&投票結果 1位〜20位”. 映画館大賞実行委員会. 2012年6月27日閲覧。
  25. ^ “[DVD情報]「遠距離恋愛 彼女の決断」ほか”. 読売新聞. (2011年1月12日) 
  26. ^ “TSUTAYA DVDレンタル、最高更新 11年は7億4224万枚”. フジサンケイビジネスアイ. (2012年1月28日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]