映画倫理委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
映画倫理委員会
団体種類 任意団体
設立 1956年12月
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座3-9-18 東銀座ビル2F
北緯35度40分18.38秒東経139度46分4.23秒座標: 北緯35度40分18.38秒 東経139度46分4.23秒
起源 映画倫理規程管理委員会 (1949年)
主要人物 委員長 大木圭之介
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 劇場用映画、予告篇、ポスターなどの審査
従業員数 5名 (事務局・試写室)
ウェブサイト eirin.jp
年少者映画審議会 (諮問機関)
映画倫理委員会 (第三者機関)
テンプレートを表示

映画倫理委員会(えいがりんりいいんかい、英語: Film Classification and Rating Committee)は、主に映画作品の内容を審査し、レイティング設定を行う日本の任意団体である[1]。略称は映倫(えいりん)、1949年(昭和24年)に設立された映画倫理規程管理委員会(えいがりんりきていかんりいいんかい、通称旧映倫)を基礎に、1956年(昭和31年)に新たに設立された映画倫理管理委員会(えいがりんりかんりいいんかい、通称新映倫)を2009年(平成21年)に現在の名称・機構に改めたものである[1]

沿革[編集]

  • 1949年4月 - 「映画倫理規程」制定、映画倫理規程管理委員会(旧映倫)発足
  • 1956年12月 - 映画倫理管理委員会(新映倫)が発足
  • 2009年4月23日 - 「映画倫理綱領」制定、映画倫理委員会と改称

データ[編集]

概要[編集]

1949年(昭和24年)に「映画倫理規程」が制定され、この実施・管理のため業界内部組織として映画倫理規程管理委員会(旧映倫)が発足した[1]。同年4月14日、永田雅一を同委員会代表に、野田高梧山崎修一初田敬小林勝長江道太郎らが委員となって発足した旨の発表が行われた[2]。1951年(昭和26年)1月、従来の日本映画製作者連盟(映連)会長兼任から学識経験者を委員長として専任することになり、元東宝社長・法学士渡辺銕蔵が2代目委員長に就任した[3]

1956年(昭和31年)に、若者の享楽的な風俗を描いた、石原慎太郎原作の映画太陽の季節』が公開された際には、各地で未成年者の観覧が、条例によって禁止される社会問題となり[4]、その反省を受けて委員を外部の有識者に委嘱し、運営を映画界から切り離す組織改編が行われ、同年12月に新たな自主規制機関となる映画倫理管理委員会(新映倫)が発足した[1]

2009年(平成21年)4月23日に「映画倫理規程」に代わり「映画倫理綱領」が制定され、同時に委員会の名称も映画倫理委員会に改められた。また、年齢層に対応して推薦する映画を選定するため、映画倫理委員会委員長の諮問機関として「年少者映画審議会」が設置された。全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)に加盟する映画館は、映倫の審査した作品のみを上映することになっている。

レイティングは主にアメリカの倫理基準を参考にした独自のものであり、申請者は審査結果に異議がある場合は再審査を請求できる。区分には、G(年齢にかかわらず誰でも観覧できる)、PG12(12歳未満の年少者の観覧には、親または保護者の助言・指導が必要)、R15+(15歳未満は観覧禁止)、R18+(18歳未満は観覧禁止)の4種類があり、2009年より色分け表示が導入された。

規程では質の批評は行わないことになっているものの、基準には時代の流れが反映される。1990年代前半には『美しき諍い女』により性表現が、1990年代後半から2000年代は『バトル・ロワイアル』を始めとした暴力表現や『スワロウテイル』などの反社会的表現が規制の対象になった。

DVD作品やゲームソフトなどの審査は別団体が行うが、経済産業省の指導により2006年(平成18年)7月に映像コンテンツ倫理連絡会議が設置され、日本ビデオ倫理協会(NEVA、ビデ倫)、コンピュータソフトウェア倫理機構(EOCS、ソフ倫)、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、コンピュータエンターテインメントレーティング機構(CERO)、日本アミューズメントマシン工業協会(JAMMA)とともにレイティングの審査基準・表示の統一化を検討している。

問題点[編集]

委員の平均年齢が60歳以上、近年まで女性が委員に起用されなかったことなど、審査体制が時代にそぐわなくなっていることがたびたび指摘されている。また基準の不透明さや、本来行われないはずの質の批評が行われていることも問題視されている。

そのほか、2007年(平成19年)4月に公開された『バベル』で、観客が点滅映像により光過敏性発作を起こした際には映像技法の審査の不備が、同じく同月公開の『ツォツィ』のR-15指定を巡り再審査が却下された際には、再審査に関し成文化されたルールが未整備であることが問題となった[5]

わいせつ基準の緩和[編集]

2008年(平成20年)に出されたメイプルソープ事件の最高裁判決によりわいせつ基準が緩和され、それに伴い映倫の基準も緩和された。一定の要件を満たせばヘアのみならず性器であってもモザイクを施さなくてもよいとされ、性器が無修正で描写されている作品が多数上映されている。男性器が描写されている例としては、ジャッカスやベティブルー等の作品があげられる。ヘアのみならず女性器までもが描写されている例としては、愛のキンゼイレポート、クリムト等の芸術作品が挙げられる。

過去の例をみる限り、その要件は以下のように厳しいものとなっている。ただし、『ジャッカス』映画版のような芸術性などが認められない作品でも性器の無修正描写が許可されており、その基準は不明確なものとなっている。

  1. 外国文化尊重の観点から、洋画に限られる。
  2. 海外で芸術的評価を受けている描写、または医学的な描写、性教育目的の学術的描写等の正当な理由があること。
  3. 露骨な描写ではないこと(アップにしないなど)。
  4. 静止画像ではないこと。
  5. セックスシーンではないこと。
  6. 未成年者に配慮し、R指定とすること。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 映倫の概要映画倫理委員会、2013年7月10日閲覧。
  2. ^ 遠藤[1973], p.53.
  3. ^ 遠藤[1973], p.59.
  4. ^ 「太陽族映画に反発 各地で観覧を禁止」 朝日新聞、1956年8月3日付朝刊。
  5. ^ 映画『ツォツィ』、映倫へのR-15再審査請求は却下」、ORICON STYLE ニュース、2007年4月13日付、2012年3月11日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]