オールド・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オールド・ボーイ
올드 보이
監督 パク・チャヌク
脚本 ワン・ジョユン
イム・ジュンヒュン
パク・チャヌク
原作 土屋ガロン
嶺岸信明
ルーズ戦記 オールドボーイ
製作 キム・ドンジュ
製作総指揮 キム・ドンジュ
出演者 チェ・ミンシク
ユ・ジテ
カン・ヘジョン
チ・デハン
音楽 チョ・ヨンウク
撮影 チョン・ジョンフン
製作会社 SHOW EAST
配給 日本の旗 ショウゲート
公開 韓国の旗 2003年11月21日
日本の旗 2004年11月6日
上映時間 120分
製作国 韓国の旗 韓国
言語 韓国語
興行収入 $14,980,005[1]
テンプレートを表示
オールド・ボーイ
各種表記
ハングル 올드 보이
漢字 原罪犯
発音 オールド・ボーイ
オルドゥ ボイ
英題 Old Boy
テンプレートを表示

オールド・ボーイ』(Old Boy)は、2003年公開の韓国映画パク・チャヌク監督の復讐三部作の第2作。

原作は土屋ガロン(作)、嶺岸信明(画)による同名の漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』。1996年から1998年に「漫画アクション」で連載された。

第57回カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ、第37回シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリを受賞した。

ストーリー[編集]

映画と原作では本筋のストーリーは同じだが、舞台が日本から韓国に変わっているなどの変更がある。

  • 映画:ごく平凡な生活を送っていたオ・デスはある日、突然誘拐され、15年間監禁された。解放されたデスが、自分が監禁された理由を解き明かすために奔走する5日間の物語。
  • 漫画:ごく平凡な生活を送っていた五島慎一はある日突然誘拐され、10年間監禁された。解放された五島が、自分が監禁された理由を解き明かすために奔走する物語。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
オ・デス チェ・ミンシク 磯部勉
ミド カン・ヘジョン 山田里奈
イ・ウジン ユ・ジテ 関俊彦
ノ・ジュファン チ・デハン 石田圭祐
パク・チョルン オ・ダルス 堀内賢雄
ヒョンジャ イ・スンシン 小山茉美
イ・スア ユン・ジンソ 水町レイコ
ハン警護室長 キム・ビョンオク 中田和宏
高校時代のデス オ・テギョン 岡野浩介
高校時代のジュファン ユ・イラン 三宅健太
高校時代のウジン アン・ヨンソク 関俊彦
時計屋のおばさん イ・ヨンヒ すずき紀子
ヨンジャ パク・ミョンシン
(特別出演)
朴璐美
自殺しようとする男 オ・グァンノク
(特別出演)
石井隆夫
乞食 イ・デヨン
(特別出演)
辻親八
  • 日本語版制作スタッフ:演出:小山悟、翻訳:根本理恵、台本:高山美香、録音・調整:新井保雄、効果:サウンドボックス、プロデューサー:中嶋唯雄/内田正仁/本松征治/礒﨑俊也(東芝エンタテインメント)制作担当:別府憲治/宮地奈緒(HALF H・P STUDIO)、日本語版制作:HALF H・P STUDIO

作品解説[編集]

原作との違い[編集]

首謀者が主人公を監禁した理由は、

  • 映画:学生時代、首謀者の姉が主人公の流した「姉弟に男女の関係があった」という噂によって自殺してしまったため。
  • 漫画:学生時代、同級生である主人公に自分の内に秘めていた寂しさを感じ取られたことを、首謀者は屈辱と感じた。大人になってからも孤独から抜け出ることができず、平凡に暮らしている主人公を逆恨みしたため。

受賞[編集]

2004年の第57回カンヌ国際映画祭に出品され審査員特別グランプリを受賞。審査委員長のクエンティン・タランティーノから「できればパルム・ドール(カンヌ国際映画祭の最高賞)を授与したかった」と激賞される。

中央日報は「流血、バイオレンスアクション映画の大家クエンティン・タランティーノが2004年、カンヌ映画祭の審査委員長でなければパク・チャヌク監督の『オールド・ボーイ』が2等賞である審査委員大賞を受けることができなかったという話はほとんど定説のようになっている[2]」と指摘している。

  • 2007年 原作漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』アイズナー賞最優秀日本作品部門受賞
  • 2003年 青龍映画賞 監督賞(パク・チャヌク)、主演男優賞(チェ・ミンシク)、助演女優賞(カン・ヘジョン)
  • 2004年 百想芸術大賞 監督賞(パク・チャヌク)、最優秀演技賞(チェ・ミンシク)、新人女優賞(ユン・ジンソ)
  • 2004年 大鐘賞 監督賞(パク・チャヌク)、主演男優賞(チェ・ミンシク)

ハリウッドリメイク[編集]

ユニバーサル・ピクチャーズがリメイク権を獲得し、スティーブン・スピルバーグ監督とウィル・スミスが参加して、ハリウッド版を制作する企画があった。

この件をめぐり、2009年6月15日、原作漫画の版権を所有している双葉社側が、ハリウッド版へのリメイク版権に関連し、関連収益支出事項を通告し代価を支払うとした双葉社との基本契約を破ったとして韓国映画オールド・ボーイの制作会社ショーイーストをソウル中央地方法院に告訴した[3]

その後、製作会社マンデート・ピクチャーズがリメイク権を獲得し[4]スパイク・リーを監督に迎え2013年の公開を目指して2012年秋からニューヨークルイジアナ州で撮影が始まる予定[5]。出演はジョシュ・ブローリンシャールト・コプリーエリザベス・オルセンサミュエル・L・ジャクソンら出演する。

その他[編集]

2007年4月16日に在米韓国人チョ・スンヒが起こしたバージニア工科大学銃乱射事件のあと、チョ・スンヒが米NBC放送に送った写真の一部が韓国映画『オールド・ボーイ』に似ているという主張がいくつかの米国メディアによって行なわれた。ニューヨークタイムズ電子版やABC放送ホームページは、『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシクが金槌を持っている場面とチョ・スンヒ容疑者の写真を並べて掲載した[6]

脚注[編集]

  1. ^ Old Boy (2005)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年7月15日閲覧。
  2. ^ "【噴水台】パルムドール", 中央日報, 2009年05月24日.
  3. ^ 日本の『オールドボーイ』の出版社、韓国の映画社を告訴 Innolife.net 2009/06/19
  4. ^ スパイク・リー監督、過激バイオレンス映画『オールド・ボーイ』をリメイク!, GQ JAPAN, 2011年7月20日
  5. ^ "サミュエル・L・ジャクソン、リメイク版『オールド・ボーイ』に出演か", AFP, 2012年08月22日.
  6. ^ "「チョ・スンヒ、『オールド・ボーイ』のチェ・ミンシク模倣?」", 中央日報, 2007年04月19日.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]