冷たい熱帯魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冷たい熱帯魚
監督 園子温
脚本 園子温
高橋ヨシキ
製作 製作
杉原晃史
プロデューサー
千葉善紀
木村俊樹
出演者 吹越満
でんでん
黒沢あすか
神楽坂恵
梶原ひかり
音楽 原田智英
撮影 木村信也
編集 伊藤潤一
製作会社 日活
配給 日活
公開 イタリアの旗 2010年9月7日VIFF
日本の旗 2011年1月29日
上映時間 146分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

冷たい熱帯魚』(つめたいねったいぎょ、英題:Cold Fish)は、2010年日本映画園子温監督、脚本によるサスペンスで、1993年に起こった埼玉愛犬家連続殺人事件をベースとした物語である。また、同監督による実際の事件をベースとしたシリーズ「家賃3部作」の第1作目である[1]

各部門で日本の映画賞を次々と受賞し、高い評価を得た[2]。2011年8月にBlu-ray DiscDVDでメディア化された。発売元は日活、販売元はハピネット

本作は映倫規定において、R18+(18歳未満は観覧禁止)に指定されている。

ストーリー[編集]

死別した前妻の娘と現在の妻。その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きを招く。スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長と懇意のある村田だった。村田の懇願により店長は万引きを許す。さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」を知り、同時に引き返せなくなる顛末への引き金となった。

キャスト[編集]

公開[編集]

2010年のヴェネツィア国際映画祭トロント国際映画祭釜山国際映画祭で上映された。日本では同年11月27日にプレミア上映され[3]、翌2011年1月29日より一般公開された。ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位と好評価されている。

受賞[編集]

備考[編集]

もし再編集することが可能なら、でんでん演じる男が吹越満演じる男に刺殺され、黒沢あすかが笑っているくだりでエンドロール、という形にしたいと、2012年『映画秘宝』7月号の『恋の罪』DVD発売に際したインタビューで語った。

出典[編集]

  1. ^ 『映画秘宝』2011年3月号、p.41
  2. ^ a b c d e f 『冷たい熱帯魚』公式サイト > NEWS2012年6月24日閲覧。
  3. ^ 17歳美少女をショックで号泣させた! 過激描写でR18指定の園子温監督『冷たい熱帯魚』”. シネマトゥデイ (2010年11月27日). 2011年1月30日閲覧。
  4. ^ 園子温監督、11・11入籍に続く喜び…第36回報知映画賞”. シネマ報知 (2011年11月29日). 2011年12月1日閲覧。
  5. ^ でんでん、芸歴31年初めての賞…第36回報知映画賞”. シネマ報知 (2011年11月29日). 2011年12月1日閲覧。
  6. ^ 日本アカデミー賞公式サイト第35回日本アカデミー賞優秀賞発表! 2012年3月4日参照。

外部リンク[編集]